拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

なぜか勝てた試合


150603.jpg



不思議な勝ちだったなぁ。



相手先発の大瀬良がすごく良かった。
打者の対戦数が少ないとはいえ、三振の山を築かれ、簡単に点なんて取れないという感じがバンバン伝わってくるピッチング。
対する浦野は立ち上がりから浦野っぽい立ち上がり。
フラフラしながらもなんとか投げている感じ。
両者を見ていると、これは相当な事がない限り、勝利は難しいと思われました。


しかし、先に点を取ったのはファイターズでした。
1アウトから中島が絶妙のバントヒット。
続く賢介が4球を選ぶと、中田がセンター前に弾き返し中島が生還。
ほぼ完璧だった大瀬良が、中島のバントから突然崩れました。
エアポケットというやつでしょうか。
しかしその後はまた気を引き締め直したのか、しっかり抑えていました。

思わぬ形で点は入ったのですが、たったの1点。
これを守って9回までというのはかなり厳しいなと思っていたのですが、なんとここから浦野が安定してきて一気に投手戦となります。

気が抜けない展開でしたが、緊迫した状態を打開したのはまたもファイターズ。
7回表、先頭の近藤がセンター前に弾き返すと、岡がバントで送り、バッターは絶好調男杉谷。
3球目のアウトコースのストレートを弾き返すと、打球は3塁手の横を抜き、レフト線を転がっていく。
近藤生還2対0。
カープファンがネットで「杉谷って正月にとんねるずの番組でいじられてたやつだろ!どうなってんだよ!」と叫んでいましたが、その気持はファイターズファンも同じ。
というか、どうなってんだよ!といちばん思っているのはファイターズファンなんですよね。

ここでレアードに代わり、代打大谷。
アウトコースのチェンジアップを1・2塁間に弾き返して杉谷がホームイン。3対0。
2球目3球目とインコースを見せられて、4球目にアウトコースのチェンジアップという攻めは悪くない。
試合感が鈍ってる大谷ですが、これを弾き返すセンスと外国人並みのリーチの長さには驚きます。

ここで代打谷口。
浮いた変化球をこれまた1・2塁間に弾き返し1・3塁とします。
谷口は良いアピールを続けてますね。

トップに戻ってバッターは西川。
ここでカープは大瀬良を下げ、ザガースキー投入。
前の日に前田にやられたお返しとばかりに、初球をセーフティースクイズ。
無警戒だったため、キレイに決まって4対0。
もうこの時点で勝負ありでしたね。



この試合の大瀬良は打てる気配が全くなかったのですが、三振を取るピッチングというのと、粘り強いバッターが多いファイターズという事もあって、球数をかけさせたのが勝因になりました。
考えればダルビッシュは打たせるのもうまかったですよね。
投げる前に「そっち行くから」みたいな指示を内野に出してましたっけ。
大瀬良がそういうのを覚えたら、セ・リーグを代表するピッチャーになるかもしれません。

なんか知らないうちに点が入って、突然崩れていってくれたので、しょうじきあまり打ち崩したとかいう感じはない試合でした。
でもファイターズのいやらしさは存分に発揮できたんじゃないですかね。
特に「ファイターズ?中田と大谷しか知らない」というカープファンは、中島を顔も見たくないと思うほどになってくれたんではないでしょうか。
それくらいいい働きしてますね。
いやらしさはファイターズの武器です。


さて今日の上沢はどうですかね。
あの試合の次ですから、期待して見たいと思います。


スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10