拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

次もこれで


150531.jpg




前回は、勝手に焦って自滅した有原。
この試合でそれがどう変わったのかが見ものでした。
結果的に言うと、前回より必死さが見えた投球でしたが、必死だったというのだけが残る登板でしたね。



初回からストレートをどんどん投込む有原。
相手は関係ないという感じで投げてました。
2回以降にコントロールをどう修正するかと思って見てましたが、交代する5回まで、コントロールは戻らないままでした。
ただ、監督も言っていましたが、ストレートで押す大事さ、逃げるんじゃなく向かっていく大事さみたいなものを感じるための試合だったので、無難に試合をまとめようとするピッチングよりは全然マシ。
結果はあまり良くないけど、必死さが見られたので評価はしていい内容だったと思います。
次の登板でも、この感じでいいんじゃないですかね。
ヒヤヒヤするかもしれないけど、ヒヤヒヤしてでも成長させたい魅力が有原にはあると思うので。


途中まで楽な試合になるかと思ったのですが、8回にその安心感が揺らぎます。
宮西が登板し1アウトを取ったのですが、杉山の打球をレアードがエラー。
打てない守れないでは困るなぁ。
代打の和田がレフト前に打って1・2塁。
続く大島はピッチャーゴロだったのですが、1塁塁審がアウトをセーフと判断してゲッツーならず1・3塁。
ここで荒木に左中間を破る2塁打を打たれ7対5となってしまいました。

嫌な雰囲気でしたが、天才浅間がこの雰囲気を変えます。
1アウトから代打で出てきた浅間。
ボールを見極めフルカウント。
というかこのフルカウントになる内容がスゴいんですけどね。
高卒の新人野手なんて、相手バッテリーにバカにされたようなわかりやすい揺さぶりに翻弄されて凡退するもんですよ。
だけど相手バッテリーも浅間をバカにしないし、浅間も高卒だと忘れさせるようなバッティングを見せてるんで、期待しちゃうんですよ。
でもこの間まで金属バット振ってた選手なんですよねぇ。

7球目のインコースに食い込むストレートを振りぬくと、打球はライト線を抜けていく。
浅間スゴい!ここで2ベースかよ~!なんて喜んでたら、浅間が2塁を回っても足を緩めない。
え!?と思ってる間に3塁到達し、ガッツポーズを見せる浅間。
空いた口が塞がらないとはまさにこの事ですよ。
やっぱりすごい選手って、素人が考える上をいくもんですね。
打撃といい、判断力といい、やっぱ天才だわ。

西川が三振してしまい、浅間の好プレーがムダになるかと思われたのですが、中島がショート強襲の内野安打で追加点。
この1点で勝負が決まりました。


最終回に点は失いますが、やはり3点差は大きく、リードしたまま試合終了。
カード勝ち越しを決めました。


なにか開幕当初を思わせる打線のつながりで勝利しました。
こういうのがもっと見られればいいですねぇ。


スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06