拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

今シーズン初の3タテ


150405.jpg



3タテでカード3連続勝ち越しとなりました。



マサルが先発でしたが、前回と違い、集中力がありましたね。
先制となるタイムリーを打たれても、浮つかずしっかり投げてました。
ただ、この失点のきっかけとなるプレーがマズい。
それはマサルではなく近藤の問題。

2回、1アウトランナーは1塁に岡田でバッター小谷野。
ランナーが走り、ランエンドヒットを仕掛けてきましたが小谷野が三振。
三振ゲッツーかとおもいきや、近藤が安定の悪送球。
岡田がランナーなんだから焦る必用はないのに、体を投げ出した中島が届かないほど離れた場所にぶん投げていました。
これを見ると、いくら活躍していても、大野や市川が帰ってきたら、そっちを使おうとなりますよ。
そしてサードで使いたくてもレアードが結果を出している以上、使えない。
自分で自分の首を絞めてるようなもんですからねぇ。
精神的なものなのか、技術的なものなのかわかりませんが、何とかしないといけない問題でしょう。


3回にも同じように自分で自分の首を絞めてる者が。
ヒットと相手のミスで作ったノーアウト満塁のチャンスに打席に入ったのは、この日2番に抜擢された杉谷。
前の日に谷口3番という冒険をして大失敗だった監督が、この日は賢介を3番にしてて、あぁこれは納得できると思ってたら2番が杉谷でした。
まぁ別に杉谷2番は文句無いんですけど、いいアピールが出来るかどうか心配しながら見てました。
キャンプでもオープン戦でも元気なかったんで。
そしたら1点は入りましたけど6-4-3のダブルプレーですよ。
もうガッカリ。
しっかり打球を打ってのゲッツーならしょうがない!ってなるんですけど、杉谷が打ったのは初球のカーブですからね。
それ最初から狙ってたか?って聞きたくなります。
ここは悪くてもライトフライとか、叩きつけるバッティングとか、アウトになっても1点入って進塁打というのが求められる場面ですが、結果的に引っかけてゲッツーですから、ストライクゾーンはなんでも振っていくという事しか決めてなかった打席に見えるんですよ。
満塁の初球ですから気持ちはわかりますけど、ここはやる気じゃなくて結果が求められる場面。
せっかく起用してもらったのに、これではアピール失敗ですよ。


ファイターズは停滞ムード。
バファローズはチャンスを生かせないという、なんとも言いづらい嫌な感じで迎えた5回。
ファイターズに相手からチャンスのプレゼントが。

近藤が左中間の2ベースで出塁すると、続く岡の打球はボテボテのピッチャーゴロ。
これを相手先発の山崎が処理しようとしてファンブル。
結果的にノーアウト1・3塁のチャンスとなりました。
山崎がルーキーという事と、岡の足が速いというのがこのミスを呼んだ気がします。

中島三振の間に岡盗塁で2・3塁となり、バッターは西川でしたが、ストレートの4球で1アウト満塁。
1塁が空いたのと、最後に伊藤が要求した球はボールになってもいい場所だったので、杉谷勝負を選んだのでしょう。
これは当然の選択。
またもや満塁でバッターボックスに入った杉谷。
初球のボール球になるフォークという、また訳の分からない球に手を出しますが、今度はゲッツーになりませんでした。
なんか相手キャッチャーの伊藤に「お前、何でも振るんだろ?」と見透かされたようなボールでしたが、ちょっとだけ運が杉谷に味方しました。
これが後々効いてくるんだから野球はおもしろい。


賢介が4球を選んでまたも満塁。
ここでバッターは中田。
調子が悪い中田と、緊張している山崎との対決。

カウント1-1からアウトローにビシッと決まるすばらしいストレートでカウント1-2。
2球目は同じ場所にストレートを狙いましたが低めに外れて2-2。
そして運命の5球目。
ド真ん中に入ったストレートを中田がフルスイング。
バットを叩きつけて悔しがりますが、ボールはそのままスタンドイン。
満塁ホームランとなり、この一発で勝負がつきました。
杉谷がゲッツーなら無かったホームランですね。


バッテリーの気持ちは分かるんですよ。
1-1からバツグンのストレートがアウトローに決まった。
しかも中田はストレートにちょっと合ってない。
外から入ってくるようなカーブやスライダーのようなゆるい球を使いたいけど、ボールになる可能性もあるし、まかり間違えばというのもあるので満塁で使うには怖いから勝負球には出来ない。
そうなると、この1-2というカウントでボールになる落ちる変化球を投げてストレートで勝負かと思ったんですが、バッテリーは同じ球で勝負にいくんですよね。
これも理解できるんだけど、前の球があまりにも良かったのと、間違っちゃいけないというのもあって、山崎が完全なボール球を投げてしまうんですよね。
ここで3球続けてホームランバッターにストレートは厳しい。
かといって変化球もけっこう難しい。
なんてったってストレートを同じ場所に2球投げましたから、中田の頭の中に次は変化球という考えが大きくなったでしょうから。
それでもキレの良い変化球があるなら勝負でもいいんですが、キャッチャーの伊藤は3球続けてストレートの選択をします。
ただしインコースへの要求。
中田の考えの裏をいったんでしょう。
これも理解できるんですが、満塁という緊張感の中でホームランバッターのインローを狙いにいった山崎の力みまでは読めませんでした。
球はド真ん中へ。
けっきょく同じような球が3球続き、しかも最後の球がいちばん甘いのですから、いくら調子が悪い中田でもスタンドに運んでしまいますよね。
配球のおもしろさでもあり、怖さを感じた打席でした。


6対1となったのですが、この大量点が逆にマサルを慎重にしてしまいました。
5回裏、2アウトを簡単に取ったのですが、伊東にエンタイトル2ベースを打たれると、ヘルマンがサード強襲の当たり。
これをレアードが必死に止めますが、送球エラーで1・3塁となりました。
ここでバッターは平野。
ボールボールでカウントを悪くし、フルカウントになるまで平野はバットを振りません。
ここでもし4球になって糸井を迎えたら、ファイターズと同じ事がバファローズに起こるかもしれないと思いました。
結果的に平野がセンター前にタイムリーを打ってくれて私はホッとしましたよ。
いくら調子の悪い糸井でも、満塁でガチガチになってるマサルであればもしかしたらがありますから。
点差があるんだから点差なりの野球をしたらいいのに、どうしても守りに入ってカウント悪くする。
この回でマサルはマウンドを後にしますが、もう少し強気のピッチングが見られれば、もう少し長く投げられたのにと思いました。
ただ前回よりは内容が良かったし、2シームという武器も使える事がわかったので、次の登板が楽しみです。


結果的に3タテとなりましたが、ファイターズの調子の良さもありますけど、バファローズがあまりにもっていうのが大きい3タテですね。
おかげでファイターズは最高のスタートダッシュが出来ました。
この勢いで調子の良いライオンズを叩きたいところです。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08