拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2014順位予想の反省




2014年の順位予想の反省をしたいと思います。
もっと早くやるつもりだったけど、この時期になってしまいました。
今やらないと、もうすぐ今年の順位予想しなきゃいけないので、急いでやらないと。


長くなると思うので、つき合っていただける方だけ「続きを読む」からどうぞ。





 


去年、私が予想した順位は

1位 ホークス
2位 マリーンズ
3位 イーグルス
4位 ファイターズ
5位 ライオンズ
6位 バファローズ

でした。
実際の順位はというと

1位 ホークス
2位 バファローズ
3位 ファイターズ
4位 マリーンズ
5位 ライオンズ
6位 イーグルス

でした。
ん~、1位と5位以外はハズレですね。
ほんじゃ反省会を。


まずホークスから。

投手のポジティブ要素として、先発中継ぎの駒が揃っていると書きました。
特に中継ぎは豪華だと。
しかしフタを開けてみれば、中継ぎは予想通りの活躍でしたが、先発がボロボロ。
ウルフが早々にケガで離脱し、攝津、中田、スタンリッジといったところが二桁勝ちましたが、柱というには物足りない内容で、寺原、東浜がまったくダメ。
いくら打てても先発がコレではかなり厳しいと思っていました。
ネガティブ要素として、先発の層の薄さを書きましたが、これが当たりましたね。
しかし苦しいところで帆足や武田、大隣が活躍し、東浜も優勝に貢献しました。
とはいえよく優勝できたなという印象ですね、先発は。

中継ぎは五十嵐と森がすばらしかった。
やはり中継ぎがしっかりしているチームは強いです。


野手のポジティブ要素として、日テレのアナウンサーがFvsGのオープン戦で「大谷が12球団一の打者陣と対決!」とか言ってたけど、今現在12球団一の打者陣は間違いなくホークスでしょと書きましたが、これは想像通りでしたね。
まぁ怖い打線でしたね、ホークスは。
だからスワローズが去年ものすごく打ちましたけど、そのスワローズとの対戦でもそんなに怖さは感じませんでしたもの。
とにかく迫力があった。
しかし思ったよりホームランが少なかったのが意外。


まぁ予想が大きくハズレなかっただけに、順位も当たりました。
まぁ去年のホークスの順位予想は、野球知ってる人であれば難しくないでしょうからいばれもしませんけどね。



次はバファローズ
ここは大ハズレですね。
まったく読めない事が多すぎました。

まず投手ですが、金子の活躍と即戦力ルーキーの勝ち数は想像通りだったんですけど、シーズン前半の西、中盤からの松葉の活躍がまったく読めませんでした。
特に前半の西の活躍は神がかってた気がします。
このまま金子と2本柱で優勝するんじゃと思いましたが、そうは甘くなかったみたいです。
西がもう少し活躍してたら、間違いなく優勝だったんでしょうけどねぇ。

中継ぎはネガもポジも想像通り。
強力だけど、層が薄くて投げさせすぎ。
その疲れがシーズン後半にモロに出ましたね。


野手のポジティブ要素では、ヘルマンの加入とペーニャの加入を書きました。
ネガティブ要素としてはペーニャ、T-岡田の復活がないと厳しいというのを書きましたが、まさかT-岡田とペーニャの2人とも大活躍するとは予想できませんでした。
いや、当たったといえば当たったのか?
なんにせよ、糸井・ペーニャ・T-岡田の並びは迫力ありましたもんねぇ。
終盤のペーニャの不振が無ければねぇ。

投手も野手も、活躍する選手が予想できないようでは、順位なんて当たりませんわなぁ。



次はマリーンズ
2位に予想しましたが、ここはネガティブばかりが当たりました。


投手のネガティブ要素で先発の離脱を上げましたがそれは問題なし。
しかし成瀬の復調とか、大嶺の覚醒、涌井の復活、唐川の復活は残念ながらありませんでした。
これではかなり厳しい。
まぁ打撃陣との兼ね合いもあるのですが、それにしてもという感じですね。

中継ぎでは西野が大活躍。
大谷とともに踏んばりましたが、いかんせん層が薄すぎ。
でもこの2人がいなかったら、もっと順位は下だったんじゃないでしょうかねぇ。
あ、石川の新人王獲得は当たりました。
まぁちょっと出来が違いましたからね。


野手の方でもネガティブが当たりました。
とにかく信頼できる中心選手がいない状況で、殆どの選手が2番とか6番打ってる選手のような感じ。
チームの打撃成績はそんなに悪くないのに、大きな爆発がおこらない。
言っちゃ悪いけど、地味な打線なんですよねぇ。
外国人もデスパイネが活躍しましたが、デスパイネが活躍しだした時はもうって感じでしたもんね。


まぁ投打ともに、予想よりパッとしなかったなぁという感じ。
マリーンズはなかなか世代交代が進みませんねぇ。



次はライオンズ
なんといっても途中で監督がクビになるというドタバタが、最後まで響いた気がします。


投手では、先発の枚数をポジティブ要素に上げましたが、ところがところがフタを開けたら岸と牧田以外は安定感が無い状況で、期待した岡本もパッとせず。
先発の踏んばり次第とネガティブ要素で書きましたが、それがそのまま当たってしまいました。

中継ぎも、高橋と岡本ががんばりましたが、いかんせん戦える枚数が少なすぎ。
先発が崩れると、あとはどうにもならない状況になっていました。
これではなかなか難しい。


ライオンズの野手は生きがいいのが魅力だったんですが、それが空回りしてしまった感じですね。
とにかくつながらない。
中村が途中で戻ってきても、ケガでなかなか続けて使えず、浅村も途中離脱。
メヒアが入って攻撃力が上がった時にはもう手遅れでした。


ケガと不振と監督に振り回された一年だったんじゃないでしょうか。
でも順位予想は当たりました。



次はイーグルス
ウチと同じように優勝→最下位という屈辱のシーズンを味わうことになってしまいました。


田中の穴はまったく埋まりませんでした。
順位予想の時に書きましたが、ダルが抜けた次の年にウチが優勝できたのは、吉川ががんばったからです。
そう簡単に埋まるものではないと思いましたが、まったく埋まらないとは。
期待されたブラックリーも「居たの?」って感じでしたね。

ファルケンの加入で中継ぎは多少良くなりましたけど、多少でしかない。
先発も中継ぎも層が薄いというのは数年前から言ってますが、イーグルスはなかなか改善できないですねぇ。


野手も、マギーの穴はまったく埋まらず。
ユーキリスがまったく機能せず、やっぱ家族が大事とか言い出していなくなりました。
やはりというか、ネガティブ要素で書いたAJの攻略がなされ、ただの散歩おじさんになってしまったのが痛かった。
打者はいい選手が揃ってるのですが、長打が無くて、盗塁も無く、併殺が多いのではどう考えても。


投手と打者の出来を考えれば、監督が誰でも結果はそう変わらなかったんじゃないかなぁ。



さぁ、最後はわれらがファイターズ
予想は4位でしたが、結果は安定の3位。
まさに予想の定位置でした。


まず投手。
予想で先発候補が多くてうれしいとポジ要素で書きましたが、ネガ要素で不確定要素が多すぎと書きました。
このネガ予想がドンピシャリ。
吉川は早々に消えるわ、マサルも木佐貫も戦力にならないわ、斎藤が思ったほど活躍しないわで、あっという間に先発不足。
あの喜びは何だったのかという残念な結果でした。
しかし大谷が二桁勝って、メンドーサが安定し、浦野、上沢が活躍して、中村がローテ入りという、これまた良い意味で予測不可能な活躍が3位という位置を確定させましたね。

中継ぎは安定してると予想したのですが、久がダメで増井が途中いなくなり、期待した矢貫・藤岡・河野・石井・森内があまり機能しませんでした。
どうやって戦ってきたんだと言いたくなる結果でしたね。
これはぜんぜん予想が当たりませんでした。


打者もよくがんばったなって感じですね。
しょうじき3位にいるのが不思議ですもん。
中田は足が痛かったし、陽は肘が悪いうえに途中でいなくなり、小谷野も離脱。
アブレイユは使えず、ミランダは途中から機能しなくなりました。
こちらもどうやって戦ってきたんだと言いたくなる結果でした。

しかし、大野のサブとして獲得してきた市川が攻守ともに活躍し、中島が西川から2塁を奪い取る活躍を見せ、近藤がサードとして機能し、中盤から中田が働いて、谷口などの若手が日替わりでがんばってました。
どう考えても3位が奇跡のようなシーズンだったのですが、CSで暴れまわるという予想外の活躍。
ファイターズは若手の育成が上手いと、またもや言われるシーズンとなりました。

よくやったと思いますし、ついていたなとも思います。
順位的には3位ですが、上出来じゃないですかね。



とにかく読めないシーズンでした。
そして上位2チームが抜けて強かったのではなく、下位3チームが情けなかったシーズンだったと思います。
これが今年も続くのか、また混パになるのか。
それを読めるかで、今年の順位予想が当たるかどうかが決まるんでしょうね。
あぁもう順位予想の準備しなきゃ。


スポンサーサイト
Comments
 No title
振り返り待っていました!
そうですね、前年のAクラスとBクラスが総入れ替えという結果でしたがAクラスの3チームがちょっとねえという年でした。下位2チームが監督代行が立つ年でしたし、ロッテもなんか特徴がないチームになってしまった印象で、そのまま3チームが繰り上がったという気がしています。

とはいってもオリックスの飛躍は読めませんでした。すべてがいい方向にいったというところですかね。ペーニャとイデホの入れ替えでオリックスのマイナスになると思ったのですがインパクトではペーニャのほうがありましたからね、うまくはまった印象です。

そろそろ今期の予想も発表する予定です。大体は固まっているんですが今季はコンサどんさんとかぶりますかね?(笑)
 ハムかつサンドさんへ
いやぁ、時間がかかってしまいました。(;´Д`A
なんだかんだ忙しくてもう。

下位3チームの不振が、上位3チームの追い風になった年でしたもんね。
これまでの混パとはあきらかに違う年でしたから、ちょっと読み違いがたくさん出てしまいました。

ホントにそうですよね。
どう考えてもペーニャがあそこまで活躍するとは思えなかったし、T-岡田があそこまで復活するとも思えなかったし。
いやぁ、予想泣かせですわ。( ̄▽ ̄)

あぁ、もうやらなきゃいけないんですよね・・・予想。早いなぁ。
上位2チームは決まってるみたいな世間の雰囲気ですが、どうなんですかねぇ。
まぁ僕とハムかつサンドさんは目線が似てますから、結構かぶるような気はしてます。(●^艸^)

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06