拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

年俸の話




あまり書かないのも何なんで、気になった事をいくつか。



まず、大谷年俸1億という話。

しょうじき1億は無いと思ってました。
これまでの選手の年俸を考えても、一気に7000万アップはないんじゃないかと思っていたので。
7000~8000万の間だと思ってましたが、球団は二刀流として査定したという事でしょうかね。
来年への期待があるのでしょうが、私は来年も大谷に期待はしません。
なぜなら、まだ体を作る時期だから。

やっと今年ローテを守る経験をして、体の作り方、ケアの仕方の手がかりを掴んだと思います。
来年は、その経験をどう活かすかというシーズンになるでしょう。
その経験をして、そしてやっと本格的に二刀流が始まるのが4年目だと思うんで。
本当の大谷はこれからですよ。


続いて中田、年俸2億という話。

本人の口から「2億」という言葉が出ていましたが、これもしょうじき厳しいんじゃないかって思ってました。
今年の成績が成績でしたから。
しかし、本人希望通りの2億でした。
まぁ今年はケガの影響が大きかったですが、打点王という称号も取りましたからね。
本来の実力が発揮できれば、3割近くの数字で、ホームラン30本以上行けるという球団の判断で2億なんでしょうね。
とにかく責任感が強い中田ですから、来年はそのプレッシャーをうまく利用してほしいものですね。
プレッシャーに潰される中田はもう見飽きたので。( ̄ー ̄)


続いて、斎藤佑樹の年俸2700万がもらい過ぎという世間の声の話。

まぁ世間の声というか、一部の声ですけど、なんでそんな発言になるのかがわからない。
ケガから復帰して、終盤はいいピッチングも見せていました。
なのにもらい過ぎだという・・・
この発言で何がわかるかというと、まずファイターズの試合を見ていないというのがわかります。
そして年俸というものがわかってないというのがわかります。

このブログでも何度か書きましたが、年俸というのは来シーズンその選手に対する「期待額」なんですよね。
だから「前払い」なんです。
これこれこの数字を残したからこの金額ねという後払いシステムではありません。
来シーズンはこれくらいやってくれると思ってるよという球団の期待の金額です。
だから出来高も「来シーズンはここまでがんばってみようよ」という事で設定します。
目標を作る意味での出来高であって、どれだけ打ったから、どれだけ抑えたからという事で設定していません。

だから、来年は投打ともに飛躍できると思ってるよという事で大谷は1億なんですよ。
ケガさえなければ来年はもっと活躍すると思ってるよという事で中田は2億なんですよ。
来年こそ復活して戦力になってよという事で斎藤は2700万なわけですよ。
まぁ斎藤の場合は限度額近くまで下げられてますけどね。
でもそれは前年の期待値よりも低かったからしょうがないんですが、だからといって2700万がもらい過ぎにはならないでしょう。


年報を払いきれなくなったら放出するとか、斎藤にだけ甘いとかいうよくわからない発言は何なんですかねぇ。


あ、野球がよくわかってないから発言するのか。
それはそれでアレですね。(●^艸^)



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06