拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2014 日本シリーズ第3戦 第4戦

 



日本シリーズの話。

第3戦は想像通りの展開。
あれだけビタビタとコース突いてくる大隣を簡単に打てるわけがない。
球速が無いとか、攻めが同じとか、あの投球の前には関係ないという事でしょう。
それぐらいすごい投手ですよ、大隣は。

その大隣にぶつけるのが藤浪というのは、登板の関係とはいえついてないなぁと思います。
やはりいくら藤浪とはいえ二十歳でしょ。
しかも目の前で大隣の投球を見るわけですから、力まない方がおかしい。
何とか形にしたけど、形にしたというだけの内容。
このピッチングで「よくやった」「悪いなりにがんばった」とか言ってたら、藤浪は育たないですよ。



んで今日の試合なんですが、ここまでは想像通りの展開。
ホークス有利な感じがしますが、問題はここからだと思ってました。
というのも、ここからホークスは先発が非常に苦しくなるからです。
投げてみないとわからない中田。
エースとは名ばかりになってしまった攝津。
対するタイガースは岩田とメッセンジャーです。
先行逃げ切りが理想のホークスには、ちょっと頼りない先発なんですよね。
もしかしたらここから2連敗して甲子園というのがあるかもと思っていたのですが、今日ホークスが勝った事でかなり楽になりました。

明日で決めたいホークスなんですが、ここでイ・デホがどうなるのかわからないという事態に。
明日は出てくるんでしょうか。


それにしても中村にインコースのストレートを続けたのはちょっと単純でしたね。
さすがに中村は打つでしょう。
その前にオ・スンファンのストレートが通用すると思ったのが間違い。
正直言って、ストレートだけなら平野の方が上に思えるし、それくらい生きのいいストレートを投げるピッチャーはパ・リーグにまぁまぁいるんですよね。
だから合わせられる。
あそこで一球でも外に投げてたら、迷ったんじゃないかなと思うんですけどね。


リーチはかかりましたが、リーチ一発といくかどうか。
全てはメッセンジャーの出来次第な気がします。
どうなりますかねぇ。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06