拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2014 CSファイナルテージ 第4戦&第5戦



昨日は誕生日&結婚記念日で夜遅くまで外にいたので更新できず。
なので2試合分。


141018.jpg




木佐貫が先発で心配したんですが、その心配が大当たり。
フォークが落ちない木佐貫は、魅力半減。
さらに大野が、木佐貫のフォークが来ないのでなのか、フォークをあまり要求しなかったんですよね。
大野はたまにこういう配球を見せますね。大谷の時とか。
でもダルぐらいの多彩な変化球を持つピッチャーならわかるんですが、木佐貫ぐらいのピッチャーで、得意球を投げずに抑えよう、裏をかいて抑えようなんて、一回りは通用しても、二回り目は通用しないですよ。
しかも短期決戦でしょ。
打たれたらさっさと代えるだけなんだから、得意球でいかないと。

続くメンドーサも、やっぱり立ち上がりが。
ヒットが続いて4球出して満塁。
ここで松田が2点タイムリー。
ここもどうかと思ったんだけど、初球のインローの2シームかなんか打たれてるんですよね。
で、松田の性格考えたら、初球はそこじゃないし、どうせならのけぞるくらいのボールですよ。
でも満塁だからそんなに厳しい球は行けない。
それでも大野の構えるミットには投げてましたからね。
松田もよく打ったけど、それ以上に配球に疑問が残る場面でした。


もうこうなると試合は壊れるもんですが、ホークス打線のちぐはぐさに助けられてなんとかこらえてました。
しかし7回に、今度はベンチの不可解な継投から失点します。

まず、谷元に回またぎをさせるのですが、先頭の明石にヒットを打たれたところで交代なんですよね。
明石と戦わせたいためだけに谷元続投だったのかって話なんですが、結果的にヒットを打たれてるし、目的が見えないし、よくわからない続投と降板でした。
そしてここで私は2点差だし、内川なので、守るためにも調子のいい鍵谷だと思ったんですよ。
そしたら出てきたのがカーター。
力のある投手で抑えたいっていうのはわかるんです。
でも2点差のノーアウトで、足の早いランナーが1塁にいるんですよね。
まず盗塁されちゃうじゃないですか。
で、案の定盗塁されました。
内川はなんとか内野ゴロでランナーを進めるチームバッティング。
そしてイ・デホの犠牲フライで失点。
どう考えたって盗塁が余計なんですよ。
なんでこういう継投になったのか、まったくわかりません。


けっきょく、相手の勝ちパターンの中継ぎ陣から一本もヒットが打てず終了。
嫌な形での敗戦となりました。
陽もけっきょく元通り。
大引もミランダもイマイチ。
つながらない打線に戻ってしまいました。

でも試合終了間際に映ったファイターズベンチが、変に明るかったんですよね。
それはいい感じだなと思いました。
そう、ウチは負けて元々のチーム。
勝たなきゃという気負いがいい意味で無い。
この感じなら明日の大谷でなんとかなるかも、と思ったのが前の日でした。




141019.jpg




そして今日です。


先発は大谷。
先頭の柳田を力でねじ伏せる好スタート。
と思ったのですが、シーズン最終戦のような全力の投球じゃなく、なにか力技を装うと言ったらいいのかなぁ。
とにかく違和感は感じたんですよね。
それでも内川が空振りしたのに思わず笑ってしまう変化球を投げたりしてたので、問題ないかなと思っていたのですが、2回に捕まってしまいました。

変化球が安定せず、ストレートでいくしかない感じ。
吉村に打たれたストレートは待ってましたというヒットで、このままでは早めの継投もあるのかなと思わせました。
2回で4点というのは、もう負けられない試合というのを考えると、かなり大きく、大谷の投球が安定するかどうかわからないので、先が見えませんでした。
しかもスタンリッジがなかなかの立ち上がりだったし、守備にも好プレーが連発していたホークス。
これはちょっと一方的になるのかなとも思ってしまいましたね。


ただ、大谷がここから安定してくるからおもしろいものです。
4回ぐらいになると、両チームとも落ち着いた試合運びとなり、あの4点さえ無ければかなりいい試合と言える感じでした。


5回にはピンチの場面でイ・デホにインコースのストレートを投げました。
あれが投げられれば、まず打てるバッターはいないですよ。
メジャーに行きたいと思うなら、なおさら右バッターに踏み込ませないためにもインコースの球は投げられるようにならないと。
これは来年の課題かな。


それにしても陽が機能しない。
6回にチャンスを作りたかった場面で三振ゲッツー。
積極性も息を潜めているようで、陽らしさが消えていますね。
このままで最後の試合を迎えるのは不安しかないんだけどなぁ。


けっきょくスタンリッジから点が奪えないまま7回になり、ホークスは得意の継投へと移ります。
ピッチャーは森。2アウト。
流れ的に完全にホークス。
近藤が意地のヒットを打ちますが、シングルで下位打線では得点の匂いがしません。

しかしここで代打稲葉。
まさしくこの試合はここから変わったんですよね。
センター前に運ぶヒット。
これが最終打席かと思ってしまいました。

ここでバッターは大野。
配球はイマイチだけど、打撃は好調です。
ストレートを弾き返すと、打球は右中間に。
柳田が懸命に追いましたが、ボールは後ろに。
2点タイムリー。
一気に試合が動きました。

続く西川の打席は、あわやホームランというヒットで1点追加し3対4。
この時、森福から打ったのですが、ずっと見てきたものとしては、ついに森福という大きな壁を超えたかと思ってジ~ンとしました。
球を見ようとして早く開きすぎてしまい、空振りと凡打と見逃しを繰り返したあの対戦の数々。
西川が森福の球を打てたら、3割バッターになれるともここで書きました。
打てなくて打てなくて悔しい思いをしていた西川。
ついに対応できるようになったんですねぇ。


その裏に大谷がしっかりと抑えると、8回に頼れる4番のバットが火を吹きました。
打った瞬間の当たりでしたが、あまりにも球場が静まりかえってしまったために、テレビの実況がファールと間違うほど。
強烈な同点ホームランでした。


8回、9回とクロッタがしっかり抑えて、ついに試合は延長に。
ただファイターズは引き分けでも敗退ですから、残りイニングを考えると崖っぷちという状況でした。


10回表。
ここで相手はサファテを投入。
1番からの好打順でしたが、点は取れなくてもサファテに球数を投げさせて、回またぎさせない事が重要だなと思って見ていました。
しかし1・2番が簡単に倒れあっという間に2アウト。
バッターボックスは不調の陽。
しかしここで陽が粘って4球を選びます。
そして中田は止めたバットにボールが当たったのですが、1・2塁間を抜けていくラッキーヒット。
ここで好調の小谷野。
しかし得点ならず。
ただ、これで次の回、サファテの続投は無いなと思いました。

審判のボール判定に2度不服を露わにし、アンラッキーなヒットを打たれ、勝てば日本シリーズ進出という大事な試合で登板して抑え、最後は大絶叫しながらガッツポーズとりましたからね。
気持ちがブワーッと高まったし、球数も投げましたから。
これはもう次の回行くのは気持ち的にも肉体的にもムリだろうなと。
そう思ったんですけどね。


10回の裏は足の痛みを抱えながら宮西が登板。
柳田・明石を何とか三振に抑えると、内川には鍵谷をぶつけ、これまた三振にしとめるというすばらしい投球を見せてくれました。


11回表。
マウンドに登ったのはサファテでした。
これはいけるかもしれない。
そう思いながら見ていると、やはり制球が定まらなくなり、ミランダに4球を与えます。
代走は杉谷。
牽制でアウトになんかなるなよと思って見ていると、バントするはずだった近藤が打ち上げてしまい、ランナーを進められずに1アウトとなります。
何やってるのかねぇ。

次のバッターは代打谷口。
当たりそこねた打球は、サファテの前に。
しかし上っつらをこれでもかとこすったため、真下に落ちたボールは大きく跳ね上がり、意外と転がらない。
サファテが急いで投げたものの、判定はセーフ。
続く大野はサード強襲のヒットで1アウト満塁に。
この大事な場面で西川だったのですが、三振に終わります。

バッターは中島。
ここまであまりいい仕事はしていませんが、ストレートには強いですから、もしかしたらと思ってました。
特にインコースのストレート。
これで何度もやられてますし、満塁ですからバッテリーはストライクを先行したいでしょうし。
しかし細川は追い込んでからもアウトコースにしか構えません。
でもたぶんこの時点で中島の頭には、インコースのストレートというのがほとんどを占めていたんだと思います。
だってストレートの抜け球を、引っぱってライト前にタイムリーを打つわけですから。
さすがエースキラー。
ストレートに強いですねぇ。


最後は西川のファインプレーも飛び出して、最高の形で試合終了。
最終戦にもつれ込む事となりました。



しょうじきこれで追い込まれたのはホークスでしょう。
ウチは負けたところでしょうがないよねで終わりますけど、ホークスはリーグ優勝とホームのファンを背負って戦わなければいけないんですからね。
勝つにしろ負けるにしろ、いい試合が見たいです。
楽しんで試合をしてくれれば、必ずそういう試合になると思います。
がんばって。




スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09