拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

CS ファイナルステージ第2戦



141016.jpg



怖い試合を見たわ。



負ければ相手にリーチがかかる第2戦。
ホークスに相性のいい中村と武田の投げ合い。
でも相性なんて短期決戦には関係なし。

初回から内川にホームランを打たれる。
ただこれは内川らしいホームランで、ちょっと役者が違うというところなのだけれど、どうにも中村がピリッとしない。
そこからフォアボールを出すこと出すこと。
けっきょく3回1/3を投げて、出した四死球は6。
こんなんじゃダメでしょ。

負けない男なんて言われていた中村でしたが、シリーズ終盤からこの日まで、ナイスピッチングとは程遠い内容ばかり。
疲労なのかバランスを崩してるのかわかりませんが、このピッチングを見せられてしまうと、来年のローテ確実なんて言えないですよ。
4球で崩れる昔の中村が出てきてますから。
期待してるんだけどなぁ。


1アウト満塁の大ピンチでしたが、それでも後を受けた谷元が柳田から三振を取って2アウトとすると、今宮を打ちとって無失点で切り抜けました。
柳田を仕留めた球は、いいところから落ちました。
今宮を打ちとったストレートは、今宮以外ならスタンドインもある危ないボールでしたけど。
やはり先発の緊急事態に仕事するのが谷元には似合ってますね。


5回からは鍵谷。
CSで急成長した感じのある鍵谷は、この試合でも好投。
この5回はクリーンアップ相手でしたが、他のウチの投手なら大きく見えるホークスのクリーンアップが、ひと回り小さく見えるくらい自信を持って投げているのがわかる投球でした。


もうそろそろ何とかしないとと思った6回表。
先頭の大引がセンター前・・・かとおもいきや、ショートの今宮が驚異的な守備範囲でボールをキャッチ。
150キロを投げる強肩で1塁に送球。
さすがだ、やられた、と思っていたら、これがショートバウンド。
これを吉村が取れずに後逸。
先頭バッターが出ます。
今宮はギリギリのプレーでしたから、吉村が捕ってやらないとと思っていたのですが、これが伏線になるんですよねぇ。

バントで送って4球絡んで1アウト1・2塁となり、バッターは中島。
打った打球は1・2塁間を破ると思われたのですが、明石がよく追い付き、ムダの無い送球で俊足の中島がギリギリでアウトになりました。
やはり流れがまだウチには来ないのか。
こういったヒット性の当たりを好プレーで捕られる時って、たいていはダメな試合の時なんですよね。
そして自分たちがミスして負ける。
そういう流れの試合になるんじゃないかと思ってみていると、逆シーズン男となっている陽が、低めを引っかけて平凡なショートゴロ。
ダメだこりゃと思ったら、今宮が投げたボールはファールゾーンに飛んでいきました。
逆転タイムリーエラー。
その前にワンバンさせているので、しっかり投げようと意識しすぎたのかねぇ。
まぁこっちにしたらラッキーでした。


しかし、ここでボールが1塁ベンチ付近までコロコロと転がっているのに陽が走ってない。
キャッチャーは帰ってくるランナーに対処するんだから、後ろにそらしたら、まず次の塁を狙うべきなのに、バッティングもランニングもダメではどうにもならない。
こういうのをやっていると、また流れが向こうに行ってしまいます。

しかし、ここでミスをしていたのは陽だけではありませんでした。
今宮がキャッチし、1塁に投げるのを見て安心して気を抜いた武田です。
グラブを叩きながらホッとした表情でマウンドを降りた次の瞬間、表情が凍りついていました。

中田の打席。
あきらかに力んでいる武田。
気持ちをもう一度作るのが難しかったのか、必要以上に気合を入れてしまったのかもしれません。
中田に3球投げましたが、すべてが高めに浮いていていました。
そんな投球が、今の中田に通用するわけはない。
アウトハイに抜けたスライダーを振りぬくと、打球はレフトにほんの少し設けられたファイターズファンの応援席に。
これぞ4番という仕事でした。

しかしひとつのエラーで4失点ですから、エラーは怖いですね。
今宮はすばらしいショートですが、そんな今宮でもこうなってしまう。
ヒット打ちました、ホームラン打ちましたではそう簡単に取り返せないのが守備のミスなんですね。
あらためて野球は守備からだなと思いましたね。



勝ちはしましたが、首がつながっただけ。
まだまだこれからです。
本当に日本シリーズへ進みたいのなら、陽と大引をどう扱うかが難しいですね。
どちらも今書いたように、守備を考えれば外せない選手。
しかし、あきらかに打撃の調子が悪い2人をなんとかしないと、得点力が上がらないのは事実。
復調すればいいですが、この短期間で戻るかどうか。
今は眠ってるホークス打線ですが、もし牙を向いてきた時に、対抗しようと思ってもぶつ切れ打線では戦えません。
なんとか戻るのを祈るしか出来ませんね。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06