拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

CSファーストステージ第1戦


141011.jpg




さぁ始まりました、クライマックスシリーズ。
2勝勝ち抜けの超短期決戦。
先発は大谷と金子でした。
金子はウチとの相性はそんなに良くないんですが、やはり金子を出さずに敗退となったら悔やんでも悔やみきれませんからね。
対する大谷は、相性は良くても投げてみなければわからない。
この大舞台で、どれだけ自分を出せるかが問題でした。


相手打線は大谷に対し、セーフティーバントを繰り返し仕掛けてくるという作戦。
大谷の場合は、ハマればいいですが、ハマらなければコントロールが問題となる投手。
まず視覚で揺さぶって、バント処理のために前に来なければならないというのを利用して、大谷の投球フォームを崩そうという作戦だったんでしょうね。
これがハマったのか、もともと悪かったのかわかりませんが、球が高めに抜けること抜けること。
これが元で、大谷は大ピンチを迎えることになります。


2回、2アウトからヘルマンに2ベースを打たれると、駿太に4球でバッターは伊藤。
2-1からストレートがすっぽ抜け、伊藤の顔の方向に。
右手にボールがぶつかったらしく、これで満塁に。
このデッドボールは両チームのファンがいろいろ言っていたので、何度も繰り返してスローで見てみましたが、かなり微妙だけど当たってるように見えました。
浅い回のデッドボールで、当たってないのにベンチまで帰るっていうのも無いような気がするし。
とにかくこのデッドボールが大谷を動揺させたのは間違いないでしょう。

それにしてもこの時のドームはすごい雰囲気でした。
危険球だから退場にしろ!とか、ふざけんなコラ!とかいう野次と球場のザワザワした感じ。
これが大谷を追いつめていった感じがしました。
ヤジは別としても、やはりこうやってファンが相手投手にプレッシャーを与えるというのはいいなと思いましたね。
ファンとして仕事してるなって感じ。
◯◯く~ん、がんばって~!とかいうよりも、効果ありますもん。

次の平野には、まったく入る気配がないコントロールで押し出し。
さらに坂口に対しては、カーブが最初っから坂口に向かっていくという珍しいデッドボールで押し出し。
落ち着いていこう、冷静にいこうという気持ちが、完全に空回りしてる感じでしたね。
若い大谷には厳しい場面でした。

なんとか糸井を打ちとったものの、この2失点のダメージは精神的にもでかい。
大谷がどうやって修正するのか、それとも短期決戦だけに代えるのかが注目でした。


3回は、球が浮いてもなんとか3人で抑える事が出来た大谷。
4回からやっと安心できる投球内容に変わりました。
やはり大谷は修正に3イニングはかかりますね。

金子も0点で抑え続けており、しかも完封ペース。
この2点は大きいなと思っていたのですが、不安定な状況から立ち直った大谷と、0で抑えられているものの、完ぺきとまで言えない金子の投球内容でしたから、なんとか無失点でこらえて1点取れば、なにか変わる感じはあったんですよね。
そう思っていた矢先の5回でした。

先頭近藤が詰まりながらのヒットで出塁します。
ここはどうしたって送ってプレッシャーをかけたい場面ですが、次のミランダが、まぁ金子と合ってないというか当たる気がしないスイングなんですよ。
まぁバファローズバッテリーからすれば、これだけ合ってないバッターで、一発だけはダメな場面ですから、とうぜん外の変化球一辺倒ですよ。
それがおもしろいように振ってくるし空振る。
あぁこの打席のミランダは三振だなと確信してました。

ところが、ところがです。
3球フォークを続けてカウントは1-2。
当たり前のようにアウトローへフォークを投げて三振・・・となるはずだった4球目のフォークが、浮いてストライクゾーンに入ってきました。
ヒットはムリでも、当てる事は出来るコース。
これをミランダは引っぱってファーストゴロにしました。
あとで考えると、この一打が大きかった。
なんとか当てたおかげで、近藤を送った形になったからです。
このプレーを見た時に、今日の金子には付け入る隙があると思いました。

続く大引も、チームバッティングを意識した右打ちで、2アウトながら3塁。
ここでラストバッター大野なのですが、おかしな打席だったなぁ。

初球は高めに抜けるストライクでボール。
その次がド真ん中のストレートだったのですが、これを大野が全くの無反応で見送るんですよ。
お前なに待ってるんだ?って感じ。
反応すらしないってどういう事と思いますよ。
そしたらそれを見て伊藤が続けてストレートを要求するんですよね。
そして金子もうなずいてアウトローへストレートのはずだったんですが、浮いてアウトハイに。
これを大野が狙ってたかのようにライト前に弾き返してタイムリーを打つんですよ。
打った瞬間「なんじゃそりゃ」って言いました。
だってその前のストレート2球にまったく反応してないんですよ。
しかもセオリーならここでボールになってもいいからアウトローへ沈む球を投げる場面ですが、ストレートだったんですよね。
それを待ってましたと言わんばかりに右打ちでしょ。
お前は元木かと。


この得点で、点差は1点。
これが流れをこっちに引き寄せる要因となった気がします。


6回表、2アウトから中田が4球を選ぶ。
この打席も中田に一発だけはダメだから慎重になっての4球というよりは、慎重にいこうとしたけど、球が抜けてしまっての4球という感じだったんですよね。
しかも最後の球は、ファイターズファンの私から見てもストライクじゃねぇのって球だったんですが、アウトローに構えていたのがインコースに来た逆球。
しかも外から中に入ってくるスライダーだっただけに、審判がストライクコールし損なった感じの4球だったんですよね。
金子にとっては不運だけど、金子が万全ではないとあらためて思わせる4球でした。
しかしすでに2アウト。
ここから連打で金子から得点というのは考えづらかったんですよね。
しかし小谷野がヒットを打つんですよ。
インサイドのシュートを読んでのレフト前。
北の打点王をなめちゃいけませんでしたね。

ここで近藤。
しょうじき、ここで嫌なのは長打です。
だから外の勝負になるだろうと思ったし、最悪でも次に金子とまったく合ってないミランダが来るわけですから、ここは厳し目に勝負すると思うので、近藤にとって厳しい場面だなと思いました。
案の定、外に変化球を織り交ぜながらの配球で攻めてきますが、なんとか近藤も粘ってフルカウントまで持っていきます。
あぁここはボールになってもいいから、外に落ちる球を引っ掛けさせるか、空振りを狙うんだろうなと思ったら、外から中に入ってくるスライダーで見逃しの三振を狙ってきたんですよね。
これを近藤が三遊間を破るタイムリーを打って同点に。
甘くなったとはいえ、バファローズバッテリーに余裕が感じられない配球でした。

ここで代打を送らずにそのままミランダがバッターボックスへ。
勝負かけてもいいんじゃないかと思いましたが、その前に金子がストライクを取れない。
あれだけ余裕を持って対していたミランダ相手に必死になっている。
カウントは2-0。
ここは変化球でストライクを取りにいくのだろうと思ったら、そのスライダーが真ん中に。
タイミングは合ってなかったけど、さすがにそれは当たる。
打球はライト線を転がっていき、逆転のランナーが返ってきました。


しかし、そのすぐ裏に同点にされ、中継ぎ勝負になります。
ただ、逆転のランナーになるはずだった川端を、西川の好返球と、大野のナイスブロックで阻止した事で、流れを手放さずに済みました。


7回から金子に代わり岸田がマウンドに。
この交代に疑問を持つバファローズファンが多いみたいだけど、ハッキリ言って金子は6回から変えてもおかしくなかったと思ってます。
2点差があれば金子続投できたでしょうが、今日の金子で1点差では。
超短期決戦で、エースだから、金子だからといって引っぱるよりも、強力な継投で勝ってきたのですから、その勝ちパターンに持っていくというのも有りだと思ったのですが、まさか私も金子が6回で捕まるとは思っていませんでした。
ベンチも同じだったんじゃないですかねぇ。


代わった岸田から大引が2ベースを放つと、大野が送りバントで3塁へ。
西川がストレートの4球を選び、バッターは中島。
ここで中島がセーフティーをしっかり決めて、勝ち越し。
このプレーは大きかった。


7回裏に宮西がフラフラしたピッチングを見せましたが、クロッタがビシッと締めて無失点。
8回は先頭の中田が技ありのライト前で出塁すると、小谷野がレフト線を破る2ベース。
近藤が片手で外野まで運び犠牲フライ。
この後に西川が押し出しを選んで6対3とした時点で勝負あり。
大事な初戦を取りました。



これで優位に立ちましたが、まだまだわかりません。
気を引き締めていきましょう。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10