拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

試合を分けた場面


140914.jpg



見慣れた光景でしたが。



逆転優勝という、芥川の「蜘蛛の糸」ばりの細い可能性を信じて戦ってるファイターズでしたが、いつものパターンでやられましたね。
そのパターンとは、8回の追加点を取られた場面です。

1点を追う8回に、まだ調子を取り戻せないカーターが登板。
先頭に、いきなりコントロールのつかない4球を与えると、三振をとったのに盗塁され、前のバッターを敬遠で送ってまで勝負した相手にヒットを打たれ満塁。
満塁という最悪の場面で後手の継投。
出てきた左腕も想像通りのタイムリーを打たれ、そのあと2連続押し出しというファンの応援心をへし折る投球を見せました。

こんな光景を今年何度見ましたかねぇ。
だから、カーターが先頭に4球を出した時点で、こういう展開は予想してましたよ。
なのでショックはあまりありません。

といって、この継投を責める気にもなれない。
1点負けてる状態で、調子が悪いとはいえ勝ちパターンであるカーターを投入。
それがやっぱり不調で、塁を詰めて力勝負しにいった相手にヒットを打たれ満塁。
最悪の状態で継投しなければいけない状態になってしまった。
本来ならここで宮西を入れたいけど、肘の調子が悪いのか投入できない。
まぁCSを考えれば、無理して投げさせる場所じゃないですしね。
代わりの石井は元からこういう場面を抑えられる状態にない。
左相手だから左っていう安直な考えはさておいて、石井の投入も納得はできる。
その石井がタイムリー打たれた時点で代えるタイミングはもう無い。
だからこの回の大量失点は、腹が立つけどしょうがない。
何回も見てるから慣れたっていうのが大きいのかもしれないけど。( ̄▽ ̄)


それよりも、この試合の勝負を分けた瞬間は、ノーアウト満塁での近藤の打席でしょう。
3点を追うファイターズが、繋いで繋いで2点取って、さらにノーアウト満塁ですよ。
ここで近藤なんですが、前の打席でゲッツーを打ち、天井を見上げた自分が残っていたらしく、甘いストレートを沈めきれませんでした。
このファールで勝負あった気がしますね。


若い選手が多いからというのもあるかもしれないけど、どうもウチはマジメすぎるんじゃないかと思う事があります。
考えこむような印象というのでしょうか。
北海道に移転してきた当初、あの新庄がチームを引っぱっていた時の明るさが、選手にもファンにも受けたからこそ今のファイターズがあると思ってます。
明るい選手も多かったし。
だけど今は素直でナイーブな選手が多くなったように見られます。
中田を筆頭として。
もっと楽にプレーしてほしいと思うのですが、これが世代というものなのでしょうかねぇ。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10