拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

稲葉の引退




今日はイラッとする負け方でしたね。
守備固めになってない守備固めとかさぁ、左投げが手薄だからっていう理由だけで上げてきた左が機能しないとかさぁ、そりゃそうじゃんっていうのばっかりだったなぁ。


違う!
そういうしょうもない事を書きたいんじゃない。
今日は稲葉について書きたいんです。
だから今日の試合はもう振り返りません。
振り返るのは稲葉の事にします。


長くなる気がするので、興味がある人だけ「続きを読む」からどうぞ。




 


同い年のスーパースターがまた引退していきます。
なんか寂しいなぁ。


稲葉っていうと、もう「ファイターズの稲葉」って感じですよね。
そして「ファイターズで開花した」と言われたりする。
でもそんな事はない。
スワローズ時代から勝負強いバッティングで、いいバッターだったのは見てたから間違いない。
ただ周りに古田とか、ペタジーニとかいたから目立たなかっただけ。
そんな稲葉がメジャーに挑戦となった時は、しょうじき無謀だと思いましたよ。
案の定、どこからも声がかからない。
そしてヤクルトという球団は、出たらもう帰れない。
どうすんだろうと思っていたら、まさかのファイターズが獲得という報道。
けっこう嬉しかったのを覚えています。


そんな稲葉もファイターズに移籍して10年。
あっという間でしたね。
ただ、今年の引退はしょうじき無いと思ってました。
兼任コーチを引き受けたと聞いた時は、絶対に止めとけ思いましたよ。
だって兼任なんかで成功した人は殆どいないんだから。
しかし、今年はまた専任となったと聞いて、これは腹くくったなと思いました。
今年結果が出なければ、稲葉は引退する。
それくらいの覚悟をしたからこそ、専任に戻ったんだなと思ったので、このブログでも書きました。
ファンも腹をくくったほうがいいと。

しかし、稲葉手術というニュースがシーズン中に飛び込んできた時に、これで今年の引退は無いと思ったんです。
なぜかというと、今年は並々ならぬ決意で臨んだ稲葉が、膝の調子が悪くて手術に踏み切ったんですよ。
という事は、今の自分に満足できないから手術するわけでしょ。
この手術は先を見つめてると思ったんですよね。
であるならば、長期離脱が確実な手術は、来シーズンへの準備だと思ったんです。
だから今年の引退は無いと。
しかし、最後まで試合に出るための、1軍でやっていくための手術だったんですね。
その先はありませんでした。


しょうじき背番号41は永久欠番にしてほしい。
ファイターズ出身じゃないけど、これだけファイターズに貢献し、北海道に根付くための努力を惜しまず、引退後も北海道に家建てて住むって言ってる選手ですよ。
北海道日本ハムファイターズの象徴として残すのは悪い話じゃない気がするんですよね。

それと、引退後すぐコーチになるより、一度野球界を離れて、外からファイターズを見てほしい。
そのままコーチになると、選手とコーチの線引が曖昧になる事もあるし、いろいろな勉強をする時間が無くなりますから。
3年ぐらいしてから戻るのが理想かなと思うんですよね。
まぁ解説を聞きたいというのもあるんですけどね。( -∀- )

今年は稲葉と一緒に辞める選手が出るんじゃないですかねぇ。
あの選手とか、あの選手とか。
ファンはシーズン終了までドッキドキですね。


稲葉ジャンプもどうするのかなぁ。
個人的に稲葉が稲葉ジャンプの継承選手を指名してほしい。
そしてその選手がファンからチームに欠かせない選手と認められ、それだけの結果を残した時に、レフスタからジャンプが始まるとかドラマチックでいいじゃないですか。
個人的には谷口が継承してほしいんですが、このままで行くと中田になりそうな気が。
中田なら来年からすぐジャンプしちゃうな。
まぁその中田が移籍するときか引退する時にまた後輩に引き継ぐみたいなね、そんな流れが出来たらいいなぁと思います。
やっぱり稲葉ジャンプは無くしたくないですもん。


本当は行く気が無かったんですが、思わず最終戦のチケットを取ってしまいました。
このままでいくと、どうも稲葉を札幌ドームで見るのがシーズン最終戦になりそうなので。
もう最期の挨拶からの稲葉ジャンプとか勝手に想像して、ちょっとウルウルしてしまいます。
今から楽しみだけど寂しくもあるなぁ。
まだまだ書きたいんだけど、最終戦が終わった時にまた書きたいと思うので、今日はここまでにしときます。



スポンサーサイト
Comments
 No title
旭川で中止になった楽天戦が追加されるので、10月1日ではセレモニーを行わないらしいですよ。
 さちさんへ
うえ~~!!∑(゜ロ゜ノ)ノ
そうだ!旭川忘れてた!
でも10月1日のってプラチナチケットですよね!
それが最終戦じゃなく、セレモニーもやらないなら、なんのために高い金出して買わなきゃいけないんだって話ですよね。
え~…
今調べたら、やれる日は12と22以外ないし…
どうしましょう…(゚д゚;)
 No title
ヤクルト時代の稲葉もハッキリと覚えています。
ただ、打席に立っても顔がよく見えなくて、日ハムに移籍してきて初めて
「へ~~~こんな顔だったんだ~」と確認できました。
それにしてもヤクルトに10年もいたんですね。
私にとっては『ファイターズの稲葉』ですからね、当然。
確かによくヒットを打っていた記憶があり、元々いいバッターでしたが、
「日ハムで開花した」というのも当たっていると思います。
それは”存在”として、という意味で。
稲葉自身が再三語っているように新庄の影響で明るく変わっていったんでしょうね。
今ではヤクルト時代には考えられないほど華やかなオーラを放っています。
実績や年輪がそうさせたのか。
いや、タラレバですが、日ハムに来ていなかったら・・・どうだったでしょうね。
人や土地との出会いで人生変わりますからね。
あの会見での清々しさを見ると稲葉にとっていい選択であったと思います。


私も来季1年は続けると思っていました。
最近調子も良かったですし、久々のHRに右手を挙げたときは「まだまだ行ける!」
と思いましたから。
でも周囲にそう思わせてサッと身を引くというのも美しいですね。
『全力疾走』し続けた選手生活に「悔いなし」と言えるのは素晴らしいです。
その後の勝敗は相手がある事なので、そうそうドラマチックにならないところが
またリアリティーがあり過ぎですが。(笑)
(後輩たちもっと頑張ってよ~~~)

稲葉が引退したらどうなってしまうんだろう・・・?と常々想像していました。
涙なみだナミダの引退セレモニーになるんだろうなー、と。
もうあのクイーンの登場曲が聞けないなんて・・・
自分で書いてて涙が出て来る。
でも、稲葉不在の時期もけっこう長くて、帰って来てからもスタメン出場は
激減していたので、少しづつ、なんとなく慣れては来てましたかね。
うーん。でもでもやっぱり寂しいし、悲しい。
そんな中での救いは「北海道に家を建てている」という事。
TV会見で稲葉の口からそれを聞いたとき「やった~!ふぉ~~~♪」と
叫びました。

稲葉の不在はあまりにも寂しいので即ベンチに入ってほしい気持ちはありますが、
仰るように、後輩選手との線引きが難しそうですね。人が良いだけに尚更。
元々上下関係の希薄なチームカラーですし。いい意味でも悪い意味でも。
かと言って3年は長いわ~。
解説ならマックの方を推しますが。(マックはどうなるでしょう?)

稲葉ジャンプの継承ですか。
そうですね、あれを失くしてしまうのはもったいないですね。
でもあれはクイーンと合わさって一つだった部分があるので、登場曲も
相当インパクトあるものじゃないとね。
誰がいいでしょう?
稲葉って誠実で真面目ですが、堅苦しくなくてユーモアがあり、
本当に絵に描いたようないい人ですよね。
そして言うべきことは言う。でも厭味がまったくない。
なかなかこういう人は現れないですね。
別に中身まで似た人じゃなくてもいいのですが、少なくともジャンプをするからには
チャンスに強い選手じゃないとねぇ。
翔はイマイチ弱いんですよね。
けっこう難題ですが、稲葉自身が指名するのが一番いいでしょうね。
それともこういうのって闘将会が決めるのでしょうか?

いやー、最後の挨拶とか最後の稲葉ジャンプとか・・・ウルウルどころじゃなく
グショグショになると思いますよ。
これまでも数々の別れがありましたが、寂しさ悲しさの度合いは一番じゃないでしょうか。
ドーム全体が泣くでしょうね。

・・・・・・

そんな感慨もぶっ飛ぶほどの今回のチケット騒動!
なんとか最良の結果になってほしいですね。



あと、トレードだったので仕方ないのですが、今浪が人知れずいなくなったのも
寂しいんですよね。みんなにサヨナラも言わずに・・・
(試合よりもFFFFFで目立っていた気もする)
替わりにヤクルトから来た人がよくわからない投手ですし。




 ichieさんへ
30年以上ヤクルトファンをやってきた友人でさえ、稲葉はファイターズの選手になったと言ってますからね。
他所に移って人気ものになるのはすごいと思います。
阪神に移籍した今成なんかそうですよね。
逆に移籍したらパッとしなくなったという選手もいます。
ひちょりとかどうするんですかねぇ。
なんか知らない顔して北海道でレポーターとかやってそう。
鶴とかもなぁ。

代打でやろうと思えばまだいけるんでしょうけどね。
僕は代打の切り札としてやっていくのかとも思っていたのですが。
やはり思ったように動けなくなったら引退だったんですね。

口ではいいこと言ってるけど、東京に家があったり、嫁さんが東京で仕事してたりとかたくさんいるじゃないですか。
都合がいいとか、子どもの教育がとか言い訳して。
けっきょく大阪が好っきやねんっていって帰るのもいるし。
本人たちのこれからもあるし、しょうがないんですけど、そういうのってどこか「やっぱ北海道じゃないんだね」って思っちゃうんですよ。
それが稲葉は「住む」って言うんですから頭下がりますよ。
ありがとうって自然と口から出ますもの。( ̄▽ ̄)
応援してきてよかったな~って心から思います。
この土地が好きっていう価値観の共有、この価値観の共有が信頼だったり友情だったり尊敬に変わるんですよね。
喜ぶ気持ち、わかりますよ。

指導する側がやっちゃいけないのは、教えられる側の立場に立ちすぎる事だと思うんです。
相手の立場になって考えるのと、相手と同じ考えになるのは違いますからね。
だけどいい教育者になろう、いい指導者になろうと思うと、教えられる人間がやりやすい事をやろうとしちゃう人がいる。
そこには尊敬の眼差しを浴びたいとかいう打算があるんですけど、どうしても現役に近いと、考えがわかるだけに流されやすい。
でもいちど外を経験すると、常識が変わるから線引もしやすいと思うんです。
将来は監督もある選手なので、いい指導者になってほしいから3年は必要かなと。

稲葉ジャンプをどうするかは闘将会が決めるみたいですね。
出来れば継承する選手を決めておいて、稲葉ジャンプを継承するに値する選手となったと認めてからやるというのが僕の理想なんですよね。
見極めは難しいけど。
でもそういうドラマがあってもいいかなと。

チケットはどうなりますかね。
明日ぐらいに動きはありそうですが。

増渕はいい選手「だった」んですよ。
ストレートが速くてね。
将来が楽しみだなんて言われてたんですが…
何とかがんばってほしいですねぇ。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06