拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

陽の試合


140713.jpg



陽岱鋼のための試合となりました。



3連敗だけは阻止したいファイターズ。
先発の中村に力投を期待しますが、初回、今宮の打球を、セカンドの中島が余裕を持っていたのにファンブル。
いきなりミスでランナーを許すと、次の内川の打球は右中間へ。
流れが悪い時ってこんなものかと溜息が出そうになったのですが、目に飛び込んできたのは陽岱鋼がグラブを差し出す映像でした。
まさかと思いましたが、打球は陽の後ろに転がっていない。
大ファインプレー。
これがどれだけすごいかというと、ランナーの今宮が、打球を見て「抜けた」と確信してサードまで走っていたぐらいの打球だったんです。
当然今宮は戻れずダブルプレーでチェンジとなりました。
このプレーがこの試合を決めたと言ってもいいんじゃないでしょうかね。


プロ野球で「強肩」「俊足」と言われる外野手は腐るほどいます。
しかしこれに「予測」と「判断力」を兼ね備えた外野手はほんの数人しかいません。
今日の陽みたいなプレーが出来るのは、M岡田とBs糸井ぐらい。
あのチームのあの選手とか、あのチームのあの選手が「球界でもトップクラスの外野手」とか言われてるのを見ると、鼻で笑ってしまいます。
すばらしい外野手をたくさん見てきたファイターズファンとしては、そのレベルで満足してるなんて、ある意味幸せなファンだなと思っちゃいますよ。


話がそれた。
とにかくこのワンプレーがファイターズに流れを呼び込みます。
3回、先頭の中島が左中間をコロコロっと抜ける当たりで3塁まで到達すると、続く陽があっさりと犠牲フライで先制。
4回にはまたまた陽が、まさにラインドライブと呼ぶにふさわしい、バックスクリーン横一直線の2ランホームラン。
ファインプレーはするわ、1人で3点も叩き出すわ、やりたい放題という感じでしたね。

というか、今の陽は活躍しすぎですよね。
休養前と後では別人ですよ。
この活躍が開幕から出ていればねぇ。
もう少し上位との差は詰まっていたでしょう。
なんなんですかね陽は。
この波の激しさが無ければ本当のスーパースターになれるんですが。
まぁこれからがんばってください。


さて、守る方はと言いますと、先発の中村は立ち上がりから制球が悪く、特にカーブがまったく決まらない状態。
それでも5回途中まで行ったのは良かったです。
悪くても粘れる投球が安定して出せるようであれば、ローテーションを任されるようになるでしょう。

その中村の後を受けたのは増井。
早い回での起用とはいえ、ピンチでの登板ですから、ベンチの期待が伺えます。
まぁ今はココらへんの起用でいいんじゃないでしょうか。
しっかりと信用を得て結果を出さないで、守護神復帰とかの方が間違ってますからね。


いい事もあれば悪い事も。
ミランダがまた腰痛で途中交代となりました。
大事を取ってということなんでしょうが、ひどくならないことを祈ります。

そしてそれ以上に心配なのは中田。
涌井から受けた膝へのデッドボールが思わしくなく、こちらも途中交代。
膝に血がたまっているという事ですから、もうゆっくり休養でいいんじゃないでしょうかね。
オールスターも本当は出てほしくないんですが、辞退しちゃうと10試合出場が出来ないという罰則が与えられてしまうので、代打起用でお願いしたいなぁ。
というかそスタメンで使ったりしたらキレますけどね。



まぁこの3連戦は、ハッキリ言って3連敗だけがダメな試合でした。
先発のメンツを見ればわかりますが、今のホークスに3連勝なんておこがましい。
出来れば勝ち越し、無理でも1勝すればオッケーという3連戦でしたから。
気にせず旭川に来てほしいです。
16日、参戦します。
まさか大谷回避とかしないよなぁ。
頼むよ。


スポンサーサイト

Comments
 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06