拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

褒めようと思ったけど




途中まではね、この試合の事を勝とうが負けようが褒めようと思ってたんですよ。
というのも、初回から藤浪の球をじっくり見て球数を投げさせる、消耗させるという作戦が見て取れたし、実際にそれがハマりましたからね。
初回にはなかなか捉えられなかったストレートが当たるようになって、同点に追いつく結果が生まれました。
藤浪は8回まで投げましたけど、ウチの打線が普通だったなら、6回で降ろしてたでしょう。
しかし、いない子の年を数えても仕方ない。
今のウチの打線では、延長になってしまうのもしょうがないでしょう。


上沢も成長を見せてくれました。
とにかく初回から、ストレートが上ずってどうにもならず、変化球でしかストライクが取れない状態。
その変化球を狙い打ちされ、これはまた3回で降板かなと思わせましたが、相手の拙攻もあり何とかしのいでいくと、5回からはいつもの上沢のピッチングに戻り、相手を翻弄するピッチングになりました。
これが初回から出れば文句はないのですが、まぁこれからの選手なんでそこは期待しましょう。


この試合では、キャッチャーのリードも光ってました。
大野・市川共に好リードが見られ、打撃では2人ともいい感じでした。
ただ、大野は早い回に右バッターに対してインコースをまったく使わない事、市川は初球の入りが甘い事は気になりましたね。

上沢がインコースを嫌がるのかと思いましたが、他の試合では投げてるし、途中から投げ出したので、これはもう大野が要求しないんでしょう。
甲子園の浜風と右バッターのアウトコースという事で、長打の危険性が少ないと思ったんかなぁ。
でも失点したのは右バッターのアウトコースなんだよね。
インコースは出来るだけ早い回というのがセオリーなんだけど、やはり広い札幌ドームでやっているというのも、そういう弊害として出てくるのかもしれません。

市川はあのサヨナラを食らうまでがまずかったですね。
鳥谷の4球は、これはもう織り込み済みですから別にどうということはない。
問題は新井の初球と、マートンの初球でした。
打ちたい打ちたいの新井弟に対し、初球にアウトコースのストレートでストライクを取りにいくのはちょっと軽率すぎた気がします。
ボール球で様子見るくらいの慎重さがほしかったですね。
しかも初球にストレートでしょ。
そりゃ待ってましたとなりますわね。

ただこれは待ってたストレートだったんですけど、逆球となり詰まった事でレフト前に落ちました。
こうなるとマートンはめんどくさいバッター。
ここでも初球は慎重に入るべきなんですが、変化球をアウトコースのストライクになるかならないかというところに要求するんですよね。
新井にしろマートンにしろ、初球にあれだけ踏み込んで打ってくるっていう事は、インコースは無いと思われてるんですよね。
普通は近めの速い球をマークしますもん。
ちょっと不用意な配球だったなというのが残念なところですね。


まぁ増井がこうなるのは織り込み済みなんで怒るなんて事はないですよ。
人情で使うほうが間違ってるんだから。
試合の勝利より、選手への信頼が大事なわけでしょ。
という事は、監督は増井に5~6試合はあげたんですよ。
勝敗は別として。
それで復調すれば良かった良かったなんだろうし、ダメなら負けるだけですからね。
ファンさえ我慢すれば問題ないんですけど、そんな優しいファンばかりじゃないですからね。
まぁこれからどうするのか見ものではあります。


でも全体的にチームで戦ってる気がしていいなと思ったのは事実です。
勝つにしろ負けるにしろ、まぁ多少のミスはありましたが、これが今のファイターズの精一杯でしょう。
ただ、その開き直りがもっと見られれば、もっといい試合になる気がするんですがね。
まだ気持ちが弾けられるはずなので、この試合は褒めません。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10