拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

なんとか初勝利


140501.jpg




久々のカード勝ち越しです。



先発は、勝利よりも内容が問われる吉川。
いきなりワンツー食らって、強烈な右フックでダウンしたかのような3失点。
立て!吉川!と叫んでみたが、失点の影響は足に来たようで、フラッフラ。
フルカウントが当たり前となって、2回終了時で54球。
ノックアウトは時間の問題と思われました。

しかし、そんな吉川を何とか引っぱったのが、この日スタメンマスクの市川でした。
これまでは近藤と組ませていましたが、さすがに監督も吉川を勝たせたかったのでしょう。
その起用に応えなければと市川がひねり出した作戦は、吉川変化球投手作戦でした。
力の戻らないストレートを狙ってきていたライオンズ打線に対し、変化球主体のピッチングにチェンジ。
これが見事にハマり、3回以降は安定したピッチングに。
まぁこのピッチングが何度も通用するものとは思えませんが、それでも結果は付いてきたんで、吉川は市川に感謝しないとね。


バッテリーの粘りもあって我慢してると、4回には打者一巡の猛攻で6対3と逆転に成功。
するとベンチは6回に久を投入しました。
たしかに吉川は5回終了時点で102球を投げていましたが、監督が試合前に吉川に対して「魂を見せてもらいたい」と言った発言と、ここまでの感じから、140球を目処に7回までと考えていた私には拍子抜けでした。
吉川の体力であれば問題無いし、それにこの点差であれば当然と思ったのですが。
そこまで力投する吉川の姿こそ見たかったですしね。

しかし、勝ちにこだわった監督は継投を選択するんですけど、そのチョイスが久っていうのが引っかかるんですよ。
たしかに早く戻ってほしいピッチャーですが、この状況なら谷元だと思うし、なによりも久に配慮した登板だなとも思うんですよね。
6回とはいえ3点差の勝ちゲーム。
カード初戦に結果が残せなかったけど、この点差で久なら、逃げ切りと復調が同時に出来るのではと考えたのかなぁ。
その理想はわかるんですよ、理想はね。
ハマればキレイですから。
しかし結果は途中交代。
現実は甘くないという結果に。
けっきょく久から2軍行きを直訴する事となりました。

中継ぎ勝負でしたから、ここで久が逆転されようが追いつく可能性はじゅうぶんあると思っていたので、そんなドキドキはしませんでしたが、吉川の勝ちが消えるのは忍びない。
監督もその考えはあったはずですが、理想に走ったとしか…

久の辛いとこは、久のスライダーもシュートも、ストライクを取れるものじゃないんですよね。
どちらもゾーンギリギリからボールになる球です。
調子が悪い時にはボールからボール。
腰を引かせるシュートであって、手を出させるシュートじゃないからボールになっちゃう。
スライダーも、低いところから放たれて、遠くに落ちていくので右バッターは手を出しづらい。
けっきょくストレートが生きないと、なかなか手を出してくれないんですよね。
しかし近年は、そのストレートの力が無くなってきたから、見られて4球で苦しむ結果に。
ここらへんを何とかしないと、なかなか勝ちゲームでは使いづらいです。
復活は期待しますが、久のために試合をするのは違う気がします。
納得して戻ってくる事を期待しましょう。


最後はカーターが出てきましたが、しょっぱなからまったくボールに指がかかってない感じのボールを連発して、またもや吉川の勝ちが消えるピンチに。
ハッキリ言ってこりゃダメだと思いました。
しかし3人目からだんだんストライクゾーンにボールが近づいてきて、けっきょく最後は2者連続三振でゲームセット。
良いんだか悪いんだか、判断のつけにくいピッチャーですね。
まぁスライダーがストレートよりもコントロール出来てたっていうだけの話で、初見じゃなかったらヤバかったです。
ストレートとスライダーしか投げておらず、スプリットがあると言ってたのはどうなったのか。
まだ見てみないとなんとも言えませんが、これが本来のカーターじゃない事を祈ります。


市川がプロ初ヒットと初打点ですか。
ヒーローインタビューではかなり緊張していたみたいですが、これまでの苦労が感じられるインタビューでグッと来るものがありましたね。
これでまたチャンスはもらえるでしょうから、次もしっかりつかんで勝利に貢献してほしいですね。


小谷野は復帰まで6~8週間との事。
残念ですが、いなくなった子の歳を数えてもしょうがないので、ファンも切り替えていきましょう。
これでチャンスをつかむのは誰になるんですかねぇ。




Comments
 No title
またもやお邪魔しにきました。昨日も散々グチりましたが、久の件については全く同じ意見です。いい時に使うならまだわかりますが、今の状態であの場面で使うのはちょっと理解できず・・・絶対に吉川に勝ちをつけなくてはいけない試合でしたもんね。私も谷元で行く方がベターだったのではと思います。栗さんはそういうとこ、なんというか情けというか自分の思いをこめて采配をするような感じがします。けど理想や夢と現実はやはり違うので、時には非常と言われる采配もしていいのではと感じます。

コンサどんさん的にはコンスケの事はどう思われますか?彼がマスクを被る試合はことごとく負けているし、プレーした事のない私には細かいリードの事はわからないのですが、おっしゃる通り全然インコースを攻めない。さらにランナーには走られるわ毎回ミスするわでかなりイライラしながら見ている事が多いです。バッティングがいいからと使ったりもしているようですが、そんなにいい場面で打っている印象もなく・・・でも素材はいいんでしょうから、育てるという意味でも使いたいんですかね。とりあえずあの頻繁にやらかす送球ミスは何とかならないんでしょうか。恐らく本人が1番わかっているんでしょうけど、気負いからも連発してしまうのかな。

まだまだ世代交代がうまくいかず、中堅がなかなか花開かない難しいチーム状況ですが、いい時は必ずくると期待して待つしかないですかね。負けて1番悔しいのは選手達なんでしょうし。(まぁあまりそれが伝わってきませんが・・)

あまりみんな仲が良すぎるのもダメなんですかね!?ハルキだってセカンドに定着しつつありますが、でも決して奪い取ったっていう感じがしないんですよ~。競争が激しいとか言われてますけど・・・なんだかな~

もっと石川くんや谷口くんを使って欲しいですよね。

またまた長くなってしまいました。

また遊びにきますね~
 No title
非常間違えました!!非情だ~!!(泣)
 しおさんへ
下では良い投球をしていたようですが、戻ったのか戻されたのかで久の同情の深さが変わりそう。
結局この継投でクロッタ2イニングでしょ。
完全に失敗なんですよね。なんてったって9連戦ですから。
勝つ野球と理想の野球、どちらを選ぶのかといわれれば、今は間違いなく勝つ野球ですから、もう少し「非情」な采配を見たいものです。

キャッチャーは30からなんて言われるぐらい経験が重要なポジションなんで、もともとそんなに期待はしてません。
けど気になるのは、若いくせに逃げる配球をしてるとこなんですよね。
普通は若さから強気で勝負して打たれる事で覚えてくもんですけど、近藤は最初から外オンリーでした。
これはもう教える側の問題なんで、ちゃんと育ててほしいと思ってます。
問題はそんな近藤が2番手のキャッチャーで、大野のケガの影響で使わざるを得ないのが今の状況ですよね。
本当なら大野が全試合やらなきゃダメなんですよ。
だからイライラする事もありますけど、少し同情もしてるという感じです。

仲がいいのと同じ方向を向くというのは違いますからね。
仲が良かろうが悪かろうが、勝利に向かってチームがひとつになれば強いんですよね。
昔のファイターズはそれが出来てました。
しかし今は、自分のことでていいっぱいな選手が多い気がします。
それじゃダメなんですよねぇ。

今日は谷口に期待したいですね。(^ω^)

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
過去記事(ログ)スクロール

2018/06 (12)

2018/05 (20)

2018/04 (21)

2018/03 (13)

2018/02 (9)

2018/01 (2)

2017/11 (3)

2017/10 (6)

2017/09 (15)

2017/08 (15)

2017/07 (20)

2017/06 (21)

2017/05 (19)

2017/04 (21)

2017/03 (16)

2017/02 (7)

2017/01 (3)

2016/12 (3)

2016/11 (5)

2016/10 (12)

2016/09 (19)

2016/08 (21)

2016/07 (19)

2016/06 (19)

2016/05 (19)

2016/04 (20)

2016/03 (14)

2016/02 (11)

2016/01 (1)

2015/12 (1)

2015/11 (3)

2015/10 (9)

2015/09 (19)

2015/08 (26)

2015/07 (19)

2015/06 (19)

2015/05 (20)

2015/04 (21)

2015/03 (15)

2015/02 (11)

2015/01 (2)

2014/12 (2)

2014/11 (5)

2014/10 (14)

2014/09 (19)

2014/08 (18)

2014/07 (16)

2014/06 (15)

2014/05 (20)

2014/04 (20)

2014/03 (12)

2014/02 (10)

2014/01 (3)

2013/12 (6)

2013/11 (5)

2013/10 (10)

2013/09 (23)

2013/08 (22)

2013/07 (20)

2013/06 (20)

2013/05 (19)

2013/04 (20)

2013/03 (8)

2013/02 (4)

2013/01 (3)

2012/12 (3)

2012/11 (9)

2012/10 (12)

2012/09 (19)

2012/08 (21)

2012/07 (18)

2012/06 (20)

2012/05 (18)

2012/04 (23)

2012/03 (7)

2012/02 (5)

2012/01 (3)

2011/12 (7)

2011/11 (12)

2011/10 (19)

2011/09 (22)

2011/08 (24)

2011/07 (27)

2011/06 (23)

2011/05 (22)

2011/04 (19)

2011/03 (13)

2011/02 (7)

2011/01 (6)

2010/12 (15)

2010/11 (12)

2010/10 (12)

2010/09 (25)

2010/08 (23)

2010/07 (24)

2010/06 (20)

2010/05 (20)

2010/04 (26)

2010/03 (11)

2010/02 (9)

2010/01 (8)

2009/12 (3)

2009/11 (13)

2009/10 (19)

2009/09 (24)

2009/08 (13)

2009/07 (18)

2009/06 (17)

2009/05 (19)

2009/04 (23)

2009/03 (10)

2009/02 (4)

2009/01 (4)

2008/12 (8)

2008/11 (11)

2008/10 (14)

2008/09 (28)

2008/08 (24)

2008/07 (28)

2008/06 (6)

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06