拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

まさかMLBが


野球でちょっと驚きのニュースがあったので、書きたいと思います。


なんとMLBで、本塁上のタックルを禁止するというルール改正案が規則委員会の投票により可決。
選手会の同意が得られれば、来シーズンから施行されるという。
私はこのブログで絶対禁止にすべきと書いてきましたが、まさかMLBが先に決めようとするとは思っていませんでした。
古いルールを変えようともせず、おかしな暗黙のルールがはびこるMLBが、自主的に変えようとするとはねぇ。

日本でもよく「野球の醍醐味」とか「しょうがないプレー」とか言われて黙認されてきました。
解説者ですら、しかたがないと言う事もあります。
しかし、こんなくだらない、格闘技好きから言わせてもらえば、こんな素人の悪ふざけみたいなプレーが醍醐味だなんて頭の悪いことを言うなよと思ってしまいます。

相撲取りでさえ、横から突然ぶつかられたら転ぶし、ケガもします。
それは技術などというものが介入する余地が無い、危ないプレーだからです。
低く構えて力を逃がせばと言う人もいます。
しかしそれは捕球体制が整っていた状態での話。
ボールをキャッチしようと待ち構えているところに当たられたら、どうにもなりません。
もし捕球体制が整っていても、首やボールを持っている腕に向かって肩や肘をぶつけてくるわけですよ。悪質なやつは。
ホームを外してフェアゾーンに立っていた鶴岡にわざわざぶつかってくる西岡みたいなとんでもないのもいます。
そんなプレーが賞賛されるべきプレーなわけがないし、ましてやエキサイティングなわけがない。
ぶつかられたキャッチャーがうめいてるのを見て「ヒャッホーーー!!」となるのはアホでしょ。
ただし、キャッチャーが捕球前にホームベースを完全に隠すようなプレーをして、進塁を遅らせたり妨害した場合は、それらが行われた時点で審判が走塁妨害をしっかりと宣告するべきでしょうね。

ただ、こういった話が出るとかならず言われるのが「キャッチャーがホームを隠してたら、ランナーはぶつからざるを得ない。だからキャッチャーも悪い」という意見。
だいたいこの手の意見は、ぶつかった自分のチームの選手を養護しようとしてるだけか、単純に勘違いをしているだけだと思います。

よく鶴岡が「ホームの一角を開けないといけないのに汚いブロックをする」と言われたものです。
しかしホームの一角を開けなければならないなんてルールはありません。
開けておいたほうが接触による怪我のリスクが減るのでいいというローカルルールがあるだけです。
ちょっと考えれば当然の話なんですよ。

例えばノーアウトランナー2塁で、バッターが内野ゴロを打ったとしましょう。
なんてことはないショートへのゴロだったのに、何を考えたか2塁ランナーが3塁に突っ込んできた。
当然ショートは3塁に送球ですよ。
完全にアウトのタイミングなのに、それでも突っ込んでくる状況判断の悪いランナーだった場合、サードは走者のために走塁ラインを空ける必要がありますか?
ベースの一角を空ける必要がありますか?
しないでしょそんな事。
サードはまっすぐそのランナーに向かっていってタッチをし、出来れば1塁をフォースアウトにしようとするでしょう。

得点が絡むから複雑に感じますけど、キャッチャーも一緒です。
捕球した時点でホームを隠そうが一角空けようが関係ないんですよ。
タッチプレーであれば、捕球体制に入っている時点、キャッチした時点で走塁線を塞いでもいいんだから。
まだバックホームされてないのにランナーの邪魔をしたり、捕球前からわざと走塁線に構えるのはダメですよ。
避けられない事故だった場合はしょうがないですけど、構えてるキャッチャーに「オリャ~!」つって肩とか肘で突っ込んでいくのは危険であり、何も感動を生むことはありません。
無駄な接触を避けるためにも、滑り込めるだけのスペースを空けておく事は大切だと思いますが、それよりもまずお互いにケガをしない事がいちばんだと思います。

個人的にはゲッツー崩しの危険なスライディングも禁止にするべきと思っています。
エキサイティングなスライディングを見たいなら、鈴木みのるが使う、顔面へのスライディングキックがオススメです。
あとスライディングとはちょっと違うけど、中邑真輔の「ボマイェ!」ね。
youtubeで動画上がってるけど、笑っちゃうくらいすごいです。


NPBはどうしますかねぇ。
メジャー大好きだから追随するんでしょうか。
なんにせよ、無駄なケガで泣く選手やファンを作らないためにも、さっさと日本も厳正に対処してほしいものです。



Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
過去記事(ログ)スクロール

2018/06 (12)

2018/05 (20)

2018/04 (21)

2018/03 (13)

2018/02 (9)

2018/01 (2)

2017/11 (3)

2017/10 (6)

2017/09 (15)

2017/08 (15)

2017/07 (20)

2017/06 (21)

2017/05 (19)

2017/04 (21)

2017/03 (16)

2017/02 (7)

2017/01 (3)

2016/12 (3)

2016/11 (5)

2016/10 (12)

2016/09 (19)

2016/08 (21)

2016/07 (19)

2016/06 (19)

2016/05 (19)

2016/04 (20)

2016/03 (14)

2016/02 (11)

2016/01 (1)

2015/12 (1)

2015/11 (3)

2015/10 (9)

2015/09 (19)

2015/08 (26)

2015/07 (19)

2015/06 (19)

2015/05 (20)

2015/04 (21)

2015/03 (15)

2015/02 (11)

2015/01 (2)

2014/12 (2)

2014/11 (5)

2014/10 (14)

2014/09 (19)

2014/08 (18)

2014/07 (16)

2014/06 (15)

2014/05 (20)

2014/04 (20)

2014/03 (12)

2014/02 (10)

2014/01 (3)

2013/12 (6)

2013/11 (5)

2013/10 (10)

2013/09 (23)

2013/08 (22)

2013/07 (20)

2013/06 (20)

2013/05 (19)

2013/04 (20)

2013/03 (8)

2013/02 (4)

2013/01 (3)

2012/12 (3)

2012/11 (9)

2012/10 (12)

2012/09 (19)

2012/08 (21)

2012/07 (18)

2012/06 (20)

2012/05 (18)

2012/04 (23)

2012/03 (7)

2012/02 (5)

2012/01 (3)

2011/12 (7)

2011/11 (12)

2011/10 (19)

2011/09 (22)

2011/08 (24)

2011/07 (27)

2011/06 (23)

2011/05 (22)

2011/04 (19)

2011/03 (13)

2011/02 (7)

2011/01 (6)

2010/12 (15)

2010/11 (12)

2010/10 (12)

2010/09 (25)

2010/08 (23)

2010/07 (24)

2010/06 (20)

2010/05 (20)

2010/04 (26)

2010/03 (11)

2010/02 (9)

2010/01 (8)

2009/12 (3)

2009/11 (13)

2009/10 (19)

2009/09 (24)

2009/08 (13)

2009/07 (18)

2009/06 (17)

2009/05 (19)

2009/04 (23)

2009/03 (10)

2009/02 (4)

2009/01 (4)

2008/12 (8)

2008/11 (11)

2008/10 (14)

2008/09 (28)

2008/08 (24)

2008/07 (28)

2008/06 (6)

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06