拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

大勝のはずが


130925.jpg



大勝……のはずが3点差ですか。



こういう試合はあまり好きじゃないんですよね。
まぁ7点差以上ついた試合でひっくり返されることはまずありませんから心配はしていませんでしたが、それにしても点を与えすぎでしょう。

ウルフを引っぱったのがこの結果になった第一の要因でしょう。
100球近くなるとやる気が無くなるウルフは困りもんですが、まぁ引っぱった事は理解できますよ。
あの点差ですからね。
しかしその後の乾がねぇ。
打ち取る形が見えてこないピッチャーですから、来シーズンは決め球の習得に力を入れてほしいものです。


打者陣はよく打ちました。
西川が良かったですが、やっぱり私はアブレイユに目が行きますね。
今日もいい当たりを飛ばしてました。
最初のタイムリーはラッキーヒットでしたが、無理して引っぱらないという姿勢が生んだタイムリーだと思います。
このまま最後までいって、来シーズンに向かってほしいですね。
もう体の作り方や、何が足りないのかわかったでしょうから、来年が楽しみです。


まぁ今日はそんな感じかな。
あまり褒められる試合ではないので。

あぁそういえばこんな記事を見かけました。

菅野、大谷と2年連続“強行指名”。 低迷する日ハムのドラフト戦略を問う。

まず「強行指名」に「はぁ?」ってなって読んでみたら、まぁおもしろい記事で。
優勝するチームはルーキーが活躍するそうです。
そんでこう書いてます。

ドラフトで指名した選手が既存戦力のプラスアルファとなってチームを動かす。それが、実は優勝を狙っていく上では大きなカギとなるのである。
逆に言えば、ドラフトで“賭け”に出て失敗したチームは、必然的にペナントレースで苦汁をなめることになるのかもしれない。


え、かもしれない?
かも知れないでこの話は進んでいくのかと思い続きを読むと、この2年間、ドラ1で即戦力が取れていないのが低迷の原因であると言っておられます。
そしてこの2年間のドラフトが失敗であったと。

頭大丈夫かこいつ?

育成で評価を受けているファイターズに対して、ドラ一で即戦力がいないから低迷していて、尚且つこの2年間のドラフトが失敗だったと言いきれる自信がどこから来てるんだろう?
ウチのドラ1は数年経ってから活躍するんですよね。
いちおう北海道日本ハムになってからのドラ1を並べてみましょうか?

2004 ダルビッシュ
2005 八木
2006 吉川
2007 中田
2008 大野
2009 中村勝
2010 斎藤佑
2011 菅野
2012 大谷

どうですかね。
大学出で入った大野と八木は別としても、その他の選手はけっこう活躍してるでしょ。
しかもダルが抜けた穴を埋めようと取ろうとした菅野があれだけ活躍してるんですから、目に間違いはない。
で、ウチは3番目以降に即戦力を取ってくる傾向があるのですが、それも結構成功してるんですよね。
増井とか宮西とか。
育成を謳っている以上、将来ファイターズを背負って立つだろうという選手を取りにいく姿勢が間違ってるというのなら、どこぞの即戦力しか取らないのに浮き沈みの激しい球団とかどうするんですかね。

もっと言うならドラゴンズどうすんの?って話ですよ。
ドラゴンズが常勝軍団としてセ・リーグを暴れまくっていた時に取ったドラ1さぁ、言っちゃ悪いけどどんだけ即戦力として獲得したその年に活躍したの?
まさかこれはベテランと監督の力が大きいからとか言うんじゃないよねぇ。
ウチだって北海道移転後から常に優勝争いをしてきたけど、即戦力のドラ1なんて八木しか思い浮かばねぇよ。
だから、かもしれないとかあいまいな言葉を出してクソの役にも立たない予防線張ってんのか?
自分に都合のいい部分だけ抜き出して、ファイターズがドラフト下手とか有名な紙面の中で言い切るコイツの頭の中は泥でも詰まってんのかと思って名前を調べてみたら………

あ~~~、報知出身なんだぁ~……
あ~~、なるほどねぇ~…
そっか~~、ねぇ~~
悔しかったんだねぇ~~
ま、こういう記事は放置しておきましょうね~



あ、あとなんかクルム伊達の発言が話題を呼んでますね。
タメ息がイライラするとか、観戦の仕方がまだまだとか。

前にこのブログでも書いたと思うんですけど、タイガー・ウッズが同じことを言っていました。
確か丸山茂樹に話したと思ったんですけど、内容はこんな感じでした。
「日本の観客はおもしろいよね。アメリカやヨーロッパだとパットを外した時にオオオオオオオオオってなるけど、日本の観客はオオオオオオオオオあああああってなるから笑いそうになっちゃったよ」
というのだったんですけど、テニスじゃなくても他の競技でもなるんですよね。
野球でもよく聞くでしょ、この「ああぁぁ」ってやつ。
で、これはお国柄っていうやつなんですけど、じゃあ他の競技でも日本人は観戦の仕方がなっていないのかというとそんな事はないと思う。
特に格闘技に関してはトップクラスの観戦だと思います。
海外だと少しでも手を出さなければブーイングだし、ギャーギャーうるさい。
勝負の間を楽しむという事に関してはすばらしいと思います。

では他のスポーツの選手も日本ではため息が聞こえるからやりづらいと思っているのでしょうか。
残念ながらこればっかりは聞いた事も見た事もないのでわかりません。
日本人に気を使って言わないだけかも?
じゃあタメ息はマナー違反なんで止めましょう!もっと選手を鼓舞するような「Oh!」に変えましょう!っていう意見が出てますよね。
個人的にですが、こういう意見に対しての私の応えは「うるっせ」です。
「うるせぇ!」ではなく、力を抜いた「うるっせ」です。
「Oh!」と発言しなければマナー違反とか取ってつけたようなマナーはどうでもいいです。
だいたい私、日本人だし…こっ恥ずかしいッス。
「Oh!」と言う方が選手の後押しになると言われると、なんか爽やかで前向きな青年に肩をガシっと掴まれて「Oh!だよ、Oh!」って言われた後に、歯をキラリーンとさせながらサムズアップされてる場面が思い浮かぶんですよね。
なんでだろう…


あれだ、ため息がイライラするなら、タメ息禁止とかいうプラカードを掲げて入場するとかしたらいいんじゃないですかね。
それか「突然ガバチョ!」みたいに、タメ息を付いた人を伊達が指差すと、筋肉隆々の退場マンが担いで退場させるとかね。
ファンにも緊張感があっていいんじゃないでしょうか。



なんかダラダラしたけど終わり。



スポンサーサイト

Comments
 No title
低迷したチームの原因なんてあらを探せばいくらでもあるもんで、あれだけ物議を醸したドラフトですからそんな記事のひとつも出るでしょうね。
田中賢、小谷野、糸井らもレギュラー獲ったのは比較的遅咲きで、ハムは時間をかけてもしっかり戦力に育てていく、そんなイメージがあります。即戦力を次々欲しがるチームとは一線を画すかなと。というか今年はルーキー大当たりと言うだけで、ドラ1とはいえ新人をあてにするようでは苦しいでしょう。

むしろ日本ハムで気になるのは育成の方ですね。
2軍とはいえさすがに今年の2軍成績はひどすぎ。人数がギリギリだと無理やり複数ポジやらせたり、ケガ人ばっかりになったり。少数精鋭にもやっぱり弊害はありますね。最近は育成出身で活躍してる選手も増えてますし。
まぁハムはやらないだろうけど
 F-kenさんへ
そうなんですよね。低迷の理由はだいたいひとつではないんですよ。
だけどこの「アラ」はアラにすらなってないから困ったもんなんですよね。
まぁこじつけ意外の何ものでもないので気にもならないんですけど、こういう人は必ずいて、いなくならないんだというのを感じます。
それも見方ですからいいんですけどね。

そうそう、今年は新人コーチがどうのと言われてますけど、1年でチームをおかしくする方が難しいし、打者の不振なり投手の不振というのはコーチと違うところもあったりするので新人コーチが一概に悪いとは言えないんですよ。
それよりも、2軍から上がってきた選手が戦力にならないほうが問題で、これは誰かが責任をとるべきだと思います。
ウチの売りはあくまでも育成ですから、それがうまくいかないようでは順位争いもうまくいきません。
だからといって育成枠はいらないしやらないでしょうね。
確かに選手が増えれば目が出てくる可能性も上がりますけど、2軍を育てられない監督やコーチが育成を育てられるとは思えないし。
確かに育成出身というと聞こえがいいですが、その活躍する選手以外のダメになった選手をファンが見ていないだけでしょ。
効率がいいとは決して言えませんからね。
 No title
でも現実問題で、その中日ですら制度変更された08年以降のドラフトで規定打席、規定投球回をクリアしてる選手がいるんですよ
野手、投手を見てクリアがいないのは12球団でハムと阪神だけで、選手育成できてないのが一目瞭然
中継ぎ選手は10人いたら7人は使い捨てと考えるので何とも言えません
特にハムはその傾向が他球団と比べて強い傾向で、結果だけみると育成できてる?即戦力取れてる?って聞かれてしまうとNO

結局、今年の低迷の原因は野手が固定できない、1年間通してローテを守れる投手は吉川だけで他の先発投手が育ってないのが原因、フロントもそれをわかっててトレードで補強してますしね
 No title
今季は、勝ってもこういう試合が目につきましたね。
1イニング大量得点でもその後パッタリ、そのうち追い上げられたり追いつかれたり。
認めたくありませんが、”今年”は弱かった。
いつものカッコいい日ハムが殆ど見られませんでしたもん。
こんなのウチとしては非常に珍しいこと。
今年たまたまこうなってしまったからと言ってそれをドラフト戦略の失敗とは随分短絡的な。
その筆者は報知の芸能記者だったんですかね?
こんな低レベルな記事でまさか野球専門じゃないですよね?
今年の日ハムだけを見てそんな記事書かれても・・・ねえ。
まるで女性週刊誌のようです。(←読まないので想像ですが)

他チームのドラ1ルーキーが1年目からいきなり大活躍するのを見て羨ましいよりも、
私は複雑な心境になります。
プロ野球って・・・・・?
プロの洗礼とかあまり聞かれなくなったような・・・複雑だわ~(笑)。

伊達の発言には首を傾げます。
自分の不出来が(日本人)観客の反応のせいと言わんばかりですね。
「エネルギーを吸い取られる」ってそういうことでしょう?
ここまでの人がその程度のメンタルとは驚きです。
ダブルフォールトその他の失敗の時の”ため息”が気に入らないようですが、
そのため息は伊達の味方だからでしょ?
しかも反射的、本能的に出る感情表現ですからね。
やめてと言われても難しいでしょうね。
彼女自身、思わぬ凡ミスに落胆するはずで、その気持ちを応援する者が
共有してるからこそため息が出るんでしょ。
伊達によると「海外では反応がポジティブでテニスをわかっている」そうですが、
そりゃあちらの人達は伊達がミスしても落胆なんかしないでしょう。
ため息も出ないでしょう。
元々彼女を心底応援してるわけじゃないんですから。
”Ohhhhhhh!"なんて発する人たちは「伊達が失敗してくれて助かった!」と思っている
可能性大です。
それに海外のテニスでもため息の大合唱ありますよ。
特に人気の高かったフェデラーがミスしたときなんて凄かった。
それに全仏なんかではブーイングも酷いですし。
なかなかサーブもできないくらい。
普通応援している選手が結果を出せなかった場合はそりゃ期待している
んですから、落胆のため息が出ますよ。
国が違えば表現方法も違いますし、ウッズの発言は単に欧米を標準に
しているに過ぎない。
でも彼はむしろその違いを興味深くとらえているんでしょうね。
伊達の場合は海外に出ていく日本人にありがちな一種の外国かぶれ
じゃないですか?
観客の反応にそこまで神経質になってコート上で客席に不快感を露わに
するようじゃそれこそマナーが悪い!
後進への刺激になるべく40歳でカムバックしたのなら、その態度改めた方がいいですね。
実は私もこの話題に思うところがあったので、日ハムのことより長くなってしまいました。

因みに、ヒサシが大きな当たりを打たれて、それがHRではなくファールとわかったとき、
みんな”Oh!”もしくは”Ohhhhh”と発しますよ。安堵の反応です。
これって相手打者にとってはポジティブに聞こえるってことかな(笑)?



 もんもんさんへ
それはドラ1の話ですか?
それと規定打席と規定投球回数をクリアすることが活躍するという事につながってるというのはどうでしょうか。チーム事情というのあるでしょうし。
育成できてるのか?という話だと、ここ最近は育ってないですよね。
だから僕は責任をとるべきだと思っています。
ただし育成を軸にチームを作っているのは間違いがないと思うので、それを1~2年という短期で見て記事を書くのは悪意があると思うんですよねぇ。
まぁ他のとこがファイターズより毎年活躍する選手を取っているというなら考えますけど。

要約すれば層が薄いってことでしょうね。
まぁこれはここ最近の事じゃないので慣れましたけど。( ̄▽ ̄)
それは育成を軸に戦うチームの泣き所ともいえるんですが、だからこそ2軍コーチの人選はしっかりしないと。
それとバッテリーコーチ。
来年はどうなりますかねぇ。
 ichieさんへ
まぁ今年はしょうがないですよねぇ。
だってこんなチームだもの。
でも応援を止めるとかはないですよね。
こんなおもしろいもの止めるなんてもったいないもの。

この人、報知に入社して、10年間ジャイアンツの記事書いてるんですよ。
だから松井秀喜の本とか書いてるんですよね。
だからお察ししていただけると思います。
名前で調べたらけっこうトンデモ発言してるし…
まぁそういう人ですよ。

伊達からはサッカーの中田に近いものを感じるんですよね。
自分のピークが来たことで満足し、そこで辞めてしまったでしょ。
後進を育てるためには、高いレベルで壁としていてくれる方が選手って育つんですけど、それをせずにスッと身を引いてしまった。
サッカーの場合はレベルの高い選手が沢山いますからいいですけど、普通は後進を育てようと思ったら、子どもたちの憧れの目標に居続ける事で競技の裾野が広がるんですよ。
伊達が辞めた時に「この後のテニス界より、自分の幸せを取ったんだな」と思いましたよ。
まぁそれも伊達の選択ですし、そこで競技レベルが下がるのであれば、日本の女子テニス界はそんなもんなんだろうとも思いました。
ところが「杉山愛以降育っていない若手に刺激を与えるため」「子どもたちにテニスの魅力を知ってもらうため」と言って復活してきたんですが、だったらやっぱりボロボロになるまで現役を続けていたほうが影響は大きかったんじゃないのと思うんですよね。
一リポーターになった伊達の言葉にそんな重みも有り難みも無いのはわかってた事でしょう。
中田もサッカーを引退してからサッカーの楽しさを伝えるために世界を周ってますが、それでも自分のプロデュース能力だったり、コミュニケーション能力だったりは中田のほうがすごいですからね。
そこまでしないと引退した選手にマスコミは振り向いてくれません。

選手時代からメンタルのすごさはありましたけど、常に平均台の上でテニスをやっているような危うさはありましたよね。
それが今回爆発しただけだと思うんですが、それにしてもまだ自分の立ち位置を客観的に見られないんだなぁと。まぁそれだけ現役の選手に戻ってる証拠かもしれませんが。

おっしゃるようにブーイングもあったり、レーザーポインターがあったりするスポーツもありますからね。
試合中に民族音楽が流れるものもあるし、ラッパ吹いてる競技もありますしね。( -∀- )
それを理由にしてしまうのはちょっとメンタルの弱さを感じます。
マナーの向上を訴えるのはわかるんですが、それは国民性の否定にも繋がりかねないので、発言は気をつけたほうがいいと思うんですよねぇ。
まぁ僕はクルム伊達が活躍しても別に興味が無いのでどうでもいいんですけどね。

そうか、じゃあ危ないファールだった時に「ああああぁぁぁぁ」ってやりましょうか。
あ、でもなんか投げてるピッチャーが余計に気落ちしそうな気が…

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10