拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

逆にウチらしい


130918.jpg




今日は書く事があってうれしい。


試合内容はハッキリ言って褒められたものではない。
特にピッチャー陣は。
しかし、その頼りないピッチャーが作りだしたおもしろい場面が8回にありました。

同点で迎えた8回裏。
ピッチャーは河野。
2アウトながら2塁にランナーを置いて、迎えるバッターは栗山。
ここでベンチは敬遠を選択。4番浅村との勝負を選ぶ。

確かに栗山は左なので、河野が勝負するなら右バッターのほうがいい。
しかし対戦相手が浅村となると話は変わってきてしまう。
普通であれば何考えてるんだとグチも言いたくなるところですが、今のファイターズがファイターズなだけに、ここで河野が浅村をしっかり抑えることが出来れば、中継ぎとしてかなりの勉強になる。
そう思ったので、個人的にこれは楽しみな対戦となりました。

1-2と、なんとかストライク先行させた河野。
4球目のスライダーを外に決め、浅村もバットを振ったのですが、判定は振っていないというもの。
けっきょく判定はボールとなり、カウントは2-2。
スイングは打ちにいったかどうかなので、手首返る云々は関係ないんですけどね。
ここからは一発だけは避けなければいけないので、インコースになんて投げられません。
当然振りそうになった外のスライダーで勝負という事になるわけですが、素人の私にだってわかるわけですから、当然浅村も警戒していました。

5球目、6球目、7球目。
全てスライダーで勝負するものの、カットされ見逃され、けっきょく4球になってしまいました。
ベンチは浅村との勝負をするために栗山を歩かせたわけです。
打点トップの浅村と勝負するために。
結果的に4球というふがいない結果で増井にマウンドを譲る形になってしまいましたが、この緊張感と悔しさは必ず役に立つはずです。
というかあんな特殊な場面を経験させてもらったんだから、ものにしないとダメですよ。
次の登板を楽しみにしたいと思います。


今日はアブレイユを外しましたね。
疲れからかなのかバッティングに精彩を欠いていましたから、良い判断ではないでしょうか。
しかし陽が4番とはねぇ。
ただ、陽・小谷野の流れはいいですね。
小谷野が陽の後ろだと、陽が塁に出た場合、盗塁がしやすくなります。
ただし、小谷野が4番かと言われると、じゃあ今誰が小谷野の後ろを打つんだよと考えた場合に出てこないんですよね。
悲しい層の薄さ。
難しいところです。


機能したとは言いがたい打線でしたが、まぁなんとか合格点というところでしょうか。
連打・長打が期待できないだけに、逆にファイターズらしさが戻った感じもするというのは皮肉ですねぇ。
振り回して何とかするよりも、しっかり当てて転がせば相手のミスも誘えます。
泥くさい点の取り方が似合ってるんですよ、ウチはね。



意地を見せたいですね、意地を。
去年のリーグ優勝チームですからね。
ファンも応援で意地を見せてやりましょう。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10