拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

長~~~い試合





しっかしファイターズというのはおもしろいチームですね。
大量点を取った回があると、その後は沈黙してしまうのですから。
なんだろう。



長い試合というのがクローズアップされると思うんですが、その長い試合になった原因は間違いなくマサルの継投でしょう。
ハッキリ言って昨日のマサルはよくありませんでした。
それだけにどのタイミングで交代するかが見ものだと思ってたんですけど、あの大量点で継投が難しくなってしまいました。
そりゃ一気に6点取って4点差をつけたんですから、マサルには行けるところまで行ってもらいたいと思うのは当然ですよね。
私もそう思ってました。
状態がそんなに良くなかったのにもかかわらず。
ひとつの勝利を得るためには気を抜くなって事なんでしょうね。


ちょっと気になったのは大野のリードです。
たしかにマサルはインコースを攻めることが多かったのですが、ほとんどが変化球なんですよね。
やはりマサルはもっとストレートの割合を増やさないと変化球が生きないと思います。
たしかに力ないストレートですが、それをインコースの厳しいところに投げてこそのチェンジアップだと思うんですよ。
チェンジアップっていうのは言ってみれば遅いストレートですから。
遅いストレートを生かすには速いストレートが必要。
もっとストレートの割合を増やしてほしいなぁと思います。

そんな大野のリードで、すごく気になった場面がありました。
マサルが3点目を取られた場面。
バッターは李杜軒。
初球はアウトロー低めに外れるシュートで1-0。
2球目はベルト付近からインサイドに落ちるスライダーがギリギリ外れて2-0。
3球目はアウトコースまんなか付近の甘いストレートを打ち損じのファールで2-1。
そして4球目でした。
インサイドのベルト付近、2球目より少し中に入ったスライダーをグッと身を縮めて見送る李。
当然判定はストライク。
この時、李は驚きの顔を見せるのですが、次の瞬間バッターボックスを外しながらうなずくんですよね。
私はこれに違和感を覚えました。
インサイド、ボールと思ったのか考えと違ったのかわかりませんが、今の球を見送った事に納得してるように見えたんです。
大丈夫、大丈夫と。

カウントは2-2。
マサルが投じたのはインサイドの低めに落ちるスライダーでした。
しかしこれをピクリともせずに李は見送るんですよね。
1アウトでランナーは1・2塁。
大野にしたら今見せたスライダーがあるから、もう少し中にはいったスライダーを引っかけさせてゲッツーを狙うつもりだったんだと思います。
李にしたらストライク取られてますからね。
しかし李は納得してるんですよ。
納得したっていう事は、あの球を振ってもしょうがないと思ってるか、ちゃんと見えてると思ってるかだと思います。
という事はインサイドに意識があるって事なんですよね。
だから見送れる。
カウントは3-2。
そしてここで問題が発生します。

1アウトで1・2塁。
4点差あるとはいえ、このバッターを歩かせると満塁で松田なんですよ。
そうなるとかなり嫌ですから李でひとつはアウトを取りたい。
そうなるとアウトコースにストレートしか無いんですよ。
李に一発の怖さがありますからね。
それを踏み込まれてセンター前タイムリー。
狙い打ちなんですよ。

なぜ2-2から外のチェンジアップじゃなかったのか。
あの李のうなずきを見た私としては、どうしても思ってしまうんですよねぇ。
大野もちゃんと李を見ていましたから。



疲れる負けでした。
しかしこれが今のファイターズなんでしょう。
気を抜かない試合をしていくしか無いですね。


最後にひとこと。

もうこのユニ着るの止めよーぜ。



スポンサーサイト

Comments
 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 ichieさんへ
了解で~す。
こちらもお送りしました。
もし来ていないようであれば教えて下さい。e-454

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10