拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

攻め切ってほしかった




130827.jpg




どうやっても今日は継投の話になっちゃうでしょうね。



いい流れを切りたくないファイターズ。
ライオンズに相性のいい木佐貫がどこまでやるかが見ものだったのですが、小谷野がホームランを打った次の回、浅村に2点タイムリーを打たれてしまいました。
嫌な感じだなぁと思っていたのですが、6回にアブレイユが逆転の2ランを放ちます。
これで球場の雰囲気も良くなったし、今日も流れはファイターズだと思ったんですよ。
しかしあの7回がなぁ。


7回表、先頭のヘルマンを打ち取るのですが、続く渡辺にヒットを打たれたところで栗山監督が動きました。
え!?と思ったのですが、球数は101球で、今日の木佐貫は栗山を嫌がってる感じがありましたから、この継投はありだと思ったんですよ。出てきたのも左の石井だったし。

栗山を簡単に追い込んでゴロアウトを取る石井。
続くバッターは4番の浅村。
しょうじきここも継投で繋いでくると思ったんですよね。
しかし栗山監督の出した結論は石井の続投でした。

けっきょく2球目の甘く入ったスライダーをレフトスタンドに叩きこまれて、これが決勝点となるわけですが、なかなか難しい場面なんですよねぇ。
浅村の後が秋山・大崎と左が2枚続くので、そこまで見越した続投だとも思うし、ここ最近の石井は右バッター相手でもしっかり結果は出してたんですよね。
なので継投ミスと簡単に切り捨てられないところなんですが、結果は結果ですからミスなんだと思います。

まず、確かに栗山には投げづらそうでしたが、まだまだ投げられそうなあの出来の木佐貫をあえて下げたわけですよね。
という事はこの継投をした時点で「なんとしても勝ちにいくよ」と選手やファンに言ったようなもんなんですよ。
木佐貫の交代はそれくらいインパクトがありましたからね。
だったら浅村の場面でも繋いでよかったんじゃないかと言われるのは、まぁ難しい場面だったけどしょうがないかなぁと。
もし浅村で切れれば回は7回でしたから、8回・9回にもう栗山と浅村にあたらない可能性があったわけでしょ。
という事はこれがこの試合最後の4番との対決になったかもしれないんですよ。
だったらもっと慎重でもよかったのかなぁと。
特にまだうちにはこの時点で谷元も宮西もいたわけですから。
それこそここ最近よく見せる早い回から増井というのでもよかったのかなと思わせてしまうんですよね。
結果が結果だっただけに思ってしまうというのはあるんですよ。
あるんですけど、間違いなく攻めの継投だっただけにね、最後まで攻め切ってほしかったなぁと思ってしまうんですよね。
まぁ間違った継投ではなかったと思いますけどね。
ただ失敗には変わりないので、言われるのはしょうがないでしょう。


西川が帰ってきましたね。
ファースト守ってましたが、私は個人的に将来西川にはファーストをやってほしいので、この試みはちょっと楽しかったです。
下でレフトを守ってたみたいですが、肩のことと、守備のことを考えると、ファーストがいいのではないかなと。

まず稲葉がいつまで出来るかわからない事と、助っ人外国人がいつまでもいるわけではないですから1塁が開いてる場所なんですよね。
そしてバッティングに専念するためにもいいと思うんですよ。
まぁいきなりすごく危なっかしい守備してましたけど、西川には試してほしいポジションですね。


榊原も帰ってきました。
まだまだキレはありませんが、安定した中継ぎが不足しているこの状況で救世主になってくれればいいですねぇ。


チャンスを作ったけど勝ちきれなかったこの試合。
明日もこういう試合をするようだと勢いが止まりかねないので、マサルにがんばってもらうしかないですね。



スポンサーサイト

Comments
 No title
いやぁ左右関係なく、誰が来ようと浅村は打ってたと思いますね。
四球で歩かせる以外に方法はなかったでしょうよ。
とにかく得点圏で変な気負いや力みもなく冷静で勝負強い選手ですよ。
木佐貫からピッチャー返しの2点タイムリーや、ウチの監督の性格(←貧乏症~)を
見越したかのような用意周到なHRは怖いくらいですね。
(相手にチャンス~と思わせる采配なんて話になりませんな)
チャンスの場面、しかもイニングの重要度に応じて効果的な打撃をする。
積極的に狙った球は仕留める。
実に小憎らしい選手です。
右のヒサシからもここぞの場面で逆転サヨナラ3ランを”狙って”打てる勝負強さは
翔をも上回るんじゃないですか?
翔のライバルはアブではなく後輩浅村でしたよ。
ひょっとして三冠も先に持っていかれるかもしれません。
敵をあまり褒めたくはありませんが、
狙い球も絞らず闇雲に積極的なだけのダイカンにも見習ってほしい。
自信喪失の涌井を助けるような考えないバッティングは見飽きました。
大振りするならたまには仕留めろ!と言いたい。(叩くと案外打ってくれる、と期待♪)
それにしても、ヒサシであれだけ痛い目に遭ったのにツルも何やってるんでしょうかね?
昨日の試合前までは不調だったそうじゃないですか。ったく。

いずれにしても、私は打った浅村が凄いと思うのでこの継投に関しては、しょうがないと諦めもつきます。
しかし、「(右投手も)準備していたが・・・」との出し惜しみによる後悔を思わせる監督の弁を聞くとやはり、バッカみたい!と思わざるを得ません。
一体何度同じ後悔を繰り返せば気が済むのか。
これだけ投手がそろっているのに(苦笑)・・・性格がみみっちいんでしょうね。
もう治らないでしょう。

それにしても、とことん変わった監督ですね。
早い話が、ひねくれていると言うか、歪んでいると言うか。
昨日もやっぱり、やってくれるとは思いましたが案の定でした。
あれだけ赤田が好調で貢献してくれても、やっぱり大谷や近藤が最優先なんですね。
どうして、頑張って結果を出してる三割打者を外しますかねぇ。
しかも代打での出場すらなしとは。
ほんとう、不思議でしょうがない。
結果の出ていない1割バッターの二岡やポンコツ外人は、嫌がらせのように
辛抱強く使い続けるのに、貢献してくれる選手をいとも簡単に外す。
(そのうち調子を落としかねない)
自らいい流れを断ち切っているのが分からないんでしょうかね?
大谷や近藤にサファテの角度ある剛速球を経験させたかったのでしょうか?
そんなことは余裕のある時、或いは完全にシーズンを諦めた時にやってよ!と言いたい。

西川と榊原が元気に戻ってきた、近藤がライトを無難にこなせた、アブが積極的になりチャンスでも勝負強かった、等々・・・数々の嬉しい出来事があったのに、ベストを尽くさない貧乏采配で台無しにしてくれました。
結果的に負けてもそのとき最も好調の選手を使って攻め切ってほしいものですが、無理みたいです。

試合観戦しても何かしら嫌~な印象を残す監督ですね、栗山さんて。
こんな人だとは思いませんでした・・・心底がっかりです。
コンサどんさんが仰るように、今は試行錯誤の最中だから長い目でみてやろう、というのも
ファンの姿勢としてわかりますが、明らかに連勝の勢いを止めてるのは監督の気まぐれ采配ですからね。




 ichieさんへ
ん~、浅村が「左がそのままきたのでチャンスだと思った」と発言しているように、やはり心理的優位をあの場面では浅村に持たれていたのが大きな問題だったと思うんですよね。
そして初球がアウトハイに抜けたでしょ。
鶴の要求はインローのスライダーだったんですけど、ファーストストライクに飛びつく浅村ですから、あそこはちょっと配球に問題があるのかなと思ったのも事実なんですよね。
だから誰が出てきても打たれるとは思わないんですが、気をつけなければいけない相手だったのは確かですよね。

読みがいいですよ浅村は。
元いた中島も読みと思いきりの良さがありましたけど、浅村も負けてませんね。
だからああいうバッターにはインコースの厳しいところを突かないといけないんですが、どうしても弱気になるのがねぇ。

まぁ出し惜しみと言われてもしょうがないと思いますねぇ。
けっきょく先を読むことで今打つべき手が打てなかったわけでしょ。
勝負は今しかないんで、保険をかけるような勝負は勝負じゃなくて理想とか希望とかいうものです。
勝負をするならしっかり勝負をしてもらいたいものです。

赤田や飯山のようなユーティリティープレイヤーは、何かあった時のために手元に置いておきたいものなんですよね。
まぁ逆に言えば赤田の代わりを務められる選手がいないって事なんですけど、外野で名を馳せたファイターズにとっては寂しい話です。
今のファイターズは明らかにベンチの層が薄いので、近藤や石川が後半戦にある程度戦力として使えるようにするための起用だと思いますが、まぁこれも赤田ファンからしたらイラッとする話だろうし、しっかりとした結果を残していませんからね。
ただ間違いなくここからは総力戦になると思いますから、使える戦力の見極めは必須だと思います。

まぁ今は動いていくしかない時だと思うので、僕はもう少し見ていようかなと思います。(@^-^)

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09