拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

連敗阻止への執念


130730.jpg




連敗ストップ。
しかしそれ以上に両チームの意地が見えた試合でした。



大谷対大谷なんて騒がれてましたが、個人的にはどっちがどれだけ失点をするかという戦いだったと思います。
案の定、どちらも不安定な投球。
マリーンズ大谷は最初から最後まで。ファイターズ大谷は里崎のデッドボールからおかしくなってしまいました。
しかしアレがデッドボールってどういう事だろうね。
体は後ろ向いてるのに、ヒジだけはつき出すんだもの。笑っちゃったよ。
構えてる肘の位置よりもストライクゾーン寄りにヒジ出してデッドボールはあり得ないよ。
肘当てしてるから当たれば儲けもんと思ってヒジを出す里崎の気持ちはわからないでもないけど、だからといってアレをデッドボールと判定する審判のアホさかげんは、ホンマ五大陸に響きわたるで~。
ああいうバカげたジャッジは止めてほしいですねぇ。


しかし今日は継投がおもしろかった。
大谷から河野を挟んで石井が5回途中から登板ですよ。
そして調子がいいと見るや3イニング引っぱりました。

さらに7回途中から増井を投入したかと思ったら、ブラゼルの所で宮西を投入するという積極継投。
相手の伊藤監督もここが勝負どころだということで代打にサブローを送ってきた場面はシビレました。
まるで投手出身監督のような継投でしたね。
でもこれでいいんだと思います。

勝つために継投するんであって、この回はこの選手、最終回はこの選手なんていうやり方が間違ってるんですよ。
勝利の方程式なんてものは存在しないんです。
その日どれだけ調子がいいのか、対戦する相手に対してどれだけ相性がいいのかで継投は決めるべきでしょう。
それこそが今を勝負するという事だと思います。

中継ぎ選手の酷使が問題視されるでしょうけど、疲れてたら使わなきゃいいんで、使えるなら連投だろうが使えばいいんですよ。
見えない疲労を怖がって戦っても仕方ないですからね。
何球投げたから、何回投げたからで個人差のある疲労は計れません。


ただ言いたい事もあります。
やはりあれだけのストレートを持っている大谷に対してインコースの要求が少なすぎる気がします。
大谷は上下にバラけることが多いので、インコースに投げてもデッドボールの危険性は低いんですけど、大野はどうしてもアウトコースで勝負したいんですねぇ。
マリーンズのキャッチャー達がインコースをどんどん突いてくるのを見ると羨ましくなりますよ。

それとやはりアブレイユは5番のほうがいいんじゃないですかねぇ。
今日のように陽が出塁してアブレイユが返すというのは理想的なんですけど、そのタイムリーを打ったアブレイユがストッパーになっちゃって、後ろの選手がヒットを打っても各駅停車なんですよね。
出来るなら陽を3番にしてほしいんですけど、それがダメならせめて稲葉を3番にしてほしいです。
やはり3番打者の脚が遅いと、相手投手が4番に対する時にランナーを気にしなくてもよくなるし、アブが5番にいれば簡単に中田を歩かせることが出来なくなるんで抑止力にもなるんですけどねぇ。



とにかく連敗を脱出です。
そして勝利に対する執念も見せてくれました。
後はこの姿勢が継続してくれることを願うだけです。
そうすればトップとは10.5差ですけど、2位とは5.5差ですからね。
まだまだチャンスはありますよ。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments
 やっと
コンサどんさん、おはようございます
やっとの勝利でしたねぇ
少しは毛布の端っこでも突っ込めたかな、って感じです(笑)
昨日はいつもと違う継投でまず「おっ」
まっすーと宮西くんが入れ替わって、さらに「おっ」
結果的に5回以降は0封リレー
状況に応じた対応もできるベンチであることがわかってホッとしました
しかし大谷くんは負けませんね
なんでしょう、運なのか、運を超える何かなのか・・・不思議っこです(笑)

今日は初先発のトーマスですね
どんなピッチングなんでしょうか
スタック脱出を勢いづかせるような試合になってほしいですね
 satsuさんへ
おはようございます!

昨日はおもしろい継投でしたねぇ。
勝つために最善の策を取るのがベンチの仕事ですよね。
枠にはめて、それが失敗したらしょうがないというのは何もしてないのと一緒ですから。
昨日は久々にワクワクする試合が見れてファイターズに感謝してます。

まぁ大谷の投げる時に向こうが谷間のピッチャーというのがあると思いますけどね。
だいたい大谷がウチの谷間のピッチャーなんで。
これが向こうのエースとぶつかってというのなら評価できるんですけどね。
まぁ僕は今の大谷はプロで投げるレベルではないと思っているし、それが当然と思っているので、勝っても負けても別にどうでもいいんですけどね。
ただバッターとしては今の大谷にちょっと期待しちゃうんですけど。( ^ω^)

トーマスどうなんですかね。
せっかく毛布をかませられても、あまりアクセルを踏みすぎると後ろから飛び出してしまうんでね。
しっかりタイヤと雪面に食い込ませながら、ゆっくり上がっていきたいですね。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06