拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

そりゃ盛り上がるでしょ


130625.jpg




いい形での逆転劇でした。



先発はウルフ。
立ち上がりも上々で安定感のあるピッチング。
逆に相手先発の山田は、若いキャッチャーという事もあってかイマイチリズムに乗れてない感じ。
これは先に点を取ればかなり有利になるかもと思っていた所にアブレイユがセンターオーバーのタイムリーを放つ。
幸先がいいとはこの事だと喜んでいたのですが、ここであることに気づく。

なんだこの打線。

1~4はいいとして、5番以降は

5番・鵜久森
6番・ホフパワー
7番・金子
8番・今浪
9番・大野

これ見て「繋がりのある打線だなぁ」と思います?
私はしょうじきブツ切り打線にしか見えませんでした。
なんでこんな事に…と考えていたら話は単純で、1~5まで右バッターなんですよね。
9番の大野加えると6人連続。
で、たぶんホフと金子はなにかデータがあるのか、代えがいないのかだと思います。
ん~、こういう打順の組み換えで今シーズンあまりいい思い出が無いんですよねぇ。


嫌な予想は当たるもので、この初回の得点以降、打線が機能しなくなりました。
尚且つ3回表、ファーストのホフパワーがトスすればいいものを、何を思ったのか自分でベースを踏みにいってセーフにしてしまうというミスから始まり、ヒットを重ねられ満塁に。
なんとか同点ぐらいで収めたかったのですが、内川の打った打球はホフの股間を抜けていって2点タイムリーで逆転されます。
それこそホフは何しに出てきたんだって言いたくなりました。


捕まえられるはずのピッチャーを、捕まえずにゴチョゴチョやってると逃げられるよと思っていたら、やっぱり山田は5回まででお役御免。
6回からは継投策に入られました。
秋山監督もさすがに流れがわかってる。
この継投でファイターズの勝ちの可能性が半分消えた感じがしました。
この時に私は、もしこのままファイターズが負けるような事があれば、それはこの打順のせいだろうと思ってました。
やっぱりいくらなんでもこの打順は苦しいですから。



大事な所で併殺、ヒット性の当たりをファインプレイで阻止されるという感じで、悪い流れから抜けだせずに回を重ねていくファイターズ。
しかし、ホークスもイマイチ勝ち試合に乗りきれない。
それはウルフが踏ん張ったから。
中押しダメ押しで勝負が決まりそうな流れの試合で、崩れそうなファイターズをしっかり支えていました。
これが大きかった。


そして運命の8回裏。
強かった頃のファイターズが、得点を上げる可能性の高かった回。
相手ピッチャーはファルケンボーグ。
先頭バッターは9番の大野。
代打かと思ったのですが、ここは代わらず。
今考えるとここらへんから監督の策はハマってた気がします。
3球目のストレートを弾き返すと、ボールはセカンドの頭上を超えるヒットに。
これは読み勝ちという感じのヒットでした。

さてこうなると次は陽ですから、バントで行くのかそのまま打たせるのかが問題になります。
ここで代走の村田が出ました。
動くのか、それとも手堅く送ってくるのか。
ファルケンボーグのクイックを考えると盗塁はさせたい。
でも失敗すれば一気に試合が決まってしまう。
エンドランかけてもいいけど、意外とボールが散るしフォークがあるので追い込まれるまで待ちたい所。
栗山監督の作戦が見ものの場面でした。

初球はカーブでしたが、陽はバントの気配無し。
2球目、村田がスタート。
141キロのストレートをムダな動き無く2塁に送球した山田でしたが、余裕の盗塁を決める村田。
これでかなり有利になったと思った3球目。
右打ち狙いの陽が、カーブを引っ掛けてピッチャーゴロ。
ランナー進めずという嫌な感じに。

続く2番大引は、粘ってよく見て4球を選択。
これで1アウト1・2塁となって3番アブレイユ。
カウント2-2からの落ちないフォークをセンター方向に打ち返すアブ。
ここでホークスにとって思わぬ事態が。
ボールがセンター方向で球足が早かったため、セカンド本多が取ったものの、ショート今宮までも捕球にいってしまったためにセカンドベースに誰もついていない。
急いでセカンドへ走る本多。
間一髪で大引より先にベースを踏む事が出来たが、焦ったのか無理な体勢から1塁に送球してしまい暴投に。
ボールがカメラマン席に飛び込む時には村田が生還し、ファイターズが同点に追いつく。

アブレイユはテイクワンベースで2塁に。
当然2アウトで1塁空いてて中田ですから、ホークスは敬遠して鵜久森勝負に出て来ました。
ここで栗山監督が動きます。
鵜久森に代打鶴岡を選択したのです。
小谷野じゃないのかというファンの声も当然なのですが、私自身は有りだなとは思ってました。

まず、すでに2アウトで同点に追いついており、小谷野という切り札を出して勝負するという価値が少し薄いという事。
次に、大野の所に代走で外野手の村田ですから、同点どまりの場合のことを考えると鶴岡のほうが無駄な選手を使わなくてすむという事。
そしてこれが「有り」だと思わせたいちばんの要因なのですが、今日の荒れてるファルケンボーグなら、選球眼がよくて粘れて右打ち出来る鶴は適任だという事です。

しかし心配事はひとつ。
それは昨年までなら継投はうまくいかなかったけど、代打は神がかってた栗山監督。
しかし今シーズンはよくわからない代打策でチャンスを潰した事がけっこうありました。
それがこの場面でも出るんじゃないかという心配です。

2球目のド真ん中を振り抜く鶴岡。
ボールは三遊間を抜けるかと思われましたが、サード松田が飛び込んでスーパーキャッチ。
素早く立ち上がり1塁へ送球。
あぁ、ダメかと思われた次の瞬間、鶴岡が1塁にヘッドスライディング!
判定はセーフ!
気合のプレーで球場は大盛り上がり。

低い体勢で1塁を滑り抜けていくサマはまさに獣のようでした。
そう、例えるならカピバラのような感じ。
起き上がって周りを見回すところなんてカピバラそっくり。

人気者鶴岡がヘッスラで塁を陥れ満塁となり、球場が大盛り上がりしている所にかかってくる曲がQUEENの「I Was Born To Love You」ですよ。
そりゃ盛り上がるなっていうほうが無理ですよね。
内野のお客さんも立ち上がり、少しテンポの早い稲葉ジャンプで球場の空気が一気にファイターズ色に。

3球目のアウトハイのストレートを逆らわずに左中間へ打ち返す。
指を一本立てながら1塁へ走る稲葉。
中田までホームインして4対2の大逆転。
ホームインした中田がアブレイユに飛び上がりながらハイタッチをしていたのが印象的でした。
これで勝負あり。



ヒーローインタビューでNHKのアナウンサーだからスベったみたいに言う人もいますけど、あれはアナウンサーが悪いんじゃなくて、誰がどうやってもスベるものですからね。( ̄▽ ̄)
とは言え、見事なスベりっぷりで逆に笑ってしまいましたけどもね。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments
 8回は興奮で
コンサどんさん、おはようございます

私、画面越しに試合を見られたのはちょうど8回でした
いや、興奮ものでした
荷物もおかず、肩からバッグさげ、立ったままで観戦してましたもの(^^;)

カピバラって・・・なんてはまった例えでしょうか、読んで思わず笑っちゃいました(笑)
鶴ちゃんの闘志あふれる、何としてもセーフになるって気持ちが画面越しでも強く伝わりましたね
あの回は行け行けムード全開、ファルケンボーグは挙動不審、そこで稲葉さん
ファンの後押し(ついでに私も部屋でジャンプ・・・笑)、先日のマエケンからのタイムリーを思い出しました

この勝ちは今日の大谷くんへの後押しになると良いですね
 No title
いい試合でしたね~♪
今期、後半の逆転で勝利したのって初めてじゃないですかね。
アイツのせいで台無しになるところをチーム一丸で救ってくれました。
よかった~。

でも、仰るようにあの打線はないですよね。
特に私はスタメンにアイツの名前があるだけで気分悪くなりました。
それでも初回に陽の華麗な2盗塁~アブがアイツとの違いを見せてくれて
ワクワクしたのも束の間アイツの緩慢、と言うより怠慢なプレーで逆転され。。。
アイツは頭だけじゃなく動作も鈍いですよね。
判断力以前の、捕球体勢からしてのんびりしてるんだからどうしようもない。
自分の落ち度が招いたのにセーフジャッジに怒ってるんだから本物のバカですね。
あの内川の当たりだって真正面で捕れるものをトンネルですからね。
アイツのせいなのにウルフに失点2だなんてあまりにも可哀想ですよ。
仕事ができない上に野球に対する姿勢が不真面目で大っ嫌いです。
とっとと国外追放してほしいのにスタメンで使うのみならず懲罰交替もなし。
アイツの年俸6000万て本当ですか?
もぉぉバッカじゃないの?
栗山さんも懲りもせずに一体何を期待してるんでしょうか?
ほんと不思議でしょうがない。

そんな私の憂鬱を吹き飛ばしてくれたアイツ以外の選手全員には大感謝です。
ウルフ、谷元が踏ん張ってくれてあの8回につながりました。
やっとこういう強い勝ち方を見せてくれました。
奨太は意外と誰も打たないところで意外なヒットを打つので、あそこは期待してました。
明らかにファルケンの気を挫きましたよね。
ツルの気迫でただでさえ盛り上がった所に稲葉の登場曲は本当にピッタリですね。
つくづくいい選曲です。
とにかく最初から稲葉を使ってほしいです。

やっぱりパ・リーグは面白いですね。
実力チームばかりなので倒し甲斐もあり交流戦とは緊張感が違います。
ウチが最下位っていうのも盛り上げてる要因だと思いますし。
どのチームにもチャンスがあってこの先の予測不可能ですものね。
それに比べて交流戦は旨みも面白味も緊張感もありませんでした。
なんか中弛み感があって、あまりスリルを感じないんです。
オールスターも3日間は多過ぎだと思うんですけどね。
交流戦を見ればパの方が実力のみならずスター性、華やかさが上というのは
すでに実証済みですし。
こんなお休みモード必要でしょうか?
逆に盛り下がる気がしますが。

それにしてもマー君が敵なしになって・・・
これだから余計メジャーメジャーとなってしまうんでしょうね。
戦う前から半ば諦めムードで、負けても「しょうがない」と言うんじゃ
最早プロの世界とは呼べないわけで、気概をもって強者を倒す技術を磨いてほしい
ですね。

さて、大谷ですね。
全力で勝ちにいってくれるでしょう!


 satsuさんへ
おはようございます!

ちょうどいいタイミングで帰ってこられたのですね。
えがった、えがった(。-∀-)

比較写真も載せようかと思ったんですが、めんどくさいのでやめちゃいました。
でも鶴のヘッスラは良かったですね。

あれ、荷物を持ったまま稲葉ジャンプですか。
ヒザやっちゃいますよ。( ̄ー ̄)

いい勝ち方でしたね。
この流れが今日の試合にも生きるといいですね!
 ichieさんへ
いい試合でしたね!

最初打順見た時はどうなるかと思いましたよ…
どう考えても繋がりのある打線じゃないんでね。
こういう一試合限定勝負みたいな打線を組むのは止めてほしいですね。
普段からやってるのならまだしも、試合勘があまり無い選手ばかりで打線を組んでもまず機能しないですから。

ホフは今かなり苦しんでますね。
明らかなストライクに怒ってみたり、自分のミスに怒ってみたり。
ちょっとこうなるとそう簡単に復調できませんから、やっぱり下で調整したほうがいい気がしますねぇ。

8回の攻撃は見事でしたね。
ファルケンボーグが本調子ではないと見るや、全員で一気に襲いかかって息の根を止める。
まさにハイエナのような打線でした。
こういう試合がいくつも見られると、上位は自ずと見えてくるのではないでしょうか。

それとやっぱりファンの応援の力っていうのは大事ですね。
球場の空気は大事だし、それが変えられるのがファンですものね。

交流戦は本当になんの意味も無かったですね。
試合数が減ってしまった気がします。
最下位から盛り返すのに、20試合ぐらい無駄に使ってしまったのは本当に悔しいです。
しっかりしろよセ・リーグと言いたくなりました。

田中は今年本調子じゃないですからね。
それで抑えてしまうのは田中のポテンシャルなんでしょうが、ハッキリ言って今の田中ではメジャーで通用しない気がします。
どうせ行くんなら田中本来のピッチングを取り戻してから行ってほしいものですね。
松坂みたいなのはもう見たくないので。
そのためにも他のチームのバッターは田中を打たなきゃダメですね。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11