拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

中田の成長に感動


130608.jpg




いやいや、快勝しましたね。
まぁ最後はなんかグダグダっとして終わったけど。



この試合はよく打ってくれましたけど、なんといっても勝利を決定づけたのは、中田のタイムリーでしょう。

3回2アウト、ランナー2・3塁でバッターは4番中田。
この試合の5番は大谷で、最初の打席は力のあるスワローズ先発小川のストレートを空振りして三振していましたから、キャッチャーの相川は無理な勝負はしてこないだろうと思っていました。
この場面でいちばんやってはいけない事はホームランを打たれる事なんで、アウトコース勝負。
それもくさい所で勝負して、カウントが悪くなれば敬遠気味の4球でいいという勝負だったんですよ。

で、案の定、初球と2球目はアウトコースにはずれたのを見逃され、カウント2-0。
ここで相川はアウトコースに大きく移動して、ボールゾーンにミットを構えました。
当然中田も「ここは俺と勝負しないかも」と思ったはずです。
もし勝負する気があるのなら、小川の場合、投げてくるのはストレートだろうという読みも中田にはあったはず。
小川の投げたボールは相川が構えたミットよりも中へ。
待ってましたとばかりに、アウトコースギリギリの球をセンターに打ち返しました。

ここですごいなと思うのは、狙い通りのストレートが来たにもかかわらず、センターに打ち返した事なんですよね。
前の試合の巨人戦、バッティングカウントで飛んできた甘い球を引っぱってゲッツーになった中田。
4番として間違った行為ではないと思いますが、あの甘い球なら、ランナーを返すバッティングはいくらでも出来たはず。
深い反省の態度を見せていた中田が印象的でした。

そしてこの試合のこの打席。
狙い通りのストレートを、無理して引っぱらずにセンターに打ち返すんですよ。
もう感動しますよね。
ちゃんと反省を生かしてるんですから。
いい4番だわ。

けっきょくこの中田の逆転タイムリーで気落ちした小川は、ファイターズ打線に捕まり6失点。
大きな大きな仕事を成し遂げた中田の打席でした。


今日は武田勝。
とにかく初回が勝負ですね。
試合をまとめてくれる事を期待します。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11