拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

勝負として考えるなら


130606.jpg




この試合もリリーフが打たれてしまいましたね。
あの場面はダブルスチールで1塁が空いたから、阿部敬遠が普通だろという意見の方がたくさんいました。
おっしゃるとおりだと思いますし、あの結果ですから「愚策」と言われても仕方ないでしょう。
ただ私としては、あの場面は確かに4球でもいい場面なんですが、勝負にいっての4球なら問題ないと思ってました。
あそこで坂本を避けて敬遠気味の4球。1塁が空いたため阿部も敬遠の4球だと、勝負としての場の空気がおかしくなる気がしたんです。
次のロペスが右ですから、石井は交代するかもしれない。
そうすると、ものすごい空気の中で登板するのは鍵谷か前倒しで増井。
どちらも押し出しの怖いピッチャーですし、満塁で交代なんていうのはそれこそ愚策でしょう。
であるならば、4球になってもいいから阿部と勝負という流れは理解できるんですよね。

それと、このピンチの場面で左の阿部と勝負も出来ないとなると、石井の存在価値がゆらぐ気もしたんですよね。
勝負内容も悪くはなかった。
あの場面は長打だけは避けなければならない場面。
カウントは2-2。
次が間違いなく勝負球で、長打をくらいたくないならアウトコースに要求したくなる。
直前3球はすべてアウトコース。
しかしここで鶴岡はあえて阿部の得意コースであるインローに要求しました。
これは石井対阿部だけではなく、鶴岡対阿部でもあったんですよね。
結果は少し甘くなったものの、要求したインローに来たストレートを、阿部にスタンドまで運ばれてしまいました。
あれがインハイだったら。
あれがインローに落ちるフォークだったら。
そこまでの組み立ては本当に間違ってなかったのか。
次にこの悔しさが配球に生きてくれれば、それは高い買い物ではないと思います。
生きてくれればですけど。

怖いからといって逃げるのは簡単ですが、勝てる勝負だけをやろうとすると、行動は制限されるものです。
勝負は確率でなんとかなるものではないので。
まぁよく書いてますけど、勝負には勝ち方と負け方っていうのがあって、勝ったからいい、負けたからダメという単純なものではないと個人的には思ってます。
その意味で、昨日の試合はいい試合ではなかったけど、少なくともダメな試合ではなかった気がするんですよねぇ。
まぁ個人的感想なので、采配に怒ってらっしゃる人がいたら勘弁してください。
あくまでも私が勝負というもので見た場合ですから。
当然、勝つ事が重要だし、負ければ文句を言われるのも当然です。
それが健全なファンだと思うし。


ただこれを読んで、ちょっとでもファイターズファンのストレスが少なくなれば幸いです。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08