拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

吉川好投





負けはしたんですけど、吉川はすばらしいピッチングでしたね。



やはり吉川vsジャイアンツ打線と言えば、去年の日本シリーズを思い出してしまいます。
肘の調子が悪く、吉井コーチいわく「クセが盗まれてた」という吉川はジャイアンツ打線に捕まり2敗。
エースで勝てず日本一を逃した事は事実で、それは吉川にとって相当悔しい事だったでしょう。
その吉川がジャイアンツ打線にどう挑んでいくのかと見ていたら、もう圧巻としか言いようが無いピッチングで、胸がすく思いでしたね。

特に苦杯をなめさせられたボウカーなんかまったく相手にせず、坂本・阿部の中軸を沈黙させた投球は、吉川の気合を感じるものでした。
それだけに勝ちを付けてやりたかったのですが、まぁダルビッシュだって好投してても1~2失点はするものですから、このピッチングを見れただけでも良しとしたいと思います。

だいたい失点シーンも打ち込まれての失点ではないですからね。
立岡の盗塁もタイミング的には完全にアウト。あれはアウトになってもいいチャレンジでしたが、鶴の送球がそれなければアウトですから、走塁失敗でしょう。
そして亀井のタイムリーですが、陽は刺せる事はわかっていましたから、コントロール重視の送球で投げた結果、鶴岡の腕にタックルされ失点でしょ。
まぁこれはしょうがないかなと思います。

これで3試合続けて好投した吉川。
完全復活と言っていいんじゃないですかね。


さて打つ方ですが、中田がブレーキでしたね。
特に10回の攻撃ですが、1アウト1・3塁でショートゲッツーは痛かった。
カウント2-1でスライダーの抜け球が、中田の得意とするアウトハイに来たんですよね。
それで強振してゲッツーなんですけど、あれをセンターから逆方向に外野フライでもオッケーと思って振っていれば、犠牲フライは余裕だったろうし、球場が球場なのでホームランもあったと思います。
しかし力んでしまった。
まぁカウントがバッティングカウントだったのでヒット狙いの強振も仕方ないのですが、ゲッツー後の中田の表情を見ると、なんで強振したのかなっていう反省がありありと見て取れたので、これが中田の明日につながるんならそれも良しだと思います。


ただ納得出来ないのは増井のピッチングですよ。
フォークを投げれば空振りが取れる可能性の高い状態だったんですけど、その直前のフォークが抜けてしまったため、鶴もフォークは要求できなかったんだと思います。
そこを狙われてサヨナラくらうんですけど、あそこでもし4球になんてなったら今の増井ならボウカー相手にも押し出しの可能性があるんでね。ちょっと鶴岡は責められない気がします。

抑えの条件は、速い球が投げられる事ではなく、コントロールがいい事と、三振を取れるボールがあるっていう事だと思います。
去年の絶好調時の増井なら、ストレートで空振りが取れていたのですが、今年はまぁ空振りが取れない。
ストレートがうなってるなと思ったのは1試合ぐらいかな。
ストレートが命の増井が、ストレートで空振りが取れず、変化球はすっぽ抜け。
これでは4球で自滅するのは当たり前でしょう。
ちょっと抑えもセットアッパーも今の増井には期待出来ませんね。
ストレートの威力を取り戻すか、変化球のコントロールをなんとかしないと。
経験で配置を決めるのもいいですが、順位が順位なので、勝てる采配をお願いしたいと思います。


交流戦もあと少し。
さっさと終われ、こんな旨味の無いもん。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08