拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2試合分




いやぁ、寝ちゃう。
ファイターズが勝ってうれしくても寝ちゃうんだもの。
というわけで2試合ぶんを。


130427.jpg




まずは土曜日の試合。
ウルフが前の試合より不安定だったんですけど、なんとか5回まで投げて1失点。
残りの4回を4人のリリーフが無失点で繋いで勝利を収めました。
まぁ完璧だったのは石井だけでしたが、それでもファイターズっぽい勝ち方で良かったなと思います。

この試合で光っていたのは中田。
相手はエースの金子でしたが、3度出塁してくれました。
これにはやはりアブレイユの存在があるんじゃないかと思います。

以前であれば、小谷野は絶好調、中田もカウントによってバッティングを変えるやっかいな存在。
しかしその後ろは、稲葉?アブレイユ?ホフパワー?まぁなんとかなるでしょという感じで相手から見られていたでしょうから、中田に対して4球もいとわない攻めをされていました。
なので陽を3番、小谷野を5番にして、なんとか中田と勝負してもらえる状況が作り出せないものかなんて、素人ながら考えていたりしたんですけど、ここにきてアブレイユが非常に怖い存在になってきました。
なので中田との勝負が避けられなくなり、必然的に中田の成績も上がってきてるんじゃないかなって思います。


さて、私がこの試合でいちばん印象に残ったのはファイターズの事では無く、相手チームの先発・金子の事でした。
投球数は143球。8回までひとりで投げ抜きました。
普通の感覚を持つ人なら「さすがエース」「相手ながら感動した」「エースの意地を見た」と称賛するんだと思います。
だけどひねくれものの私はちょっと違います。
それは「なぜ投げさせるんだ」と思ったからです。


たしかに早い回はちょっと思った所に投げられなくてもたつきましたが、3回ぐらいからはさすが金子千尋という圧巻のピッチングでしたよ。
アウトコース低めにズバッ!
インコースの厳しい所にズバッ!
もう憎たらしいけど惚れ惚れするピッチングでした。
しかし3回終わって50球ほど投げていた金子。
このペースならうまく行けば6回で100球。
ヒットは打たなくていいから、バッターはとにかく粘って球数を稼いでほしい。
そう願いたくなるくらい金子はすばらしい出来でした。

点は入らないんですが、祈りが通じたのか金子は6回終わって本当に100球を投げたんです。
よし、これで金子は降りるだろうと思っていたら7回も金子が出て来ました。
たしかに100球ぐらいならまだまだ投げられる選手ですが、私は6回途中で球が抜けてしまい、しかめっ面をする金子を見ていたんです。
大丈夫か?と思って見ていると、やはり抜け球が多くなり、抑えが効かなくなってる金子がいました。
先頭バッターの西川にはインコースのストレートが抜けてデッドボール。
陽がバントで送って、続く谷口には低めにコントロール出来なかったチェンジアップを合わせられ、いい当たりでしたがセカンドゴロ。
小谷野に対してはインローに投げる球が抜けてインハイに行きファール。
直後にキャッチャーにむかって「悪ぃ」と謝ったり、カットボールが抜けてド真ん中にいく場面も。
最後はすばらしい球で三振でしたが、ハッキリ言って危なっかしい投球だったんです。

さすがにこれで金子もお役御免かと思ったら、8回も出てきたでしょ。
中田に甘い球を打たれ、アブレイユに対しては初球にインコースの厳しいところを突くはずだったのが少し甘く入りました。
ホームランを打ってて打ち気満々だったため力みすぎて打ち損じましたが、危ない球でした。
ホフパワーにはインコースのいいところに投げられましたが、続く大引には逆球あり、ド真ん中ありの危ない投球。
最後にアウトコースのストレートで三振を奪いましたが、マウンドを降りる金子の顔がピッチングを物語っていましたよ。


こういうのはよく見るんですよ。
エースだから、好投していたからという理由で球がうわずり始めていたのに続投して、痛い一撃を喰らいガックリうなだれるという場面。
まぁ投手出身の監督に多いんですけど、こういうのって見てて残念な感じがするんですよね。
今回はファイターズがダメだったから失点はしませんでしたけど、これで失点してたら、途中までのあのすばらしいピッチングが無駄になってしまう気がして嫌なんです。
相手ながら「すごいな」「すばらしいな」と思っていたのに、球を抑えるのに四苦八苦してる姿を見ると悲しくなるし、この状態のピッチャーを見て「疲れてるのにすごいな」とも思えないんです。
金子自身が「投げる」という事で送り出したようですが、ドラマ的で気持ちを感じる場面ではありますが、勝負事の世界で少し浪花節すぎないかねぇとひねくれ者は思ったりしました。


そういえば糸井が「ブーイングされたら嫌だから耳栓していこうかな」と言ってたようですけど、トレードでブーイング喰らうなんてよっぽどの事じゃないとあり得ないし、ファイターズファンがするとは思えないと思っていたら、案の定拍手で迎えてました。
けどこれも案の定なんですが、ヒットを打たれたのに拍手するんですよね、ファイターズファンって。
なんなんですかね。


これで3連勝。
次はマサルの復帰登板という事でそれは下の記事へ。


130428.jpg




はい。
マサルの復帰登板となったこの試合。
ドキドキしながら見ていたんですけど、まぁマサルらしいピッチングで勝利に貢献してくれました。
これで少しは先発の不安が減りますね。

それにしても中継ぎは危なっかしかったですね。
特に増井。
球は力があるんですけど、ストレートで空振りが取れないのと、コントロールが悪いのが痛い。
大魔神佐々木もコントロールの良いストレートがあったからこそフォークも生きたし、あれだけの成績を残せたんですよね。
コントロールは悪いけど球が速いなんていうピッチャーは腐るほどいますから、もう少し増井にはがんばってもらいたいものです。

最後の久は良かったですね。
特に右バッターに対するシュートが良かった。
まぁいつものように、早く追い込んだのに勝負が遅くてフルカウントという鶴のリードもありましたけど、今の久には問題無いでしょう。


しっかしアブレイユはすごいですね。
これだけ打ってくれると打線に厚みがまして、かなり怖い打線になりますから。
ただ怖いのは、これから攻めが厳しくなって、コントロールのないピッチャーでもインコースを投げてきてデッドボールとか、ホームランの色気を出しすぎて打てなくなるとかですかね。
まぁ今のところ立ち位置と雰囲気からあまり無さそうな感じではありますけど。


さてこれで4連勝ですよ。
やっとファイターズらしい野球が戻ってきた感じがしますので、このままいってまずは借金返済といきたいですねぇ。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06