拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

中田の一発を呼んだ中継ぎ





いやぁ、やっぱり寝ちゃうなぁ。
このままだと2試合置きに更新ということになっちゃうよ。
イカンイカン。



130406.jpg




さて、ということで昨日の試合。

この試合はもうチャンスで打てなかった打線に尽きる。
特にホフパワーは打てる気配すら無かった。
稲葉のことを考えると、ホフとアブの2人が機能してくれるのがチームにとって助かるんですが、稲葉もホフもこの調子では苦しい。

1回2回にウルフが食らったホームランは、狙われて打たれたものでもないので気にしなくてもいいですが、この日のウルフはこういった伏兵に一発食らうほどストレートが動いていませんでした。
大野もそれがあったので途中から変化球主体に変えたのでしょうけど、ウルフの良さは打ち取るピッチングです。
それが外外外と変化球ばかりでは抑えられるわけがない。
怖かろうが球が動いてなかろうが、インコースに突っ込んで行かないと抑えられないです。
そういった意味で大野にはもっと強い気持ちでリードしてほしいですね。
ケガをしないように、間違いの無いようになどというリードは、65点は取れても満点は絶対に取れません。



130407.jpg




さて今日の試合。
先発は谷元。前回の失敗を取り戻したいところでしたが、それはかないませんでした。
鶴岡はインコースをよく使いましたが、勝負どころで甘い球を連発。
4回で悔しい降板となりました。

5回に追いつくチャンスがありましたが、鶴岡が本塁で憤死。
しょうじき言って、ここ最近のファイターズの出来から考えると、このチャンスを逃した時点で半分以上あきらめていました。
しかし、相手に流れを完全に渡さなかったのが、あの中田の一撃を呼んだのだと思います。
その流れを渡さなかったのは、ファイターズが誇る中継陣でした。

谷元のあとを受けた矢貫は、これまでの活躍がたまたまではないという事を証明するような完璧な内容。
ケガ明けの宮西は、それを感じさせないしっかりとしたピッチング。
続く鍵谷は勢いのあるストレートで、ホークスのクリーンアップを黙らせる。
そして石井はストレート主体で余裕の3者凡退。

この中継陣のふんばりがあったからこそ、相手がミスをして焦ってくれるわけですよ。
最後の増井もすばらしかったなぁ。


中田の一発は先っぽでこすり上げた打球だったけれども、あそこまで飛ぶんだなぁ。
まだ本調子ではないけれど、これで気持ちが楽になってくれればいい。



次のカードこそ勝ち越して、勢いに乗りたい所です。




スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09