拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

WBC壮行試合、日本vsオーストラリア




WBC壮行試合、日本vsオーストラリア2試合を観る。
結果は2試合とも勝ち。
試合を観て思ったことは、頭もWBC仕様にしないとダメだろうなって事でした。



まずこの2試合はWBCに向けての感覚を養うはずの試合だと思ったんですが、フタを開けてみれば調整試合のような感じでした。
WBC本番を想定するなら、本番と同じようなやりかたをした方がいいと思うんですよね。
せっかくオーストラリアという緊張感を持てる相手だっただけに、もったいないなと思いました。


それと配球が気になりましたね。
初戦はじゃっかん日本式の配球だった気がします。
球数制限があるWBCで、様子見の1球だとか、最初からボール気味の変化球とかやってたら、あっという間に球数制限が来てしまいます。
しかも休み明けのピッチャーに対して、コーナーギリギリにミット構えてもなかなか難しいでしょ。

でも今日は、解説で桑田が「阿部くんがアバウトに構えるようになったのはいい事だ」と言ってましたね。
さすが阿部と思いました。
いかにボール球を振らせるかではなく、いかに早く追い込むかが重要になるこの大会。
当然ストライクゾーンの勝負が増えるわけですから、日本式のリードではなく、WBC用のリードに頭を切り替える事が阿部にとって重要なのかなと思いました。


あと、やっぱり外の球は手が届くなって感じました。
しかも強い打球が飛んでいく。
これはもう体が違うからしょうがないんですが、そうなるとやはり重要なのはインコースという事になるのかなと。
インハイのファールが取れればかなり楽になりそうなんですが、低く投げる事が良い事なんだという日本の野球では、なかなか投げきれない投手もいるでしょう。

ダルビッシュがホークスのカブレラに対し、インハイのストレートをガンガン投げて、カブレラもインハイに来るとわかってても空振りして、けっきょく最後は外のスライダーに泳ぎまくって三振し、ダルではなく鶴岡をにらみつけて帰っていくみたいな、ああいった投球が田中なり前田が出来ればかなり球数も稼げるし、勝つ確率も上がる気がするんですよね。


それと打線は国内の結果で組まずに、あくまでも対戦相手で組まなければまずいだろうなって感じました。
日本のすばらしいバッターがメジャーで通用しなかったのと同じように、国内で素晴らしい成績を残した選手はWBCでも活躍するなんて事はありません。
あくまでも国内は国内。
例えば対戦相手が日本と同じような野球をする台湾だとかいうのであれば問題は無いと思いますけど、150キロ近い動く球でゴリゴリ来るような投手ばかりのチームに同じ打線で向かっていくのはどうかと思います。
中田がWBCのためにすり足にしたように、柔軟に対応できるバッターを中心にすえないと、思わぬ男が逆シリーズ男なんてことになるかもしれませんよ。
まぁリサーチ能力と対応力がカギになるんでしょうね、打撃は。


あとはストレートに強いなって澤村の投球を見ながら思いました。
ガンガン押していく澤村のストレートが、ストライクゾーンに来るとほとんど当てられてました。
まぁ向こうはシーズン終了直後。こっちはまだまだの状態ですから、一概に澤村のストレートが通用しないというわけではないんですけど、それでもショックではありました。
能見や杉内のように、ストレートを生かす変化球が無いとなかなか三振は取れないでしょう。
ただ澤村も最後の方はうまく変化球を使えていたので、やはり阿部が頭を切り替えたという事でしょうね。



WBC本番まであと少し。
連覇しろとは言わないから、納得のいく試合をたくさん見せてください。




スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07