拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2012日本シリーズ第4戦 劇的な勝利! おまけで第3戦の回顧





いやぁ、凄い試合でした。
その前に昨日約束した第3戦の振り返りから。



ジャイアンツの2連勝でスタートした日本シリーズ。
北海道に帰ってきたものの、このまま押し切られてしまうのかと弱気になりましたが、やっぱり北海道は特別だったようです。

こちらの先発はウルフ、向こうはホールトン。
ホークス時代には打ち込んだ記憶がありませんが、あの頃はどちらかと言うとよく打たれた記憶のほうが強く、あまり苦手意識がない相手。
しかもランナーが出れば勝手に自滅してくれるタイプなので、ウルフが好投してくれれば勝機はあるかなと思ってました。

初回のウルフは上々のピッチング。
好調をキープしていることが伺えました。
一方のホールトンもなかなか良い感じで、これまた点が取れない試合になるのかと不安がよぎりましたね。


ゲームが動いたのは2回の裏。1アウトで稲葉の打席。
初球、阿部がアウトコースに構えたのですが、スライダーがインコース低めに。
そう、そこは稲葉ゾーン。変化球をそこに投げると体が勝手に反応する稲葉にはイージーなスライダーでした。
先制ソロホームラン
シリーズで初めてファイターズが先制しました。
しかも稲葉の一発で。
こんなの盛り上がるなっていうほうが無理ですよね。
最高のバッターが最高の結果をだしてくれました。これでドームの温度は一気に上がり、ジャイアンツへのプレッシャーが期待できるFファンの出来上がりですよ。
こういう盛り上がりがないと、ファンのプレッシャーも弱くなっちゃいますからね。
ただこの一発で終わらなかったファイターズが偉かった。

小谷野が倒れて2アウト。しかし続くホフパワーにストレートの4球を出すホールトン。おや?と思わせる4球でした。
続く大野がフルカウントからアウトローいっぱいのストレートを逆方向にうまく流し打つヒット。
スタートを切っていたホフは3塁まで到達。このバッティングが出来るんなら今シーズンの最初からやってくれよというくらいキレイなヒットでした。
そしてここで金子の登場。
これまたフルカウントから縦落ちするスライダーを叩きつけて三遊間へ。
坂本が追いつくも投げられず、タイムリー内野安打となりました。
金子は1塁に激走。そのおかげで膝裏を痛める事になりましたが、この金子のタイムリーが非常に大きかったと思います。
稲葉の一発で終わっていたはずの攻撃が、金子の激走でもう1点取ったわけです。
稲葉と金子が活躍すればドームのファイターズファンが盛り上がらないわけがない。
これで今日のファイターズは行けるかもとファンに思わせたプレーとして高く評価したいですね。


3回裏、1アウトから糸井が粘って4球。中田も粘って4球。これで1アウト1・2塁となりました。
私はここでホールトンは交代かなと思ってたんですよね。前の打席で稲葉に一発くらってるし、制球が定まってませんしね。
しかしジャイアンツはホールトンを続投。これはちょっとわからない采配でしたね。
もしここで稲葉にも4球なんてことになったらさらにピッチャーを交代させづらいし、それこそタイムリーや一発なんて出たら試合が決まりかねない場面ですから。
こういうところがDHあるリーグと無いリーグの監督の違いなのかなとも思いました。

1-1からの3球目。チェンジアップが高めに抜けたのを強振する稲葉。
打球はグーンと伸びてセンターオーバの2ベースで糸井が生還3対0!
ここでもまだホールトンを代えないジャイアンツ。
バッターボックスにはこのシリーズいちばん好調な小谷野。
2ストライクから粘って粘ってセンター返し。
稲葉はホームでタッチアウトになりましたが、中田が生還して4対0!
もう小谷野のオーラが見えるくらい集中してましたね。まさにゾーンに入ってる感じの打席でした。

ここでジャイアンツはやっとホールトンを降ろして高木康成にスイッチ。
しかしこのドームの空気は高木をも飲み込む。
アウトコースに外すはずのストレートが中に。
いちばん手が伸びるところにそんな球が来たら打たないはずがない。
ライトへのタイムリーヒット。5対0。
これでもう今日の試合は決まった感じがしましたね。


結局ウルフは5回に2失点するものの、試合は作ってくれました。
まぁ最後はへばりましたけど、大事な試合でこの結果ですからよしとしましょう。


6回は宮西、7回は石井がしっかりと抑えて流れを向こうに渡さない。
ジャイアンツのパスボールで1点追加し6対2としたファイターズ。
8回表。当然ファイターズは増井を登板させます。
しかしここで増井が松本・坂本・實松と連打をくらい、ノーアウト満塁という大ピンチ。
けれど私は全く焦ってませんでした。
というのも、この日の増井のストレートがかなり良かったので4点取られるイメージが湧かなかったんですよね。
増井が自分のストレートを信じて投げれば絶対に大怪我はしないと思ってました。

高橋由はストレートに押されてサードのファウルフライ。
続く村田はインコースのストレートに詰まり、ピッチャーゴロでホームフォースアウト。
ノーアウト満塁の大ピンチが、一気に2アウト満塁になりました。
出来すぎですけど、この日の増井のストレートならおかしくはない結果です。
ここでバッターは石井。
やはり増井の球威に押されて高いバウンドのショートゴロ。
飯山取って1塁に送球。際どいタイミングでしたがアウトだと確信しました。
しかし判定はセーフ。
この間にランナーが還って6対3となりました。

ハッキリ言って未だに納得してません、この判定。
ノーアウト満塁を2アウトまで持ってきたんですよ。
バッターは足がそんなに速いとは言えない石井ですよ。
飯山の守備は完璧でしたよ。
スローで見たら間違いなくアウトでしたよ。
そして何より札幌ドームですよ。
なんでセーフなん?考えられない。
唯一考えられるのは、バウンドを見た時点で「あ、セーフ」と塁審が思ってしまったぐらいしか思いつきません。
こういう微妙な判定は、その場の空気だったり、プレーだったりで変わるのは仕方ないんですよ。人の目ですから。
しかしこの場面は石井がセーフになる理由が見つからないんですよねぇ。
ホントにムカつきましたね、この判定には。
この次の回にもカバーに遅れたゴンザレスと今浪がほぼ同じタイミングでベースを踏んだのに今度はアウトの判定をしてました。
まず眼科に行け渡田。

しかしこの嫌な場面で亀井がフルスイングしてくれたので1失点で終わりました。
流れ的に粘られると嫌な場面だったんですがね。
やっぱり俺が決めてやろうという気持ちが強すぎたのかな。
それにしても増井のストレートは良い感じでした。


3点差に詰め寄られ嫌な感じがしていたのですが、すぐその後の8回裏に今度はワイルドピッチで1点をくれるジャイアンツ。
やっぱりこの日の流れはジャイアンツに行きませんでしたね。


最後は久がランナーを出しつつも抑えてゲームセット。
ファイターズが一矢報いる形になりました。
終わってみれば先発全員安打となり、打てないシリーズというのが払拭された気がしましたね。
それにしても阿部が途中でいなくなったのに助けられたなぁという気がします。
もしあのまま何事も無く出場してたら、勝ちはしたかもしれないけど、気分よく勝てたかどうか。
やはり阿部は怖いなぁと欠場して改めて思いました。


この試合私はあまり勝った喜びは湧いて来ませんでした。
結局次の試合に勝たないとこの勝利の意味も無いわけですから。
次の試合、次の試合だぞと心で唱えながら今日の試合をむかえました。




さぁ、やっと今日の試合の話ですね。
疲れたけど一気に行きたいと思います。


先発はファイターズが中村勝。ジャイアンツは宮國。
若手同士の対決だけに、どちらがより力むかがポイントだと思ってました。

まず中村が投げたのですが、良い時の中村のストレートではない事と、ジャイアンツ打線がどうも中村のカーブを狙い打ちしてきてることに不安を覚えました。
中村のストレートといえば、140キロ前後のスピードなのに、相手に振り遅れさせるほどノビのある球が特徴なのですが、今日の中村のストレートは球がノビないのでバットに当てられてしまうんですよね。
しかも普通なら捨てるはずのカーブをあえて狙い打ちしてきたという事実。
どうやって抑えるんだという疑問しか浮かばない初回のピッチング。
ピンチを作りながらも、なんとかストレートで逃げ切り事なきを得ましたが、ちょっと先が見えませんでした。

対する宮國は緊張感も見せず、適度な荒れ球でファイターズ打線を三者凡退に打ち取るという素晴らしいピッチング。
荒れつつもいいところでストライクが決まるだけに、嫌な感じを覚えましたね。

なんとか打者を抑える中村。
球数は放りつつもビシッと抑える宮國。
なかなか宮國を攻略出来ないだけに、中村のピッチングを祈るように見つめていました。
しかし、その思いは5回の表に必要なくなります。


5回、突然中村のストレートがうなり始めたのです。
あの伸び上がるようなストレート。
ど真ん中に投げても空振りが取れるあのストレートですよ。
實松を外角いっぱいのストレートで見逃しの三振に仕留めた時は鳥肌が立ちました。
全球ストレートで見逃しですからね。これはいけるかもと思った瞬間でしたね。


次の回にもピンチを作ったのですが、ストレートで高橋を空振りの三振に仕留める力投。
カーブを狙ってきたジャイアンツ打撃陣を、それならばとストレートだけでねじ伏せるってすごいなぁ。
そんな中村のナイスピッチングが飛び出したのですが、相手宮國も負けずにナイスピッチ。
球数的にダレると予想した6回、7回もしっかり抑え、両投手とも無失点で降板。
後続に後を託しました。
両若手投手にアッパレですね。


さて、継投勝負ならお手の物。
石井がちょっと不安なところを見せましたが、しっかり無失点で8回を切り抜けます。
その裏の攻撃で今浪がタイムリーかと思われるセンター返しを放ちますが、G松本が守備位置を予め前目に取っておりこれを阻止。
やはり準備は大事というのを見せつけられた好プレーでした。


9回、なんとファイターズは増井ではなく久をマウンドに送り込みました。
これは増井に信頼がないわけではなく、いいピッチャーからつぎ込んでいける後攻めの特権だと思います。
その久が1アウトを取った後、高橋・村田に連続ヒットをくらい、1アウト1・2塁。
続く小笠原は打ち取るものの、矢野に4球を出して2アウト満塁のピンチ。
ここでジャイアンツは石井を代打に送って来ました。

沸きに沸くジャイアンツファン。
祈るファイターズファン。
しかし私は昨日増井に感じた安心感よりも、さらに強い安心感を久に感じていました。
絶対点は入らないと思えるほどに。
なぜならそれは、今日の久のピッチングが
今シーズンで最高の出来だったからです。
何と言ってもアウトローのストレートがうなってましたからね!
久のこんなにすごいアウトローのストレートは何年ぶりだっていうぐらいすごかった。
そしてシュートもエグいくらい曲がってました。
高橋のヒットも村田のヒットも矢野の4球も気にならないぐらいすごいピッチングだったんです。
打たれるわけがない。そう思って見ているとインハイのストレートが左中間へ。
悲鳴と歓声が入り混じる札幌ドーム。
懸命に追いかける中田。
しかしこの状況でも私は大丈夫!と思ってました。
今日の久のストレートが外野の頭を超えるはずがないし、明らかに久のストレートに石井は押されていましたから。
案の定、詰まった打球は急降下。もっと後方に走ろうとしていた中田も途中で軌道を変え、横に走って余裕を持ってキャッチ。
今シーズン初めて久の投球で感動しちゃいましたねぇ。
最高でした。



空気がサヨナラムードに変わった9回裏。
ファイターズは相手ピッチャー山口を攻め立て、2アウト1・3塁とサヨナラの大チャンス。
ここで栗山監督はホフパワーに代打二岡を起用。
スカイハイの音楽とともに沸きまくるファイターズファン。
しかしジャイアンツは敬遠を選択。これは間違ってない選択でしょう。
これに対しファイターズファンからは大ブーイング。こういうのが空気を作るんですよね。

良い感じにドームの空気がなってきたところで二岡の代走に中島、そして鶴岡の代打に杉谷をつぎ込む総力戦に。
当然この回に点が入らなければ大野がキャッチャーマスクをかぶります。
すると残るのはキャッチャーの近藤だけ。
日本シリーズは延長が15回まであります。
後のことを考えれば「ここでそんなに使うの!」というところですが、こういう試合で後のこと考えて戦力残すような貧乏臭い作戦はだいたい勝ちに結びつきません。
勝負とは「今」なんであって、後でどうしよう、明日どうしようと考えてる人間に大きなチャンスなんて捕まえられません。
あとで困ることはあとで困ればいいのです。
あとで困ることを今困る人は常識人であって、勝負師にはなれないのです。

大歓声の中、杉谷は杉谷らしさを発揮し、ファイターズファンはそれを見てさらにヒートアップ。
舞台は整いましたが、いい当たりがセカンド正面を付き無得点。
試合は延長に。


10回表。マウンドには増井が登板。
先頭バッターの實松に初球、2球目と続けてスライダーが外れボール2。
そこから4球を出してしまいます。
先頭バッターにこの大事な試合、この大事な場面で4球を与えてしまった増井。
ちょっと不安な目で見てしまったのですが、それが増井を目覚めさせたのか、ここから圧巻のピッチング。
長野・松本・坂本を全てストレートで打ち取ると、11回も藤村・村田・小笠原と全てストレートで打ち取りました。
ちょっとシビレましたね。すごかったなぁ。
ここに来て増井・久の球威が戻ったことは、これからの戦いにも有利に働くでしょうね。


12回の表は宮西が登板。
仲間のピッチャーの勢いそのままに、矢野・谷・實松と三者連続三振に仕留める。
またこの回のドームの雰囲気が良かったんですよね。
何が良かったってジャイアンツファンしかいないんじゃないかってぐらいファンが宮西に集中してて静かなんですよ。なんとも言えない雰囲気だったなぁ。



そして運命の12回裏。
相手ピッチャーは西村。
先頭の小谷野がヒットで出ると、続く中島は当然送りバント。
しかし2球失敗してしまい追い込まれる。
ベンチは3バント指示。
やっと前に転がしたものの、打球はピッチャーの西村に。
キャッチャー實松は1塁を指示しましたが、西村はそれを無視して2塁に送球。
あわや暴投かという送球を坂本がナイスキャッチでフォースアウト。
チャンスを潰されてしまいました。

ドームに嫌な感じが漂いますが、ファイターズは続く大野にもバント指示。
これを大野は1塁線に転がすナイスバント。
さすがに間に合わないと思ったのですが、西村は2塁を一度見てしまいました。
ここが勝負の分かれ目になるとは。
2塁をあきらめて1塁に送球する西村。
しかし気持ちの入っていない送球はスライド変化して、1塁に入った藤村のグラブから逃げて行きました。

沸きに沸く札幌ドーム。
大事なところでミスを犯したジャイアンツ。
点を取るならここしか無いとファンはわかっていますから、その盛り上がりはすさまじいものでした。
ここでバッターは飯山。
ファンなら誰もが祈るサヨナラの1打。
しかしそこにいるのは飯山裕志。
期待は出来ないが、なにかやってくれそうな気がするおかしな選手。
その、何かがこの打席に生まれました。

低めのストレートを思い切って振り抜くと、打球はファンの歓声とともに外野の間を抜けました。
伏兵による劇的なサヨナラ勝ち。
最高の試合で最高の勝ち方でした。



試合終了後、涙を流す用意をして待っているファンの前で、恥ずかしそうに噛みながら普通にしゃべる飯山を見て「涙を流すタイミングがわかんねーよ」とツッコミを入れてしまいました。


これで対戦成績を五分に持ち込みました。
しかしまだ並んでいるだけです。
次の試合、次の試合をなんとしても勝ちたい。
もし勝てなくともいい形で負けたい。
とにかくファイターズの野球をしたい。
もうそれだけ。
それだけでいいです。
行け!ファイターズ!




スポンサーサイト

Comments
 No title
おはようございます。

ウルフ投手で一つ取ったので、続けて大野捕手が先発かなと思ったらいつも通りでした。
ただ、鶴岡捕手は久投手の時にマスクをかぶり、勝ちゲームの最後にグラウンドにいたので、それはそれでいいのではないかと思います。
昨日の大野捕手は延長に入ってからの出番でしたが、エラーを誘う送りバントを1球で決めているあたり、シリーズそのものに上手く入っていけてるなと感じました。
前日は2安打してますからね。
シーズン中のもやもやを取り返すべく、好調を続けて欲しいです。

さて、今日は吉川投手が投げる感じですので、鶴岡捕手が先発マスクだと思いますが、これで東京ドームでの第6戦以降は勝投手とウルフ投手の先発が予想されるので、大野捕手の出番になりそうです。
前回コメントしたように、この流れのほうがいいと思います。

ついでに昨日の読売は實松捕手が前のバッテリーミスを取り返すべくいい仕事していたと思いますので、これには拍手を送りたいと思います。

大きな意味を持つ今日のゲームですね。
 ファイターズ野球
コンサどんさん、おはようございます。
連日の4時間ごえの試合・・・平日に、飲み会でもないのに午前様・・・でも良い疲れ具合の毎日です(笑)
昨日はピッチャー陣が圧巻、とくに久さんの場面は「栗さん、勝負に出た」そう、思いました。
増井くんは前日に無死満塁を切り抜けたのを見てましたし、今日は大丈夫と思いながら・・・でも胃痛でキリキリとしながら(途中、胃腸薬服用)・・・最後は祈ってましたね(笑)
宮西くんのここに来ての復調は最高ですね。

G西村さんの登板
調子が悪いとわかっていたので、内心、「もらった」と思いつつあの捕球エラー・・・ここで勝負あり、そう思いました。
緊迫して1点を争う試合では1つのエラーが命取り
今シーズンのファイターズ野球を見てきたファンなら、みんなそう思ったはずですね(笑)

こんな劇的なサヨナラ試合、喜びたいのに写真もとりたい
気持ちと行動が一致しません(笑笑)
貯めていた小さな不運が大きな幸運となるように、今日もコンサどんさんの気持ちも持って、現地で応援してきます!!!
 No title
こんにちは!
今家にいます、今日は午前中で仕事切り上げて
これから札幌ドームに行って来ます!!
席はCですけど声は外野で出してる時と同じ容量を
出して来ます!!

一昨日、昨日とテレビ観戦してましたが私は安心して
見てられなかったですね・・・・・
3戦目の増井の無死満塁は頭クラッと来ましたもん・・
お前何してんのよって!!
その件ですけど・・・・・・

>飯山取って1塁に送球。際どいタイミングでしたが
アウトだと確信しました。
しかし判定はセーフ。
ハッキリ言って未だに納得してません、この判定

私もね流石にアウトと思いましたよ!!
この渡田って言っちゃ悪いですけど判定を巡ってトラブル
が多い審判と言います。(他には橘髙と杉永も同じ)
しかも読売贔屓とも聞いた事があります。
この名前聞いてダメだこの審判と思いましたもん・・・

それに昨日は宮国、山口、高木京と打てる気はしなかった
が西村はそうでも無かったですね。
もしかしたらってのはありました、それに藤村のエラーで
あんなになるとは思わなかったですね。
短期決戦って1つのエラーで流れ変わるんだなともね・・・
本日札幌で王手かけたいところですね。

この間の返信です。
妻の両親は2試合勝ち試合見れて良かったですね!!
3戦目終わり帰ったら午前様と聞きました、いや~元気
ですわ・・・・・・
(妻の両親は苫小牧から来てますので車で1時間ちょっと
ってとこですね。)

その特番ですが・・・・・

>あの番組を見るとたいていは「なんでこの選手を球団は
取らないの!」って思っちゃうでしょ。

確かにねそれは思いますね、結局は獲らなかったりしてい
た事もありましたしね。
獲れたら獲れたで良かったねえなんて思ってました。

今のところはその症状は出ていないです。
一昨日病院に行って血液検査のみ行いましたが異常無し・・・
本格的な検査(CTやMRI等)は後日葉書が来てその
日程で行う予定です。
てんかんについては関西でもありましたよね、運転中に
その症状が出て事故ったってのが・・・・
私もまだついているのかなとも思います。
確かに前日酒かなり飲んで寝不足言うのはありました。
もう決して若くないから無理したらダメって事でしょうね。
解りました、無理しないでやって行きます。

ではドームへ行って来ます!失礼します。m(__)m
 kazeさんへ
おはようございます!

大野はなんか裏のシリーズ男になってる気がしますね!
ここに来ての存在感はちょっと驚きです。やっぱり短期決戦というのは、リーグ戦の何試合分も成長させてくれるんですかね。
このままがんばってほしいです。

今日は散々でしたね。
この流れを「裏」シリーズ男の大野に止めてもらって、2つ勝ちたいですねぇ。
 satsuさんへ
おはようございます!

なんか内臓がおかしくなりそうな試合でしたね。
それでも見応えはこれでもかってぐらいありましたので満足です。
勝ちパターンに持っていければ勝てるよって言われた気がした試合だったので、とにかく先発がいかに仕事をするかですね。
ほんとに良い中継ぎ陣でしたよ、昨日は。

気を抜くとああいうエラーも出ちゃいますね。
それが失点に結びつくんですから残酷な話ですよね。
でもこれは勝負事なんでね。
相手のミスには大いに喜んでプレッシャーをかけるのもファンの仕事です。
雰囲気作りが大事というのは今日の試合でも感じましたし…

今日の応援はダレましたね。
まぁこれで明日試合があるとか言われると「ちょっと…」っていう感じになりますけど、1日開くのでファンも選手も切り替えてほしいですね。

また小さな運を溜めなきゃ…
 youmenさんへ
こんにちは!

またすごい試合を見に行きましたね…
お疲れになったことでしょう…
ご苦労様です。

また出てしまいましたね、ジャッジでの問題が。
これはもう笑って済ませられる話ではないんでねぇ。
しかし苦労しますね審判には。

そう考えると本当にご両親は良いタイミングで試合を見に行かれましたよね。
それだけはホッとしてます。
そういえば、ウチの嫁さんの同僚君、あのコンサの試合は勝ち試合しか見てない同僚君が、この第4戦だけ見に行ってたんですよ。野球初観戦だそうです。
持ってる人は持ってますねぇ。

悪い番組ではないと思うんですけど、あまりにも一方からしか撮っていないので、そういうのをドキュメントと言っていいのかっていう感じもするんですよね。

てんかんは今だと薬でほぼ抑えられます。
とてつもない無理さえしなければまず発症しないし、直前に前触れがあるのでわかると思います。
まぁまだ結果が出ていないのであれば、そこまでひどいものではないかもしれないですもんね。
なんにせよ医学は進歩してるって事ですね。

でもやけ酒、寝不足は病気のもとですからね。
お気をつけ下さい。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08