拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

CSの初戦取ったぜ~!




ついに始まったクライマックスシリーズ2ndステージ。
アドバンテージとして1勝をもらってるファイターズは、今日の吉川で勝てばかなり楽な展開になります。
久しぶりの実戦でどうかと思われましたが、吉川のピッチングに問題は無し。
シーズン通りのピッチングに安堵感を覚えました。

ただシーズン以上のピッチングを見せたのは、相手先発のヤン。
ストライク先行ながら力あるボールが散っていて、ファイターズがいちばん苦手な感じのピッチング。
4回までパーフェクトに抑えられるという展開に、我慢比べをしなければいけないのかと気が重くなりました。



試合が動いたのは7回表。
先頭本多が粘って粘ってショートゴロ。
これが深い位置に転がって内野安打となる。
俊足の本多を出しただけに嫌な感じが漂う球場。

次のバッターは内川。
高めに抜けた変化球を、ライト前に運ばれノーアウト1・2塁。
しかし次のバッターはペーニャ。
三振もゲッツーも取れるバッターだけに、ちょっと気が楽。
予想通りペーニャはサードゴロ。
これはゲッツーいただき!と思ったが、意外にペーニャが速くてゲッツーならず。1アウト1・3塁に。

ここで迎えるバッターは小久保。
この対決がこの試合の見所と言っていいほどの内容。
2ストライクに追い込んでからの小久保の粘りがすごかった。
カット、カットで粘ること粘ること。
もう外を逆方向にガツンと打ってやろうというのがあるから、外の厳しい球には付いてくるし、インコースは詰まるのが嫌だから全部カット。
ダルビッシュに「汚い」とまで言わしめた粘りですよ。

ここで感心したのは鶴岡のリード。
外の球も使うけど、インコースに速い球も見せてたんですよね。
だから最後、インローのスライダーで小久保を三振に仕留められるんですけど、やっぱり鶴岡は良いピッチャーをリードさせるとうまいですねぇ。
これがそこそこのピッチャーでも、外ばっかりじゃなくてこういうリードが見られればいいんですけどねぇ。


難敵小久保を打ち取りホッと一息。
しかしここで気を抜くと、次の多村にやられてしまう。
気を引き締め直して多村に向かっていく吉川。
インコースのストレートでバットをへし折る。
ボールはショートへ高いフライ。
ミットを叩いて喜ぶ吉川でしたが、ショートの金子は後方に打球を追っていって追っていって追っていってポトリ。
このポテンヒットで2塁のペーニャまで生還し0対2に。

ガックリ。
小久保を抑えた後だけに、こういう取られ方はショックが大きい。
1塁上で多村はベンチに向かってガッツポーズ。
ホークスベンチは帰ってきた2人を迎えてベンチ前に飛び出してのお祭り騒ぎ。
それを悔しがりながら見ていました。



しかし、6回あたりからヤンの球をとらえ始めてきたファイターズですから、交代される前になんとかしたいところ。
7回裏、とにかく先頭が出てくれと祈っていたら、陽が兄貴の浮いた変化球をセンター前にクリーンヒット。
よしこれでなんとか1点でもというところで、バッターボックスには杉谷。
ここで杉谷はバントの構え。
球が荒れ始めたヤンに対してアウト1個やってまで1点取りに行くのはどうかとしょうじき思いました。
案の定、2球連続で球が上に抜けるヤン。
しかし杉谷はバントで送りました。
7回裏で先頭出てて球が抜け気味でも送るんだなぁ。

さて糸井ですが、リーグ戦終盤には鬼の活躍で優勝に貢献してくれましたけど、その調子は持続出来てるかが個人的にポイントだったんですけどいらない心配でした。

打った瞬間それとわかる同点ホームラン。
やはり高めに抜けた変化球でした。


嬉しいことは嬉しいんですけど、まだ同点に追いついただけ。
ここで一気に逆転まで行きたい。
ピッチャーはヤンから藤岡に。
その藤岡のシュートを中田が引っぱって内野安打にする。
球場ノリノリ。
もしかしたら逆シリーズ男に中田か糸井がなるんじゃないかと思ってたんですけど、このぶんなら大丈夫そうですね。

ここでホークスは藤岡から早くも森福にスイッチ。
絶対にここで止めるという意気込みが感じられる。
しかしこの決断は、やはり糸井の場面でするべきではなかったかと思いますね。
あの杉谷のバントが決まったところで交代するチャンスがありましたから。

稲葉はセンターフライに倒れて、2アウト1塁で小谷野。
クロスファイアーのストレートを、待ってましたとレフト線に弾き返す。
内川の守備ということもあり、中田が激走。
滑り込んだ勢いで、ベースの反対側に飛んでいきそうなほどのスライディングを見せる。
もう球場はイケイケの雰囲気。
1塁側はちょっと埋まってなかったけど、この雰囲気をファンが作ってくれたおかげで、この次のドラマが生まれたんだと思います。


ホフパワーに代わって代打二岡のコールに大歓声が巻き起こる。
そんな中で流れるスカイハイ。
否が応でも球場のボルテージが上がる。
いつものポーカーフェイスで打席に入る二岡。
ホークスバッテリーは初球、アウトローいっぱいのシュートを投げてくるが、逆方向に打ち返すのがうまい二岡はそれに反応。
キレイに打ち返された打球は、ライトの前に落ちました。
3塁ランナーの中田が逆転のホームイン。
これが決勝点となりました。
いやぁ、それにしてもキレイなバッティングだったわ。



心配していた増井と久ですが、増井は7割ちょいぐらいに戻ってましたね。
間が開いたわりにストレートで押し込めてましたからいい感じです。
あとはストレートで空振りが取れるようになれば完全復活でしょうが、はたして次はどんな投球になりますかね。

久は終盤の好調が続いていてひと安心。
これならなんとか戦えるでしょう。



本当に大きな勝利でした。
これでホークスに焦りが出れば一気にいけるかもしれませんね。
明日のマサルに期待です。



なおですねぇ、個人的な事情で2日ほど留守にします。
その間、記事の更新もコメントのお返しも出来ないかと思います。
ではでは。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

スポンサーサイト

Comments
 やりました↑
おはようございます。
やりました、勝ちました、良かった~

糸井さんのHRに二岡さんの神がかりタイムリー
友人と二人、1塁に到達した二岡さんをついつい拝んでしまいました(笑笑)

この試合は本当に7回の攻防でおなかいっぱいになりました。
シーズン中の対戦成績とか相性とか、短期決戦のCSではあまりあてにはならないとわかっていても、内心ハラハラの私でした(^^;)

とにもかくにも初戦をとったのは精神的にもアドバンテージな気分です。
今日の勝さんにもこの雰囲気をつないでほしいですね。
 satsuさんへ
おはようございます!

この試合は盛り上がる場所でキチンと盛り上がった素晴らしい試合でしたね!
それにしても糸井の一発はでかかった。

やはり短期決戦は短期決戦なので、普段通りの試合をしようとしたって無理な話ですよね、
短期決戦に強い監督もいれば弱い監督もいますし。(前監督とかね)
動こうとしても、普段通りにしようとしてもダメなんだと思います。
やっぱり短期決戦は流れを読む力がどれだけあるかってことなんじゃないですかねぇ。

しかし無敗で日本シリーズに行けるとは思いもしませんでしたねぇ。
うれしい誤算ですね。(*^-^*)

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10