拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

ミスは少なく


170825.jpg



岸相手にどうなるかと思っていましたが、その岸が本調子ではありませんでした。


レアードが岸のカーブを打ててる時点で、岸自体の調子が上がってないとわかります。
審判との相性もありましたが、ボール球も多く、低めに集められない岸はこちらにとってチャンスではありました。
しかし、それをなかなか生かせないのが今のファイターズ。
早いうちに2点3点取れてもおかしくなかったのですが、1点のみの攻撃となってしまいました。

こちらの先発は村田。
なんだかんだピンチを作るのですが、なんだかんだ切り抜けることが多い村田。
しかし3回はミスが重なり失点します。

先頭の嶋に粘られてヒットを打たれると、続く聖澤のバントを村田がセカンドに悪送球してノーアウト1・2塁のピンチに。
オコエがバントできず追い込むのですが、しっかりアウトコースに投げきれず拾われてノーアウト満塁。
ここで迎えるバッターは茂木。
守備はゲッツー体制。
セカンドライナーかワンバウンドかという判断が難しい打球を太田がワンバウンド処理。
これを太田が中島に送って失点はしますが、6-4-3のダブルプレーを成立させます。
しかし、ここでミスが。
ライナーかバウンドか判断しづらい状況だったので、セカンドランナーはスタートがかなり遅れていました。
なので、中島は本来であればセカンドを踏み、2・3塁間でランナーを挟まなければいけないプレーでした。
しかし、中島は振り返ることもなく1塁に送球してしまった。
2アウトランナー1塁か2塁とできるはずだったのが、2アウトランナー3塁としてしまいました。
けっきょくこのあとペゲーロが三遊間を破るヒットを打つため失点してしまいますが、キチンとした守備をしていれば防げただけに、残念なプレーとなりました。
ミスが重なるとやっぱり失点してしまいますね。


5回表。
中島・松本で広げたチャンスを、またも大谷が変態打ちで逆転。
なんであんな打ち方であそこまで飛んで残るのかわからない。






大田のスーパープレーも飛び出し、これ今日はこのまま勝つパターンだなと思ったら、鍵谷が2アウトから捕まって同点に。
ウチには悪いなら悪いなりに投げられる投手が少なすぎる。


10回表。
ピッチャーは久保。
大谷とまったく勝負する気がないイーグルスバッテリー。
それが幸いしたのか、落ちる球に引っぱられずに4球を選んだ。
打席にはレアード。
1・2球目に外のスライダーでカウントを整えようとしたイーグルスバッテリーでしたが、レアードは興味を示さずボール2に。
こうなるとまかり間違ったらがあるのでインコースには投げられない。
レアードもわかっているからアウトコースに目つけして、けっきょくフルカウント。
ここでアウトコースに落ちる球を投げられれば空振りだったろうけど、この日の久保の変化球はちょっと精度を欠いていたのでストレートで勝負してくれました。
打球は右中間真っ二つ。
エンタイトル2ベースとなり、これが決勝点となりました。
まぁこのヒットもペゲーロじゃなく、違う外野手だったら取られてたかもしれません。
次の打席がペゲーロからというのが幸いしました。


勝ててはいますが、まだミスは多い。
これから起用される若手は経験も大事ですが、こういうミスを少なく出来るようにがんばってほしいですね。




スポンサーサイト
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08