拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

何とも言えないサヨナラで3連勝

 
170817.jpg



とにかく3連勝です。



前回登板で、コントロールが上手くいかなかった加藤にアウトコースを要求しまくって自滅したバッテリーが、どういう形で望むのか期待していたのですが、ピンチになるとどうしてもアウトコースが多くなってしまうリードは変わらず。
苦しい立ち上がりとなってしまいました。


2回裏。
レアードのショートゴロを平沢が送球をそらしてしまい、それを三木が取れずレアードはドスドスと走って2塁へ。
敵とはいえ、こういうプレーはいただけない。

このチャンスを賢介が活かして右中間へ同点タイムリー。1対1。
その後に満塁となり、打席には西川。
インコース甘めのスライダーを振り抜くと、打球はライトスタンドへ。
グランドスラム。5対1。
相手のミスから4球も絡めて5点を奪い、試合の流れを掴みます。
5回裏、レアードのホームランで6対1とし、完全に試合はファイターズ・・・と思われたのですが・・・


6回表。
スタミナ切れを起こした加藤が、2アウトランナー1・2塁で降板すると、マウンドに上ったのは田中。
田村にレフトスタンドへ飛び込む3ランを打たれてしまう。
まぁ今の田中ならしょうがないと思える被弾。
良い時は抑えるけど、悪い時はからっきしというピッチングですから、安定感を求められる勝ちパターンの投手にはまだまだ時間がかかりそうですね。

7回表。
なぜか1点差という状況で堀が登板。
次の日に落とすことは決めていたので、この試合の何処かで投げさせることは決めていたと監督は言うのだけど、えらい勝負に出たなぁと思って見てました。
そしたら2被弾で逆転。
まぁしょうがないわなという結果ですね。
勢いで行けた今までの登板と違い、1点差の緊迫する場面で投げましたから。
あの5回までの楽勝ムードはまったく無く、重苦しい空気が球場を包んでいたのですが、やはりと言うべきか、あの男がその空気を一変させました。


7回裏。
先頭は大谷。
南のインローに抜けたストレートを振り抜く大谷。
うわっ!と交通事故を見たときのような叫び声が思わず出るくらい強烈な同点ホームラン。
スゴいというか怖いというか。
これで一気に試合がわからなくなりました。





11回裏。
引き分けが少し見えてきた場面で打席には代打ドレイク。
なんてことないショートゴロを三木が高めに送球してしまい、1塁根本の足がベースから離れセーフとなりました。
送球もちょっと悪かったんですが、やはりファーストは大きな人がやるものというのを感じましたね。
根本の身長があと10センチ大きかったら、このセーフは無かったかもしれないので。
そして、しっかり走ればこういうラッキーなことがあるっていうのも感じました。

中島バントで送って西川は4球。
ここでバッターは松本。
1ボールから2球目を松永が投げるかと思われたのですが、2塁に牽制球。
代走で出ていた岡は素早く戻る。
すると牽制球はカバーに入った三木のグラブをすり抜け外野へ。
急いで3塁に向かう岡。
次の瞬間目に飛び込んできたのは、横っ飛びして差し出した荻野のグラブの先を、無情にもすり抜けてフェンスまで転がっていくボールでした。
想像もしないサヨナラ勝ち。
うれしいのですが、何とも言えない結末でした。


ウチは大田がクッションボールをベアハンドキャッチしてランナーを2塁で刺したり、西川が背走キャッチを2度見せたりして守備で踏ん張りましたが、マリーンズは守備で崩れてしまいました。
最後の場面も、まず牽制はいらないと思うんですよね。
岡は足からゆうゆう戻ってるわけですから、リスクしかない牽制だったし、三木はいくら引っかけたボールだったとしてもそらしちゃダメ。
前進守備というのと、三木のグラブに当たったことでコースが変わり、荻野が間に合わなかったのは不運でした。
今年はウチに似たマリーンズも応援してますからちょっと辛口になりましたけど、お互いここから少しでもファンが喜べる試合をしていければいいなと思ってます。


なんにせよ3連勝。
この勢いをしっかり活かしてライオンズ戦に臨んでほしいですね。





牽制がそれた時に岩ちゃんが『こういうこと・・・おぉ~~ほっ!』ていうのは何度聞いても笑ってしまう。




スポンサーサイト
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08