拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

お盆休み





久々の更新。
ホークス戦連敗というのもあるんだけど、お盆は仕事が忙しく、親戚や同級生が帰ってきてるので飲んだりして書くのが面倒になったというのもあります。
しかし、ここに来てやっと連勝。
書かなきゃいけないでしょ。



まずホークスの3連戦で気になったこと。


上沢かわいそう。
しかし、こんなにしっかりした形で復活してくれるとは思わなかった。
ケガしてるときの筋トレとかフォームの見直しとかが良い方向に出たんですかね。


上原はこれから。
この2戦目のように、コントロール重視のピッチングでは上原の良さが出づらい。
高い低い、右か左、どちらかのストライクゾーンにしっかり投げられるようになれば戦える気がする。
角を狙ってとかまだまだ先でいい。


村田も上原と同じ。
細かいコントロールは無く、とにかくどれもちょこちょこ動くボールを持っているのにコーナーを狙ったりするのは合ってない。
まぁ大野と組んだというのが大きいのだろうけど、テンポの良い投球なのだから、もっとストライクゾーンで勝負してほしかった。


マーティンのボークはクソ。
マーティンがというのではなく、ボークの基準がってこと。
このブログで散々言ってきてるけど、日本のボークは厳しすぎる。
それこそ国際化が謳われて、ボールが変わったりジャッジが変わったりしてきてるのに、未だにボークは日本式。
何が国際化だと思う。
さっさと変えるべき。


そして、ホークス戦3試合通して感じるのは、確実に打線の調子が上がってるということ。
まだ大谷や中田は速いストレートに苦しんでるけど、一時に比べれば遥かにマシ。
やっと戦える状態になってきたなというのがホークス戦でした。


さて昨日の試合。

最下位争いのライバルであるマリーンズとの試合ですが、もう今年はマリーンズに親近感すら湧いているので、お互い良いところが見られればいいななんて目線で試合を見てました。
そしたらスタンリッジが大乱調。
審判の低めが辛いこともあって、4球の連発には敵ながらタメ息が出ました。
そしてそのチャンスを決めきれないファイターズ打線にもタメ息。
まぁ最下位争いって感じの序盤でした。

ウチの先発の有原はどうかと言うと、まずまずのピッチング。
相手の打線に助けられてる場面が多いけど、粘りは出ていたかなと思います。
でも理想の有原にはまだまだなので、これからの変化に期待です。


チャンスで決めきれない選手が多い中、大谷が期待に応えてくれました。
3安打2打点の大活躍。
ただ『やっぱ大谷頼みのチームだな』って言われるのは悔しいので、他の選手もチャンスでがんばれ。



もう順位もうっすら見えてきたところでチームの復調。
遅いよというのもあるけど、ちょっとおもしろいなというのもあります。
どれだけ上位をいじめられるのか。
上位いじめができるようであれば、来シーズンに期待が持てますからね。
気楽に見ていきましょう。




スポンサーサイト
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08