拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

本物の有原が見つかる


20170830.jpg



地元旭川で勝利!



今日は有原がスゴかった。
たぶん今シーズンいちばんのピッチングでしょう。
初回から低めに行ってたし、とにかくストレートが指にかかってた。
屋外で湿度がちょうどよかったんですかね。
つけ入る隙を与えないという感じでした。

打線は初回にいきなり西川と松本の2人だけで1点取ってしまう好スタート。
しかし、中軸が機能せずバンデンハークを崩しきれない。
2回には2アウト満塁となるが、松本がカウント3-1から高めのストレートを打ち上げて得点出来ず。
ここはしょうじきガッカリでした。
満塁でカウント3-1ですから、松本はストライクゾーンを狭めて待つ必要があったと思います。
何といっても2番打者ですからね。
いくら中軸が心もとないといっても満塁でコントロールが効かない投手なわけですから、ここはクレバーにいってほしかった。


得点できるタイミングで得点しないとこうなるよねという感じで今宮がライトポール直撃の同点ホームランで1対1。
しかし、今日の有原はここで崩れませんでした。
いつもなら連打とか連発とかやられてますよね。
それが流れを生んだのか、その裏にドレイクがレフトに勝ち越しとなるホームラン。2対1。
スタルヒンならドレイクでもホームラン出るかもなんて思ってたんですが、ホントに打ちました。
詰まってたものが流れたかのようにヒットが繋がって、西川がタイムリーを打ち3対1に。
今日の有原には3点でじゅうぶんでした。
9回を投げて99球の無四球完投。
久々に本物の有原を見た試合でした。


このピッチングしてくれれば簡単に二桁勝てるのにねぇ。
でもまぁこれが本物かどうかわからないので、次の試合を楽しみにしたいと思います。


お立ち台は有原とドレイク。
最後に有原が『ぜひ、1人でも多く札幌ドームにも足を運んでください』と締めました。
いや、他意はないだろうし全然いいんですけど、しょうじき言わせてもらえば、1人でも多く札幌ドームにと言うなら、1試合でも多く地方でやってくださいというのが地方ファンの言葉でしょう。
今年は旭川で2試合。
函館、帯広、釧路で1試合づつ。
なかなか札幌まで行けないから地方の試合に来てるファンもいるわけで、そこはもうちょっと考えてよ球団さんというところですかね。
まぁだいたいどこの球団も地方開催は5試合くらいですが、普通の球団は地方開催というと都外府外県外なんですけが、ウチは『道内』なんですよね。
これを見ただけでも北海道の特殊性っていうのが出てます。
新規開拓じゃなくて顔見世興行。
北海道は広いなぁ。



スポンサーサイト

ガマン比べでスイープ


20170827.jpg



ガマン比べで勝った感じ。
低いレベルのね。



上沢vs釜田で始まったこの試合。
いきなり初回にこの試合の鍵となる場面が。

1回裏。
上沢がアマダーに投げたストレートが顔付近にすっぽ抜けます。
これに怒ったアマダーは上沢に詰め寄る。
まぁその前のウィーラーにも顔付近に投げやがってという仲間意識の威嚇なんですが、ウィーラーはフォークのすっぽ抜けなんでアマダーとはちょっと違う。
それでも上沢に詰め寄るもんだから両軍ベンチが飛び出してザワザワした展開に。
それでもお互いに一触即発というものではなく、イーグルスはアマダーを抑え、ファイターズは上沢を守るという軽い、ごく軽い衝突だったんです。
しかし、これがいきなり警告試合を宣言されてしまいました。
いくらなんでも早すぎる。
前にファイターズがバファローズの塚原にぶつけられたのだって3人当てられ両軍入り乱れて警告でした。
中田が美馬にキレたときは警告試合になってない。
それが当たってもおらず、ちょっと詰め寄ったからって警告とかどんだけ平和主義なのさ。

さぁこれで困ったのは両キャッチャーですよ。
警告試合となったことで、インコースに厳しい球が要求できない。
要求したところで投手が当てちゃマズいと思ってしまえば甘くなってしまう。
とりあえず3回か4回まではほぼアウトコースで勝負しなきゃいけなくなってしまいました。

フォークが落ちない上沢。
コントロールがおぼつかない釜田。
どっちが先にノックアウトされるのかという目を覆いたくなるような展開に。
警告の流れから当然のように失点する上沢。
しかし、1点で済んだのは幸いでした。

3回表。
太田のピッチャー強襲ヒットを皮切りに、繋いで送って大谷・中田・レアードの連続タイムリーで3対1と逆転しました。
するとその裏から上沢のフォークが決まりだし、しっかり無失点でしのぐと、4回表には横尾の特大の一発で突き放し流れを完全に引き寄せ、西川のタイムリーでとどめを刺しました。

まぁなんにせよ釜田はちょっと不運でした。
あの警告さえなければ流れはわからなかったですからね。
上沢はよく粘ったと言いたいところですが、ここ最近は立ち上がりがちょっと不安定なので、そこを次は修正してしっかり投げてほしいものです。


これでこのカードをスイープ。
まぁ今までいい思いさせてきたんだから、ここらでちょっとお返ししてくれてもって感じですかね。
次は地元旭川。
まぁ見に行かないんですけどね。
雨じゃなきゃいいなぁ。



不調でラッキー


20170826.jpg



岸・則本撃破と言えば聞こえは良いけど、不調なときにあたってラッキーというところでしょうか。


たしかに守備に足を引っぱられた感はあるんですが、今日の則本は本調子ではありませんでした。
まぁ本調子なら三振が多くなるので守備のミスもへったくれも無いんですけど。
こういう調子が悪いピッチャーの立ち上がりでしっかり得点できて、今日はいい感じだなと思ってたらその裏ですよ。
先発の加藤が満塁からタイムリーを打たれ、そこにレアードのエラーが重なり3対3の同点に。
ガクッときましたね。

それにしてもまたレアードの逆シングルのエラーですよ。
だから意図的な逆シングルっていうのは突発的なボールの動きに対応するためにやるものなので、それでそらしてたら意味ないじゃんという話なんですよね。
下半身が使えてないからやらかすんですけど、だったら正面に入れよと言いたくなります。
コーチ何やってんの?

加藤もなかなか自分が見つけられないようで、毎回苦労してますね。
シーズン前半は、右バッターのインコースにボール一個分の出し入れが出来ていたから安定してましたが、疲れからかその制度が落ちてしまいました。
キレのある球は投げていますから、もう少し安定したピッチングができるようになるといいのですが。
でもそれが難しいんですよねぇ。


鍵谷が昨日のリベンジを果たしましたが、増井がその分バランスを取ってハラハラさせるというね。
バランス?
まぁこれが増井ということでしょうがないですね。
悪いなりに投げてくれる投手なので感謝してます。


打線に目を向けると松本の状態がいいですね。
いっときは壁にやっとぶつかったかな?という状態でちょっと調子を落としてました。
あまりにも結果が出すぎてボール球にも手を出さないので、見てて怖かったんですが、そりゃ壁に当たるよねなんて少しホッとしてたんですよ。
この壁を乗り越えた時が本物だなんて心のなかで応援してたら、その壁を軽く乗り越えてきた感じ。
ん~、もうこれは勢いとかじゃなく本物だと認めなきゃいけないなぁ。
本物だと認めると今度はグチが出てくるので、しょうじき若手にはそんなに期待したくないんだけど、それを許さない松本の活躍があるのでねぇ。
ブレイクっていうのを目の当たりにしてる感じですね。

ブレイクといえばファーム中継で石川が先発していたのを見たのですが、もう下で石川のストレート打てる打者はいないですね。
間違いなくそのレベルにいます。
なので来月中盤くらいには上で投げるんじゃないかと楽しみにしてます。
来シーズンのローテはまったく見えてませんから、アピール次第で若手にもチャンスが回ってきますよ。


連勝だけどウチの先発も大概だったので、最後は上沢にビシっと締めてもらって、スイープといきたいですね。



ミスは少なく


170825.jpg



岸相手にどうなるかと思っていましたが、その岸が本調子ではありませんでした。


レアードが岸のカーブを打ててる時点で、岸自体の調子が上がってないとわかります。
審判との相性もありましたが、ボール球も多く、低めに集められない岸はこちらにとってチャンスではありました。
しかし、それをなかなか生かせないのが今のファイターズ。
早いうちに2点3点取れてもおかしくなかったのですが、1点のみの攻撃となってしまいました。

こちらの先発は村田。
なんだかんだピンチを作るのですが、なんだかんだ切り抜けることが多い村田。
しかし3回はミスが重なり失点します。

先頭の嶋に粘られてヒットを打たれると、続く聖澤のバントを村田がセカンドに悪送球してノーアウト1・2塁のピンチに。
オコエがバントできず追い込むのですが、しっかりアウトコースに投げきれず拾われてノーアウト満塁。
ここで迎えるバッターは茂木。
守備はゲッツー体制。
セカンドライナーかワンバウンドかという判断が難しい打球を太田がワンバウンド処理。
これを太田が中島に送って失点はしますが、6-4-3のダブルプレーを成立させます。
しかし、ここでミスが。
ライナーかバウンドか判断しづらい状況だったので、セカンドランナーはスタートがかなり遅れていました。
なので、中島は本来であればセカンドを踏み、2・3塁間でランナーを挟まなければいけないプレーでした。
しかし、中島は振り返ることもなく1塁に送球してしまった。
2アウトランナー1塁か2塁とできるはずだったのが、2アウトランナー3塁としてしまいました。
けっきょくこのあとペゲーロが三遊間を破るヒットを打つため失点してしまいますが、キチンとした守備をしていれば防げただけに、残念なプレーとなりました。
ミスが重なるとやっぱり失点してしまいますね。


5回表。
中島・松本で広げたチャンスを、またも大谷が変態打ちで逆転。
なんであんな打ち方であそこまで飛んで残るのかわからない。






大田のスーパープレーも飛び出し、これ今日はこのまま勝つパターンだなと思ったら、鍵谷が2アウトから捕まって同点に。
ウチには悪いなら悪いなりに投げられる投手が少なすぎる。


10回表。
ピッチャーは久保。
大谷とまったく勝負する気がないイーグルスバッテリー。
それが幸いしたのか、落ちる球に引っぱられずに4球を選んだ。
打席にはレアード。
1・2球目に外のスライダーでカウントを整えようとしたイーグルスバッテリーでしたが、レアードは興味を示さずボール2に。
こうなるとまかり間違ったらがあるのでインコースには投げられない。
レアードもわかっているからアウトコースに目つけして、けっきょくフルカウント。
ここでアウトコースに落ちる球を投げられれば空振りだったろうけど、この日の久保の変化球はちょっと精度を欠いていたのでストレートで勝負してくれました。
打球は右中間真っ二つ。
エンタイトル2ベースとなり、これが決勝点となりました。
まぁこのヒットもペゲーロじゃなく、違う外野手だったら取られてたかもしれません。
次の打席がペゲーロからというのが幸いしました。


勝ててはいますが、まだミスは多い。
これから起用される若手は経験も大事ですが、こういうミスを少なく出来るようにがんばってほしいですね。




もうちょっとがんばらないと

 
170823.jpg



勝つには勝ったけど、もう少しなんとかって試合でした。



高梨は序盤フラフラしてましたが、後半はしっかり。
最初からそれをやってよという思いはどうしても出ますよね。
ただ強打者に対してインハイをバッテリーでしっかり攻めてたし、そういうキッチリした仕事が結果を産んだと思うので、次もしっかり強気でお願いしたいと思います。


もう少しなんとかって思ったいちばんの原因は、金子をしっかり打ち崩せなかったことです。
しょうじき昨日の金子はそんなによくなかった。
上位チームならしっかり捉えるだろうなという場面でも、ウチは崩せない。
特にレアードなんかは苦手意識があるのか、まったく合ってないスイングを見せていました。
もう少し考えて打ってくれればと思ってしまう打席を見ちゃうと、やっぱり6番・7番に置いて怖い選手なのかなと。
初回から調子がよくない相手を打ち崩せず、後半立ち直られて負けなんて、今年何度も何度も見てきましたから、これがなんとかならないと来年も厳しいでしょうね。
と言ってもどうしたらいいのかわからないので、選手の成長に期待としか言えないか・・・


7回には宮西と鍵谷が仕事キッチリ。
8回には松本から中島の連携で小谷野をセカンドでアウトにするビックプレーが。
9回には増井が抜群の投球。
後半は守備でつけ入る隙を与えなかったのは良かった。
こういうのを見ると、状態は上がってるんだなって感じますよね。


もう首位はホークスというのがほぼほぼ決まってきたので上位イジメも何もないのですが、今までの悔しさを晴らせるチームにやっとなってきましたから、お礼参りと行きましょうか。( ̄ー ̄)フフ



あとは気持ちかな


170821.jpg



また有原が負けてしまいました。


間違いなくここ数試合はコントロールが良くなってるので、今までの負け方と違うんですが、気持ちの強さはずっと見えないままなんですよねぇ。
どうしても連打を喰らってしまうのはそこら辺も影響してるのかなと思います。

ロメロと中島に喰らった一発は、インハイに投げられれば防げた気がするので、右バッターにはインハイストレート、左バッターにはインハイカットを投げられるように来シーズンはなってほしいです。
あと修正に時間がかかるところも直さなきゃね。


レアードがまたも逆シングルでミスして、そのミスが試合を決定づける2点タイムリーを産んでしまいました。
なんで余裕のあるボールをわざわざ逆シングルで取りに行くんですかねぇ。
というか逆シングルで取りに行くってことは、イレギュラーとかに対応しやすくするためもありますよね。
正面に入りすぎると取りづらい場合もあるので。
だけどその逆シングルでこうもミスが連発すると、正面に入って体ででもいいから止めてくれよって思っちゃいますよ。
そう思わせるのは中田の守備がうまいっていうのがあるのかもしれません。
中田は状況に合わせて体で止めるところは止めて、華麗に逆シングルでさばいてと、柔軟に対応しますからね。
レアードは中田を見習ってほしいなぁ。


今日は高梨ですか。
下で苦しんできた分、どんなピッチングを見せてくれるか楽しみにしたいと思います。



カード勝ち越し




日曜日の試合を観戦してきました。
なので土曜日は早寝したのでブログ更新せず。
日曜日の夜にまとめて書こうなんて思ってて、実際帰ってきて録画見直してたら疲れでグッスリですわ。


まず土曜日を簡単に。
上沢を援護できなかったという見方もできるんですが、上沢自体の出来もあまりよくなく、リズムを作りきれなかったかなというのが印象ですね。

あと井口の2段モーションは、個人的に言うとしょうがないのかなとは思ってます。
ダルビッシュがツイッターで判定の厳しさに言及してましたけど、これまた個人的な見解で言わせてもらうと、アメリカにはまだ適当さというか、いいかげんさが残ってて、あまりにも看過できないようなひどい2段モーションなら言うけど、そうじゃないならまぁいいよ別にっていう空気がある気がするんですよね。
言ってみればまぁ大人の対応というか。
だいたいわかるじゃない?もうみんな大人なんだしっていう感覚というのでしょうか。
だけど日本の場合だと、何秒止まったとか、こういう場合はこうで、こういう場合はこうだみたいなことを全部説明しないとダメって空気があるじゃないですか。
そんなこと言うのって子供か政治家くらいなんですけど、そういう『だいたい』が通用しないのが今の日本なんで、菊池取ったらまぁしょうがないよねって思ったんですよ。
あと何人か取られるかもしれませんけど、それはまぁ他人に厳しい今の日本人がさせる行為だと思うので、あきらめるしかないですね。




さて日曜日。


上原とファイフという微妙な先発対決となりましたが、想像以上にグダグダっとしてて、見ていて疲れる試合展開でした。
それでもファイターズに点が入るからガマンもできるというもの。
またホームランでドンドンっと一気に点が入るわけでなく、内野を抜くタイムリーで1点づつ入るもんだから、なんかずっと騒いでた気がします。

もしこれが逆の立場だったらと思いながらライオンズの応援席をたまに眺めてました。
カード最後で遠征ですから、このイヤな感じを引きずりながら本州帰んのかなとか思ったら、やっぱ遠征って大変だなぁと。
ビジターでの応援もしてみたいけど、ちょっと二の足を踏んじゃいます。


なんにせよ間違いなく打線の活発さが戻ってきたことは確か。
今年はファンに悲しい思いをさせ続けてきたので、前も書きましたがここからは、若手のお試し試合にするのではなく、勝てる試合を見せてあげてほしいなと思います。




本気のメンドーサで4連勝

 
170818.jpg



4連勝です。



連勝中同士の戦いでしたが、かたや3位から逆転首位まで目指しているライオンズの連勝と、最下位争いでなんとか拾った久々の連勝。
内容が違うなんて言われてましたが・・・勝ちました。


まず先発のメンドーサですが、この試合はそこそこコントロールもよく、浅い回はフライアウトが多かったんですが、中盤からゴロアウトも取れだして流れに乗っていきました。
この好投は市川のリードも大きかったかと思います。
右バッターのインコースに食い込む2シームと、タイミングをずらすチェンジアップを中心にライオンズ打線は的を絞ってきていましたが、この日はスライダーが多く、それが効果的に使われていたため、ライオンズ打線が困惑したというのもあると思います。
市川の配球の上手さもあるんですが、今まで大野が2シームというのを相手打線に植え付けてきたからこそ効いた配球だったのかなと。
2人であわせ技一本という感じですかね。

まぁこの登板の前に中継ぎに回され、2軍に落とされ、下でボッコボコにされてすぐのマウンド。
新しい子供も出来て家族が今シーズン最後の観戦となれば燃える要素はふんだんにあったということでしょうか。
ただ、この試合だけで終わってしまうと来年の契約は難しいと思いますから、次以降の試合でも『俺は長いイニング投げるタイプだから』とかヘラヘラしないでしっかり投げて、家族を安心させるようがんばってほしいものです。


さて打線の方は、初回から大谷がタイムリーを放ち先制するいい流れ。
しかし、3回のチャンスでは、大谷を警戒して敬遠気味の4球で歩かされたのを目の前で見たからなのか、気合が入りすぎた中田は、高めカーブすっぽぬけという絶好のホームランボールを力みすぎてキャッチャーフライ。
スタンド中段まで運ぶほど振らなくていいから、しっかり当ててほしかった。
しかし、この失敗があっても次の打席のようなことがあるから強く言えない。


6回裏。
地面につきそうなインローのスライダーを、大谷が両足をズルっと後ろに下げて先っぽで拾い振り抜くと、ボールはライト線の深いところまで飛んで行くという変態打ちを見せる。
なんじゃそらというバッティング。
切れないし飛んでるし。
日本シリーズのサヨナラタイムリー思い出す2ベースでした。

ここでバッターは中田。
ストレート2球続けられ、3球目もストレート。
普通の4番にする配球じゃないが、速いストレートに合わせられない今の中田なら通用すると思われたのかな。
高めに抜けたストレートを思いっきり引っぱたくと、打球は左中間中段へ飛び込む2ランホームラン。3対0。
まぁ野上自体はストレートがスゴい速いわけじゃないし、高めだし連続だしというのが重なったホームランですが、こういう豪快なのを見ちゃうと『また見たいなぁ』と思ってしまいますね。
でももうちょっと楽に振ってほしいかな。


結果的に無失点リレーで4連勝。
調子の良さを上位相手にも見せることが出来ました。
ただここから大連勝しろ!とか、CS目指せ!とかは言わないんで、ただただ若手のための試合にするのではなく、しっかり緊張感を持ってファンのために自分の仕事をこなしてほしいですね。



何とも言えないサヨナラで3連勝

 
170817.jpg



とにかく3連勝です。



前回登板で、コントロールが上手くいかなかった加藤にアウトコースを要求しまくって自滅したバッテリーが、どういう形で望むのか期待していたのですが、ピンチになるとどうしてもアウトコースが多くなってしまうリードは変わらず。
苦しい立ち上がりとなってしまいました。


2回裏。
レアードのショートゴロを平沢が送球をそらしてしまい、それを三木が取れずレアードはドスドスと走って2塁へ。
敵とはいえ、こういうプレーはいただけない。

このチャンスを賢介が活かして右中間へ同点タイムリー。1対1。
その後に満塁となり、打席には西川。
インコース甘めのスライダーを振り抜くと、打球はライトスタンドへ。
グランドスラム。5対1。
相手のミスから4球も絡めて5点を奪い、試合の流れを掴みます。
5回裏、レアードのホームランで6対1とし、完全に試合はファイターズ・・・と思われたのですが・・・


6回表。
スタミナ切れを起こした加藤が、2アウトランナー1・2塁で降板すると、マウンドに上ったのは田中。
田村にレフトスタンドへ飛び込む3ランを打たれてしまう。
まぁ今の田中ならしょうがないと思える被弾。
良い時は抑えるけど、悪い時はからっきしというピッチングですから、安定感を求められる勝ちパターンの投手にはまだまだ時間がかかりそうですね。

7回表。
なぜか1点差という状況で堀が登板。
次の日に落とすことは決めていたので、この試合の何処かで投げさせることは決めていたと監督は言うのだけど、えらい勝負に出たなぁと思って見てました。
そしたら2被弾で逆転。
まぁしょうがないわなという結果ですね。
勢いで行けた今までの登板と違い、1点差の緊迫する場面で投げましたから。
あの5回までの楽勝ムードはまったく無く、重苦しい空気が球場を包んでいたのですが、やはりと言うべきか、あの男がその空気を一変させました。


7回裏。
先頭は大谷。
南のインローに抜けたストレートを振り抜く大谷。
うわっ!と交通事故を見たときのような叫び声が思わず出るくらい強烈な同点ホームラン。
スゴいというか怖いというか。
これで一気に試合がわからなくなりました。





11回裏。
引き分けが少し見えてきた場面で打席には代打ドレイク。
なんてことないショートゴロを三木が高めに送球してしまい、1塁根本の足がベースから離れセーフとなりました。
送球もちょっと悪かったんですが、やはりファーストは大きな人がやるものというのを感じましたね。
根本の身長があと10センチ大きかったら、このセーフは無かったかもしれないので。
そして、しっかり走ればこういうラッキーなことがあるっていうのも感じました。

中島バントで送って西川は4球。
ここでバッターは松本。
1ボールから2球目を松永が投げるかと思われたのですが、2塁に牽制球。
代走で出ていた岡は素早く戻る。
すると牽制球はカバーに入った三木のグラブをすり抜け外野へ。
急いで3塁に向かう岡。
次の瞬間目に飛び込んできたのは、横っ飛びして差し出した荻野のグラブの先を、無情にもすり抜けてフェンスまで転がっていくボールでした。
想像もしないサヨナラ勝ち。
うれしいのですが、何とも言えない結末でした。


ウチは大田がクッションボールをベアハンドキャッチしてランナーを2塁で刺したり、西川が背走キャッチを2度見せたりして守備で踏ん張りましたが、マリーンズは守備で崩れてしまいました。
最後の場面も、まず牽制はいらないと思うんですよね。
岡は足からゆうゆう戻ってるわけですから、リスクしかない牽制だったし、三木はいくら引っかけたボールだったとしてもそらしちゃダメ。
前進守備というのと、三木のグラブに当たったことでコースが変わり、荻野が間に合わなかったのは不運でした。
今年はウチに似たマリーンズも応援してますからちょっと辛口になりましたけど、お互いここから少しでもファンが喜べる試合をしていければいいなと思ってます。


なんにせよ3連勝。
この勢いをしっかり活かしてライオンズ戦に臨んでほしいですね。





牽制がそれた時に岩ちゃんが『こういうこと・・・おぉ~~ほっ!』ていうのは何度聞いても笑ってしまう。




お盆休み





久々の更新。
ホークス戦連敗というのもあるんだけど、お盆は仕事が忙しく、親戚や同級生が帰ってきてるので飲んだりして書くのが面倒になったというのもあります。
しかし、ここに来てやっと連勝。
書かなきゃいけないでしょ。



まずホークスの3連戦で気になったこと。


上沢かわいそう。
しかし、こんなにしっかりした形で復活してくれるとは思わなかった。
ケガしてるときの筋トレとかフォームの見直しとかが良い方向に出たんですかね。


上原はこれから。
この2戦目のように、コントロール重視のピッチングでは上原の良さが出づらい。
高い低い、右か左、どちらかのストライクゾーンにしっかり投げられるようになれば戦える気がする。
角を狙ってとかまだまだ先でいい。


村田も上原と同じ。
細かいコントロールは無く、とにかくどれもちょこちょこ動くボールを持っているのにコーナーを狙ったりするのは合ってない。
まぁ大野と組んだというのが大きいのだろうけど、テンポの良い投球なのだから、もっとストライクゾーンで勝負してほしかった。


マーティンのボークはクソ。
マーティンがというのではなく、ボークの基準がってこと。
このブログで散々言ってきてるけど、日本のボークは厳しすぎる。
それこそ国際化が謳われて、ボールが変わったりジャッジが変わったりしてきてるのに、未だにボークは日本式。
何が国際化だと思う。
さっさと変えるべき。


そして、ホークス戦3試合通して感じるのは、確実に打線の調子が上がってるということ。
まだ大谷や中田は速いストレートに苦しんでるけど、一時に比べれば遥かにマシ。
やっと戦える状態になってきたなというのがホークス戦でした。


さて昨日の試合。

最下位争いのライバルであるマリーンズとの試合ですが、もう今年はマリーンズに親近感すら湧いているので、お互い良いところが見られればいいななんて目線で試合を見てました。
そしたらスタンリッジが大乱調。
審判の低めが辛いこともあって、4球の連発には敵ながらタメ息が出ました。
そしてそのチャンスを決めきれないファイターズ打線にもタメ息。
まぁ最下位争いって感じの序盤でした。

ウチの先発の有原はどうかと言うと、まずまずのピッチング。
相手の打線に助けられてる場面が多いけど、粘りは出ていたかなと思います。
でも理想の有原にはまだまだなので、これからの変化に期待です。


チャンスで決めきれない選手が多い中、大谷が期待に応えてくれました。
3安打2打点の大活躍。
ただ『やっぱ大谷頼みのチームだな』って言われるのは悔しいので、他の選手もチャンスでがんばれ。



もう順位もうっすら見えてきたところでチームの復調。
遅いよというのもあるけど、ちょっとおもしろいなというのもあります。
どれだけ上位をいじめられるのか。
上位いじめができるようであれば、来シーズンに期待が持てますからね。
気楽に見ていきましょう。




お盆はいそがしい

 



お盆なので親戚が集まりワイワイやってました。
なので帰ってきてから録画したものを飛ばし飛ばし見ていたのですが、延長のため最後が入ってない・・・
ということで簡単に。


加藤はよくなかったんですけど、加藤の投げる球より気になったのは大野との相性ですね。
右バッターのインコースにズバッと投げる加藤というのがファンの頭にある加藤だと思うんですが、外に頼る大野とは合わなかったなという感じ。
左に相性の悪い加藤ですから、右バッターをしっかり抑えたいのだけど、アウトコースのきわどいところを狙ってボール先行し自滅というのがこの日のピッチングでした。
まぁアウトコースギリギリにしっかり投げられるなら、左のインコースにもしっかり投げられる技術はあるわけで、だったら苦労してないんですよね。
怖くても右のインコースをもっと使うべきじゃなかったのかな。


ドレイクの守備はやはり怖くて見ていられない。
判断が遅く、風の影響も考えておらず、後逸するという最悪のプレーを見てしまうと、どうしても使いたいとはならない。
森山の怖い守備がなんとかなるのが先か、ドレイクの怖い守備がなんとかなるのが先かという感じ。
素材はおもしろいんだけどねぇ。


松本が近藤化してきてますね。
ムダなボール球を振らないし、ボール球を追っかけることが少ない。
これがもし本物なら、かなりおもしろい存在になると思います。
でもまぁ、そんな大きな期待しないで見守ったほうがいいかな。


サヨナラ負けだったんですね。
見れなくてよかったような。
あ~、勝ってくれなきゃモチベーションが・・・
お盆はいろいろ忙しいから書くの休もうかな。
はぁ~~・・・・・・




モチベーションが上がらない





有原がガンガーンと打たれて大量失点したところで、メモを取るのを止めてダラダラ試合観戦。
まさか1点差まで迫ると思っていなかったので、もういちど見直して書き直そうかなと思ったけど、けっきょく負けたんで止めました。
なので気になったことだけ。



有原は相変わらずですね。
球が高い上に勝負を急ぐので、早打ちでくる相手にいいようにやられてしまいました。
修正された感じも見られなかったし、今年は調整のために終わりそう。
というか復活してくれる・・・よね?


ドレイクは代打で結果出してスタメンで使ってもらったのに、ヒットが出ずに守備でも不安なところが出てしまいました。
守備からリズムを作るファイターズで守備がダメっていうのはちょっとなぁ。


堀が1軍デビュー。
腕を上手く使ったフォームからテンポよく投げ込むことで、審判も味方につけて三者凡退。
コントロールがそこまでよくなくても、気持ちでなんとかなっちゃったという感じ。
まずは良かったんじゃないでしょうか。


西川のポップフライが目立ちますね。
チャンスでこれやられるとガッカリする。
球界でも1・2を争う1番バッターなんですが、三振が多いこともあって、いやらしいバッターというよりも、キレイさが目立つバッターって感じですね。
打つヒットはすごくキレイなんだけど、泥臭い感じがあまりしない。
もう少し食らいつく感じが出てきたら、首位打者も夢じゃないと思うんですがねぇ。


勝つところが見たい。
マジで書く気力のためにも。
勝ってくれ~。



やっぱ連敗

 



旭川はお祭りでした。
なので夜は出かけていたので更新できず。
なので2試合分です。



土曜日。

上沢が先発。
右バッターのインコースに投げきれる投球はすばらしかったが、この日は高さのコントロールに問題が。
失点した3回以降は粘れていただけに残念。

宮西が同点に追いつかれ、田中が逆転のホームランを打たれたわけですが、やはり田中は勝ちパターンで使うレベルの投手ではまだないのかな。
調子がいい時には抑えるけど、調子が悪いとダメというのではね。
ただ、吉田まで宮西というのはわかるんだけど、その後のマレーロ以降は力がいる場面なわけだから、マーティン投入でもよかった気がしました。
勝利の方程式なんて無いんだから、目の前で起きている状況で判断してほしいなと思いましたね。

石川と玉井は良かった。


松本が猛打賞。
好調っぷりがすごい。

ドレイクがヒット。
ホントにおもしろい存在になってきましたね。
DHが空いていればなぁ。


谷元の穴は大きいとか道新に書いてありましたけど、今年の谷元なら確実に抑えるって言えないでしょ。
なんかいなくなってから谷元がスゴかったという空気ができてるんですけど、今年ちゃんと見てきたらそうは言えないはずなんですけどね。
好きな選手でこれからも応援していきますが、なんか批判するために谷元の能力を上げるのは止めてほしいなぁ。




今日。

先発の上原は途中まで安定してて良かったのですが、甘い球を確実に仕留められた感じ。
確かに打たれた球が高いのもあるけど、配球を読まれてる感じもしたんですよね。
でもまぁ投げてる球はいいですから次も期待ですね。

玉井が良かったなぁ。
シュートをきっちり投げられるっていうのは、それこそ谷元を思い出させます。
これでもうひとつ空振りが取れる変化球があれば、一気にブレイクしそうなんですが。


大谷はまだ速いストレートに対応できてませんね。
ど真ん中でも空振りするし、当たってもファールにしかならない。
アジャストするにはまだ時間がかかりそうですね。

中田を6番で起用して結果を出したのに、なんでまた上げたんでしょうか。
まぁCS争いも関係ない状況ですから中田をこのまま使い続けるんでしょうけど、勝つ気がないのかとファンに思われたら怖いですよ。


松本がまた猛打賞。
ひとり気を吐いてるんですが、クリーンアップがアレですから無駄骨です。
かわいそう。

ドレイクがまたヒット。
1塁の守備やってみる?


やっぱり連敗に終わりましたね。
1勝したら5敗しないと気がすまないのかな?
まぁもうどうにでもなれですよ。




マリーンズ相手には本気になる


20170803.jpg



勝ったから良かったけど、いろいろひどいとこもある試合でしたね。



先発の加藤はいい球投げてるんだけど、2アウトから打たれることが多く、なかなか安心させてくれない。
もう一皮むけたら、相手にとって小憎らしい感じのピッチャーになれる気がするんですよね。
何が足りないのかねぇ。


それにしても今日は初回から繋がりました。
これはやはり中田を6番に下げた結果かな?
それともマリーンズ相手には本気になっちゃうのか?
なんにせよ、久々に初回から楽しんで見られました。


さて、その6番に下がった中田ですが、ホームランを打ってくれましたね。
まぁ下げたから気楽になるとかそういうレベルの問題じゃないのが今の中田ですから楽観視はできないんですけど、下げて結果を残したのは事実。
なので、もうしばらくここらへんの打順に置いて、様子を見たほうがいいのかなと思います。


今日はひどいことがと書きましたが、そのひとつはレアードの走塁です。
6回にボテボテのサードゴロを打ち、ダラダラ走ってたら送球が逸れたのにもかかわらずアウト。
ガッカリしました。
しっかり全力疾走がファイターズなんじゃないの。
しかもこのときだけじゃなく、最近のレアードは明らかに走塁を怠っている。
ドレイクなんて必死に1塁まで走ってますよ。
なんで誰も怒らないのか。
そんな軽いもんなのか?ファイターズ野球というのは!なんてひとりで怒ってたら、次の回からサードは石井に代わってましたね。
ケガかなんかして走れなかったの?と思っていたら、ベンチに普通にレアードが座ってたんで、これは懲罰交代か若手の経験のためだろうなと。
前者ならいいなぁ。


いちばんひどかったのは審判でした。
1塁のアウトセーフ、中島の2度打ち、ペーニャの三振。
ストライクゾーンもよく動いてたし、やっぱり審判の格付けをした方がいいんじゃないのかなぁ。


連敗が止まったファイターズ。
またここから連敗がいつものように始まるのか、それとも。



ホントにかわいそう

 
20170802.jpg



有原は相変わらずですねぇ。
ここぞという勝負球が決まらない。
高めに浮きっぱなしだし。
今年の有原に、修正能力という言葉は存在しないのかも。
持ってるものは間違いがないので期待はしますけど、来年とかどうなるんですかねぇ。


中田はスゴいですね。
打つべきところで打たず、それほど重要じゃない場面で打つ。
ヒットが出ると、ここじゃないとファンがツッコむ状態になってます。
しかも今日は守備のミス2つ。
なんだろう、ファンが中田を嫌いになるように監督が起用してるように見えちゃうんですよね。
ちょっとかわいそうになってきました。
冗談ではなく本当に。

監督は中田をどうしたいんだろうか?
本当にこの起用が中田のためなんですかね。
監督は翔がやられれば負けるし、そういうものと言ってるんですが、そうなのかなぁ?
それ監督が納得できてもファンは納得できるのかなという疑問もあるし。
ひとりに背負わせすぎじゃないかなぁ。


ちょっとドレイクがおもしろい感じになってきましたね。
前まではなんでも引っぱってたのに、今日は逆方向に狙ったりしてましたからね。
これは来シーズンの契約あるかもしれませんね。



さて、1.5差。
どうしましょうかね監督。



プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08