拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

簡単に

 



昨日は食事しに行ったあと飲んでたので、今録画を見ました。
なので軽く。


まったく抵抗できずに負けまくってたころと違って、今はある程度反撃できてますね。
ただ3・4番が6・7番くらいのバッティングしてるから困ったもの。
ここっていうところで働いてこそクリーンアップなんで、もうちょっとがんばってもらわないと。


岡のバッティングが良くなってきました。
こうなると松本も好調なんで、起用が難しい。
誰か内野できないのかねぇ。


なんとなくドレイクが見えてきた感じ。
ああいう逆方向に狙いすましたバッティングしてくれると助かる。
しかしどこで使うんだという話。


とりあえずこんなもの。
勝ってくれよ。



スポンサーサイト

サヨナラで連敗脱出


20170720.jpg



いやぁ勝ったねぇ。


最近の試合を観ていて、特にイーグルス戦やホークス戦で思うのだけれど、相手ピッチャーがストレスをあまり感じてないように見えます。
多少の失点はしても打線が取り返してくれるという安心感と、ファイターズ打線の不甲斐なさもあってノビノビ投げてるんじゃないかと。
なんでそんなことを書くかというと、今日の相手先発塩見ですが、スゴいストレート持ってるわけでもないし、三振が取れる変化球を持ってるわけでもない。
左右を広く使うコントロールの良さで打ち取っていくタイプの投手です。
こういうタイプの投手を相手にする場合、失投が少ないですから、どうやってプレッシャーかけて投げづらくするかだと思います。
しかし、打線がへなちょこだからそのプレッシャーがかからない。
ストレスを与えられる場面が作れないからここが勝負という場面で投げミスがなかなか出ない。
結果淡々と抑えられるとなるわけですよね。

じゃあウチの先発吉田はどうかというと、もう投げるだけで精一杯。
ドキドキしながら投げてて、決めるところで決めきれずにピンチを作りまくる。
こっちは見ている間ずっと眉間にシワが寄ってしまう。
俺はタメ息を吐くために野球を見てるのかと思ってしまうくらい。
最近では上沢以外こんな感じですもんね。
決めるべきところで投げミスの少ない投手が勝てる投手になるんですよ。

しかし、この吉田が自分でピンチを作るのだけれど、自分でピンチをしのいじゃう、すごい不思議な投球を見せるんですよね。
マッチポンプ吉田ですよ。
褒めたいけど褒めたくない、なんとも言えない投球だったなぁ。


普通はピンチの後にチャンスありとなるんですが、こういう吉田みたいなピンチのしのぎ方はなかなか流れが来ない。
ピンチを切り抜けると『よっしゃ~!これで流れが来るかも!』ってなるから球場の熱が上がるんですけど、こういう一人相撲のピンチの切り抜け方って『ふぅ、ピンチだったけどなんとか切り抜けた・・・』っていう空気が球場を包んじゃうから落ち着いちゃうんですよね。
球場の熱気を上げるようなプレーが出ないかなと思っていた矢先の6回に、谷元がガンガーンと打たれて3失点。
なかなか思い通りにはいかないものです。


6回裏の攻撃もまさに無音という感じの攻撃で、ハイハイ今日もまたこのパターンねとあきらめムードが漂う7回。
この回の攻撃は満塁までいって結局無得点だったのですが、球場の熱が上がったのと、初めて相手投手にプレッシャーを与えられたなって思ったんですよね。
それでもまぁ苦しい3点差なのは間違いがなく、このままなのかなと思っていました。
しかし、この攻撃がムダではなかったのです。


8回表に田中がビシっと3人で締めて流れを作ると、その裏でした。
相手投手はハーマンではなく福山。
まぁ連戦だし余裕持ってるし実績重ねてる福山だし、この起用は当然かと思いながら見ていました。
そしたらいきなり先頭松本にストレートの4球。
おやおや?となったところで中田が当たり損ねのセンター返しでチャンスを広げる。
球場の空気が温まってきたところで打席にレアード。
好調とは言えないが、復調気味かもと思っていたので期待して見てました。
2球目のインサイドやや甘めのシュートを振り抜くと、打球はあきらめずに残っていたファイターズファンの待つレフトスタンドへ。
同点3ランホームラン。
久しぶりに立ち上がって叫んじゃいましたよ。

7回に作った球場の空気が、久々登板の福山にプレッシャーを与えた感じ。
やっぱりこういう空気とか流れって大事だなって思いますね。
それにしてもやっぱレアードはインサイドをさばくのが上手いなぁ。





こうなると球場の熱気は簡単に冷めない。

9回表。
増井が登板するが、ストレートは質・コントロール共にバツグンなんだけど、フォークがからっきしという難しい状況で、ウィーラー・銀次をストレートで三振に仕留める好投&好リードでピンチを脱出。

10回表はマーティンがランナーを出すものの、三好のバントを1-6-3のゲッツーに仕留め、さらに球場の熱を上げる。

11回表は宮西がなんとか抑えました。
いつものファイターズならやられていてもおかしくない場面ばかりだったのですが、やはり久々の勝利に向けた球場の熱気というのが後押しした感じがします。
そして、松井を出さないというイーグルス側の余裕ではないんですが、ゲームプランというのもこの11回裏に影響したと思います。

中島が内野安打で出塁すると、西川が1・2塁間を破るライト前ヒットで1アウト1・3塁の大チャンス。
ここでバッターは松本。
スクイズも考えられる場面でどうするのかなと思ってたら、初球インハイのシュートを積極的に打つ松本。
打球はバウンドして、ピッチャー戸村の頭上を超えていく。
セカンド阿部が取った時にはもう中島がホームの目の前に迫っていました。
サヨナラ。
久々の勝利はガマンと熱気と執念の勝利でした。



少しづつ、止まっていた歯車が回り始めた気がします。
全てが連動して動いたときはとんでもないチームになるはずなんですよね。
それを夢見て応援していこうかなって思った試合でした。




近藤さんと一緒にひちょりもゴーン!って言ってるの笑っちゃうんだよなぁ。( ̄▽ ̄)




いつもの





書くのめんどくさいなぁ。
ちょっと短めに。


上沢は良かったです。
バツグンではなかったけど。
バツグンではないけど、それなりに抑えられる投手って、今ウチにそんなにいませんからね。
あのワイルドピッチはちょっと気負いすぎた感じでもったいなかったですが、次も期待できると思います。


石井は握り直して間に合わないっていうのがありますね。
送球ミスがトラウマになってしまったのかもしれませんが、ゲッツー取れないようでは困ります。
打てない守れないでは居る場所も無くなりますよ。


レアードは絶不調と前回書いたんですが、なんか見逃し方が良くなってきてる気がしました。
気のせいかもしれませんが、ちょっと見守りたいと思います。


とにかく打てない。
どうしますかね。
今のままでいいことはないけど、打順変えてどうなるって感じもするし。
やるんなら大きく動いてほしいなぁ。
入れ替えも含めて。




函館開催

 
20170718.jpg



年一の函館開催。
戦えるチームの試合は見せられませんでしたね。


先発は有原。
最終的に打たれたんですが、今日は良いピッチングだったと思います。
いつものようにエンジンがかかるまで3イニングかかるのは考えものですが、それでも勝負できる球を投げてましたよ。


問題は打者陣でしょ。
中田・レアード・大谷・ドレイクという3・4・5・6の並びなんですが、ここから得点の匂いがしないっていうのがなんともね。
それでも今日の中田は結果を残しました。
オールスター前から打撃が少し変わった気がするので期待してたんですけど、イメージとは違う形で期待に応えてくれました。
私の中ではもっと振り回しながらも当てる中田をイメージしていたのですが、合わせるバッティングでした。
まぁ何がきっかけで復調するかわからないので、これでもいいのかなと思いますね。


レアードもホームラン打ちましたけど、あれ札幌ドームならセンターフライでしょうね。
しょうじき絶不調と言えるかもしれません。
ただ、今日のホームランで、あっち打っても入るんだなって思ってくれれば好転する気がするのですが・・・
どうなるかなぁ。


そんで大谷ですよ。
これがもう気配も何もなしっていう感じ。
まぁ調整でしょって言われてもしょうがないくらい。
ストレートに詰まるし変化球に出されるし。
まだかかりそうですね。


そして問題のドレイクですよ。
使う理由が見つからない。
まず打撃がダメ。
先発辛島のインコースを飛んで避けてる時点で見えてないなっていうのが伝わってくる。
そうなると外が遠くなるから手が出ない。
ノーチャンスでした。
途中加入だからしょうがないじゃないと言われるかもしれませんが、途中加入の助っ人なんて打たなきゃ生き残れませんからねぇ。
何のために途中加入させたかと言えば、即戦力として期待するからです。
慣れるまでガマンなんて余裕こくぐらいなら最初から取らない。
慣れるまでガマンしても、その頃には相手に研究されてますから、さらに活躍は難しい。
このベンチのガマンにいまのファイターズファンがガマンできるかのほうが心配ですよ。

そして最大の問題は打撃じゃなくて守備。
突っ込んでも取れないし、突っ込んでほしいところで突っ込まない。
守備からリズムを作るファイターズですから、守備でリズムを崩すドレイクはどうなのかと思ってしまいます。
打ってれば守備にも多少目をつぶれるけど、打ってないからなぁ。
DHしか使い所がない状態だけど、そのDHは大谷の席ですからねぇ。
岡の状態がいいだけに、大田がベンチを温めているだけに、なんでドレイクなの?と思ってしまいます。


しょうじき今年のケガ人だとか、不調な選手の多さ考えたら、球団は栗山監督の続投を要請するだろうし、問題ないと思ってます。
やっぱり強いチームというのは長期政権が当たり前だし、監督が思い描いているものはある程度理解できるので。
だけど、こういう見ていてもおもしろくもなんともない試合が続いちゃうと、外野の声も大きくなるからそれが難しくなっちゃうんじゃないかって心配してるんですよね。
もし栗山監督が退任なんていうことになれば、人の動きもかなりありそうなのでそれも怖いし。

応援したくなる試合をね、もう少し。
お願いします。




気後れ

 



まぁホントならこのブログの性質上、采配批判をしなきゃいけないんでしょうが、もうファイターズファンのあらゆるブログが怒りや悲しみで包まれてるんで、そこにあえて乗っかっていって怒るのも自分らしくないのかななんて考えたり。
なんか複雑な気持ちですね。
でもまぁ思ったことは書かなきゃなんのためにブログやってるんだってことになるんで書きますけどね。
ま、冷静にいきます。


まず触れなきゃならないのが大谷の登板ですよね。
しょうじき先発は早いと思うんですが、昨日大谷先発と聞いたときに、中田1番を思い出したんですよね。
これは監督のメッセージだなと。
だって球数制限するのは目に見えてることだし、それなら中継ぎ登板でもいいのにあえて先発なわけでしょ。
そうかそうかと。
まぁ好きにしたらいいよと思ったんですよね。

で今日ですが、まぁ思った通りの結果ですよね。
1軍で投げないとわからないことがあると監督は言っていたのですが、だったらせめて80球くらい投げられるようになってから登板したら良かったのにとどうしても思ってしまう。
30球くらいを目処にとなると、何か掴む前に終わっちゃいますからね。
調整するんなら下でやったらいいんですよ。

ただ、この大谷の登板に『他にまともな先発がいないから』って言うファンがいるんですが、それはどうなのって思っちゃいますね。
大谷を擁護するのに同じファイターズの選手を蔑んで擁護するのはファンとしてどうなのって。
30球以上投げられて、先発として登板できる投手は下にいますよ。
というかはよ石川を先発に回せよ。


さて、ここから明るい話題を拾っていきましょうか。
まず岡の復調ですね。
迷いが無くなったというか、しっかり振れるようになってきました。
打撃、守備、どう考えてもドレイクスタメンで使うより岡スタメンですね、今の状況だと。
岡が戻ってきたら、なにも起こらない下位打線がマシになります。

あと中島が地味に復調してる感じがします。
まだまだでしょうが、粘りと低い打球が出るようになりましたから、ちょっと期待して見たいと思います。


そして今日の試合でいちばん感動したのは西川の働きです。
この試合も序盤で重たい空気になってしまったのですが、西川が12球粘って4球奪って盗塁を決めて、まだまだ戦うぞ!とチームに喝を入れてる感じが良かったなぁ。
それが得点にも繋がりましたしね。
ただ途中交代がねぇ。
大丈夫でしょうか。


まぁここからオールスター明けまで間があるんで、チームの再編を期待したいと思います。




今シーズン最高だったのに





最初に言っておきたいのですが、今日の斎藤のピッチングは今シーズン最高でした。
まずアウトコースを間違わないピッチングだったし、ストレートにも力があって、外のボールはほぼほぼ打たれていません。
なのにこの結果。
もったいないにも程がある。


今日も守備のミスが飛び出しました。
判断が遅いのか、追うのが遅いのか、それとも両方なのかわかりませんが、ドレイクの守備はファイターズの外野とは言いたくないレベル。
レアードのミスも痛かった。
そして斎藤のミスはもっと痛かった。

打ち取ったと思ったのに、ホームへの送球が逸れて失点。
たまに投手がやらかすミスですよね。
どうしても短い距離を上から投げるというのに慣れていないですから、1塁に投げるときによくやらかすんですけど、ホームに投げるときにやるのはねぇ。
しかも余裕があったから、もっと大事にいってほしかった。

そしてファーストカバーに入らないミス。
ちょっと考えられないポカですよ。
何年目なんだって言いたくなる。

そして配球のミス。
斎藤はシュートとカットが武器なわけですから、横に大きく使い、相手バッターに向かっていくようなピッチングが必要なのにもかかわらず、ストライクゾーンの中で、しかも高めは殆ど使わず狭い世界で勝負しようとする清水の配球に納得して投げてたらダメでしょ。
今日のこのコントロールだったら、のけぞらせるのも足元動かすのも簡単にできたはずなのに。
もったいない。
実にもったいない。


2試合続けて情けない試合。
明日こそは良い試合見せてくれよ。




罰ゲーム

 



なんについて話したらいいの?この試合。
書く気力が起きない試合でした。



浦野のストレートって意外とわかってたって打てないストレートなんですけど、簡単に合わせられてたのを見ると、コントロール重視してその威力が落ちちゃったんですかね。
まぁホームラン打たれた吉田とロメロに連続4球出した時点でダメだこりゃとあきらめましたが。


まぁ初回のチャンスを中田が潰して、2回のチャンスを審判に潰されたのが、このクソみたいな試合の流れを作った気がします。
中田はどうしましょうかね。
中田・レアードの並びが機能してないだけに、もうそろそろ離したほうがいいんじゃないかなぁ。


ミスも多いし見せ場も無いし。
ファイターズファンにとって罰ゲームみたいな試合でした。



土日の試合





昨日は観戦して帰りが遅くなったので更新できず。
なので2試合分。


20170708.jpg



まず土曜日。

この試合で驚いたのは、井口の先発と中田の1番。
井口の先発はおもしろいなと思いますが、自分の観戦のときじゃなくても良かったかな。( ´_ゝ`)

短いイニングを一生懸命投げる井口ですから、長いイニングになればもう少しおもしろいピッチングになる気がしたので、先発はありだと思うのですが、その井口と組ませるのが清水ってのはどうなんですかね。
初めての先発なんですから、こういうのって普通はベテランのキャッチャーと組ませるものですよね。
それが下で受けていたとはいえ、こちらもまだ新人の清水ですから心配していたのですが、柳田を怖がりすぎて井口の良さが消えちゃってホームラン。
これで球場中のテンションが下がった気がします。
とはいえ後半は持ち味を発揮していましたから、もう一度先発でやるにしろ、中継ぎに戻るにしろ、この経験が生きるんじゃないですかね。


中田の1番は機能するとは思えなかったんですが、中田がこれを受けてどういう打席内容を見せるか楽しみでした。
軽打を狙うようなバッティングをするのは論外ですが、あくまでフルスイングするのか、それとも状況を考えたバッティングをするのか。
結果的に前者だったわけですが、ということは中田はまだ自分と戦ってて、チームを見る余裕はないんだなと感じました。
監督も1番起用は中田らしいバッティングを取り戻してほしいと言っていたし、それを中田はしっかり振ることと捉えたってことですよね。
でもそこにチームへの勝利を優先するというものが見えない。
あくまでも自分らしさを取り戻す打席ですから。
だったら7番でもいいんじゃないのと思うんですが、1番にするのが栗山監督の無言のエールということなんでしょう。
それはそれでなんとなく理解できるんですが、見てる方の身にもなってくれよとグチりたくなりました。

柳田のホームランで『またか』という空気が球場を覆い、その裏の中田のフルスイング三振でため息を漏らし、三者凡退で終わった途端にファンのざわめきが止まらなかったのが印象的でしたね。
集中して見る気持が失せたんだと思います。
誰かが喋りだすと喋ってもいいのかなと思ってしまう。
学校で授業中にうるさくなる瞬間ってありますよね。
あんな感じ。
まぁしょうがないんですけどね。
緊張の糸が切れればそういうもんです。
終了までそんな感じの試合でした。




20170709.jpg



今日の試合。

これが昨日とはうって変わって緊張感のある試合だったんだこれが。
その緊張感を生み出したのは上沢。
もう今の先発の中でいちばん頼りになるんじゃないですかね。
初回のピンチで迎えた柳田を、バツグンのフォークで打ち取り無失点で切り抜けると、そこから安定したピッチングを続けます。
この上沢を援護したい打線ですが、いつものように機能せず、あまつさえ上沢の足を引っぱることに。


4回表、髙田のライト線のヒットをドレイクが追いますが、これが遅い。
それを見た髙田は3塁へ。
中継に入った賢介の送球でギリギリアウトにできるかと思ったのですが、送球は大きくそれて悠々セーフに。
2塁打にしなければいけない打球だったし、3塁でアウトにしなければいけない送球でした。

ここで迎えるバッターは柳田。
また今日も先制されるのかと重たい空気が流れます。
レフトへ少し浅めのフライが飛び、それを松本がランニングキャッチ。
前に倒れ込みながらホームへ送球。
正確に飛んできたボールを市川が走路を塞がないようにワンバウンドキャッチしてタッチアウト。
守備で作ったピンチを2人の好守でしのぎきりました。





その次の回のピンチも、中田の冷静な判断でゲッツーに仕留めると、やはり流れって来るものですね。


5回裏。
1アウトから石井がストレートの4球で出塁すると、市川がバントで送って2アウト2塁とし、バッターは西川。
プレッシャーかけるなぁと西川本人が言うくらい、西川を信用した作戦でしたが、そこで結果を出すのが千両役者。
151キロのストレートを、詰まりながらもレフト前にポトリ。
その間に2塁走者の石井がホームイン。
久しぶりにファイターズが先制しました。


6回はお互いのピッチャーがしっかり締めて7回へ。
こういう緊迫した試合ではミスが命取りと思っていたら、石井がやっちゃいました。
この回先頭の髙田のなんてことないショートゴロを、ミットの中でしっかり捕球しきれなかった石井は慎重にステップ踏んで1塁へ。
これが内野安打になってしまいました。
髙田の足を考えたらそんな余裕は無いはずなのに。

ガッカリしてると今度は、柳田のライト線に飛んだフライをドレイクがドスドスと走ってきて捕球できずに2ベース。
普通のライトなら取れるであろうフライだったのですが、ドレイクの判断と足の速さではムリ。
またも守備でピンチを迎えてしまった上沢でしたが、ここからが今日の見せ場でした。

まず内川をピッチャーゴロに仕留め、ランナーを釘付けにして1アウト。
このとき守備体系は1点オッケーというものだったので、上沢の反応の速さが幸いしました。

続くデスパイネはセカンドフライ。
フォークのすっぽ抜けを打ち損じてくれました。

続く中村はサードゴロになりますが、このバウンドが高い。
レアードが足を広げながらジャンピングキャッチして、強肩でアウト。
この試合最大のピンチを無失点で切り抜けました。
抑えた瞬間に、大谷がホームラン打ったときぐらい叫んじゃいました。
中村を打ち取った打球もフォークの抜け球だったんですよね。
けっきょく気持と運でなんとかなるもんだっていうことですね。
強い気持ちで勝負しないとこの結果も出ないわけですから、やはり相手から逃げちゃダメですね。





ピンチのあとにチャンスあり。
市川のレフト前で2塁走者岡が無謀な突入と思われたのですが、まさかまさかの送球ミスで追加点。
あとはマーティン・増井が締めてゲームセット。
久々の勝利が完封リレーとなりました。


この勝利って大きい気がします。
内容的にはミスも飛び出してるし、打つべき人が打ってないからファイターズ野球から遠いんですが、勝ち方が良かっただけに、この後の試合が楽しみになります。
吉田が戻ったバファローズ相手に浦野がどんな投球をするのか。
楽しみですね。



風船





明日早いので簡単に。


有原は良くなってきてるけど、良くなってきてるだけで勝てるわけではない。
変化球の精度を上げないとダメですね。


結果出せ3・4番。
レアードはヒットと4球で結果出してるように見えますが、求められてるものじゃない。
中田は中途半端。
ホームランかな~と思ったら伸びないんかい!
ポテンヒットかな~と思ったら伸びるんかい!
3番打者としても中途半端だし、思い切って下げたら?


中島に粘りが少し戻ってきた。
でもサファテには手も足も出なかった。
ストレートに強い中島はいつ帰ってくるのかな?


松本はノリノリ。
怖いくらい。
いつまで続くのか心配でもあり、楽しみでもあり。


ドレイクなんでもかんでも引っぱりすぎ。
打てない大田みたいになっとる。
どうするんだろう。


今日の試合はファンの期待で膨らんだ風船を、中田がしぼませて、有原が割った感じ。
勝てるわけないわな。
以上、おやすみなさい。



集中が切れる

 
20170706.jpg



今日はトレードで驚きましたね。
黒羽根とエスコバーですって。
あの出来のエスコバーを落とさなかったのは、最終試験の意味合いもあったのかななんて疑っちゃいますね。
ウチはキャッチャーいると言われてますが、ほぼほぼ若いので、このトレードは有りと言えば有りなのかなと。
これで清水はもう一回下で修行の積み直しかな。
黒羽根が活躍してくれるといいですね。


さて試合。
メンドーサはやっぱりメンドーサでした。
勝負どころで甘くなるのはもう仕様でしょうね。
普通なら下で調整ですが、今の現状ではということでローテに入ってる感じ。
厳しいですね。

そのメンドーサのあとを受けた宮西が誤算。
逆転を許してしまったが、今年の宮西はこういうのがちょっと目立ちますね。
なんかこれが今の宮西なのか、それとも調子が悪いだけなのかわからなくなってきたなぁ。
もちろんバツグンの投球も見てますから信じてますけど、ちょっと心配。

上がったばかりの石川と田中が登板しましたが、リードが対照的でしたね。
石川も田中もいいストレート持ってるんですが、石川のストレートは大野が信じられなかったのか変化球に頼りまくって苦しいピッチング。
逆に田中はストレート主体のリードで抑えました。
どっちもストレート主体で攻めるべきだと思うんですが、どうしても『ヤバイヤバイ』ってなると大野の腰が引けちゃう。
開幕当初は今年の大野は一味違うなぁ!なんてワクワクしたんですけど、今は元の大野に戻っちゃった感じ。
ここ最近で先発に勝ち星が付いた時のキャッチャーは市川だけですから、焦りもあるのかなぁ。
もう一回、攻める姿勢を取り戻してほしいものです。


流れを掴みかけてもミスで手放し、掴みかけても機能しない3番4番で潰しちゃう。
終わってみれば最近良く見る形の負け。
苦しいですねぇ。

打線も機能し始めたと思うし、投手もそれなりに機能してると思いますよ。
だけど、集中切れたようなミスが多いもんだからどうしても乗れない。
応援する方の集中も切れちゃいますね。
CS考えたらもう時間が無いわけですから、いろいろやってみましょうよ監督。




ババっと


20170704.jpg



今日はちょっといろいろ作業しながらの観戦だったので詳しく書けず。
なので思ったことだけババっと。


・加藤はここからどうするのか
開幕当初のコントロールが無くなった今、ここからどうしていくのか気になります。
それなりのコントロールはあっても決め球が無い加藤なら、当たったらゴメンぐらいの感じで右にも左にもインコース突いていくとかやっていかないと苦しいかもしれませんね。
気持ちよくスイングされているので、まずそれをさせないっていうのが必要かも。
まぁこれはバッテリーの問題でもありますが。


・白村引っぱる
ずいぶん引っぱりましたね。
井口も下で長いイニング投げさせてたから先発変更か?なんて思いましたが、あまり関係無さそう。
ただ最近では、長いイニング投げさせると落とすみたいな感じを受けるので、どうなりますかね。


・サードショートの連携怖っ!
危ないシーン、残念なシーンが多かったです。
まぁ石井とレアードの連携不足なんですが、こればっかりはね。


・市川が盗塁を刺す
まぁキャッチャーはこれが出来なきゃねって感じ。


・ぶつ切り打線
慣れた


こんなところかな。
まぁ今のこの段階で若手の育成だのなんだのは状況的にも監督のコメント見ても考えられないんですけど、そうファンに思われたらヤバいなって感じですね。
気合い入れていきましょう。




何をつかむか


170703.jpg




高梨は残念な内容でした。
あれだけ力のあるストレートを持っているのに、そのストレートが活かしきれない。
もう一皮剥ければスゴい投手になれるのに。
まぁそんな投手ばっかりかウチは。

清水もなんだかわからないリードしてたなぁ。
前半あれだけ強気でストレートで勝負してて、ピンチになってもストレートじゃ打たれるわなぁ。
かといって強気なのかなと思ったら、勝負どころでは逃げてしまう。
投手の球が信じられなくても、行くところは行かないとね。
打撃も全然だし、送球は目も当てられないほどひどいし、使う理由が見つからないなぁ。


上原が初登板して崩れたわけですが、なんか去年のオープン戦で炎上したの思い出しました。
あれだけ上から投げているストレートでも変化球でも空振りがまったく取れないのでは怖くて使えない。
何で生き残っていくのか今のところ見えてこないんですよねぇ。
ただ、初登板で緊張もあったろうし、次にどんな投球を見せるのか気にはなります。
この屈辱的な登板で何か掴んでくれればこの負けも意味があるというもの。
掴んだ感じが見えないんならさっさと下で修行し直し。
がんばれよ上原。




上沢が久々の勝利


20170702.jpg



上沢が久々の勝利です。


上沢と石川の投げ合いで始まったこの試合。
上沢は粘りのピッチングで。
石川は完ぺきなピッチングでそれぞれ0の山を築いてゆく。
どちらのファンも、先発ががんばってるんだから早く先制点取って!と願う展開に。
しかし、まさかこの緊張感ある投げ合いが、1球で壊れるとは。


5回表。
ここまでパーフェクトに抑えていた石川から中田がレフト前で出塁すると、レアードが1・2塁間を破るヒットで続く。
賢介が倒れて打席には石井。
4球目でした。
すっぽ抜けたストレートが、石井のヘルメットを直撃。
石川が危険球退場となりました。
これで流れがファイターズに傾いたかに見えましたが、あとを受けた益田が好投して完ぺきに火消し。
けっきょく無得点に終わりました。

しかし、均衡が崩れるきっかけになったのは間違いない。
ここで相手側に流れを渡さないプレーが必要になってくるという緊張感の中、上沢はその裏をしっかり三者凡退で抑えると、6回表に先頭の大田、2番の松本が連続ホームランを放ち流れをグッと引き寄せます。
その裏に1点を返されますが、8回にレアードがホームランを打って突き放し、中島の押し出しで試合が決まりました。
まさかこんな試合展開になるなんて、途中まで思ってもいませんでした。
わからないもんですね。


これでカード勝ち越し。
しかしホッとしてるヒマ無く明日も試合が。
高梨が上沢のように粘りのピッチングを見せてくれることに期待しましょう。




流れを掴みきれず


20170701.jpg



前日に続き、流れの重要さを感じた試合でした。


先発の村田はなかなか良かったですね。
アバウトなんだけどストライクゾーンの中で勝負できる投球は、味方ながらやっかいだなと思います。
ただ、5回に食らった加藤のホームランは不用意でした。
いきなりど真ん中にストレート投げちゃぁね。
盗塁を警戒したのかもしれませんが、2アウトなんだから目の前のバッターに集中するべきでした。
ただまぁ次の登板も期待できるんじゃないでしょうか。


『流れ』で痛かったのは初回のミス。
いきなり唐川を攻めたのですが、中田のショートライナーに松本がセカンドに戻れずゲッツー。
これで唐川を楽にしてしまいました。


もうひとつ痛かったのは白村の失点。
これでちょっと試合が決まったかなという空気が流れましたからね。


しかし、完全にマリーンズへと傾いた流れがファイターズに戻りそうだったのが7回の攻撃でした。
先頭の賢介がセカンドゴロ。
しかし、それをファーストのパラデスが追ってしまい、がら空きの1塁を駆け抜けセーフに。
本職の1塁手ならまずやらないミスをやってくれたところから、流れが傾き始めます。

続く大野にデッドボールでさらに流れが傾くと、石井がどうしたんだ?というホームランで3点返します。
それにしても石井はどうなってるんですかね。
打席で落ち着いてる感じといい、迷いのなさといい、以前とは別人。
壁を超えたのか、壁の上にいる状態なのかわかりませんが、壁の向こうに降りてほしいものです。

さて、このホームランで一区切りして、もう一度気合い入れ直そうとした矢先に今度は中島の打球を三木が余裕を持っているのにもかかわらず低い送球。
これをパラデスが取れずにセーフ。
これも本職のファーストならという感じでした。
ここで唐川が降板。
どんどんファイターズに流れが傾いてきてました。

しかし、ここで有吉のアウトハイのストレートを、大田が強引に引っぱって643のゲッツー。
これで流れが向こうに戻ってしまいました。
振るのはいいんですが、つなぐ意識があれば逆方向だったんじゃないかなと思いましたね。
これで勝負あり。
流れを掴みきれませんでしたね。


なんとしても今日の試合を勝ってカード勝ち越しを決めたいですね。




下位打線がつながれば


20170630.jpg




流れってあるな、流れって怖いなって思わせる試合でした。



今日もビデオで観戦。
しかし、この試合も飛ばすところがあまりありませんでした。
というのも、涌井の出来がよく、有原が粘りのあるピッチングをしたからです。

この試合の有原ですが、全体的には合格というところじゃないでしょうか。
まだ球の高さが安定せず、修正するのに3回はかかっていたので、もう少し早めに修正できるようにならなきゃいけません。
しかし、途中からのカットボールはまぁ見事でした。
特に6回のピンチを切り抜けたカットボールはすごかった。
鈴木に5球連続インコースにカットですからね。
そこを意識させて、最後は甘かったんですがチェンジアップでピッチャーゴロ。
この投球がファイターズに流れを引き込みましたね。


7回表。
先頭バッターは松本。
この松本がどんな形でもいいから出塁してくれればひょっとしてと思っていたらセンター前。
いい働きをしてくれますね。
続く西川の打球は当たり損ねのレフトフライ。
しかしこれを角中が取れない。
間に合ってると思うんですが、なんで取れなかったのか不思議でした。

何はともあれラッキーなヒットでチャンスは広げた。
頼むぞ中田と祈っていると、ガツンと打った打球は左中間へ。
イティ~~ズ・・・と近藤さんばりに叫んでスタンドインを待っていたら、なんと打球はフェンス直撃。
同点となりましたが、風にイラつくのと、完ぺきと思われた打球が入らないのが今年の中田かななんて考えてました。

続くレアードが三遊間を破るタイムリーで2対1と逆転。
4連打で逆転とし、さらに得点が欲しいところでしたが、賢介が倒れ、市川はスクイズ失敗。
あっという間に2アウトとなりました。

ここで石井なのですが、いつもなら期待なんて小指の先ほどもしないんですけど、この日の石井にはちょっと期待してたんですよね。
というのも、なんかこの日の石井は力が抜けているというか、変な力みが無くなっており、少し余裕を持っているように見えたんですよ。
そしたらよく見て4球。
逆転してさらに突き放すチャンスがあったのに、後続の3人がススッとアウトになってしまっては、また流れがマリーンズに行きそうな感じだったので、この4球は大きかったと思いますね。

続くバッターは中島。
変化球が2つ外れてカウント2-0。
どうせここはインコースに強いストレートが来るんだから、思いっきり振り抜いてみろ中島!と叫んでたら。

(゚Д゚)!!!

右中間を突き破る走者一掃タイムリー3ベース。
やればできるじゃねぇかと言いたくなる一撃でした。

最後にワイルドピッチで追加点が入って勝負あり。
集中打で試合をものにしました。


それまでの沈黙はなんだったんだっていうくらい、一気に攻め立てたファイターズ。
流れは怖い。
けっきょく下位打線が繋がるとチャンスあるよねって感じなんですが、この日たまたま石井と中島が仕事しただけかもしれないので、まだ見守っていきたいと思います。

この勝ち方が上位とやってもできれば最高なんですけどね。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07