拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2試合分





なんか試合見て飲みに行きたくなったので土曜日の試合が書けず。
なのでまとめて2試合。



20170408.jpg



まず土曜日。

先発は有原だったのですが、打ち込まれましたねぇ。
確かに甘く行き過ぎたボールが多く、この結果もしょうがないといったところ。
エースを狙う投手がこれでは困ります。
ただ、この結果は有原だけの問題じゃない。
敗戦の責任を問われるもう一人は大野です。


WBCで誰をキャッチャーにするかという議論になった時、ネットでは『キャッチングに問題のある小林』 『バッティングに問題のある炭谷』そして『リードに問題のある大野』と言われていました。
テレビで古田が大野の配球批判をしたことがきっかけですが、そんなの前から知ってるって言いたくなりました。
大野に限らず鶴岡もそうだったけど、とにかくリスクを負う配球を嫌がる傾向がウチのキャッチャーにはあるんですよね。
だからどうしても外が多くなる。
特に右対右、左対左では顕著。
この試合でもアウトコースに目付けされて、ストライクを取りに来る早いカウントを積極的に振られて失点を重ねてました。
外に目付けされてるから微妙な球でも見極められてしまう。
そこに有原の調子もあって甘い球を痛打。
カーブも少なかったし、打たれるべくして打たれたなって感じ。
しょうじきバッテリーごと3回から代えればいいのにと思ってましたよ。
マリーンズの伊東監督ならやりそうなんですが、栗山監督はそういうことをまずやらない。
優しいなと思って見ていたら、そんなに優しくなかったですね。
なぜかと言えば、4回途中で代えると思われた有原を続投させたからです。
そして、そんなしょうもない投球をしてしまった有原を応援したくなる打席が4回にありました。


4回裏2アウト2・3塁でバッターロメロ。
絶好調の相手4番を前に有原が2ストライクから大野のサインに首を振ったんですよね。
しかも数回。
有原が選択した球はインコースでした。
そこに投げきりサードゴロでこの回を終わるのですが、それを見た時にやっぱり攻めなきゃダメだって結果に行き着いたのかなって思ったんですよね。
そこに気づけたんだったらもうこの試合は有原のものでいいやと。
何失点しようが次に活かす投球になればどうでもいいと。
見てる悔しさが無くなった瞬間でしたね。


さて、打撃は書いてもしょうがないんで書きませんが、やはり大谷のケガが痛かったですね。
最初見た時にはしっかり歩いて帰っていたのでそこまでじゃないなと思って見てたのですが、ベンチに入る時には顔しかめて足引きずってましたね。
診断結果は肉離れで二度。
これ相当痛いはずなんですが、なんか大谷の負けん気を見た気がしました。

もしもこの肉離れが右足をかばってのものなら問題ですよね。
再発する恐れもあるので。
ただこの1ヶ月の離脱で右足の方も痛みが抜けてくれればいいんですが、どうなりますかねぇ。



20170409.jpg



今日の試合。


メンドーサはいつもの感じで2アウトから4球出して失点というのをやってましたね。
7回途中まで投げて2失点ですが、しょうじきよく投げたとは言いたくない内容です。
でもこれがメンドーサなんでしょうね。


鍵谷はあれだけ低めに集めて投げられてたのにこの試合ではダメでしたね。
力みまくって球が上ずってました。
やっぱ満塁という状況が力ませたんでしょうか。
ここで冷静に投げられたら勝ちパターンに入れる投手なんですがね。


石川はすばらしかった。
早く先発で投げる姿を見たいのですが、どうなりますかね。


この試合で中田とレアードが途中退場。
次の試合に出られるのかどうかもわかりませんが、もし出られないとなったらえらいことですね。

ただ、ちょっと楽しみな自分もいるんですよね。
だって若手にとったら大チャンスなわけでしょ。
このチャンスを逃す理由がない。
もし若手ばかりの打線で打ち勝ってなんて試合やったら、それこそ流れ変わりそうじゃないですか。
どうせもう落ちようがないんだし、気楽に暴れまわってくれないかなぁ。




スポンサーサイト
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04