拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

だんだん出来るようになってきた


20170429.jpg



最後はファイターズの野球でした。



勝ちが付かない有原。
初回からインコースにカーブに使いまくって攻めてました。
ただストレートとカットの速球系が高い。
これが修正されたら完投もあるかもというピッチングでした。

早く点を取ってやりたい打線は3回。
先頭の市川が左中間にスタンダップダブルを放つと、中島が送って西川がちょっと浅い犠牲フライで待望の先制点を奪う。
待望の先制点だったが、1点では心もとない。
すると5回に、大田が移籍第1号となる特大ソロホームランを放ち、2点差に突き放す。
なんとかこれで逃げ切ろうとしたが、有原の球の高さは修正されず、7回につかまり1点差に。
ここで出てきたのは谷元。
しょうじき石川の回跨ぎかなとか思ってたんですが、まさかの谷元に驚き。
当たり前のように失点する谷元。
これで同点。
がっかりしてたら回跨ぎで谷元から宮西という、今ファイターズでいちばん危ない継投を披露する栗山監督。
あぁ、まだネバーランドにいるんだなって少し笑ってしまいました。

当たり前のようにピンチを作る宮西。
なんとか無失点でしのげたから良かったようなものの、危ない投球でした。
谷元は前回も書いたように、好不調の波がある選手ですからそこまで心配してないんですが、宮西は波があっても期間が短い選手で、ここまで長いのはあまり記憶に無いんですよね。
どうしたんですかねぇ。


さて最終回。
増井がしっかり3人で締め、裏の攻撃に。
相手は抑えの切り札松井。
1アウトから近藤が11球粘って4球を選び出塁すると、2アウトからレアードがヒットでランナー1・3塁。
ここでバッターは賢介。
3球目の真ん中に入ったスライダーを弾き返すと、打球はライト線を一人旅。
サヨナラの一打となりました。


近藤が粘ったことでサヨナラを呼び込めたんだと思います。
粘って繋いでキッチリ決めて。
やはりファイターズ野球は強いなってあらためて思いましたね。

もし明日勝つようなことがあったら・・・
もう本物かもしれませんね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

這い上がるんでしょ?


20170427.jpg



連敗脱出?
あぁそうですかという感じ。
なんだかね。



先発の加藤はすばらしかった。
抑えたこと自体もですが、今日の審判はホームベースの左右ビッタリで、上下に厳しい極狭の審判だったんですよ。
そのクッソ狭いストライクゾーンで勝負していくその度胸がすばらしい。
FOXスポーツでは実況が途中まで『未だノーヒットに抑えてるバンデンハーク!』と連呼していましたが、しょうじき投球内容を見たら、加藤のほうがノーヒットピッチやってるような内容でしたからね。
バンデンハークはそんなに良くなかったです。
この快投を続ける加藤が投げてる試合で連敗止められないのなら相当だなと思って見ていた7回、ついに試合が動きました。


しょうじきバンデンハークは6回からおかしかったんですよ。
1番からの打順ということもあってか、かなり気合い入れて投げてて、特に近藤の打席なんかはかなり力んで投げており、コントロールのばらつきを見ると限界が近いと感じさせるものでした。
しかし6回の時点ではノーヒット。
ここでヒットでも打って、7回から代えられる方がイヤだなと思って見てました。

7回表。
先頭の中田に対してストレートで押してくるホークスバッテリー。
調子の上がらない中田には、変化球よりもストレートのほうが合わないだろうという判断。
それは至極当然な選択だったのですが、見せすぎた上にド真ん中に投げては、いくら今の中田とはいえヒットを打つ。
左中間を破る2ベースヒット。
私はこれでバンデンハークを代えられるんだろうなと思ってたんですよね。
そしたら続投。
ホークスベンチの判断は間違ってないと思うけど、これはチャンスと見てました。

最初の球は変化球。
これを引っぱってファールにするレアード。
タイミングは良かったです。
2球目は胸元に厳しいストレート。
そして3球目はアウトローにストレート。
ガツン!
ライトテラス席に飛び込む先制2ランホームラン。
コースは悪くなかったが、レアードが最初からアウトコースを右方向に狙ってたのと、やはりバンデンハークの球威が落ちてきたが故のホームランだったと思います。


これでね、これで勝たなきゃいけないんですよ。
そしたら8回に石川かと思ったら宮西が出てきた。
中村・柳田の左対策ということなんだろうけど、しょうじき不安しかありませんでした。
結果は真ん中に投げて柳田に同点2ランですわ。
今の宮西と谷元は好調時に比べたら全然ダメ。
そんなのは百も承知だろうになんでベンチは送り出したかねぇ。
それこそそういった信頼はぶっ壊して、今目の前の選手を見てほしいわ。
というか2点差の8回で石川投げさせない意味がわからない。
アクシデントならしょうがないけど、そうじゃないならさっさと先発に回せばいいのに。
ここらへんからイライラが募っていきました。


そして延長10回表。
ランナー2人を溜めてバッターは中田。
相手ピッチャーは森なだけに、ここはバンデンハークといっしょでストレート押しだろうと思ってました。
しかし、初球は変化球。
けれどアウトコースのはずが真ん中に。
中田はこれを打ち損じ。
もったいない1球。
2球目はストレートが外れてカウント1-1。
3球目。
ストレートで押してくると思われたのですが、ホークスバッテリーが選んだのはカーブ。
しかしこれが真ん中に。
中田は本当にこういう甘い変化球を打つのが上手い。
勝ち越しの3ランホームラン。
もう普通はこれで勝負ありでしょ。
しかし、ベンチは連敗中にもかかわらず気を抜きます。


10回裏。
セカンドを賢介から石井に。
これが大失敗でした。
ここから石井が3つのミスを犯します。

まずひとつは先頭本多の足を考えずにゴロを待って取って内野安打にしてしまうミス。
しっかり準備していればそんなゆるいプレーはできなかったはず。

もうひとつは今宮の打球をダイビングして取ったまでは良かったが、今度は送球を焦ってしまいアウトに出来なかったミス。
右バッターで、しかも今宮クラスの足ならそこまで焦らずともしっかり投げればアウトには出来た。
しかしミスを引きずってまたミス。

最後は内川の打ち上げたフライを奥まで追っていって、ライトの松本と交錯するミス。
これ取ったから良かったけど、落としてたら同点ですからね。
打ち上げたフライと、自分がどのポジションからどれだけ走ったかが頭に入ってないから、余裕のライトフライをムリに追っていってケガしそうになってる。
周りが見えていないとしか言いようがない。
守備固めじゃなくて守備緩めじゃんかそんなの。
ベンチは何やってんだよ。

増井もピリッとせんし、相変わらず大事な場面でベンチはキャッチャーを代えないし。
苦しい連敗中じゃなかったのか。
これが最善の策なの?


勝ったところで喜べない。
這い上がるんでしょ?今の状況から。
だったらちゃんとしようよ。
特にベンチ。
頼みますよホントにもう。




毎度同じようなことを書いてますが


170426.jpg



毎回同じようなことを書いてる気がしますが、そんなに悪くないですよ。


ここ最近は投手がガマンできないという感じなので、この試合もそうだと言えばそうなのですが、初回以外はこらえて無失点なんですよね。
中継ぎ4人がしっかり仕事したというのはプラスです。
まぁしょうじき村田のような相手を幻惑するタイプの投手には市川のほうがいい気がしますけどね。


問題は打線だったのですが、この日5番に入った賢介が上手く機能しなかったのは残念なんですが、結果を見れば5安打4四球。
そこまで悲観的になる結果ではないと思います。


この試合で私をいちばん興奮させてくれたのは石川。
ホームランを2本打たれた柳田と真っ向勝負。
石川はその打たれたストレートで勝負し、柳田は点差もあったからフルスイングで対抗。
結果は空振りの三振。
非常に見応えがある対戦でした。
これで石川は自分に自信を持てたんじゃないですかね。


歯車が噛み合えばという試合が続いてます。
あと少しなんですよね、あと少し。
ファンは応援しかできないので応援していきましょ。



驚きの2人


170425.jpg



連敗でファンは暗くなってますけど、しょうじきそこまで悲観はしてません。
というか間違いなくチーム状況は上がってますよ。


高梨のピッチング自体はそんなに悪いものではありませんでした。
5回に審判のストライクゾーンが可変式にならなければ問題なかったはずなんですよね。
そこで連敗というプレッシャーが高梨を襲ってしまった。
なのでピッチングがどうこうじゃなくて、気持ちをもっと強く持ってくれれば高梨は結果がついてきますよ。

問題は谷元。
しょうじき下に落としてもう一回作り直したほうがいいんじゃないかと思うんですよね。
オープン戦終盤から調子を落としていて今の状況なわけですから。
でも谷元はこんな感じなんですよ。
一年間通して確実な仕事をしてきた投手じゃないわけですから。
意外と波のある投手です。
なので、ここらでちょっと気持ちを切り替えるためにも一度下に落としてリフレッシュしてもらえば、調子も上がってきてくれるんじゃないかと。
絶対に必要な戦力なわけですから、しっかり調整してほしいなと思います。

中島も難しいですね。
たまにヒットを打つものの、しょうじき打線に問題を抱える現状では守備がいいだけでは厳しいんですよね。
売りである粘り自体もそこまで発揮されてないし。
あのシフトを打破する打撃がコンスタントに出るのか。
試される年になりそうな予感がします。


この試合でいちばん光ったのは松本。
決まらない2番打者に名乗りを上げる2ホーマー。
インパクト抜群。
この後もチャンスはもらえるでしょうから、ここまでの活躍じゃなくていいので、松本という名前を野球ファンに知らしめてほしいですね。


私がこの試合でいちばん褒めたいのは松本でも鍵谷でもなく大野。
この試合の大野はおもしろかったなぁ。
勝負球でカーブとか大野ワールドも出たんですが、とにかくこの試合はなんとしても勝つんだという気持ちがリードから伝わってきました。
デスパイネのインコースに果敢に飛び込んだり、カーブを初回から有効に使ったり。
今まではインコースに投げられる投手にしか要求しなかった大野でしたが、この日はどの投手にもしっかり要求しており、まさに『攻める』という言葉がピッタリなリード。
これが見たかったというリードをついにやってくれた気がします。
いやぁ、こんな日が来るとはなぁ。

攻める大野、硬軟織り交ぜる市川。
こういう風になったらおもしろいなぁ。
大野の見方が変わりそうな気がします。


間違いなく状態は上がってます。
ベンチの采配が悪いだけ。
勝てば自信が付くし、若いから乗っていくと思います。
もうちょっとで這い上がれると思うので、ファンも暗くならず応援していきましょう。




手がかり


170423.jpg



いやいや、いいんじゃないですかね。



そりゃ大敗はしましたよ。
けれど、メンドーサはいいピッチングしてても突然崩れるのがメンドーサだし、谷元はオープン戦終盤から調子悪かったし、宮西は今シーズン未だにらしいピッチングなんて見たことがない。
だから打ち込まれたところで不思議じゃない。
問題はぶつ切れ打線だったわけで、それがつながって点を取れたというのが収穫じゃないですか。

大田のヘッスラ良かったなぁ。
中田の打球の角度が良くなっているのも一安心。
打線に怖さが出てくれば、相手もミスをしますからね。
今までは完全に上から目線で投げられていたファイターズ打線でしたが、ここからはそう簡単にいかないよという感じを見せた試合だったと思います。

問題は、出て来る投手の自信の無さですね。
ドキドキしながら投げてるのが伝わってくるのはいただけない。
ここから反撃するには投手がいつもどおりの力を出し切ること。
そうすればウチの投手力なら抑えられます。


さぁ這い上がっていこうか。



まさか2日続けて





実は金曜日の夜に飲みに出かけていたので、帰ってきてから録画を確認しようと思ってたんですよね。
そんだ帰ってきたら菊池に1安打完封されたという結果を見て見るの止めました。
逆にラッキーだったなと思っていたのですが、まさかその次の日の試合も同じような展開になるとは。


先発の有原は今シーズン最高の立ち上がりでした。
しかし、回を追うごとに球が高くなっていき、けっきょく大量失点で降板。
やはり得点を取ってもらえないことで精神的に追い詰められるのも影響してるかもしれませんね。

ポジれるとしたら中田が戻ってくることぐらいか。
下でホームラン打ってましたから、1軍でも打ってくれれば空気も変わるんだけどなぁ。
大田・浅間もそろそろ上がってきそうだし、何とかこの打てない状況を打破したいですねぇ。



もったいないしか出てこない


20170420.jpg



やらなきゃいけない事をやらずに、またまた自分から勝利を手放したのが今日の試合ですね。
悪い流れってのは自分で下手を打つから悪くなるんです。
もったいない。
もうもったいないしか出てこない。

中田・大谷・マーティンを欠いたこのチームで私が見たかったのは、負けるとしても今の状況でガッツを見せる若手の気合でした。
それがどうですか。
なんか暗いし、気合見せたかと思ったら、周り見えてないプレーが多い。
名前売るならここだよ。

今日の平沼の打席良かったなぁ。
まったく当る気配はないけど、最後までしっかり振ってましたからね。
やっぱこういうのって伝わるんだなとあらためて思いました。


とにかくチャンスはイヤっていうほどもらってるわけですから、手放さないようにしましょ。
まずはそこから。
まずはそこからです。



女神が大盤振る舞い


20170418.jpg



もったいない。
もうその言葉しか出てこないわ。


初回。
岸里が打って近藤が返し、いきなりの先制点。
笑っちゃうくらいあっさりとした点の取り方で期待が膨らむ。

2回。
先頭の賢介が2塁打を放ち、この回も得点の匂いがしたものの、石井が三振して賢介が転んで塁に戻れずゲッツー。
チャンスを潰す。

3回。
先頭の中島がいきなり3ベース。
まだツキはあるのかと喜んだものの、スクイズ失敗もあり後続が倒れチャンスを潰す。

5回。
同点に追いつかれイヤな感じでしたが、先頭大野がセカンドベースにぶつける奇跡のヒットで出塁するも、中島がバント失敗してチャンスを潰す。


なんですかね。
ネットニュースではディクソンが要所を締めたとか書いてあるけど、別に今日のディクソンなんて良くなかったですよ。
ファイターズが勝手に勝利を手放しただけ。
今日の勝利の女神は大盤振る舞いでしたよ~。
それをムダにしちゃうファイターズ。
もったいない。
残念にも程がある。


どこがズレてるのかね。
誰か修正してくんないかな。



悔しいんじゃなくて残念

 



なんだろう、確かに今のファイターズは飛車角銀抜きの野球なんでそう簡単に勝てるわけはないんだから負けたって簡単にあきらめが付くはずなのに残念な気持ちが残るんですよね。
悔しいんじゃなくて残念な気持ち。
相手から一方的にやられるのなら悔しい気持ちになるのかもしれないけど、自分たちから勝ちを手放してるようにみえるから残念な気持ちになるんでしょうね。

こういう野球だと、中田が帰ってきても大谷が帰ってきても変わらない気がするんですよね。
そしてそのうち『戦力が整ってきたのに・・・』という不安感が選手やファンを包んでいって『今年はダメなんだ』とあきらめムードになってしまう。
これがいま試合を見て考えうる最悪のケースで、そこに向かってる気がします。
これをなんとか跳ね返すには、やはり選手個人個人がやるべきことをやるしかないんじゃないですかね。
勝つ負けるは別にして。
まぁ勝つことが最善の方法だと思いますが、やるべきことをやる方が先だと思うので。

三振を恐れずしっかりバットを振る。
4球を恐れず低めにボールを集める。
状況を判断して確実な守備をする。
こういうことが出来てないから残念なんで、こういうことからしっかりやっていってくれればいいんじゃないかなと。

しょうじき言ってそんなにチーム状況悪くないですよ。
打者は打てるのがいるし、投手だって抑えてる方だと思います。
ただ歯車が噛み合わない。
ほんのちょっとのズレだと思うんですよね。
それが修正されればまた全体が動き出す気がするんですよ。
とにかく今の状況でやれる、しっかりとしたファイターズ野球をやってほしいなと思います。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

修正が効かず





有原らしい投球が見たかったのですが。



開幕投手を任されながら勝利の無い有原。
この試合にどういう投球をするのかと思って見ていたら、細かい小手先の技術じゃなくて、これが俺だ!みたいな力押しの投球をやってました。
これはこれでいいんじゃないかと思ってましたが、球が高いのだけは気になってました。
2イニングくらいで修正できるようなら、初勝利もある内容だったんですよね。
しかし、一向に改善しないコントロール。
球数が増えてくるごとに高さと威力が落ちてくる。
そしてついに5回に捕まります。
スクイズで失点すると、次の6回にはホームランから連打で3失点。
結果的に残念な投球となってしまいました。

間違いなく力のある投手なのに、その実力を発揮できないもどかしさ。
いつになったら知ってる有原になってくれるのかねぇ。


井口は前より良くなった気がしていたのですが、ここっていうところで失投するクセは治ってませんでした。
残れるかなぁ?


近藤の好調が止まらないのは嬉しいのですが、その前後が問題ですね。
特に2番を打ってる中島が打てないのが痛い。
引っぱるバッティングも見せていたんですが、まったく結果が出ず、守備でトンネルをやってしまいました。
精彩を欠く今の状況だと2番はキツイんじゃないですかねぇ。

その中島を脅かす石井が好調。
守備はまだ中島のレベルには達しませんが、戦力で考えると外せない存在となってきました。
今日は賢介がまさかの1塁を守っていただけに、これから監督はどういう起用していくのか注目です。


なんか全然ダメって感じがしないので、今日の負けももったいないなって感じがしちゃうんですよね。
もっとファイターズらしい野球がこのメンバーでも出来るはず。
がんばってくださいよ。




続投の理由


20170414.jpg



代えない意味がわかりません。


しょうじき先発の吉田には期待していませんでした。
キャンプ・オープン戦と見てきて、まずコントロールに問題があり、軸となるストレート・フォーク共にそこまでの完成度ではなかったからです。
それでもまぁ先発不足のファイターズですから、いろいろ試していかないといけないのは確か。
なので打たれてもしょうがないという軽い気持ちで見ていました。

内容的には想像通りで、本人はストレートが通用することに自信を持ったようですが、やはりコントロールと決め球に苦労してて、先発の緊張感からスタミナの問題も出ていました。
まぁそれは吉田が今後克服するべきものが明確になったという意味で良かったことだと思ってます。
問題は、なぜ吉田を5回まで投げさせたかなんですよね。


4回、あきらかにスタミナ不足を起こし、球が上ずり始めた吉田。
しょうじき4回途中交代もしょうがないと思ってました。
しかしベンチは続投。
これはまぁ納得できるのですが、4回裏に吉田が投球練習してて目が点になりました。
ウソでしょ、まだ投げるの?と。

5回、先頭は吉田に対して2打数2安打の茂木。
右中間に2ベース打たれ、続くペゲーロに高めの釣り球要求を投げきれずにまた右中間に弾き返され失点。
もう笑っちゃうんですよね、そりゃそうだろって。
失点に対する怒りも湧かないし、吉田に対しての失望感もない。
だって限界だったもの、前の回で。
しょうじきこの試合を吉田にあげるくらいの気持でベンチは送り出したのかななんて思ったくらいです。
そしたらここで交代だって。
何のための続投だったんだかまったくわからない。
けっきょくこれが決勝点ですからねぇ。
ん~~~・・・


この試合ではファイターズの中継ぎ陣が壊れそうだった試合を支えてくれました。
まず鍵谷が吉田の作ったピンチを切り抜け、榎下が公文の危険球退場で作ってしまったピンチを切り抜けてくれました。
まぁ相手も不調な選手が中軸にいたからとも言えるのですが、ナイスリリーフだったんじゃないですかね。


石井がプロ初ホームラン打ちましたね。
風の影響もあったとはいえナイスバッティングでした。
軸でクルッと回る打撃なのでそんなに力強さは感じないのですが、これがよく伸びるんですよねぇ。
なんかおもしろい選手ですね。



最近はベンチがちょっとというのが多い気がします。
ガマン強いんだったらいいですが、この厳しい状況のせいで監督がまたネバーランドに行ってなきゃいいのですが。



ついにカード勝ち越し!



170413.jpg



ついにカード勝ち越し!


先発の村田はコントロールが少し不安定な投球。
4球を5つも出して苦しい登板となってしまいました。
まぁ登板していたとはいえ中継ぎでの起用でしたから、先発としては初登板。
対戦するバッターひとりひとりに気を使っていた感じの投球だったので、4回投げて88球でしたが、かなり疲れたんじゃないですかね。
次からは本来の投球をしてくれると思います。
というか最初から先発で投げさせればよかったのに。


この試合で光ったのは新戦力。
石井・森本・清水の3人。
森本はプロ初スタメンでプロ初ヒットを放ち、球場を沸かせていました。
まぁまだ1試合ですから戦力と呼ぶには大げさだと思いますが、次のチャンスをもらえたことは確か。
そう巡ってこないチャンスなわけですから、しっかりものにして森本という名をファンに刻んでほしいですね。

石井は4回のタイムリーがすばらしかった。
この3連戦で、千賀のフォーク、武田のカーブ、バンデンハークのストレートと、今まで見た事がない次元のボールと戦わなければいけなかったわけですから、ルーキーには厳しいカードだったと思います。
しかし、この日の石井はカウント2-0からストレート一本狙いで、そのストレートをレフトに弾き返しました。
わかっててもなかなか打てないバンデンハークのストレートを狙い打ちできるっていうのがなんかもうルーキーっぽくない。
顔といい、しゃべり方といい、プレースタイルといい、なんか早くも『いぶし銀』という雰囲気を出している。
なんか『飯山2世』となりそうですね。

清水はよく踏ん張りました。
特に4回の苦しかった場面で、カウントを整えるのにカーブ使ったり、盗塁仕掛けられる場面でフォーク連投を要求したり、若さも見えるんですが、度胸も見えるリードをしていました。
ただやっぱりこの試合も8回からはキャッチャーを代えるべきだったんじゃないかなと思ってます。
清水が良い悪いではなく、キャッチャーをベテランに代えることで試合を落ち着かせ、逃げきるぞというベンチの意思を選手に再認識させる効果があると思うので。
でもまぁ終わってみればいい経験をしているなって笑えるので良かったんですけどね。


レアードも本格的に復調気味だし打線の繋がりも出てきたし、この感じを今日の試合に持っていきたいですね。
今日先発の吉田はしょうじきオープン戦を見る限りではまだ早い気がします。
しかし、そうも言ってられないのが今のファイターズ。
ここで吉田が森本のように、次のチャンスをもらえるような投球を見せてくれればいいですね。



ヘイ、オマチ!


20170412.jpg



レアード寿司開店です。



いやぁ、長かったなぁ。
レアードがやっと戦力として機能してくれました。
しょうじきこのままだと2軍再調整もあるんじゃないかと思っていたので一安心です。
ただまぁまだ完全に不調を抜け出したかどうかはわからないので気を抜くのは禁物ですが、復調の気配が見えたのはたしかですね。

スゴかったのは地上波はどうか知りませんが、GAORAだと毎回レアードの打席で『寿司握れ』の応援ボードを掲げてる女の子が映るんですけど、そしたらレアードがホームランを本当にそこに届けるっていうね。
ヘイ、オマチ!って感じで女の子の横にいた家族にドーンッつって直撃してましたからね。
笑っちゃいけないんだけど、なんかレアード寿司開店にふさわしいシーンだなと。
レアード寿司の大将乱暴。(●≧∀≦)


この試合で印象に残ったシーンを幾つか。

まず石川の登板ですね。
相手ホークスの石川も登板して、個人的に応援してるW石川揃い踏みだななんて喜んでたら、こっちの石川は柳田に被弾しましたね。
ド緊張して良さが出てなかった感じ。
そりゃ今までビハインドの状況ばかり投げてきた投手が、いきなり8回の勝ちパターンで相手のクリーンアップに対して投げるわけでしょ。
そりゃ緊張してコントロールもままならないわな。
でもこれが次の登板に生きれば、このホームランもムダじゃなかったってことになりますね。

もう一つは清水を最後まで代えなかったこと。
その石川の登板で私は市川に代えると思ったんですよね。
そしたら代えない。
これ打たれて追いつかれたり逆転されたら、この若いバッテリーの経験不足と言われる場面ですよ。
そして9回も代えなかった。
増井が引っぱれるかもしれませんが、息が合わなければイヤでも気を使う9回に増井の仕事が増えてしまいますからね。
結果の世界ですからベンチの判断も間違っていなかったとなるんですが、まずは連敗脱出がお題目なわけですから、そこを考えるとどうなのかなって思いましたね。
あ、清水はすばらしかったですよ。
糸引くような強肩も見せたし、そのプレッシャーに負けずにがんばってましたからね。



これで連敗脱出。
しかし、それに浮かれてる余裕はありません。
中田の登録抹消、マーティンの登録抹消と苦しいチーム状態は変わってないわけですから。
それにしても去年の今ごろもファイターズは野戦病院化してて、こんなひどい状況はなかなかないななんて思ってたし、今年の開幕前も他球団のファンから『今年はファイターズケガ人多すぎ』とか『去年のファイターズの優勝は、選手のケガが少なくてラッキーだったから』とかいう少なくない書き込みを見るたびに、去年のほうがひどかったしケガ人も多かったろアホと思ってて、それから比べたら今年は開幕から期待できるわ!とも思ってたんですが、まさか去年以上の状態がこんなに早くやってくるなんて考えてもいなかったなぁ。

とにかく今はガマンして耐えるしかありません。
この悪い状況でも打ててはいるし抑えられてもいますからね。
とにかく今は選手もファンも、みんなで耐えましょう。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

やりようはあるはず

 
20170411.jpg




まぁ何がなんでも勝利を目指せという試合ではないので見てて気楽なんですが、もったいないなというのを見せられるとやはりガッカリしますね。


先発の高梨は最後まで修正できずに終わりましたね。
ウチは有原といい、いつからこんなに修正できない投手だらけになってしまったんでしょうか。
さらにもったいなかったのは、ほぼほぼそのコントロールできてないストレートが打たれなかったことなんですよね。
なんてったってストレートが高梨のマネーピッチなわけですから、これで組み立てていくべきだと思うんですよ。
だけど、バッテリーが信用しきれてなかった感じを受けました。
デスパイネが100%ストレートに的を絞っても打たれませんでしたからね。
もっと自信持ってストライクゾーンで勝負してほしかったです。
端ばっかり狙うんじゃなくて。


打線の方は西川が機能しなかったのが痛かったですね。
2番に座ったのが石井で、いくらスーパールーキーであろうが初見で千賀を打てっていうのは酷ですから西川に期待したのですが。

レアードにヒットが出ましたが、はたしてこれで気分良くなってくれるかなぁ。
そうなってくれると嬉しいのですが。

あとこれは触れなきゃいけませんが、岡のミスが痛かった。
2回に先制のチャンスを迎えるものの、セーフティースクイズに岡が飛び出しタッチアウト。
気持ちはわかるけど、千賀の悪い立ち上がりを考えたら絶対にやっちゃいけないミスでした。

あ、あと捕球の場面も危なかったな。
もうちょっとで西川とぶつかりそうになってました。
声出せって。
センターとレフトですから、捕球の主導権はセンターに有るはずなのに『あ、チョウチョが飛んでいるのら~』って感じで『あ、ボールが飛んでくるのら~』っつって口開けてボール追っかけるでしょ。
危ないって。
実際に賢介とぶつかってるし、岡が取るべきボールを譲って落球っていうのもあったし、もう少し俺が取るんだという気合をいれなきゃそのうちまたやらかしますよ。


中田が出場直訴してるとか。
幸いなことに今のファイターズにはDHの枠が空いています。
なので出れないことはないのですが、はたして栗山監督はどういう決断をしますかね。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2試合分





なんか試合見て飲みに行きたくなったので土曜日の試合が書けず。
なのでまとめて2試合。



20170408.jpg



まず土曜日。

先発は有原だったのですが、打ち込まれましたねぇ。
確かに甘く行き過ぎたボールが多く、この結果もしょうがないといったところ。
エースを狙う投手がこれでは困ります。
ただ、この結果は有原だけの問題じゃない。
敗戦の責任を問われるもう一人は大野です。


WBCで誰をキャッチャーにするかという議論になった時、ネットでは『キャッチングに問題のある小林』 『バッティングに問題のある炭谷』そして『リードに問題のある大野』と言われていました。
テレビで古田が大野の配球批判をしたことがきっかけですが、そんなの前から知ってるって言いたくなりました。
大野に限らず鶴岡もそうだったけど、とにかくリスクを負う配球を嫌がる傾向がウチのキャッチャーにはあるんですよね。
だからどうしても外が多くなる。
特に右対右、左対左では顕著。
この試合でもアウトコースに目付けされて、ストライクを取りに来る早いカウントを積極的に振られて失点を重ねてました。
外に目付けされてるから微妙な球でも見極められてしまう。
そこに有原の調子もあって甘い球を痛打。
カーブも少なかったし、打たれるべくして打たれたなって感じ。
しょうじきバッテリーごと3回から代えればいいのにと思ってましたよ。
マリーンズの伊東監督ならやりそうなんですが、栗山監督はそういうことをまずやらない。
優しいなと思って見ていたら、そんなに優しくなかったですね。
なぜかと言えば、4回途中で代えると思われた有原を続投させたからです。
そして、そんなしょうもない投球をしてしまった有原を応援したくなる打席が4回にありました。


4回裏2アウト2・3塁でバッターロメロ。
絶好調の相手4番を前に有原が2ストライクから大野のサインに首を振ったんですよね。
しかも数回。
有原が選択した球はインコースでした。
そこに投げきりサードゴロでこの回を終わるのですが、それを見た時にやっぱり攻めなきゃダメだって結果に行き着いたのかなって思ったんですよね。
そこに気づけたんだったらもうこの試合は有原のものでいいやと。
何失点しようが次に活かす投球になればどうでもいいと。
見てる悔しさが無くなった瞬間でしたね。


さて、打撃は書いてもしょうがないんで書きませんが、やはり大谷のケガが痛かったですね。
最初見た時にはしっかり歩いて帰っていたのでそこまでじゃないなと思って見てたのですが、ベンチに入る時には顔しかめて足引きずってましたね。
診断結果は肉離れで二度。
これ相当痛いはずなんですが、なんか大谷の負けん気を見た気がしました。

もしもこの肉離れが右足をかばってのものなら問題ですよね。
再発する恐れもあるので。
ただこの1ヶ月の離脱で右足の方も痛みが抜けてくれればいいんですが、どうなりますかねぇ。



20170409.jpg



今日の試合。


メンドーサはいつもの感じで2アウトから4球出して失点というのをやってましたね。
7回途中まで投げて2失点ですが、しょうじきよく投げたとは言いたくない内容です。
でもこれがメンドーサなんでしょうね。


鍵谷はあれだけ低めに集めて投げられてたのにこの試合ではダメでしたね。
力みまくって球が上ずってました。
やっぱ満塁という状況が力ませたんでしょうか。
ここで冷静に投げられたら勝ちパターンに入れる投手なんですがね。


石川はすばらしかった。
早く先発で投げる姿を見たいのですが、どうなりますかね。


この試合で中田とレアードが途中退場。
次の試合に出られるのかどうかもわかりませんが、もし出られないとなったらえらいことですね。

ただ、ちょっと楽しみな自分もいるんですよね。
だって若手にとったら大チャンスなわけでしょ。
このチャンスを逃す理由がない。
もし若手ばかりの打線で打ち勝ってなんて試合やったら、それこそ流れ変わりそうじゃないですか。
どうせもう落ちようがないんだし、気楽に暴れまわってくれないかなぁ。




鍵を握るのは


20170407.jpg



負けましたね。
何とも言えない感じ。


先発の上沢はちょっとコントロールがついてませんでしたね。
オープン戦で見ていた上沢とは違う感じでした。
だけどまぁキレのある変化球であったり、力のあるストレートは見られたので次に期待です。

問題はレアードですね。
今日もバウンドに合わせられずエラーをし、チャンスで凡退祭り。
ファイターズの打線が活発な中での不調ならガマンも利くんですが、つながらないことが問題になっている打線ですから頭が痛い。
実績があるだけに戻るとは思ってますが、代わりのサードがいるわけですからどこまでガマンするか難しいですね。
早いとこ戻ってくれればいいのですが。


ただ、そんなつながらない打線で最大の問題であった中田が、どうも復調してきてるっぽいですよ。
今日もいい当たりを連発し、よく走って動いてました。
あとは打球の角度が良くなれば。
もし、中田が復調したらレアードが復調するまでガマンできると思います。
ファイターズ浮上の鍵は中田が握ってると言っていいんじゃないでしょうか。


しょうじきこれまでの試合でもチャンスはしっかり作ってますからね。
ただモノにできなかっただけで。
それだけに悔しいのですが、もしかしたら浮上も早いんじゃないかなとも思うし。
とりあえず勝ってチームの雰囲気を良くしてもらいたいですね。



その4球はダメ


20170406.jpg




このブログで触れたこともあるが、私は斎藤佑樹を応援しています。
斎藤が活躍して、斎藤をバカにしてる人に対し『ざまぁみろ』とこのブログで書きたいと思ってます。
しかし、今回の先発に関しては納得できませんでした。
なぜなら、やはり斎藤の前に投げるべき選手がいると思うんですよ。
現にキャンプでは村田だったり石川を長いイニング試していたんですから。
斎藤は下で調整しましたが、2軍は2軍。
斎藤の活躍を切に願いますが、やはりそれなりの結果を残してこそ投げられる位置だと思うんですよね。

ただ、ファイターズは先発の駒が不足していることは間違いないわけですよね。
だから、いろいろな選手を試していくしかないという事情がありますから、この先発も納得しようと思えば何とか納得できます。
もしかしてということもありますから。
しかも風が10メートル以上吹き続けるクソみたいな環境の中で投げなければいけないわけですよ。
今までの調整具合と環境から考えて6回3失点ならオッケー、そう思ってました。

回は進んで6回裏。
ここまでなんだかんだで2失点の斎藤。
よくやったと褒められる投球内容ではなかったけど、次に繋がる登板になるんじゃないかなと思ってました。
登板は監督が決めたことであって、斎藤自身には何の問題もないわけですから。
そしたら先頭のパラデスに4球ですよ。
久々に声に出して怒ってしまいましたよ。
何考えてるんだと。

パラデスはマリーンズ打線の中でもこう言っちゃ何だけど安パイなわけですよ。
打てる気配がない選手。
しかし、その後にいちばん当たってる鈴木選手がいるわけですよね。
ここは絶対に4球出しちゃいけない場面なんですよ。
ボールを置きに行っていいからストライクゾーンで勝負するべきところを4球。
もうがっかりです。

勝てる投手というのは要所を締めるものですが、斎藤は締められない。
これでは勝てるわけがない。
気持で負けちゃダメだよ。
せっかくもらったチャンスで、打たれても責められない状況なのにもかかわらず、そのチャンスを自ら手放すようなことをやってちゃ前に進めない。
もし次のチャンスがもらえたら、その時はこの4球をピッチングに生かしてほしいと思います。


レアードもどうなってるのかなぁ。
打てないならまだしも、守備まで悪くなっちゃってますもんね。
飛びつかなくても取れるボールに飛びついてセーフにしたり、取らなきゃいけないフライを目測誤って取れなかったり。
実績があるから信用してるけど、このままだと横尾に場所取られちゃうよ。


こんな試合ですが、良かったところもありました。
まず中田のセンター前ヒットね。
4球は選ぶけど、打つほうがと思っていたのですが、いい感じでバットが出てストレートをセンター前に。
もしかしたらここから復調するかもしれません。

あと中島。
中島もバッティングがイマイチでしたが、中島らしいセンター前ヒットを打ちました。
だんだん良くなってる気がします。



これで2カード連続の負け越し。
チャンスは作れてるんだけどなぁ。
勝てとは言いませんから、ファイターズらしい野球をお願いします。




簡単に2試合分

 



前日は試合後に飲みに行ってしまったので書けず。
今日のと2試合分と思ったのですが、今日の試合があまりにも笑える試合だったので書くのがバカらしくなってしまいました。
なので簡単に。



前日の試合は近藤が大活躍。
中田の激走もあって勝利しました。
ただ高梨の修正が遅く、結果的に中継ぎ頼みになってしまったのは残念。
もっとしっかり投げないとね。


さて今日の試合ですが、負けて悔しくもなんともないっていうのがこの試合を表してるなぁなんて考えてました。
だって自業自得ですもん。
ミスミスミス。
開幕戦を思い出しましたよ。
だから守備で負けるなっての。

今日は強引に横尾と石井をスタメンに入れてましたけど、次からは横尾のサード有りかななんて思いましたね。
だってレアードが打てない守れないでしょ。
確約されたポジションなんて無いんだから、気合入ってない選手は出る資格なし。


そんなしょうもない試合の中で光ったのは石川と石井の若き二人。
石川は力で相手を押すピッチングで驚かせてくれました。
ただ力で押すだけではなく、コントロールと変化球が1軍で使えるレベルだからこそ抑えられるんでしょうね。
私は斎藤を応援してますが、しょうじき斎藤が先発をするなら、その前に村田か石川が先発するべきと思いますけどね。
オープン戦でしっかり投げて結果を残したわけですから。

石井はなんなんですかね。
平然とタイムリー打って盗塁決めて。
なんか淡々としてる感じから、雰囲気飯山二世になりそうな感じが。
いぶし銀とか言われる息の長い選手になってほしいなぁ。


しょうじきもう少し気合を入れないとこのままズルズル行きますよ。
まず守備のミスを無くすことから始めましょうか。



守備で負けるのは恥


20170402.jpg



初戦と似たような負け方ですね。



先発のエスコバーはしょうじき何がいいんだかわからない。
キャンプ・オープン戦と見てきましたが、球が速いわけでもなければコントロールがいいわけでもない。
キレる変化球もなければ打ちづらいフォームにも見えない。
なんだかわからないけど抑えて、なんだかわからないけど失点する。
それが開幕前の私のエスコバー評価でした。
でも本人は『調子が上がってきたよ』とか言ってたんで、どんなピッチングするのかと思ったらなんにも変わってない。
なんとなく抑えて、なんとなく打たれる。

たぶん、お金出して取ってきた選手ですからこのあとも先発やると思うんですが、しょうじきどうなるのかまったくわかりません。
このまま何も変わらないんだろうなという思いが8割。
ここから良くなっていくかもが1割。
中継ぎに回って知らないうちにいなくなるんだろうなが1割。
とにかく、使える使えないの明言は避けたいと思います。


石川が失点しましたが、最初のメヒアを怖がっちゃいましたね。
低く投げなきゃ低く投げなきゃというのが強すぎて4球。
まぁこれも経験かなと思います。


さて打線に目を移せば、なんですか2番4番6番のしょうもなさ。
特に4番。
毎年恒例のアレですか。
もうお腹いっぱいなんでそういうのいいですよ。

賢介も困ったもんだなぁ。
打てない守れないでは使う意味がない。
まぁ本人がいちばん反省してるんでしょうけど、お願いしますよホントに。

レアードもなんか逆方向意識したバッティングに見えますね。
悪くないんですが、怖さが消えるのはイヤだなぁ。


それに比べてよく打つのが大谷と近藤ですよ。
特に近藤は絶好調ですね。
ボールが良く見えてる。
この調子の良さが2・4・6で分断されて生かせられないのがもどかしいですね。


守備で乱れて負けるのはファイターズとして絶対にやっちゃいけないこと。
もう一度チームで気合い入れ直して次のカードに望んでもらいたいものです。




本当の意味での開幕


20170401.jpg



本当の意味での開幕ですね。



先発のメンドーサ。
序盤は足に打球を当てたり、粘られても根気強く投げて打ち取ったりがんばっていたのですが、得点の吐きグセは治らないらしく、しっかり吐いてましたね。
6回は怖いなと思っていたのですが、さすがに栗山監督もまず初勝利が大事だったらしく、あっさりと5回でメンドーサをあきらめました。
昨日とはえらい違いだ。

ここから谷元、宮西、増井、マーティンと中継ぎ陣が無失点で繋いでゲームセット。
ファイターズはこれで勝つんだという試合になりました。


この試合で目立ったのは西川と近藤。

西川は3回にライトへ完璧なホームラン。
逆方向にだけ狙っていた去年と違い、今年はこういうのもありますよっていうのをアピールできましたね。
これで相手もかなり攻めづらくなると思います。

近藤は猛打賞。
昨日は菊池のボールが顔面近くに何度も飛んできて、それを避けて転ぶ姿が印象的でしたが、それでも選球眼がいいなと思ってました。
そしたら今日は猛打賞ですもんね。
これでしばらくは5番近藤かな?


大谷はインコース攻めがどうこう言われてましたが、それをあざ笑うかのようにヒットを重ねて猛打賞。
まぁ型にはめようとすると反抗するのが大谷なんで、らしい活躍でした。


とりあえずこれでファイターズは開幕できました。
あとは中田とレアードがいつホームランバッターとして開幕するかですね。
さっさと打てよ。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2017開幕戦 守乱


20170331.jpg



開幕戦負け~。
なんか悪いところがたくさん出た試合でしたね。



先発の有原は間違いなく良かったんですが、結果が伴いませんでした。
点は取られてましたが、しょうじき5回までなら相手先発菊池より有原のほうが良かったと思ってます。
しかし、守備で反撃の芽を絶たれてしまった。
上手く歯車が噛み合わない状態で迎えた6回についに捕まるわけですが、ここでやはり開幕戦という特殊な試合だったせいか、監督が有原の交代をちゅうちょしたことがさらに傷口を広げ取り返しがつかなくなった感じですかね。
いつもの監督なら中村のタイムリーの場面か、栗山のヒットが出た時点で代えてるんじゃないかなぁ。
これが開幕戦の難しさでしょうか。


とにかくこの試合は守備の差が全てと言っていいくらい明暗が別れちゃいましたね。
まぁしょうじき今日のライオンズの守備は出来過ぎであり、ファイターズの守備がひど過ぎた。
でもまぁどちらもこれが本来の姿とは思えないんですが。
片方は好プレー連発でチャンスすら作らせず、片方は守備のミスでどんどん失点していくわけですから、あまりにも対照的で笑ってしまうほど。
まぁ負けるべくして負けたと言っていいでしょう。


選手個人に目を向けてみると、悪い意味で目立ったのは賢介・中田・レアード。
賢介は西川が作ったチャンスをなかなか生かせず守備で足を引っ張り、レアードも同じような感じ。
中田はいつものようにミスショットを連発。
2・4・6がこれでは繋がらないわなぁ。

いい意味で目立ったのは石川と市川と公文と大谷。
石川はインパクト抜群の投球でファンのハートを鷲づかみした感があります。
公文もピシャッと火消ししていい働きでした。
市川はホームランも良かったんですが、しっかり右バッターのインコースも使えててリードも良かったです。

大谷はなんなんですかね。
執拗なまでのインコース攻めにあうのですが、とにかく避けてくれないから見てるこっちがヒヤヒヤするんですよね。
そしてそのインコースを2本ヒットにしてしまうという。
まぁとんでもない男ですわ。


負けはしましたが、しょうじきこれで気合が入ったんじゃないかなと思ってます。
開幕戦で、こんな恥ずかしい試合をしたわけですから。
明日はドームに来てくれているファンをがっかりさせない試合をお願いしますよ。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04