拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

一勝一敗に持ち込む押し出しデッド





今日は最後の方だけしっかり見られたのですが、途中まで用事があってちょこちょこ見ていただけ。
なので簡単に。


高梨と千賀の投げ合いで始まった試合。
お互いが好投して緊張感たっぷりの試合に。
先に崩れたのは高梨。
ヒットとゲッツー崩れで2点を取られる。
この場面で強く思ったのは、本当に右バッターのインコースは攻めないなっていう事。
内川にしろ松田にしろ、一球としてインコースの要求がありませんでした。
鶴岡がホークスに移籍してファンによく言われる事が
『アウトコースばっかり』というものです。
大野もまったく一緒。
信用出来ない投手には、絶対に要求しない。
出来るのには要求するんですよ。
石井には長谷川のインコース要求してましたからね。
どう考えたってそれじゃ苦しいだろと思うんだけど、頑なに変えようとはしない。
なんか気が強いんだけど、一方的に殴りたいから遠間からの攻撃になって決め手に欠き、判定の試合が多いボクサーみたい。
わかりづらいか。
でもホントそんな感じなんですよね。
やっぱり相手を倒したいなら、倒される覚悟は持って勝負しないと。


千賀の投球を見たら、この2点は大きすぎるなと思ったんですけど、突然千賀が崩れるんですよね。
チャンスで岡が同点タイムリー打つんですけど、ここは期待してたんですよね。
サファテのストレートをしっかりとらえられる岡ですから、浮いてきた千賀の球を弾き返す可能性は高いと思っていたので。
いい仕事をしてくれました。


最後はまさかの押し出しデッドボールで終わったこの試合。
流れ的には明日に繋がる試合だったんじゃないですかね。
ただ問題は明日の加藤が好投した時に、ベンチがどこまでガマン出来るかでしょうね。
前回のようなしょうもない継投だけはやらないように祈っています。




スポンサーサイト

たくさんの『なんで?』


160729.jpg




なんかいろんな『なんで?』があった試合でした。



先発の有原ですが、序盤はバツグンのピッチング。
頼もしい限りだったのですが、浮いた球が多いというのが気になっていました。

すると5回から浮いた球が多くなり、低めを取らない審判と相まって苦しいピッチングに。
6回、先頭の明石に3ベースを打たれるのですが、これがわからない。
この日の明石は有原との対戦が少ない事から変化球にまったく合っておらず、おもしろいように崩されて三振をしてたんですよ。
そしてこの第3打席もまったく変化球に合う感じがしませんでした。
言ってしまえば有原にとってこの日の明石は安パイだったんですよね。
しかしここが市川の良いところでも悪いところでもあるんですけど、相手の裏をかいて打ち取るのが好きな市川は、第2打席で見逃しの三振を奪ったストレートをこの打席でも決め球に使うんですよね。
しかし明石もガンコでストレートしか待っていなかった。
変化球投げればクルクル回ってくれる明石に対して、同じ球で打ち取ろうとした配球は『なんで?』と言わざるを得ません。
合ってないんだったらストレートは見せ球にして最後まで変化球でいけばいいんですよ。
もったいない。


次の『なんで?』は7回表。
私はストレートもフォークも浮いていて、球数的にも100球近く投げている有原を代えると思ったんですよ。
監督本人が大事なカードと言う試合の初戦。
いくら有原とはいえ、ここから良くなる可能性はまずないし、1点差ですからそこは厳しくいくもんだと思っていました。
しかし有原続投。
ここで私は監督が有原にこの試合を預けたんだなと思ったんですよね。
この試合だけではなく、この後のホークス戦や、CSも見据えての登板だと思ったんです。
責任を持たせる事で成長してくれよと。
それならこの続投は納得がいくんです。
実際に有原は7回を三者凡退で切り抜けましたし、特に最後の今宮の打席では、打てるもんなら打ってみろという渾身のストレートで空振り三振に仕留めてますから、あぁこれはベンチのナイス判断と思ったんですよねぇ。

しかし8回も有原が出てくるんですよ。
これがまた『なんで?』と思うわけですよ。
球は浮いてるんです。
その前の回に全力で抑えにいったんです。
その状態でクリーンアップを迎えるわけでしょ。
だから柳田にホームランを打たれた時も、別にショックはありませんでした。
そりゃそうだよねとしか思わない。
この失点をベンチが納得してるならいいんですけど、期待して送り出してるとするならそれはベンチがどうかしてるでしょう。
前者だと思いますが、このホームランが後々響く事になるんですよね。


さてファイターズだけに『なんで?』があったわけじゃない。
7回に市川に代わって矢野が出てくるんですが、この矢野が出塁したら森福が出てくると思ってたんですよね。
中島・西川・賢介と続くわけですから。
しかし矢野が倒れてしまった。
なら8回頭から森福だなと思ったらスアレスが出てくるんですよね。
ここで『なんで?』と思うでしょ。
西川は最初森福がまったく打てませんでしたが、なんとか克服して最近では結果も出しています。
しかし中島と賢介に関しては前に飛ぶイメージが無い。
しょうじきスアレスが出てきてラッキーと思いましたね。

そして案の定、ファイターズはスアレスを攻めノーアウト満塁で陽が打席に。
ここでまたしても『なんで?』が飛び出します。

スアレスは陽に対して初球にストレートを投げるのですが、このアウトコース寄りでベルトの高さに来たストレートを陽はピクリともせずに平然と見逃すんですよ。
もうここででっかい『なんで?』が頭に浮かんじゃいました。

満塁で、変化球は浮くかボールにしかなってないストレートが武器のスアレスがノーアウト満塁のピンチを迎えてるわけですよね。
そんで3点差がありますから、ここは陽なら右打ちを狙うと思ったんですよ。
そこにおあつらえ向きの中途半端な高さのストレート。
しかも初球。
きた!と思ったらまったく反応しない。
もうただただガッカリ。
そしてら次はド真ん中にストレートが飛んで来るんですが、ここで陽は気持ちはレフトスタンドっていうスイングをして空振るんですよ。
またまたがっかり。
ここにきて台湾のスーパースターが頭をもたげたのかと。
つなぐ意識はどこに行ったのと。
最後は変化球を手打ちして最悪の5-4-3。
よく陽がお立ち台で『知るか!』と言ってますが、まぁこの打席の気持は誰にもわからないし、わかりたくもないですね。


さてチャンスがしぼんでしまったあとの9回表ですが、ここで久をマウンドに上げるんですよね。
これも『なんで?』となるんですが、有原にマウンドを託したところを考えると、この日の監督はロマンチックモードに入っていたんでしょうねぇ。
今シーズン何の実績も残せていない選手を、とはいえ2点差まで詰めた状態の9回表で使うわけでしょ。
もう好きにしたらいいよって感じだったなぁ。
んで、想像通りに失点し、これまたこの失点が後に響くというね。
なんだかね。


3点差でむかえた9回裏。
先頭の大谷が右中間を破る3ベースヒットでチャンスを作り、レアードがフェンス直撃のタイムリーで2点差とします。
しかしレアードの足なんで、フェンス直撃でもシングルにしかならない。
それでもまだノーアウトだったんで、ここはサファテを揺さぶるためにも代走だと思ったんですが出ない。
『なんで?』
杉谷もいたし、出さない理由が見つからない。
案の定サファテは足を大きく上げて投球し、岡と谷口を打ち取る。
ベンチからこの試合勝つんだっていう気持ちがまったく伝わらないんだよねぇ。
そんな事をうだうだ考えながら試合を見ていると、サファテが誰もいない1塁に牽制して、ボールが一人旅。
『な・・・なんで?』
走る可能性もないレアードなのにいるか?牽制。
最後まで『?』だらけの試合でしたが、西川が三振してゲームセット。
有原を7回で代えていればとか、久じゃなければとか、陽が逆方向の意識持ってればとか、大谷が4番だったらとか、いろいろ考えちゃう試合でした。




楽な試合


160728.jpg



まぁ先発が早々に崩れたらねぇ。



今日の斎藤はいいところが見つかりませんでした。
というか斎藤を引っぱるなら市川だと思うんですけどね。
変化球でかわしたい大野より、相手の裏を突いて攻めたい市川の方が合ってる。
それでもまぁ力のある球が投げられていない時点でダメなんですが。
これで斎藤の先発もひとまず終了でしょう。
3試合もらってほぼ結果出ずですから。
下半身は大きくなったし、使える変化球も見えてきたわけですから、しっかり固めて中継ぎから再スタートでいいのでは。


斎藤の後を受けた新垣が好リリーフでした。
しょうじき斎藤より新垣の方が先に先発で試されると思ってたんですけどね。
下でいい投球してたし。
打ち取れる球はまだ無いけど、力のある球は投げてますから。
これで次のチャンスを貰ったんじゃないですかね。
加藤との勝負かな。
・・・まさかその前に増井投げさせるとかないよね?


しょうじきこの試合は見てて楽な試合でしたね。
点差的にも流れ的にも逆転の目は無かったし、こういう試合はいいところだけ見ていればいいから楽。
確かにホークスとの差は縮めておきたかったけど、それ以上に斎藤と新垣の今を見られましたし、打線の問題も見えたし。
ホークス戦に向けて監督がどう動くのか。
そして大谷はどうなるのか注目ですね。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

中継ぎいろいろ&食え岡


160727.jpg



最後に集中打が出て大きな点差での勝利となりましたが、よくふんばって勝った試合でしたね。


先発の吉川は、相変わらず決めるべきところで決めらない苦しいピッチングなんですけど、きのうはそれでもガマン出来たピッチングでしたね。
納得はいってないけど。
バツグンの球を投げるだけに、なんでそれがここっていうところで投げられないのかという不満がどうしても出てきてしまい、素直に褒められないんだよなぁ。
もっと出来るはずなので、次は最後まで行けるようにがんばって。


石井と久が戻ってきました。
石井はしっかり投げていましたね。
まぁワンポイントなんでしょうが、いるといないとでは大違い。
まだ何試合か見ないとなんとも言えませんが、切り札としてがんばってほしいですね。


久ですが、まぁこんなもんでしょう。
ファンはマウンドに立つ姿を見ただけで喜べるのですが、やはり戦力になってこそ選手は喜べると思うんですよね。
だからこの試合の久は、戻ってこられた喜びはあるものの、現実を受けていろいろ考えてるんじゃないですかね。
それこそ百戦錬磨の選手ですから、自分に何が足りなくて、何をすべきかはわかってるはず。
だけど現実的に今の肉体とのズレがあるから、それをどうやって修正していくか。
難しいすり合わせでしょうが、それをやらなきゃ戦力にはならない。
そして久もそれが出来なきゃ喜べないでしょう。
なので私はそれが出来るまで久に拍手を送るつもりはありません。
それが私の久に対するリスペクトです。


宮西が500イニング到達ですか。
もう宮西にはありがとうしかないですね。
すばらしい。
北海道日本ハムファイターズの歴史を語る時に絶対に外せない選手になってくれました。
これからもよろしくね。


さて打線ですが、中田に一発が出ました。
しかし変化球をすくってというもの。
やはりストレートを狙ってフルスイングでそのストレートをレフトスタンドに沈めなければ、中田の復活にはならないと思うんです。
なのでまだまだ4番中田は遠いと言わざるを得ないでしょう。
でも前進はしてます。
間違いなく。
戻ってこい中田!


岡の一発には驚きですね。
打った事に対する驚きではなく、ボールの放物線にです。
あれは間違いなくクリーンアップのホームランですよ。
打った瞬間に入るのを確信しましたが、滞空時間の長い事に驚き、その飛距離にまた驚き。
西川が1番、岡が3番という将来が見えた一撃でした。
ただそのためにはもっと体が大きくなる必要があると思うのですが、岡の弱点が大きくなれない事ですからねぇ。
もっと食え岡。


ホークスとの差を詰めてこれで3.5。
しかし今日勝ってホークス戦に3連勝したとしても首位にはなれません。
なのでやはり今はガマンして1試合1試合勝っていくしかないんですよね。
この集中力を保ったまま、愚直にいきましょう。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

カード頭勝利


160725_20160727022925385.jpg



岸相手なので厳しいかもと思ったのですが。



メンドーサが先発の試合。
初回から制球が出来てなくて、ちょっと苦しい立ち上がり。
相手の岸はバツグンの立ち上がりだっただけに、これはなかなか難しい試合になるぞと思っていたら、ホークスがミス絡みであっさり先制。
早い段階でホークスの勝ちが濃厚となり、なんとしてでも勝ちたい状況に。
そしたら大谷のヒットから岡と大野のヒットで先制ですよ。
こんなに簡単に先制していいのという感じ。
もらった点は大事にしなきゃいけないのですが、ヤスケンなみのリバースをかますメンドーサですから1点なんかで安心は出来ない。
なんとか抑えてくれと祈りながら見ていると、がんばったのはメンドーサではなくて打者陣の方でした。

中田のヒットから大谷がタイムリーを打って2対0に。
うまくいく時はうまくいくもんだなぁなんて思ってたら、やっぱりメンドーサが吐き出す。
先頭に4球を出してワイルドピッチしてヒット打たれて失点。2対1。
本当にしらける点の奪われ方。
今年はもうこんな感じなんですかね。


対する岸も6回120球という、らしくない投球で降板。
これはウチが攻略したのか、それとも調子が悪かったのか。


いつ点が奪われてもおかしくない状況と、もう少しで点が取れたのにという状況がずっと続く。
とにかく落ち着かない試合。
チャンスを潰し合う野球とでも言うんでしょうか。
メンドーサの後を受けた谷元が7回から出てきて3者凡退としましたが、投げた相手すべてに危ない打球を飛ばされてしまい、ふらついたチームを止める事が出来ない。
なんとか流れを引き寄せて、この落ち着かない試合をものにしたいと思っていたら、レアードがやってくれました。
左中間に叩きこむ26号ソロ。
これで雰囲気的にも流れ的にも楽になりましたね。


最後は宮西とマーティンが締めてゲームセット。
終わってみれば強い勝ち方だったのですが、しょうじきライオンズの調子に助けられた試合でしたね。
ただ、大谷が猛打賞で賢介が不振を脱出したかのような活躍にレアードの一発。
岡の好調さと中田にタイムリーが出ましたから、明日以降もちょっとおもしろい事になりそうな気がします。




空気の怖さ&なめたらあかん





土曜日は観戦に行ってました。
車で日帰りだったので疲れたのと、勝った喜びでビールを飲んだので更新できずにダウン。
なので今日と合わせて2試合分。




160723.jpg



まず土曜。

初回からディクソンがスゴいなっていうのは感じてました。
審判が楽しそうにストライクコールしてましたから。
こっちに不利とかそういう話じゃなくて、審判と波長が合うというんでしょうか。
なんか、あ~ハマってんなぁってレフスタから思いながら見てました。

高梨の方はというと、悪くはない。
悪くはないんだが、苦労して抑えてるなというのは感じてました。
ミットを見ていると、上でキャッチしている事が多く、球が上ずっているんだなというのはわかったので、ディクソンを捕まえるまでガマン出来るかが勝負だなと思ってましたね。

しかし先に捕まったのは高梨。
4回に糸井がレフト線を破るヒットを放ち、安達が1塁から一気に生還。
取られたくない先取点を取られてしまいました。


1点で行ってくれれば、終盤になんとかと思っていたのですが、それは甘い考えでしたね。
ディクソンが完全に完封ペースで投げていて隙が無い。
どうやって突破口を開いたらいいものかなんて思ってたら、高梨が7回に失点して0対2に。
その後2アウト満塁とされ、ここで高梨は降板となってしまいました。

糸井・岡田と続く場面。
どう考えても左投手という場面なのですが、加藤が次の日の先発ともう発表されてしまっていて、左が宮西しかいない。
早いが勝利を優先するのであれば宮西の登板と思われましたが、コールされたのは鍵谷でした。
その時のレフスタの微妙な空気はなんとも言えませんでしたね。
そりゃそうで、安心して鍵谷を見た試合がここまで無いわけですから、客席の空気がそうなるのも仕方がない。
もうここが勝負だと思いましたね。


ディクソンの出来を考えれば2失点でも重いのに、左の糸井に対してフォークがイマイチの鍵谷でしょ。
鍵谷の場合は押し出しもあるので、3ボールになったら終わりだなと思ってました。
ただ逆に、もしここで鍵谷が抑えられれば、少しだけ流れが変わるなという期待もありましたね。
そしたら糸井がショートフライ。
助かりました。
あとで録画を見たら案の定3ボール嫌がって真ん中にスライダー投げてるんですよね。
この糸井のミスショットで試合の流れが本当にこちらへ。


7回裏、先頭の中田がセンター前にヒットで出塁すると、賢介が倒れた後のレアードがナックルカーブを見極め4球を選ぶ。
ここで球場の空気がブワッと変わるんですよね。
あれあれ、あの完ぺきだったディクソンが・・・あれあれ?みたいな空気に。
そしたらここで岡が三遊間を破るヒットを打つ。
ここからもう球場の空気が『キタ!』っていうのに変わるんですよね。
そして代打矢野がフルカウントから4球を選び押し出しとなり1対2となります。

ここで印象的な出来事が。
最後のナックルカーブがボールと判定されると、ディクソンがしゃがみ込むんですよね。
球場は1点返したという事で湧いているのですが、言っても1点ですからバファローズ側にしたら逆転されたわけでもない。
そして3塁ランナーはレアードで次のバッターは大野。
普通の外野フライじゃ帰ってこれないし、大野の打力に期待というのも酷な話。
相当叩きつけて高いバウンドとかじゃないと同点には追いつけないな~とか考えていたら、岡田がヒザ付いて座り込んでたんですよね。
見るとけっこう他の選手も体を曲げてうなだれてる選手が多い。
1点勝ってるのにですよ。
この瞬間にバファローズ選手の気持ちが少し切れてると思ったんですよね。
そこにこの大歓声。
逆転の条件が揃った気がしました。
そしたら大野が走者一掃のタイムリー。
そこから怒涛の攻撃で一挙6点ですよ。
おもしろかったけど、空気とか流れとか気持ちとか怖いなぁって思った場面でしたね。


2点取られたところでディクソンの出来からしたら完封も頭をよぎったんですが、チームでディクソンを攻略して逆転勝ち。
強い勝ち方をするなぁと思いましたね。




160724.jpg



さて今日の試合。

ハッキリ言って負けるべくして負けた試合ですよ。
まず気に入らないのは大谷を途中で調整登板させるという事です。
大谷をどこかで投げさせるというのはまだいいですが、それは加藤の出来しだいで代えるべきであって、最初から6回とか決めるべきじゃないんですよ。
理想通りにいけばいいですが、それが少し狂ったら継投がすべて後手後手になるのは目に見えてるわけですよ。
実際にそうなりましたしね。
当たり前の話ですよ。
流れは怖いと上で書きましたが、まさにこの流れを無視した采配でしょ。
大谷1イニング投げて谷元も1イニング投げて、バース投げて点差が開いていれば久が投げて。
捕らぬ狸の皮算用とはよく言ったもので捕らぬポンタの皮算用ですよ。
そんな試合やる前から誰がどこに投げてとか調整試合じゃないですか。
そういうのは流れが来ないから攻撃も悪くなるし、相手もバカにするなと奮起してきます。
相手なめたらいかんのですよ。


こういう試合は負けた方がいい。
こんなやり方で勝ったら状態が悪い方に傾いているのにチームの危機感が薄まってしまうし、何よりファンがこんな事やっても今のウチは強いと調子に乗ってしまうから。
それは怖い事ですよ。
別に余裕が有るわけじゃなし、あくまでも追いかけるチームですからね。
そしてこういうのは一気に追いつかないと、ここでまた離されたら追いつく気力が奪われてしまう。
がんばって追いつきましょ。
余裕かますヒマはないですよ。




静かに勝つ


160722.jpg




この試合の有原は、あまり良い有原ではありませんでした。
ピンチを作るものの、ゲッツーでなんとかしのいで点は与えないピッチング。
打線の方はというと、相変わらず打つのですが点につながらない。


イヤな感じ。


とにかくこの試合にはイヤ~な感じが漂いまくってたんですよ。
たまにあるんですよね、こういう試合。
ピンチを切り抜けるがチャンスは潰す。
スゴく不安定な場所に立って戦ってる感じ。
ちょっとしたきっかけで落ちていってしまうような、そんな試合でした。


しかしこのフラフラした状況を有原がまず止めようとします。
4回を3者凡退。
これでイヤな流れが少し弱まる。
ここで今度は打線が奮起。
ヒット重ねてセンター返しで1点を奪うと、4球選んで足で稼いで追加点。
実にウチらしく派手さの無い得点の仕方。
こういう試合はヘタなホームランよりこういう得点でいい。
守備と攻撃がチームのふらつきを止めました。


しかし不安定な試合には変わりがない。
こうなるともう静かに試合を終わらせるのがいちばん。
変な波風を立てるとまた場が荒れてしまうから。
願いどおり静かに静かに試合が進行していき、気がついたら9回が終わってゲームセット。
しょうじき盛り上がらない試合ですが、こういう試合を取れる強さが今のウチにはある。
それを感じた試合でした。


では今から札幌に向かいます。
勝つといいな。




帯広で勝利


160720.jpg



年一の帯広で平日のデーゲームという地方に優しくない試合。
これで負けたら最悪だなと思っていたのですが、勝ってくれて良かったです。



やはり好調なファイターズ打線はそう簡単に止まらない。
4球を取りながら、走って打って得点を重ねる。
そこに大谷がズドンですから負けるわけない。

しかし、投手がピリッとしない。
吉川は苦手な相手だと、素人が見てもわかるくらい投げづらそうにする。
いつものように5回途中の交代だったけど、今江・銀次を苦手にしていただけにしょうがない交代だったかなとは思う。
だけどもう少ししっかり投げてくれないと、ホークスを追う事は難しい。

その吉川の後を受けた白村がダメだった。
ストレートだけに頼る投球になってしまい、狙い打たれて逆転されてしまう。
鍵谷もだけど、ちょっと変化球が入らないと、とたんに並の投手に成り下がってしまうのは困ったものだ。
いい投手は悪いなりに投げるもの。
調子いい時はいい投球をするなんて当たり前。
中継ぎで勝つファイターズとしては必用な選手ですから、なんとかもうワンランクアップしてほしいものですが。


とにかく勝ち続けるしかない。
そのためにはやるべき事をやる。
ミスはしない。
難しい条件だけど、それが出来なきゃホークスは抜けないのでがんばって!




後半戦は白星スタート


160718.jpg




後半戦は勝利でスタートしました。


後半戦がメンドーサから始まるという事で非常に不安だったんですが、今シーズンいちばんのピッチングを見せてくれました。
こういう安定したピッチングをいつも見せてくれたら最高なのにななんて思ってたら、家族来てたのね。
やっぱりなって感じ。
インタビューで、クオリティースタートを意識して投げてると言ってたんだけど、同じ失点でも失点しちゃいけない場面で簡単に失点するのがメンドーサの悪いとこなのに、そこじゃないところを重視してて、あぁ毎回同じ失敗を繰り返すのはこののんきな性格のせいなんだなってあらためて思ったわ。
次もこのピッチングしてくれるかどうか。


打線の好調さは維持してますね。
やはり2番賢介は魅力がある。
陽も好調を維持しているのでこの並びは相手にとって嫌な並びでしょう。
あとは4番なんだけどなぁ・・・


非常にスムーズで淡々とした勝利。
なので書く事はほぼ無いんです。
こういう試合が増えれば毎年のように優勝争い出来るチームになるんでしょうね。




4番が引っぱる


160713.jpg




オールスター前最後の試合。
なんか、わ~ってなって終わりました。



斎藤が先発。
なかなかの立ち上がりを見せましたが、通して見ると苦しみながらの投球になりましたね。
それでもいいところは出せましたから、合格とは言わないまでも追試ぐらいでしょうかね。


しかし、次に投げた谷元がいただけない。
いい球は投げてるんだけど、ここぞというところで抑えきれない。
見てて歯がゆくなるピッチング。
ここ数試合はこんなのばかりで、もうそろそろどうにかしてほしいんだが。

ただ投球に関してはしょうがない部分もあるけど、集中を切らせるのはダメ。
大城にライトフライを打たれる谷元。
岡が前進して捕球体勢に入ったものの、グラブにボールを当ててしまい後逸。
その間に2塁ランナーはホームイン。
打った大城自体も3塁まで。
ここで中継の中島が、間に合いもしないタイミングで3塁に送球するも、これが悪送球。
けっきょく打った大城までホームインして、一気に2点取られる事に。
岡もダメだし中島もダメなんだけど、ボグセビックにホームインされて気落ちし、3塁送球のカバーに入らなかった谷元もダメ。
打たれてガックリするのはわかるけど、だからといって試合中にボールに背を向けて反省するとか絶対やっちゃダメだよ。
やるべき事はやらないとね。


あれだけ繋がっていた打線が、どうも元気がなくなっているように見える試合内容。
ここでこのまま反撃もせず、当たり前のように負けていくのかなと思っていたら、8回2アウトからファイターズ打線が目覚めました。
西川がストレートの4球を選ぶと、賢介がライト前。
陽もストレートの4球で満塁とすると、ここでバファローズは吉田から平野に交代。
ここでバッターボックスには復調気味の中田。
1ボール1ストライクからの3球目。
アウトコース真ん中に飛んできたストレートを、狙いすまして逆方向に打ち返す中田。
右中間ド真ん中を突き破る逆転タイムリー。
よっしゃオラー!と塁上で叫ぶ中田。
最高の仕事をしてくれました。


最後は宮西・マーティンで締めて逆転勝利となりました。
連勝が止まってどうかと思ったんですが、中田がもう一度チームを引き上げてくれそうですね。


最終回にベンチが映ってたんですが、なんと岡が泣いてるんですよね。
後逸を気にしていたところに中田がタイムリーで逆転という事で気が緩んだのかな。
勝利のハイタッチでは泣き顔で仲間を迎えて、みんなに励まされてました。
私はそれ見て爆笑しちゃったんですよね。
何を泣いているんだと。
そしたらネットではみんなもらい泣きしたり、感動してるんですよね。
あれ、俺が間違ってるのか・・・なんてちょっと不安になりました。
またボークで激昂してみんなになだめられてたマーティンが特に岡を慰めていたのが笑えたんだ・・・けど・・・あれ?
いや、この事で岡をもっと好きになったし、応援しようという気持ちにはなったけど、笑っちゃうんだよなぁ。
たぶんファイターズのチームメイトもそんな感じだろうという反応だったんだけど・・・
・・・あれ?



連勝止まる





昨日の試合は用事があったため、テレビでちょこちょこと見てただけ。
なので試合について書けません。
しかしひとつわかるのは、メンドーサが悪いって事と、やはり懸念した通りになったって事。



点をもらったら吐き出す。
メンドーサの特徴とも言える『クセ』ですよね。
これが数字で見ると6回3失点。
そこまで悪くないじゃんとなるんですが、これが数字の限界。
その投球が流れにどう影響を与えるかが表せない。
そしてメンドーサの場合の失点は、こちらに傾きかけた流れをことごとく止めてしまう失点が多すぎる。
こんな投球していたら結果なんて出るわけない。
しょうじきヘタな投手が投げるより期待感が薄い状況。
連勝ストップも当然の結果ですね。
ローテ考えなおさないと、裏ローテが苦しすぎ。


懸念通りっていうのは、最近の試合で雑さみたいなものを感じていたので、そろそろ連勝が止まるんじゃないかって思っていたので。
これはもう一回ネジを巻き直していけばいい。
打線自体は好調ですから、この負けで気合を入れなおしてくれればこの負けも意味がある負になるんじゃないですかね。


今日は斎藤。
本人的には後半に向けて自分の位置を固めるラストチャンスと思ってるでしょうから、気楽に投げられるかどうかですね。
まぁメンドーサみたいな投球しなければ、4回で終わろうが5回で終わろうが別にかまわない。




15連勝だが

 
160711.jpg



15連勝なんですが、スッキリしません。



相手先発のミッシュって誰?から始まったこの試合。
なんかよくわからないまま対戦してこっちのミスが出たりしたんだけど、相手のミッシュもたいがいで、3回途中でランナーだけ置いていなくなるという展開に。
そんでレアードが寿司を握らずに、押し寿司ならぬ押し出しを選んで点が入り、送球ミスで点が入りというぐあいに、なんか知らないうちに15連勝『させられる』感じになったんですよね。
吉川は吉川で相変わらず吉川だったし、ひさびさに集中力が続かない試合でした。


なんか点差は4点なんだけど、8点ぐらい取ってる空気が流れてて嫌な空気だなと思ってたんですよ。
そしたら9回に鍵谷が出てくるんですよね。
これがまったくわからない継投。
7回に鍵谷とかはわかるんですよ。
だけど9回に鍵谷は無い。
4点差の9回裏ですから、5点取られたらサヨナラ負けするんですよね。
点差が離れてるから余裕な感じもするけど、ランナーが溜まった時の緊張感はハンパじゃない。
そして鍵谷がランナーを許すパターンは4球か、ランナー溜まってるのにストライクが入らなくてエイヤッて投げたストレートを痛打されての長打って盛り上がるパターン。
しかも相手の本拠地ですから、ランナーを出すにつれて球場の空気が変わってくる。
そうなると、これはやばいっていってマーティン出したところで勢いが抑えきれない事になる可能性も大いにあるわけですよ。
そんなこと思ってたら想像通りの展開でガックリですよ。
マーティンが出てきて抑えたところでイライラがあるから全然喜べない。
鍵谷には悪いけど、ベンチも変なところで余裕かましていたんじゃないかって思ってしまいましたよ。


15連勝も素直には喜べない試合でした。




14連勝 強い


160710.jpg



14連勝。
強い。



先発の大谷ですが、初回から球が浮きまくりで安定しないピッチング。
4球出したかと思ったら、ド真ん中に失投。
あっという間に失点してマズイなぁと思ったのですが、なんとか1失点で助かったという感じ。
このピッチングが何回に修正できるかで勝敗が決まりそうな予感がしていました。

対するスタンリッジはなかなかのピッチング。
好調な打線ですから、どこかで捕まえるだろうとこの時は思ってたんですが・・・


大谷は2回も危ないピッチングをしますが、中島のスーパープレーで事なきを得ます。
しかし3回からはコントロールも戻り、いつもの大谷に。
しょうじきこんなに早く修正できるとは思っていませんでした。
初回より良くなったというレベルではなく、しっかり打者を抑えられるところまでこんなに早く修正できたのは初めてじゃないですかね。
成長なのか、たまたまなのか・・・


さてスタンリッジですが、これがなかなか打ち崩せない。
ランナーは出すのですが、もうひと押しが出来ない。
バント失敗もあったし、連勝が止まるならミス絡みだと思っていたので嫌な感じはしてたんですよね。


そして7回表。
マウンドには大谷の姿が。
しょうじきこれには驚きました。
出来だったり球数考えたら6回で終わりだろうなと思っていたので。
その前にまず大谷登板時のDH解除が最近のお気に入りだった監督が、DH解除しなかったって事は、ある程度大谷の疲労を考慮してという考えがあるからで、展開によっては早々と交代もあるんだろうなと読んでましたから、あれ?あてが外れたなぁと肩透かしを食った感じに。
結果的にこの続投が裏目に出ます。

井口は抑えたものの、鈴木にデッドボール、田村に4球与えたところで豆が潰れて降板となりました。
この回まともに投げられた球はほとんど無く、やはり続投自体が間違いでしたね。
大谷の後を受けたのはバースではなく谷元でしたが、私はこの時点で失点は覚悟しました。
最近点は与えていないという谷元でしたが、しょうじきいちばん悪かった時よりは少しましになっているものの、良い時の谷元とはまったく違う姿を見せ続けてますし、3タテだけは絶対に阻止したいマリーンズが、大谷を引きずり下ろしたという事で意気があがって襲いかかってくる事は想像に難くないんで。
当たり前のように失点する谷元。
7回表で0対5。
満員で膨れ上がった札幌ドームから、ゾロゾロとファンが帰りだしたのはこのタイミングでした。

しかし、ここまでの連勝は投手のがんばりもあるけど、なんといっても打線のつながりで勝ち取ってきた連勝です。
しかも相手のマリーンズは開幕のころとは違って中継ぎに問題を抱えている。
攻撃回数は残り3回。
逆転もじゅうぶんあり得ると思っていました。


7回裏。
これも驚きだったのですが、スタンリッジ続投だったんですよね。
ボールが大きくそれた時にマウンドで自分に気合を入れるように叫んだり、4球出してヒザに手をついたりと、球数以上に疲れているんだろうなと思わせるしぐさを幾つかしていたのでねぇ。
1アウトから大野が4球を選ぶと、バッターは岡。
初球のスライダーが甘く入ったところを振りぬくと、打球はレフトスタンドギリギリに飛び込む2ラン。
2対5。
これが岡の魅力なんですよね。
思い切りバットを振れる。
だからやはり岡が1番で、西川が2番という並びの方がいいと思うんですけどね。
岡の9番は無いわ。
なんにせよこれでわからなくなったと思いましたね。

またここでマリーンズもスタンリッジを代えるかと思ったら代えないんですよ。
そして西川がヒットを打っても代えなかった。
中島がヒットを打ったところでやっと交代。
敵ながら不可解な継投でした。

打席には陽。
スタンリッジに代わって登板した大谷のストレートをセンター前に弾き返し1点追加で3対5。
続く中田は難しいアウトローのカーブを拾ってレフト前へタイムリー。
4対5。
この回で逆転とはいきませんでしたが、まだまだ試合がわからない状況となりました。


8回裏。
1アウトから市川が出塁するのですが、続く岡がどん詰まりのセカンドゴロ。
ゲッツーかと思われましたが、ナバーロのバックハンドトスが高く、鈴木が伸びて取ったせいでボールの収まりが悪くなり、結果的に握り直して送球してゲッツー取れずというプレーがあったんです。
これが勝敗に大きく関わる事に。


9回裏。
先頭の陽がライトフェンスギリギリまで飛ばすのですが、加藤がナイスキャッチ。
しょうじきこれで7割くらい負けは覚悟しました。
中田が簡単に初球で打ち取られてバッターボックスには賢介。
2アウトでフルカウント。
あと1球で連勝ストップという状況でド真ん中に来たストレートを振りぬくと、打球は低い軌道でマリーンズファンが陣取る観客席へ。


It’s gooooooooonnne!!!
+。:.ヽ(喜´∀`)ノ゚+。:.



同点ホームラン。
鳥肌ものでしたね。
最後の最後でホームラン打って追いつくわけですから。
そうなんです、あのナバーロの守備でゲッツーになっていれば、この賢介の打席は無かったんです。
ミスは怖い。


そしてそして運命の12回裏。
ここでもマリーンズの継投でちょっと首をかしげました。
私はてっきり11回でいいピッチングをした藤岡が来ると思ってたんですよね。
だから引き分けは覚悟してたんです。
そしたら木村が出てきた。
けっこう緊張する場面なのに木村に任せるんだと。
たしかに藤岡は復帰してすぐですから心配があったのかもしれませんが、普段から回跨ぎを経験している藤岡であれば出てくると思ったんですけどね。

打席にはレアード。
ストライクが入らない木村。
4球で出せば代走が出てきますから、歩かせたくはない気持ちがあったのでしょう。
カウント3-1からストレートを投げるのですが、レアードの腕がちょうど伸びる位置に飛んで来る。
レアードが振りぬいた打球は打った瞬間でした。


It iiiiiiiiiiiiiis gooooooooooonne!!!

オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!


サヨナラホームラン。

まさに劇的。
強い強い勝ち方で14連勝。
ちょっと怖いぐらいですね。


今日はマリーンズファンも悔しいとは思いますけど、いちばん悔しいのは7回途中で球場から帰ったファイターズファンなんじゃないですかね。
今シーズンの試合の中でもトップに入る好ゲームだったんですから。




13連勝

 
160709.jpg



またまた強い勝ち方で13連勝。



有原vs石川という事で投手戦が予想されましたが、石川の調子がイマイチで簡単にファイターズが先制。
対する有原は初回こそコントロールがバラつき逆球や浮く球が多かったものの、2回以降はバツグンのピッチング。
相手打線を寄せ付ける事なく8回まで投げ切って9勝目。
頼りになる投手ですね。

しかしこの安定感はなんなんだろう。
しょうじき去年の有原を見ていたら気持ちの弱さがあったので、これは本格化するにはある程度の時間は必用だろうなと思ってたんですよ。
それが1年で変わるもんですね。

その話に繋がるんですが、有原に関してちょっと見誤ってたかなと思ったシーンがこの試合でありました。
2回表。
バッターボックスにナバーロが入るのですが、そのナバーロが有原を揺さぶろうとして初球にバントの構えをしたんですよね。
そしたら有原がそれに気を取られたのか、ストレートがすっぽ抜けてナバーロの顔面付近に。
バットを投げ出して反り返りながら倒れこむナバーロ。
有原をにらみながら立ち上がるのですが、これには伏線があって、初回にレアードが石川からデッドボールくらってにらみつけるというのがあったから、おいおい報復か?というにらみなんですよね。
まぁ有原のストレートが抜けるのは珍しいのですが、それだけナバーロのバントにビックリしたって事なんでしょう。
だから揺さぶろうとしたナバーロはある意味成功したって事なんですけどね。

あぁこれでインコースはいけないからめんどくさくなるなと思ったんです。
そしたら次はアウトコースに緩いカーブでストライクを取り、アウトハイギリギリのストレートでストライクを取り、最後はアウトローにするどく落ちるフォークで空振りの三振を取ったんですよね。
2球目以降はしっかり腕が振れていて、完ぺきなボールばかりだった。
それを見て私は、もしかしたら有原は意外と短気なんじゃないかと思ったんですよね。
あきらかににらまれてから球質が変わった気がしたんです。
舌っ足らずで小学生みたいな受け答えをし、キングダムなんて言われて照れ笑いしている有原を見ていたので、おっとりしているんだろうなと勝手に思ってたのですが、意外と短気で燃えやすいタイプなのではないかと。
それならば1年で変わったのもうなずけるんですよね。


この試合で勝利を決定づけたのはレアードのホームランなんですが、そのレアードにホームランを打たせたのは4番と5番だと思ってます。
8回裏。
表の守備でなんとか失点をまぬかれたファイターズ。
ここでなんとか得点をして楽になりたいのですが、4回以降完全に立ち直った石川がそれを許してくれません。
中田は8球粘りますがセンターフライ。
続く賢介も9球粘りますがサードファウルフライに倒れて2アウト。
4番と5番が石川にしっかり抑えられたのですが、実は2人で17球も投げさせているんですよね。
8回の裏、102球で始まった石川の投球数は、レアードを迎えるときには119球になっていました。
初球外にちょっと外れて1ボール
2球目はカーブが完全にすっぽ抜けて2ボール。
そして3球目。
アウトローに狙ったストレートは、レアードには絶対に投げてはいけないアウトハイへ。
レフトスタンドに吸い込まれる打球。
この投げミスを演出したのはやはり4番と5番の粘りだと思います。
これが出来るクリーンアップのいるチームはやはり強いですよ。
そしてこのホームランにより緊張が切れてしまった石川から谷口と市川がヒットを打って追加点を奪うわけですから、本当に大きなアシストでした。



これで13連勝。
前を見て走るだけのチームは怖いですねぇ。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

出来過ぎの12連勝


160708.jpg




こういう試合はあまり書くこと無いんだよなぁ。
強い勝ち方でしたからね。
何か探して書きます。



先発の高梨は助かったんじゃないですかね。
しょうじき4回位まではダメでしたから。
もしこれで相手のピッチャーが好投していたら、さらにプレッシャーがかかってメタメタになってたんじゃないですかね。
打者陣に感謝という登板だったでしょう。


中田に結果が出るようになってきました。
見立ては間違ってなかったんだとホッとしてます。
しかしまだ4番中田に求められているものには遠い。
これからが楽しみではありますが、あんまり期待しないようにしておこうと思います。


もう今日はコンサートみたいな試合だったんで、気楽にビール飲みながら見てました。
調子悪い投手をとらえただけではなく、中押しダメ押しと出来たのも良かったし、新垣・白村が、ダレそうな試合展開でしっかりと質の良い球を投げてくれていたのも良かった。
ラッキーや相手のミスで連勝したわけではなく、しっかりと実力で連勝したんだというのを見せられた試合。
出来過ぎですけどたまにはいいですよね。




11連勝


160705.jpg




昨日は夫婦で美味しいお酒を飲みに行く予定だったので、試合終了後に出かけたんです。
なので酔っぱらって更新できず。
しょうがないから今日の試合と2試合分書こうと思ったら、今日の試合雨で流れてやんの。
野球は屋外が良いとか言うけど、個人的には暑いし寒いし虫がうるさいし雨も風もあるからやっぱ屋内がいいわ。
しょうがないから昨日の試合の事を。


間違いなく裏ローテであるこのカード。
連敗だけは絶対に避けたい試合で地方球場のメンドーサとか怖さしかない状況でプレイボール。
レアードのホームランで先制したと思ったら、またも吐き出すメンドーサ。
野球の摂食障害ですね、もう。
7回にも点を取ったあとにホームランくらってるし。
本人は最低限と言ってるけど、しょうじきこれで合格点は無い。
もう少し貪欲になってくれればいいんだけど、なんにも変わらずに笑ってるだけだからなぁ。


谷元が登板しましたが、まだ復調とは言えない状況ですね。
絶対に復調してほしい選手なんで期待してるんですが、もう少しかかりそう。
先発も中継ぎも薄いんで、若手にはチャンスなんですが、ファームの試合を見ていると、榎下以外はまだまだ無理かなって感じなんで苦しいですね。

中田になんか元気が戻ってきたような。
失敗に終わったけど盗塁なんかやってたし、球の見極めも良い感じだし。
まだまだファンが求める打棒には遠いですが、少しずつ復調していると思います。



この勝利で11連勝。
しかし今日は雨で流れて明日も試合無し。
連勝して調子がいいこの状況で試合が無いというのはなんとも歯がゆいですが、裏ローテというのを考えると、逆に良かったのか?なんて思ってしまいます。
どこまで続くんですかね、この連勝。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

投手が初球HRで10連勝で2位で・・・

 
160703.jpg




大谷が登板する試合。
当たり前のようにDH解除なんですが、なんと大谷が1番に入る驚きの打順。
まぁ前日に陽が足にデッドボール受けてたのと、もともと足の状態が悪いというのがあってスタメン落ちしましたし、大谷をトップに入れれば降板後も2番の西川が1番みたいな打順になりますからね。
理にかなってるといえばかなってるんですが、なかなか見ない打順でし・・・


カーーーン!!


∑(゜ロ゜ノ)ノ



右中間中段まで飛んで行く打球。
初球先頭打者ホームラン(投手)
なんじゃそりゃ。


自分で先制点を取った大谷。
今度は投手として相手打線を抑えにいきます。
しかし今日はストライクゾーンが狭く、なかなか波に乗っていけない。
ただ、この狭いストライクゾーンで困るのはコントロールに難のある相手先発の中田だろうと思っていたのですが、これがストライク先行で良いピッチングしてるんだ。
あれ、話が違うと思っていたらあっという間に5回終了。
ちょっとイヤな感じで迎えた6回に試合が動きました。

先頭の中島が内川のエラーで出塁すると、大谷が4球を選んで、西川がバント。
しかしここで中田が1塁に悪送球。
ノーアウト満塁に。
ここでコントロールの問題が飛び出すのかと喜んでいたら、そのあと結局中田の押し出しデッドボールの1点のみ。
どうにも楽になれない。
なんか損した感じの嫌な流れだったのですが、ここから大谷が自分のピッチングを取り戻しました。
三振とゴロの山を築く大谷。
けっきょく8回まで危なげなく投球し、最後の9回はマーティンが三者連続三振で試合終了。
試合が終わる前にマリーンズが負けていたので、投手が先頭打者初球ホームラン打って、首位を0封でスウィープして、10連勝で2位に浮上というなんかいろいろあった試合でした。

そして中田にヒットも出たし、いろいろおもしろい試合でしたね。
さて次から問題の裏ローテなんですが、はてさてどうなる事やら。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

9連勝

 
160702.jpg




ホークスに連勝です。


まぁホークスに連勝とはいえ、ホークスにしたら大した事のない連勝ですからね。
ホークスファンにちょっと勝つ事のおもしろさを思い出してもらうぐらいの連勝ですよ。
騒がずに粛々といきましょう。
粛々と。



さて試合。
なんといっても有原のピッチングでしょうね。
本当に安定して投げてくれますね。
ホークス打線に元気が無いというのもあるけど、スタミナを温存しながらも、力強い球をコントロール良く投げているのを見ると、本当に将来エースになるなって思いました。

そしてこの試合がホームならば、間違いなくヒーローとして呼ばれたであろう市川の事も触れないわけにいきませんね。
まずリードが良かった。
前日は大野がうまく散らして絞らせない配球でしたが、市川は力勝負しつつ裏をかく市川らしい配球で0封勝ちを演出。
俺が市川だって感じの仕事でした。

打つ方ではやはりあの3ランですよね。
谷口が盗塁して2アウト2・3塁。
外野がグ~ッと前に出てきたのですが、その遥か上を打球が飛んでいきました。
この一発で楽になりました。
攻守で存在感を発揮してくれましたね。
ありがたいありがたい。


中田にヒットが出ましたが、あれは中田の前の陽がデッドボールをくらったんで、インコースは無いと踏んでのアウトコース逆方向打ちでしたから簡単に喜べるものではないんですけど、それでもやはり打球に角度が出てきた気がするなぁ。
なんかこれ毎回書いてる気がする・・・


ここまできて大谷で負けるとガッカリしてしまうので、しっかり勝って連勝を伸ばしたいですね。



当たり前


160701.jpg




高梨が好投!


なんですが、別にって感じ。
だってこういう投球はオープン戦の時から、もっと言えばキャンプの時から想像してたんで、驚くとか、喜ぶとかいう感情がわかないんです。
当たり前でしょって思うから。
これくらい出来る先発投手が、なぜだか中継ぎをやってたってだけで。
やっと本来の場所に戻っただけですよ。
これでもう変に間あけたりとか、谷間で使われたりとかしなくなるでしょうね。
そういう意味では好投して良かったねと思います。


なんかFOXの太鼓持ち実況で見ていると、ホークス打線に打たれてもともとで向かってくるから勢いがあるとか、最強ホークス打線に好投したんだから自信になるだろうとかいつもどおりの上から目線放送やっててアホなのかなと思います。
どう考えたって今のウチでは大谷・有原・高梨が先発トップ3なわけで、この3人を表ローテでぶつけちゃったら裏どーすんだって頭痛い状況なわけですよ。
だから打たれるの覚悟とか、負けてもともととかいうわけのわからない起用じゃなくて、本当に3つ取りにいくために3人をぶつけてるんですよね。

ホークスファンが高梨と和田なら和田が勝つに決まってるでしょっていうのはわかるんですよ。
ホークスファンが高梨に興味あるわけ無いし、2軍で『鎌ヶ谷のドクターK』なんて呼ばれてたくらい三振奪取率がすごいなんて知るはずがないし、知る必要が無いから。
だけどプロとして解説してる柴原が予習もしないで『なかなかいい球投げますねぇ』とか『いい選手が出てきましたねぇ』とかぽっと出の新人じゃないんだから今さら何を言ってるんだって話ですよ。
さらに唖然としたのは終盤に『ハムは今、増井の代わりをマーティンがやってますから、マーティンが出てくるような状況が作れればおもしろいですよ』というようなことを言い出したんですよ。
へ?と思うじゃないですか。
そして実際にマーティンが出てきたら『増井が帰ってくるまでの間、マーティンでどれだけガマン出来るかですね』って笑いながらしゃべってるわけですよ。
いや、どれだけのファイターズファンが増井が2軍に行った事で安堵し、マーティンがいて良かったと思ってるかって話でしょ。
間違いなく柴原の頭の中では連続ボークを出してイライラしてるマーティンというので時間が止まってるんですよね。
そんでマーティンがストレートで三振取ると『・・・いい球投げますねぇ・・・』とか言ってる。
もう呆れますよ。
ホントに野球の解説って勉強しなくてもやっていけるんですね。



脱線しすぎ。
試合ですが、ウチらしさがよく出ていて良かったなと思います。
ディレードからの得点とか、センターに打ち返すバッティングとか粘りとか隙の無い走塁とか。
相手が嫌がる攻撃を見せてくれました。

相手が嫌がる守備という事では、この試合なら大野でしょうね。
カーブを上手く使って相手打線を翻弄していました。
ナイスバッテリーと言っていいんじゃないでしょうか。


中田はこんなもんでしょ。
すぐに良くなるわけがない。
だけどやっぱり打球の角度が良くなってきてる気がするんだよなぁ。
でもスタメンで使うほどの期待感じゃないとも思うし。

今は中田の前後が活躍してるからいいですけど、明日以降のホークス戦で、中田が打っていればという試合になった場合、ローテ崩してまで勝負に出た監督はどうするんですかねぇ。
明日も中田の活躍が必要ないくらいの試合になればいいですが、そんなに甘くないですからね。
どうなることやら。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07