拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2015 日本一はホークス





ホークスの優勝で今年の野球シーズンが終わりました。
まぁこれほど予想しやすい日本シリーズも珍しかったんじゃないですかね。
しょうじき交流戦の時にはもう日本シリーズでホークス優勝というのが頭に描けてましたから。
スワローズどうこうじゃなくて、ホークスが強かった。
そういうシリーズでした。

ただ、2015年の日本シリーズと言えば?と聞かれたら、間違いなく『山田の3打席連発』と答えるでしょう。
それくらいあの試合はインパクトがあった。
そこが唯一ホークスがスワローズに負けたところじゃないですかね。



なんかホークスの優勝で『強すぎる』とか『圧倒的』という驚きの声の中に、『金満』とか『あれだけかき集めたら』という嫌味の声も大きくなってきた気がします。
まぁ事実の部分もありますけど、金かけて大転倒してるチームもあるわけですから、明らかにお金をかけるチームの成功例と言えると思います。

強すぎておもしろくないという人も多いんですが、私は個人的にホークスが強くいてくれる事をありがたいと思うし、このまま強くいてほしいと思います。
だって強いチームがいたほうがやる気出るじゃないですか。
応援だって気合の入り方が違いますしね。
毎年優勝チームが変わるのは理想ですけど、それは全チームが高いレベルで争っていてこそおもしろいんであって、J、リーグみたいに低いレベルで争ってて、去年優勝したチームが今年は降格争いとかやってるのなんておもしろくもなんともない。
だったら強いチームが1チームあって、みんながそれに負けまいと努力する方が見てておもしろいと思うんですよね。

孫さんにはこのままがんばってもらいたいと、工藤監督の胴上げを見ながら思いました。



スポンサーサイト

ゆったりなオフ




ホークスが連勝しました。
これでホークスの強さと、こんなチーム相手にレギュラーシーズンを戦わなければならないパ5球団のめんどくささをセ・リーグファンは知った事でしょう。
神宮で初戦取らないと、スワローズはマズいでしょうね。


さてファイターズ。
まだ確定ではありませんが、大野と矢野がFA行使せずに残留だとか。
これが本当であればファイターズにとって大きいですね。
いくら近藤が正捕手を狙うと言っても守備がどうなるかわかりませんからね。
まだまだ大野の力は必要だし、ここいちばんでのモチベーションを上げる矢野の存在は貴重です。

なんか今年のオフはゆったりですねぇ。


日本シリーズ&契約

 


日本シリーズが始まりました。
まぁ関係ないのでそこまで熱くなっていませんが、とりあえず見てます。
この試合で思ったのは、やはりホークスの分析力が優れているんじゃないかって事です。

確かにすばらしい打線なので大谷でさえ捕まるのはしょうがないと思いますけど、言っちゃ悪いがそこまででもない選手に大谷のストレートをジャストミートされたりすると、やっぱ首を傾げたくなるんですよ。
ストレート一本に絞ってたというのならしょうがないとあきらめもつきますけど、きわどいコースに飛んで行く変化球を、しっかり見逃して打たれるんで、いくらストレート待ちと言っても出来過ぎの感があり、これはもうクセとかがバレてるんじゃないかと思う場面がシーズン中に何度もあったんですよね。

この試合でもそうですけど、二巡目には石川の球を確実に捉えていて、ちょっと選手個人の能力云々というより、分析力がスゴいんじゃないかって思ってしまうんですよ。
難しい球を、待ってましたで打ち返してるの見ると、そう思えて仕方ないんですよねぇ。
来シーズンからは厚沢さんが、相手ピッチャーの攻略を担当するそうですから、ちょっと期待して見ていきたいと思います。
なんてったって今年のウチは、チームで投手を攻略とかいう試合が少なかったですから。


まぁレギュラーシーズンを見ているようなホークスの勝利で、こんなもんじゃないのって感じ。
勝負は第2戦からと言うし、明日からが本当の戦いなんじゃないですかね。
最後に畠山が意地のホームランを見せたんで、おもしろい試合になってくれればと思います。



さて、ファイターズに動きが。

メンドーサとレアードとの契約が正式に決まりましたね。
メンドーサは子供の養育の問題があるから、在京球団に移籍をしろと嫁が言っているという噂が広まっており、ネットなどで『そりゃあんなクソ寒い田舎より、東京のほうがいいわな』などと好き勝手に言われていましたが、フタを開けてみれば、メンドーサにはファイターズ以外の球団でプレーする考えは無く、家族も北海道が好きという結果に。
田舎が環境がという読みが外れた奴は、自分の常識がいかにしょ~もないか実感してるでしょうね。

メンドーサの2年に対し、レアードは1年となってるけど、今年の年俸が低く、来年の活躍が期待される選手に複数年はレアード的に損だし、ファイターズ的にもコケた時の保険になるので良かったんじゃないかなと思う。


しかし、ハーミッダとライブリーはさよならとなってしまいました。
ライブリーはしょうがないかと思いますが、ハーミッダはもしかしたら来年まで残すのかと思ってたんですけどね。
レアードのようにアジャストする可能性もあるし、ホフパワー残した前歴もあるので。
ただレギュラーシーズンの最後の方で見せた打撃は、なんかハーミッダの心が折れてるのかな?と思わせる打席が多かったので、そこら辺が判断材料になったのかもしれません。


もひとつ話題は、コーチが新しくなりましたね。
金子がコーチとして戻って来て、高橋信二も戻ってくるという。
なんかファンの中には戻ってくるだけでスゴい補強だ!みたいに言う人がいますけど、あくまでコーチをやった事が無い人であり、実績が無いわけですからねぇ。
うれしい!とか、楽しみ!というのならわかりますけど、金子がコーチになったら、監督になったら良くなるに決まってる!という根拠の無い期待は、金子のためにも高橋のためにも良くないと思うので、もう少しぬるい目で見守ったほうがいい気がします。

後はピッチングコーチですね。
もしかしたら、ついにあの人が来るんじゃないですか?
栗山さん、白井さんと同い年の3人がベンチに居るのはおもしろいだろうなぁ。
来年は北海道新幹線も走る事だし。
ちょっと楽しみ。




2015 ドラフト




ドラフトが終わりましたね。
新社長はくじ運が無いというのがわかるドラフトでした。

まぁそれでもハズレハズレのわりには上原が取れたというのは良かったです。
ハズレてもあまりダメージが少ないのは、やはり今年のドラフトは飛び抜けた選手が少ないというのがあるんじゃないかと思いました。
逆に言えば、みんなレベルが上がってきてるという事かもしれません。

高校生の高橋・小笠原を外したから、大学生の上原獲得はわかるんですよ。
だけど2位以下を見たら、高校生を育てるというイメージが強いファイターズにしては大学生が多く投手が多いので、即戦力を考えてるのかなぁという感じを受けました。
それで思ったのですが、栗山監督は来シーズンを集大成にしようとしているのかもという事です。


大谷も来年が4年目。
大谷が選手として開花すると予想されていた年です。
まぁ私が思ったより1年早く出来上がってしまった気はしますが。

中田や陽がチームの中心となる選手になり(活躍しているかは疑問ですが)吉川も復活してきました。
その他の若手も飛躍の年となる可能性は高い。
ここで投手力をしっかり固めて、優勝を狙うつもりなのかなと。
そして有終の美を飾りたいのかと感じたんですよね。
まぁもしかしたら再来年の話かもしれませんけど。


ちょっと何かしらの意図を感じるドラフトでした。



さて、来る人あれば去る人も。
ファイターズが森内・佐藤賢・佐藤正と来季の契約を結ばないと発表しました。
森内は即戦力として取ったし、佐藤賢は何か迷ってる印象を受けたのでしょうがないかなと思います。
どこか取ってくれる所があればいいですが。
問題は佐藤正ですね。
早い段階で行方不明とか言われてましたから気になります。
まぁなんにせよ、みんな新しい人生をがんばってほしいなと思います。


日本シリーズ進出チームが決定




日本シリーズはホークスvsスワローズとなりましたね。
良かった良かった。


まぁホークスが勝ち抜けるのはやる前からわかってた事なんでいいんですけど、スワローズがここまで強く勝つとはねぇ。
セ・リーグはスワローズファンなのでうれしいです。

日本シリーズの予想ですが、やはりこういった短期決戦で、なおかつ普段やらないチームとの対決になればそうそう打てないのは目に見えています。
なのでやはり投手力が重要だと思うので、先発の数と中継ぎの質を考えたら、4勝1敗でホークスかななんて思ってます。




2015 シーズン終了





今シーズン終了です。



試合内容に触れたいけど、どうしよっかな・・・
ん~、止めとく。
これでお察しください。


かわりと言ってはなんですが、必ずこの時期になると出てくる話題であり、毎回ブログで書いてる気もするんですけど、とりあえずまた書きます。

ゲーム差が開いている状況であるにも関わらず、CSで下位チームに負けてしまう。
まぁ負ければ悔しいのは当たり前だし、恨みごとの一つも言いたくなるもの。
特に今年は大きく突き放していたし、6年連続3位が勝ち上がるというおかしな状況になってます。
2位に何のアドバンテージもなく、2試合という超短期決戦が関係していると思いますけどね。

ただ、ただですよ、何ゲーム離そうが、シーズンが始まる前からこれは決まっている事なんですよね。
ハッキリ言ってCSというものが出来た瞬間から、レギュラーシーズンはCS進出するための椅子取りゲームなんですよ。
ただ長いだけのね。
これはもうしょうがない。
チームが目指すのは日本一であって、リーグ優勝ではないわけですから、レギュラーシーズンの優勝なんて1勝のアドバンテージをもらうおまけみたいなものなんです。
優勝したのに、ゲーム差離したのに、3位のくせに、2位のくせに。
そんなものは関係ない。
あくまでも出場権とアドバンテージを争うためのもの。
なのでマリーンズが勝ち上がっても私はそれほどショックは受けていません。
勝てないファイターズが悪いんです。


でもあんなに選手が1年間がんばってきたのにと思う気持ちもあるのは確かです。
だからこれを解消するには、やはりゲーム差によってアドバンテージを増やす方法が良いと思うんですよ。
毎回書いてますけど。
いくらなんでも5ゲーム離されたら1勝のアドバンテージを与えるというふうに。
優勝チームは最初から1勝のアドバンテージを持っていて、2位に5ゲーム以上離せば1+1で2試合分。
10ゲーム以上離れていれば3試合分というふうに。
3位とも同じ条件で。
CSをやらないわけにはいかないから3試合以上はアドバンテージを与えられないけど、4連勝しなきゃいけないチームと、1勝でオッケーなチームという対戦なら、ゲーム差を離した優勝チームのファンも納得できると思うんですよね。
2位と3位も同じ条件で、3勝した方が勝ちという具合に。
これが実施されれば、ほぼ上位陣の消化試合なんていうものは無くなりますよ。
そのかわりレギュラー陣の消耗が激しくなるでしょうから、登録抹消した際の再登録を5日間にするとか必要になるとは思います。
何球以上投げた投手は7日間とかいう細かいのも必要になるでしょうけど。

まぁけっきょく興行が打ちづらいというのが最大のネックになってるからやらないんでしょうが、この中途半端な制度を続けるくらいなら、思いきった方がファンのためだと思うんですけどねぇ。



ファンの皆さんもツライでしょうが、ファイターズは2年後3年後が楽しみなチームなわけですから、来シーズンを楽しみにしてちょっと一休みしましょう。
そうしたらまた立ち上がる気力も湧いてくると思うので。


とりあえずお疲れさまでした。



流れを呼びこむ有原の快投


151011.jpg



興奮したなぁ。



とりあえず今年最後の観戦に行ってきました。
負ければ終わりの試合。
ドキドキしながらメンドーサの立ち上がりを見る。
失点。
嫌な感じを受けるが、1点で終わる。

チェンの投球。
ファイターズの打者が早打ちしているのがわかる。
ファーストストライクを積極的に打ちにいってるのはいいんだけど、陽が見逃し三振をしたのが気になった。
気分屋なだけに、この後が心配だなぁなんて思ってました。

立ち直るメンドーサ。
相変わらずファーストストライクを打ちにいくが捉えきれないファイターズ打線。
1点なのに、だんだん重たくなってくる。


ここ最近マリーンズとの試合では、こちらにばかりミスが出て、相手には好プレーが飛び出して敗戦というのが多かった。
CS第1戦でもそう。
とにかくマリーンズにミスが出ないと流れは変わらない気がしていました。
そしたらある意味大きなミスと言ってもいい先頭バッターの4球というのを3回にチェンが出す。
お!来たか!と思ったら、大野がバントミスでお返しをする。
情けない。
ただファイターズ打線は毎回のようにランナーを出しており、何かのきっかけがあれば流れを引き寄せる可能性はあると思って見ていました。

5回表、追加点の危機を回避するとその裏でした。
この試合前半のキーマンである杉谷がセンターに弾き返す。
ノーアウトのランナー。
しかしまたも大野がこのチャンスを生かしきれない。
がっかりしていたら、陽の打席で杉谷が飛び出すミス。
『何やってんだ!』と叫んだら、チェンが1塁に送球して杉谷が盗塁成功。
今度はチェンに向かって『何やってんだ!』と笑って叫びました。

何はともあれ待ち望んでいた相手のミスが出たわけですから、これをなんとかと思っていたら、陽が当たり前のように見逃しの三振。
今度は力なく『何やってんだ・・・』とつぶやきました。

相手がミスしてくれても、こっちがそれをミスでお返しする。
それではなかなか流れは来ない。
苦しいなと思っていたら中島が珍しく引っぱって同点タイムリーを放つ。
嬉しかったがしょせん同点。
この後に流れをつかむためにはしっかり守る事だと思っていたら、6回から谷元にスイッチ。
メンドーサも立ち直っていたし、早いかな?と思いましたが、流れをつかむためにしっかり仕事をする投手を入れてきたんだろうと納得は出来ました。
しかし、その谷元がピリッとしない。
絶対に0で抑えたいという事で投入された投手が簡単にヒットを許し、4球与えて失点。
ただレアードの好守備により1失点だけですんだというのが大きかった。


マリーンズも早めの継投策に入る。
益田に3人で抑えられ、嫌な感じが球場を包んでいる状況でマウンドに上った投手の名前を聞いて、球場がどよめきます。
登板したのは有原。
この時点では総力戦だなとは思いましたが、ファイターズに勝利を呼び込む選手になるとは思ってもいませんでした。

力のある速球がミットに収まる。
キレのある変化球で空振りを取る。
球場が有原の投球に酔っていくのが感じられました。


8回表。
快投を続ける有原。
しかし不運な形からランナーを出すと、鈴木が放った打球は左中間へ。
7回に代打で入って、そのままレフトの守備についていたのが矢野だと思い出す。
ここで追加点かと思った次の瞬間、矢野が懸命に伸ばしたグラブにボールが吸い込まれる。
球場のボルテージが一気に高まるのを感じました。

有原の快投。
与野のファインプレー。
球場の熱気。
逆転にはもってこいの空間がこの瞬間に出来上がりました。


8回裏。
先頭の賢介がストレートの4球で出塁。
得点の匂いに湧き上がるファイターズファン。
中田が倒れるものの、近藤が意地の内野安打。
しかしここで1塁手と交錯した近藤がいったんベンチへ。
この間がマウンドの大谷にどういう効果をもたらすのか。
それが気がかりでした。

バッターボックスにはレアード。
全体的に球が高い大谷。
5球目に抜けたストレートをレアードは見逃しませんでした。
センターフェンス直撃の同点タイムリー。
2塁ベース上で握りつぶすんじゃないかというくらい力を入れて寿司を握るレアード。

球場がファイターズファンの期待で爆発しそうな場面で出てきたのは、勝負師矢野。
当然のように初球のカーブを叩くと、打球はポトリとセンター前に。
球場が歓声で爆発する。
まさに流れの怖さを感じる試合でした。



勝ち方は最高だったと思います。
この勢いを生かさない手はないでしょう。
とにかく吉川の立ち上がり。
それが勝敗を決める気がします。
もう少し野球を楽しませて下さい。




認めたくないものだなぁ





若いって嫌ね。



大谷は完全に調整不足。
変化球が一つも使えない状況ではストレートを狙い打ちされても仕方がない。

鍵谷も白村もそう。
投手コーチは何やってんのって感じ。
よく若いってすばらしいみたいな言い方されるけど、たいてい若さというのは良い方に出る事がない。
振り返ってみて、あぁあの頃は良かったなと思うものだ。

大谷の3年目とダルの3年目の大きな違いは、精神力だ。
持っているものは明らかに大谷の方が上だろう。
しかし、ダルは気持ちが強い反面、クレバーなところも持っていた。
それに対し大谷は、のほほんとしているように見えるが、実はとてつもなく負けん気が強い選手。
そこが空回りする場面が今年も多く見られ、序盤の大量失点であったり、勝負どころで崩れたりという脆さを露呈していた。
この大一番でそれが出ちゃったものね。
若いんだよねぇ、まだまだ。


明日で終わらないようにがんばらないと。
私も明日応援に行きますので、今日はこれくらいにして寝たいと思います。
とにかくみんなでがんばろう。



2015 ホーム最終戦





最終戦で目がさめるのかな?



しょうじき負けたところで別にいいかなと思ってました。
ライオンズも負けてたし、これでマリーンズがCS勝ち上がってくるんだなと。
けれど、マリーンズが点を取り過ぎましたね。

これが4対1とか5対1なら別によかったのですが、10点でしょ。
マリーンズとの試合があと2試合残ってますけど、ホーム最終戦でこういう試合やられて、CS進出もウチ叩いて決めたとかなれば、それはもう調子に乗らせるわけにはいきませんからねぇ。
ウチと戦う時点でCSを決めてるのかどうか知りませんが、プレCSとして2試合を全力で叩きに行かないとね。

順位が確定し、ウチもホークスも気が抜けた試合をやってますが、良い意味でマリーンズがウチを叩き起こしてくれたんじゃないですかねぇ。
そろそろCSに向けてエンジンを温めましょうかね。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10