拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

ノーアウト満塁の三振

 
150928.jpg



レアード寿司大繁盛ですね。



しかしレアードがこんな感じになるなんて、オールスター前は考えもしなかったなぁ。
シーズン開幕当初はよく打ったんだけど、だんだん攻略されて打てなくなる助っ人はたくさんいますけど、だんだん打てるようになる助っ人はそういないですからね。
そういう意味では来シーズンも頼りになる助っ人ですね。


この試合の先発はマサル。
低めにもしっかり決まってたし悪くなかったんですけど、失投をスタンドに運ばれてしまいました。
例えば中村勝であればカーブがもう少しコントロール出来ればなぁとか、鍵谷であればストレートの威力が戻ればとか、斎藤佑樹であればフォークの精度が上がればとか、ここからさらに勝てる理想の形みたいなものが思い浮かぶんですけど、マサルのピッチングからはそれが感じられないんですよね。
だって悪くないピッチングなのに簡単に弾き返されて、スタンドまで軽々と運ばれてしまうんですもん。

ただこの日はストライクゾーンが狭い審判だったからというのも打たれた理由だと思います。
コントロールが命のマサルにはストライクゾーンの広さは大きく影響するので。
しかし逆に言えば、ストライクゾーンが広くないと通用しないとも言えるんですよ。
ちょっと心配なんですよねぇ。

マサルだってこの日のピッチングは悪くなかったと思ってるはずなんですよ。
それが4回投げて被安打7の2HRで3失点。
最近の引退ラッシュもあるので、もしかしたらと考えてしまいました。
個人的には大好きだし、マサルにもう一度輝いてほしい。
だけどマサルファンは今年とまでは言わなくても、来年くらいは覚悟を決めておいた方がいいかもなと思ってしまいました。
これが単なる杞憂に終わればいいなとは思っていますが。


この日の個人的に好きだった場面は、8回表。
ノーアウト満塁で中田が三振したシーンです。

2点を追う終盤の8回。
ノーアウトで4番中田に回ってきました。
ここで中田が考えるのは2つ。
一発でひっくり返す打撃を選択するのか、それともヒット性の当たりを狙って繋ぐ野球をするのか。
引きつけて逆方向に強く打ち返す打撃を選択すれば、間を抜けて同点か逆転まで狙えるし、最悪でも犠牲フライは狙えるかもしれない。

だけど、お互いが調整みたいなメンバーでやってて、勝敗すら意味のない試合なのに、ここで日本代表の4番を張ろうかっていうバッターが当てにいく消極的なバッティングを選択するようなら、結果を出したいというのが4番のプライドを抑えたって事でしょ。
もし当てにいくバッティングを選択するようなら、今年の中田はもうこのまま終わるなと思ってました。
それが初球にここ最近見なかったようなフルスイングですよ。
相手が森という事もあって、ストレート一本に絞れたというのも大きかったと思いますが、それを見てホッとしました。
結果は三振でしたが、三振した球はバツグンのところから落ちるフォークだったんでしょうがない。
それよりもスイングが全部レフトスタンドに向かっていたというのが嬉しかったんですよね。
三振でしたけど、よくやった!と思わず声が出てしまいました。
やはり中田の魅力の第一は豪快なスイングですからね。
見てても気持ちの入らない試合で、こういう選手のがんばりを見せられると、さらに応援したくなりますねぇ。




スポンサーサイト

3試合分





どうも気持ちが乗らない状況だし、試合内容なので、記事を書く気持ちが起きづらいなぁ。
とりあえず3試合分まとめて。



斎藤はちょっと変化球が思ったように使えないと厳しいですね。
巷では監督の寵愛がどうこう言われてますけど、大谷・メンドーサ・有原・吉川の4人以外に安定した先発がいないというのが現実なので、しょうじき試合観てないならやいやい言うなという感じ。
とにかくCSに向けて誰が先発の5人目になるのかが問題なので、誰でもいいから使ってみたいと思うピッチングをしてくれないかなぁ。


メンドーサはもう投げてみないとわからない感じになっちゃいましたね。
去年の負け数は援護がなかったからというのがよく言われたけど、今年を見ていると、やっぱりメンドーサにも問題があるからこの状況っていうのが理解できる。
CSに向けてちょっと不安になってきました。


大谷は勝ったけどあまり良くないピッチングでしたね。
それでもこれぐらいは出来るよという内容。
ただここ最近の大谷の投球は、本人も納得がいかない登板が続いているんではないですかね。
魔神大谷を取り戻すために、なんとかがんばってほしいなぁ。


陽はホントによくわからない。
ただ調子は上がっていない事だけは確か。
今日はホームランが出たけど、だからといって調子を取り戻した感じもないし。
元の陽に戻るのはいつになるのか。


中田はタイムリーが出てますけど、軽打が多く、見逃し三振もあったりと、どうにも積極性が影を潜めている感じがします。
これが復調するために本人が考えてやっているならいいのですが、結果を求めすぎて消極的になっているんだとしたら、復調はまだまだ先になるかも。
とにかく中田が打てなければファイターズが勝利する確率はグッと下がるわけですから、とにかく早くこの状況から脱して安心させてほしいです。


ハーミッダが戻ってきました。
マルチを打つ試合もありましたが、まだ追っかける打撃を見せています。
今日は左という事で使われませんでしたが、そんな事を言ってないでどんどん使って見極めてほしいんですよね。
岡も谷口も杉谷も使いたいのはわかりますが、だったら先に休ませてあげる選手がいるだろと思いますけどね。


なんか監督がCSで近藤をキャッチャーで使いたいみたいな事を言ったという話を聞いたんですけど、それが本当であればDHで使うのはとうぜん大谷でしょ?
という事は第1ステージで大谷を投げさせないで、ホークスにぶつけるって事なんでしょうか。
まぁ真偽の程は定かではないのでなんとも言えないんですけど、まぁどうなんですかねぇ。




浅間は別


150923.jpg




先輩に早く試合を終わらせてくれと言われて、本当に試合を終わらせる若手がウチにはいます。



先発の有原は、よく言えば尻上がり。
悪く言えば立ち上がり不安定。
まぁそれでも投げるたびに有原らしさが出てきていますから、いい感じだと思います。
ドーンと鮮烈デビューして、あとは尻すぼみなんていうのはたくさんいますからね。
来年が楽しみな投手ですねぇ。


鍵谷がお立ち台に立ちましたが、まだまだストレートが戻ってきていない。
そのかわり変化球の切れがいいので打ち取れている感じ。
もしこれでストレートが戻るようなら、間違いなく抑えとしてやっていけるでしょう。
早く戻るといいなぁ。


石川亮は打撃でアピール。
先制点となる犠牲フライを打つのですが、狭い球場ならもしかしてと思わせるような犠牲フライでした。
バンデンハークの速いストレート一本に絞ったと言ってますが、絞ってても打てない打者がいるわけですからね。
しかもけっこうなパンチ力。
それでいて右に技ありのヒットを打ったりする。
打率を残すとは思わないけど、柔らかいバッティングをするなって印象がありますね。
キャッチングも無難にこなすし、まだ20歳。
ちょっとおもしろいですねぇ。



なんといってもこの試合は浅間でしょう。
ファイターズは育成のチームと言われますが、浅間を育てた覚えはありません。
だって入ってきた時からこれだったもの。
金属バットから木製バットに変わる難しさを物ともせず、涼しい顔して右に左に球を弾き返す。
新人なら気後れしてしまうフライでも、俺のボールだろ?と言わんばかりに賢介や陽から奪っていく。
投げてはコントロールされたボールをキャッチャーに返球する。
走っては判断の良い走塁を見せる。

天才ですか?

19歳でこの働き。
よく3位まで残ってたもんだ。
がんばらないとマズイよ西川。




急募:初回から安定して投げられる投手の方


150922.jpg




安定して初回から投げられる投手の方いませんか~。



劇的なサヨナラ勝ちはうれしいですが、そのサヨナラを産んだ原因は立ち上がりの吉川の不安定さです。
なんでウチはこんなに立ち上がりの悪いピッチャーが多いの?
たしかに投手は立ち上がりがいちばん難しいと言いますが、失敗しすぎでしょ、ウチは。
コーチの問題にもなりますよ。
順位が確定した消化試合のような雰囲気だったから3失点で済んでますけど、これがCSのような緊張感の高い試合なら吉川は飲み込まれてますよ。
これじゃ困るんですよね、いくら尻上がりに良くなろうが。
困ったもんだなぁ。


困ったで言えば陽のバッティング。
初回に打ったヒットを見た時に、すごく気持ちよくバットを振ってたのが印象に残ったんですよ。
帆足と合うのかなんだかわかりませんが、この顔でバットを振る陽は固め打ちすると思ってたら案の定。
調子が上がってきてこの結果なのか、それともたまたま気持ちがノッていたのかさっぱりわからない。
こういうバッティングされるとホント困るんだよなぁ。
おお~調子が上がってきた!と思って次の試合に期待して見ると、しっかり裏切られる。
期待して良いんだか悪いんだか判断に困るわぁ。


岡が気持ちよくスイングしてましたね。
もしこのバッティングが続くなら、確実に戦力アップですよ。
本物なら。
本物なら・・・


鍵谷はまだ本調子じゃないですね。
もうちょっと時間がかかるかな。
どんどん投げて、どんどん調子を上げてほしいです。



今日の試合はバンデンハークをどう打つかですね。
まぁ手の内は全て見せてはくれないでしょうけど、前回は少し攻略の糸口が見えた感じがしたので期待したいと思います。




新しい戦力出てこいや


150921.jpg




何度も書いていますが、試合の勝ち負けなんて、ど~~~~~~でもいいです。
特に順位が決まった今ではどうでもいい。
ホークスとのCSに向けて大事な試合だと言う人もいるかもしれませんが、こんなのはサッカーで言えば親善試合。
お互いが相手を確認する事はあっても、手の内を披露するわけがない。
ここで相手の弱点を突いて攻略して、相手がCSで対応してきたらバカじゃないのって言われますからね。
とはいえウチみたいなギリギリのチームは隠すほどのものなんて無いし余裕も無いですけどね。
でもホークスはそうではない。
なので勝ち負けにそれほど価値は無いんですよね。
それよりもCSに向けて調子の悪い選手が上がるのか、どんな新戦力が出てくるのかの方が大事。
ただ現地観戦のファンの方がいるので、勝った方がいいちゃあいいんですけどね。


レギュラー組で問題なのは陽と中田。
陽は第1打席でヒットは出ましたが、ヒットになったという感じ。
まだ何か考えてるみたいで、陽独特の明るい笑顔はありませんでした。
ちょっと復帰の感じが見えないなぁ。

中田もいっしょ。
圧倒的に打者有利の状態から凡退して自分にいらだってました。
ホームランを連続で打っても調子が上がらない。
ヒット狙いに変えて結果が出ても調子が上がらない。
これだけ自分のバッティングをつかむのに時間がかかる4番もどうなんかなぁ。
毎年のようにバッティングフォーム変えて、毎年悩んでる。
でもファンから毎年期待されているわけですから、期待させるほどの魅力があるんですよね。
もったいないよなぁ。
私たちファンはいつ中田翔の覚醒を目撃できるのでしょうか。


中村は本当に安定しませんね。
あれだけしなやかな腕を持っているのに、それが災いしているのかリリースポイントが一定しない。
もったいない。
あれだけの能力があるのに生かせないのはもったいない。
誰かなんとかしてくれませんか?


ライブリーは良いんだか悪いんだか。
前よりはましになったけど、大事な場面では使えないレベル。
ただこの後も使い続けるでしょうね。
ものになればラッキーですから。


須永は残念のひとこと。
もう少しチャンスをもらえるかもしれませんが、優先順位はガクッと下がりました。


金平は左相手に存在感を発揮。
しかしスライダーでしかストライクが取れないというのは相変わらず。
これだとまだ信頼感は得られないかな。


屋宜は存在感を発揮。
良いアピールをしてくれました。
ロングリリーバーが必要なファイターズですので、ここからのアピール次第ではCS起用も見えてきました。



とにかく大谷を打者として起用してほしい。
今ならいろいろ出来るはず。
CSに向けて切り札は多い方がいいので。



大逆転しないで勝てればそれがいちばん

 
150920.jpg




大逆転勝利!
だけど手放しには喜べませんね。



先発のメンドーサはとつぜん崩れてガッタガタ。
あれでしょうね、このメンドーサの安定しない投球って性格の問題でしょうね。
良い時はスゴい良いけど、ダメな時はこれでもかってくらいダメ。
そしてそんな投球をした次の試合でもおんなじような失敗をする。
改善するという感じがない。
持ってるものは良いのに、もったいないよなぁ。


この試合の岸はすばらしかった。
やっぱ札幌ドームのマウンドが合うんでしょうね。
来年からウチに来たらいいのに。
そのキレのある岸の投球に魅了されたのが審判。
アウトコースにボール1個外れた球でもストライクになっていて、けっきょくそこまで手を出さなきゃいけないからファイターズ打線がまったく機能しなくなってしまいました。
しかし、何が原因なのかさっぱりわかりませんが、6回からとつぜんストライクゾーンが普通に戻る。
ライオンズバッテリーもライオンズファンも狐につままれたような感じだったでしょうね。
ここでライオンズバッテリーはそれに対応しなきゃいけなかったのですが、バッテリーは『ここはストライクでしょ!』と言わんばかりにアウトコースを突いてきました。

こういうのはやらなきゃダメなんですよね。
ボールと判定されても、いやいやここはストライクでしょとアピールするために。
それでやっぱりストライクとなる事があるし。
そういう審判とのかけひきもバッテリーはやらなきゃいけない。
しかし、ここでライオンズバッテリーの思わぬ誤算がもう一つ。
なぜだかとつぜん、ファイターズ打線の集中力が上がったんですよね。
まぁ岸があまりにもすばらしいピッチングだったので諦めかけていたのが、思わぬチャンスでやる気になったんでしょうかね。
厳しい球を見送ったりカットしたりして粘りを見せて、4球を奪いヒットを打つ。
ファイターズ野球ここにありという攻撃でした。


こうなったらもう流れはファイターズとなるものなんですが、白村が捕まってしまい、一気にピンチ。
さすがにもう疲れているのかな。
CSを考えれば絶対に必要な選手ですから、順位も確定した事だし、早く休ませたほうがいいかもしれませんね。

後を受けた増井がしっかり抑えてゲームセット。
大逆転勝ちですが、メンドーサとか陽だとか白村だとか悪いところもいろいろ目立ったので、勝ったから良かったねとは簡単に言えない試合になっちゃいました。


とにかく休ませるべき選手は休ませて、試すべき選手を試していきましょう。
もうそれが出来るわけですから。
なのでファンの皆さんも、わりきって試合を見ていきましょう。




ふわっとCS確定


150919.jpg



CS進出が決まった事に、これだけファンが無関心なのも珍しいですよね。( ̄▽ ̄)



まぁCS進出はもう確定したようなものだったので、今さらそれで喜べというのも無理な話。
それくらい選手にもファンにも緊張感が無い位置にいるんですよね。
なので、これからCSに向けてどうやって選手の気持ちを高めていくか。
戦力を見極めながらやっていくのはかなり難しい仕事でしょうが、チームとしての力量が試されると思うので、がんばってほしいです。



さて試合。

大谷がいつも通りのちょっとだけ心配させる投球で14勝目。
タイトルも大事なんですが、大谷にはカーブをもっと磨いてほしいなと思いましたね。
カーブでカウントを整えたり、勝負していくことが出来れば、ストレートがもっと生きてくると思うので。


近藤はスゴかったなぁ。
ここに来てさらに調子を上げてる感じ。
DHでの気持ちの作り方がわかってきたんでしょうか。
なんにせよ頼りになる選手ですわ。
ただ個人的には3番を打ってほしい選手なんですよね。
だけど今のファイターズには5番を打てる選手がいない。
まぁしょうがないかなぁ。


谷口はホームランを逆方向に打ってアピールはしましたが、バントを失敗して、犠牲フライも打てず。
もったいないなという感じの試合になりました。
今回はハーミッダを上げる予定でしたが、子供が生まれるという事で一時帰国。
帰ってくれば契約の問題もありますから、スタメンで使うのは確実でしょう。
なのでチャンスはもしかしたらそう多くはないかもしれないので、アピール出来るところはしっかりアピールして、CSに残ってほしいですね。


陽は気がかりですねぇ。
固め打ちしたかと思ったら、この試合のようにまったく打てる気配のないスイングを繰り返す。
金髪にした理由を「ケガをしていた時にいろいろ言われたが、まわりに何を言われようが自分は自分」という意味でと言っていたのですが、その覚悟はすばらしいと思います。
ただ、自分という選手を認めさせたいのであれば、もう少し考えて打席に立たないと。
振りました、打てませんでした。振りました、当たりましたというバッティングに見えるから言われるんでね。
金髪だろうが銀髪だろうが歯を異常に白くしようが、結果を出してさえいれば、もっと言えばそれが伝われば私みたいに文句ばっか言ってるのはクルッと手のひらを返すわけですよ。
手のひらを返しすぎて捻挫するくらいの活躍を期待しています。



とにかく選手もファンも集中していきましょう。




見てないので





昨日は富良野まで行っており、試合はあまり見てないんですよねぇ。
録画するのを忘れていたのが痛い・・・
なので試合については書けません。
斎藤に勝利がついて良かったなくらいしか思うところもないし。

まぁホークスファンには喜んでもらえる勝利だったと思います。
これで地元胴上げが出来ますからね。
それくらいかな、思った事は。




天才と努力家


150915.jpg





天才と努力家の共演でした。



先発の吉川は、前回の反省を活かしてますよって感じの立ち上がり。
しかしペーニャにホームランを打たれてからは、いつもの不安定な吉川に逆戻り。
コントロールもバラついていて、けっきょく5回を投げたところで交代。
まだ投げても良さそうでしたけど、だんだん良くなっていくならまだ有りですが、だんだん悪くなっていくのでは代えられてもしょうがない。
これじゃ困るんだよなぁ。
この安定感の問題は来シーズンに持ち越しですね。


陽がバットでがんばってましたけど、どうにも素直に褒められない。
というのも2ストライクに追い込まれてからのヒットが多いんですよ。
けっきょく追い込まれてからバッティングを変えて結果を出しているんですよね。
だったらそれを初球からやれよと。
これが3番だ、5番だというのならまだわかりますが、1番バッターですからね。
もう少し考えて打席に立つ事をしないと、調子の波の激しさは変わらないと思います。


この試合で活躍したのは2人の若者でした。
1人は天才浅間。
逆方向にも長打を放ち、パワーアップを感じさせる打席も見せました。
守備が課題でしたが、この試合ではストライク返球でランナーを刺す動きも見せ、存在感を猛アピールしていました。
走塁でも牽制ミスから3塁まで到達する足を見せていたし、一気に来シーズンの1番バッター候補に急浮上ですね。


さぁその浅間に負けてられるかと存在感を猛アピールしたのは谷口。
インコースの変化球を稲葉ばりに上手くさばき、もう少しでホームランという打撃を見せていました。
キャンプでもインコースを意識した練習をしていたし、その結果が花開いたような打撃はまさに努力が打たせたヒットでしょう。
天才浅間と努力の谷口。
ここにパンチ力の石川と天然の岡が加わって、どんどん外野のレギュラー争いをしてくれればいいですね。


今日は斎藤ですか。
悪ければ今シーズン最後の1軍登板でしょうから、気合入れて投げてほしいですね。



連敗が止まっただけ


150914.jpg



勝つには勝ったけど、素直に喜ばせてくれないねぇ。



先発のメンドーサは3回までパーフェクト。
しかしその後はいつもの点を吐き出すメンドーサになりました。
けっきょく7回投げて4失点。
褒めようがないよね。


増井もなんだかなぁ。
初球をポコポコ打たれて3失点。
昨日たしかにコントロールが悪いなら初球から勝負していけと書きましたけど、それは先発の話。
中継ぎ、特に8回9回を投げる投手はそれじゃ困ります。
悪くてもそれなりの投球をしてくれないとね。


ただ打撃陣はみんながんばってました。
4番以外。
そのなかでも浅間はスゴかったなぁ。
ヒットはもとより、凡退した時でも良いバッティングしてますからね。
落ちる球を打つ時でも、ヒザを折って上体を傾けないままスイングするから、地面に当たりそうなボールを打ってもフェンス際まで飛ばしてましたからね。

私は浅間を見てると、ボクシングの井上尚弥を思い出します。
とにかく当て感がすごくて天才的なんですよね。
いまのところ、浅間が活躍しない未来が想像できません。
来年以降が楽しみだなぁ。


とりあえず連敗が止まっただけの試合。
もう少し良い試合を見せてくれないと喜べないんで、ちょっとがんばってもらえないですかね。




ぬけ出すのはいつ

 
150913.jpg



接戦になってこそファイターズ野球が生きるんですけど、最初から突き放されちゃうと、今年のファイターズは追いつけません。



ウチの先発投手って、なんでこんなに精神的に弱い選手が多いんですかね。
コントロールが悪いならストライクゾーンで勝負したらいいのにコーナー狙うでしょ。
そんでカウントを悪くして4球出したり、苦しまぎれに投げたボールを痛打されたり。
そりゃ相手に球種を絞りやすい状況を作ってるから打たれますよ。
早いカウントならどんどんストライクゾーンで勝負してもいいと思うんですよね。
コントロール悪いなら余計に。
まぁキャッチャーも悪いけど。

ある程度コントロールが良くても落とす球やインコースのストレートとかの勝負球が決まらないしなぁ。
まぁそれが決まれば勝てるピッチャーになれるんでしょうけど、ウチはどうもそういう緊張した場面に弱い選手が多い気がします。
これが若さだけの問題ならいいのですが。


野手を入れ替えてきましたね。
特に浅間が上がってきたのはうれしい。
今のファイターズの状況は新戦力の台頭を待っている状態ですから、どんどん試していけばいいんじゃないでしょうかね。


変な穴にハマってる感じのファイターズ。
ぬけ出すのはいつになるんでしょうか。




割りきる

 
150912.jpg



この日は平井堅のライブに行く事になっていたので、最後まで見ていません。
その前に書くような内容じゃないですね。
まぁ監督も試合後に割りきれたような事を言ってましたから、それをこれからの楽しみにしたいと思います。



集中


150910.jpg



これまたしょうもない試合なので簡単に。



大谷はストレートに力がありましたが、変化球がまったく決まらず苦しいピッチング。
というか審判のストライクゾーンに両チームとも苦しんでた感じなのでしょうがない。
だけどいいピッチングじゃなかったのは確かですね。
どうも精神的にゆるいところがある子なので、負けん気の強さが悪い方に出ちゃってる感じ。
高卒3年目で考えると、ダルとか田中はそれがいい方に出てましたよね。
とはいえまだまだこれからの選手。
しっかり育ってくれればそれでいいです。


陽とレアードには緊張感を感じませんね。
どっちもとりあえず振ってる感じ。
こういうバッティングを見せ続けるようなら、この展開なんで定位置はいらないんじゃないですかね。
浅間も試したいし谷口だって試したい。
サードなら杉谷もいいし近藤もそろそろやっておきたいし、高濱も一軍の空気を吸わせてやりたいし。
何も考えないでバッターボックスに立つ選手に明けておく席はありません。



まぁ前から言ってるように、ここで3連敗だのなんだのっていうのはど~~~でもいい話。
もしファイターズが逆に3連勝したからなんだっていうカードだったんだから。
それよりももっと緊張感を持とうよ。
見ているファンに失礼だ。
特に現地観戦してたファンがかわいそうだよ。
集中しようぜ集中。
それが最低限の仕事だろ?



確認のための試合


150909.jpg



これまた書く事があまり無い試合なので簡単に。



吉川は不思議な打たれ方でした。
そうひどいピッチングではなかったんですが、完全にタイミングを合わされていました。
ほぼ崩した打席は無し。
際どい球は見極められるし、何かあるんじゃないかと疑うくらい。
ちょっと対策が必要かもしれません。


佐藤は何やってるんですかねぇ。
谷口がバックに荷物を詰めている音が聞こえてきましたよ。
とにかく打席に入るまでの準備が悪すぎ。
これだけのチャンスを無駄にした事はよく反省した方がいいですよ。


しょうじきこの試合は勝ちとか負けとかそんなものはどうでもいい試合。
とにかくCSであたる可能性のあるバンデンハークをどれだけ攻略できるかが鍵でした。
結果から言うと、そう悪くない手応えでしたね。
最初に対戦した時のような、ちょっと良かったらもう厳しいぞというのはありませんでした。
なんだかんだいって7安打して、展開がここまで悪くなければ3盗塁はしてたでしょうし。
まぁこれだけでも収穫じゃないですかね。



そんなもんかな、この試合は。




観に行かなくてよかった





試合が試合なので簡単に。


メンドーサは地方球場が合わないとか言っていい選手じゃありません。
やってくれなきゃ困ります。
どうもこういうモロさが治りませんね。
性格なのかわかりませんが、もう少しシャキッとしろと言いたいですね。


大野も途中で配球を変えてがんばってたけど、守備で貢献できなくて、打撃でも貢献できてないのではなぁ。
もうちょっとがんばれ。


陽もよくわからんなぁ。
早打ちは相変わらずだし守備はゆるいし足は負傷するし。
打順変更するのも必要だけど、休養も必要なんじゃないの。
ムリしてケガされても嫌だし。
CSに向けた選手起用は必要だと思います。


この試合を観てていちばん感じたのは、やっぱりホークスって投手の感覚で試合をしているなってこと。
投手がやられたら嫌な事をしてくるし、投手交代も野手出身の監督では余りやらない事をやってくるし。
やはり工藤、佐藤、吉井というのが大きいのかな。
ただ、それはいい事でもあるし、悪い事でもあると思う。
投手起用は上手いと思うんだけど、こういう選手の使い方をする監督は交代時期を誤る可能性が高いんですよね。
どうしても投手の気持ちがわかるから代えられない。
エースだったり抑えだったり、期待の若手を使う時は特に間違いやすい。
投手出身の監督に名将がなかなかいないのは、ここらへんの問題だと思います。
それが特に強く出ているホークスとの短期決戦というのは、ちょっとおもしろいんじゃないかなって思いましたね。
まぁその前にホークスと対戦する権利を勝ち取らなきゃダメでしょうけど。



寒い日に寒い試合を観に行かなくてよかったって試合でした。




中田・近藤・レア3連発&有原初完封でお祭り騒ぎ


150905.jpg



まさかまさかの試合でした。



1回の表、陽が初球を泳いで引っかけるという、7番バッターのようなバッティングを見た時は『何やってんだよ』と思ったのですが、中島、賢介が凡退に倒れたのを見て『これはそう簡単に打てないぞ』とすぐに理解しました。
打てると思って手を出しても変化球がキレてるからまともに当たらないし、ストレートがビタビタきてるし、力もある。
今日は大変だと思ったらその裏ですよ。
有原が糸井にヒットを打たれたものの、まったく相手に仕事をさせないピッチングを見せました。
この日はインコースが広く、低めもちょっとだけ広いストライクゾーンとなっており、攻めるタイプの投手にはもってこいの審判だったというのもあるのですが、それでも思わず呻るようなピッチングだったんですよね。

それでも2回の投球を見るまではと思いましたが、2人とも完ぺきなピッチング。
これは1点勝負になるぞと確信を持てました。
ただ、中田のバッティングが悪くないものだったので、そこが楽しみではあったんですよ。
それがまさかあんな結果になるとは・・・


4回表、当たり前のように打者を打ち取る西。
当然ノーヒットピッチング。
最近ウチはこういうの多いな。それでも他のチームみたいにコーチがどうこうという話にまったくならないのは不思議だとかなんとか思いながら見ていたんですよ。
そしたら賢介がピッチャー返しを打ちました。
弾いた球を相手が処理する間に1塁を走り抜ける賢介。
正直この時はノーヒットノーランのプレッシャーが無くなったぐらいにしか思ってなかったんですよね。
だから中田がバッターボックスに入った時は、さっきいい感じだったからここはちょっと期待ぐらいの軽い感じで見てたんです。
頼む中田!なんて力を入れる感じじゃなかった。

ガツン!

スライダーを狙いすましたように叩いた中田。
高い高い放物線を描いてバックスクリーン左横に吸い込まれました。
もうビックリですよ。
まさかまさかの展開だったので。
何はともあれ2点先制できたわけで、あとは有原がどう守っていくかだなと思っていたら、続く近藤がライトにヒットを打ったんです。
これが良かった。
ホームラン打った次の打者があっさり凡退なんてすると、相手ピッチャーに立ち直るきっかけを与えかねない。
それをさせなかった近藤はすばらしいと思いましたね。
中田を挟む3番と5番が仕事をしたんです。
逆にバファローズはすぐこの裏の回にチャンスを作りますが、糸井の盗塁死によってそれも潰れました。
この4回の攻防が、ファイターズのお祭り騒ぎに繋がる事となります。


6回表、1アウトで中田の打席。
打たれた相手には、初球にその打たれた球を投げるというのはよくある攻め方だし、悪くないと思います。
いいピッチャーであればそういう強い気持ちも持ってるし。
だけど吸い込まれるようにというのはこういうことを言うんでしょうね。

ガツン!

4回に打たれたスライダーを投げるのですが、ド真ん中へ。
当たり前のように打つ中田。
同じようなアーチを描き、同じような場所に飛び込む打球。
まるでリプレイを見るよう。
それでも西はまだ持ちこたえようとしていたんですが、近藤がそれを許しませんでした。

パカン!

乾いた音を立てた打球は逆方向のレフトスタンドに一直線。
2者連発。
意気消沈している西にとどめを刺したのはレアード。

ドカン!

レフトスタンド上段に突き刺さる3者連続ホームラン。
この6回の攻撃が終わるまで、球場内がざわめいていたのが印象的でした。
これで勝負あり。


有原は最後まで集中を切らさずに初完投、初完封。
本当の花火も上がったし、まさにお祭り騒ぎの試合となりました。


この勢いを維持するためにも今日の試合は大事です。
中村勝が連続で好投できるか注目ですね。
と思ったら雨天中止か~。
なんかもったいないですね。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村




どうでもいい話。

夜中のスポーツニュースを楽しんでいたら、TBSのS-1が始まりました。
槙原寛己がいたので、これはバース・掛布・岡田と3連発をくらったことでも有名な槙原だから、中田・近藤・レアードの3連発についてもコメントするだろうと思って見てたら、中田のホームランだけ流してあとはスルー。
首位攻防戦でも何でもないGvsDeの試合に時間をかけて3連発に関してはスルー。
笑っちゃうくらい最低だなTBS。
スポーツ番組としても、野球ファン的にも。



精神的成長


150903.jpg



なんか書くのがめんどくさい試合なのでどうしようかと思ったんですけど、今日は試合が無いので書く事にします。



先発の吉川はいつになったら精神的に成長するんですかねぇ。
苦手な相手になると明らかに投球がバラつくし、打たれても動揺が投球にすぐ出てしまう。
いくらいいピッチングしていても、突然崩れるのは気持ちの問題が大きいんだと思います。

まぁそれが治そうとして治るものであれば、辞めずにすんだ野球選手はたくさんいるでしょう。
それくらい簡単に切り替えられないもの。
だけどエースを目指すというのであれば、どうやったって乗り越えなければいけない壁です。
ポーカーフェイスをする選手に多い問題ですが、なんとか乗り越えて『頼れる』投手になってほしいなと思います。


石井が登板しましたが、もう以前の石井はいなくなってしまいましたね。
ここ何回かの登板で安定していたのは1度くらい。
それでもまだウチの中では安定している方なので、どれだけ今の中継ぎが危ない状況かっていう事ですよ。
誰か若手でてこいよ。


この日のチェンが良かったのでしょうがないんですけど、打線ももう少し打たないと。
崩せるところでミスして崩せずに敗戦というのはもうお腹いっぱい。
負けるにしても、もう少し見どころを作ってほしいなぁ。


ただ好プレーはよく出ていたので、それは良かった。
とにかくウチらしい野球を続けていきましょう。
そうすれば結果が出ると思うので。




気が抜けてる


150902.jpg




いいところより、悪いところが目立ったなぁ。



守備でいいところもあったし、陽のホームランから流れを変えたのも良かった。
だけどそれ以上に攻めのマズさと投球のマズさが目立ちすぎました。


初回の角中にくらったホームランは、いいところに決まってもバレバレのストレートでは簡単に抑えられない。
特に初回の大谷のストレートは走ってなかった。
ちょっと大谷のストレートを信じすぎたんじゃないですかね。

浦野のホームランも痛かった。
けっきょくこのホームランによる1点が最後まで響きました。
もともと立ち上がりが悪い投手なのでしょうがないんですけど、それを克服するための中継ぎ起用でもあるんでね。
しっかり投げてくれないと。


打つ方では陽がホームランは打ちましたけど、第1第2打席は共に初球を引っ掛けての内野ゴロ。
先頭バッターというものを理解していないのと、何を待ってスイングしているのかわからない。
こういうバッティングを見ると、やっぱり7番バッターの方が合ってるんじゃと思っちゃいますね。
安定した結果が欲しいなら、しっかり準備しましょう。

8回の西川は残念だった。
満塁でカウント3-1。
バレバレのストレートが甘いところに来ましたが、仕留めきれませんでした。
打撃自体は上向いてきてると思いますが、どうも気持ちはまだ沈んでる感じ。
もうそろそろ精神的に成長してもいい頃じゃないのかねぇ。


こういう負けは嫌ですね。
明日はこの負けを消すような勝利をお願いします。



忘れて次へ

 
150901.jpg



途中から集中力が無くなる試合でした。



早い段階でメンドーサが失点して、攻撃の流れも悪かったので、この試合がこういう感じで進んでいくとマズいぞとは思ってました。
しかし、4回ですよ。
コンコンッとヒットを打って4球奪って満塁になり、さぁ反撃というところで佐藤の止めたバットに当たってグダグダなゲッツー崩れの同点ですよ。
こういうのは流れが来ない典型の攻撃なんですが、その後の大野が仕事をしました。
グッと我慢して4球をもぎ取り、またも満塁のチャンス。
ここで迎えるバッターは久しぶりの9番に入った中島。
コントロールが思うようにいかないイ・デウンに粘る中島でしょ。
こりゃひょっとするとひょっとするぞと思って見ていたら、想像通りの押し出し。
これで勝ち越したファイターズ。
マリーンズはここでピッチャーを松永に代えます。
2アウトとはいえ満塁で、迎えるバッターが陽でしょ。
これは酷な交代だなと思いましたよ。

初球、ボール。
2球目、ボール。
もうココらへんで私の耳にはガラガラッと試合が壊れていく音が聞こえてました。
結果はストレートの4球で連続押し出し。
しょうじき今日の試合はこれで決まった感じがします。
あとはもう緊張感のない攻撃と守備が続くだけ。
メンドーサ家族がハッピーでよかったという事くらいで、べつだん何がどうしたという試合じゃないです。


こういう試合は忘れた方がいい。
たしかにファイターズらしい『いやらしさ』で勝ち取った勝利ですけど、相手の出来が悪すぎる。
こんなので浮かれちゃうと足元すくわれますからね。
目の前の試合をしっかり戦っていくためにも浮かれずに、らしい試合をしていきましょう。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09