拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

嫌な思い出


140828.jpg



いやぁ、ここに来てあの試合を思い出させられるとはねぇ。



いい流れだったよ。
でも最初はそうじゃなかった。
初回は西川のヒット性の当たりを取られ、中島はヒットで出るが、盗塁の時の球が浮いて投げやすい球となりアウト。
2回裏、勝負どころで逆球となり細川にタイムリーを打たれる。
4回表、相手のミスでノーアウト3塁のチャンスになるが、返せない。
もうこれだけ重なると、今日は無理なのかなと思ってしまいました。

しかし、大谷がその空気を変えます。
5回表、初球を力強く振りぬくと、打球は打った瞬間という感じでライトスタンドへ。
これで同点。
打たせちゃいけないバッターに打たれるとこうなるという感じで、続くミランダが内野安打で出塁。
ミランダが内野安打かよって笑ってたら、大引がこれまた打った瞬間のホームランで3対1。
流れをこちらに引き寄せました。


これはもらっちゃっていい試合なのかなと思った矢先の5回裏。
ここで1点を取られます。
でもまだ流れはファイターズ。
もう1点をどう取るかというのが大事だなと思っていたら、なんと6回からカーターが登板。
もうここからの試合展開は書きません。
書いてもしょうがないから。

監督は俺の頭の中が負けてたとインタビューに答えてましたが、まさにその通りなんでしょうね。
相手を怖がり、選手が信用できず、楽な道を選んだ感じの采配ですからね。
目の前の状況を見ていない。
今に始まった事ではないですが、なかなか覚えてくれない監督さんだなぁと。
あの連敗の屈辱をもう忘れてる。
もう直感だとか、天の啓示などというものではなく、ピッチングコーチを頼ったらいかがですかね。
たぶんですけど、そっちの方がうまくいくと思いますよ。


それとさすがに河野はもう理解してくれましたよね、監督。
ストレートとスライダーしか投げられないピッチャーが、外だけで抑えようとか無理でしょ。
ど~~~考えても。
宮西ほどの球威があれば別ですが、その宮西もインサイドに投げる重要さを実感してますもん。
まぁ、使えるようになるのはまだまだ先の話ですよ。



勢いが切れたなぁ。
次のマリーンズ戦。
しっかりしないと同じ過ちを繰り返す事になりますよ。


明日の夜からPerfumeのLIVEを見に行くため、札幌に行きます。
なので記事は更新できません。
念だけ送って応援します。




スポンサーサイト

いい流れになってきたんじゃない?


140827.jpg



勝ちました。
なにげに嬉しいです。



昨日の勢いを継続できるか。
中村のピッチングに私が求めたものがこれ。
結果から言えば、じゅうぶん仕事してくれました。

ここまでの安定感を出してくれるとは、開幕前に思わなかったもんなぁ。
期待はしてましたよ。
だけどここまで変わるとは思ってない。
だって投げてる球にそう変わりは無いんだもの。
いかに気持ちが大事なのかって事なんだなと。
これであのカーブがコントロール出来るようになったら、毎年二桁というピッチャーになれますよ。
今のままじゃ難しいけど。
夢を見させてくれるピッチャーですね。


勢いという意味では、下位打線が点を取るんじゃなく、クリーンアップがしっかり仕事するというのも大事。
そういう意味でこの試合はまずまず良かった。
3番陽がタイムリーで、4番中田がホームラン。
5番稲葉が3打席全て出塁。
いつもの5番ミランダは、どうも攝津に苦手意識があるらしく、まったく合ってない三振してましたがまぁいいでしょう。
とにかく中軸がこれだけ活躍してくれれば、勝ちの目も出るってもんですよ。
勢いのつく活躍でした。


問題は宮西ですよね。
まぁ宮西の場合はスランプが短いのでそんなに心配してませんが、それでもここ数試合の登板はちょっとね。
あの満塁から打たれたのには焦りましたけど、それでも1塁ランナーの中村がアウトになった時には「あ、流れがまだウチにある」と思いましたからね。
あの場面はどのサードコーチャーでも回すと思いますが、やはりその前にしっかり得点した事があのプレーにつながってると思います。
中継にもムダが無かったのは、技術もそうですが、気持ちに余裕があるからというのも大きいと思います。
そういうのが流れなんでしょう。
試合全体を包む空気。
やっぱありますよ、流れって。


増井は力みまくってましたね。
苦手意識なのか、やる気の空回りなのかわかりませんが、柳田との対戦で暴れ馬みたいになってました。
いななきが聞こえてきそうな感じ。
これはちょっと同点、あるいはサヨナラも覚悟しないとなと思ってました。
でもだいたい勝つ時って、こっちが相手をねじ伏せるんじゃなくて、相手がこっちの苦しい時にミスしてくれてという方が、圧倒的に多いですよね。
それがこの試合の中村晃でした。
長打だけは食らっちゃいけない場面で、ストレートは引っ掛ける、スライダーは抜ける、フォークは叩きつけるという、目を覆いたくなる状況。
こんなのキャッチャーがどうこうしようとしたってどうにもならない。
押し出しは嫌だからストライクはほしい。
でもこれという球が無い。
もうそうなったらキャッチャーとしては、増井の生命線であるストレートをアウトローに「神様お願い!」って要求するしかないでしょ。

当然そんな事は中村も読んでいる。
増井が力んで投げたストレートは当たり前のようにアウトハイに。
見逃せばボールかという球に「ストレートがキター!」って飛びついたのが中村。
インフィールドフライ。
ここでこの試合勝負ありでした。
力みまくりの対決は、増井の球威がちょっとだけ上だったという事ですね。

それにしても増井はなんなんかなぁ。
あれだけ良いピッチングをしてたのに、もう悪くなってる。
馬でいうところの「気性難」みたい。
良い時は強い勝ち方をするのに、入れ込んでる時はもうヨダレ垂らしながら、最後の直線をナナメに走って進路妨害で失格みたいな感じ。
こうなるとクロッタをやはり戻した方がいいでしょうね。



思った以上のカードになってます。
勢いという意味で、ハッキリと明暗が別れてますよね。
こういうのがいいんですよ。
しかもファイターズ野球というのがある程度できてる。
こうなると全部いただきたいとこですが、とりあえず勢いを殺さないなら勝ち負けは問いません。
しっかりしたファイターズ野球をやって、悪い流れから完全に抜け出しましょう。




これでも通用する


140826.jpg



いいピッチングだったけど、魔神レベルじゃない。



今日の先発は二桁勝利を狙う大谷。
ここ最近は球のバラつきがひどく、このままの状態でシーズンが終了するのかなと思ってました。
しかし中8日空けたのが良かったのか、初回から球はバラつくものの、低めにコントロールされた球が見られたので、今日はここ最近でもいいほうだなとは思ってました。

今日のストレートが低めにいくのであれば、ストレートで押したいなと思ったのですが、キャッチャーは変化球主体のリードをする大野。
なぜこの日に限って大野なのかとガックリしました。
初回に25球投げましたが、案の定、変化球のほうが多く、決まらずに苦しんでいました。
しかし、2回の先頭松田に、病み上がりという事なのか、カーブ挟みましたけどストレートで押したんですよね。
まぁ最後は色気出して変化球をうまいこと打たれるんですけど、これはもしかしたらストレート主体に切りかえたのかなと。
だとしたらおもしろいんじゃないか。
そう考えて見ていたら、やはり他のバッターにもストレートを主体にした攻めを見せるバッテリー。
これを見て、今日は戦えると確信しました。


3回以降から変化球が決まりだし、相手を寄せ付けないピッチングになった大谷。
対する相手先発スタンリッジですが、とにかく球が落ち着かない。
テレビの実況が「2回以降は投手戦の様相に…」なんて言ってましたが、どこからどう見ても投手戦なんかじゃない。
ヒット性の当たりを飛ばさせない大谷に対して、スタンリッジはヒット性の当たりを打たれまくっていました。
しかしバックの好守備で失点してないだけ。
そしてウチのベンチの消極的な作戦で傷が広がっていないだけという内容でした。
良い時のスタンリッジとは程遠い出来。
向こうの中継ぎが出てくる前に、何とか追加点をと思っていた5回表。
先頭の西川が出塁すると、中島がバント。
バッターボックスには陽という場面で、なんと3盗。
スタンリッジがノーマークというのもあるんですが、だったらバントで送らずに走れよと思ったのはいつもの事。
ここで陽が右中間にフライ。
柳田が取って好返球しますが、西川の足のほうが早く、細川を削りながらホームイン。
大谷の出来を考えると、大きな1点となりました。
次の回にも監督の大好きなセーフティーバントで追加点。
これで勝負あったと言いたいところでしたが、いかんせん大谷の投球数から考えれば、中継ぎ勝負になる事は必定。
それでも勝つまでの道のりは見えました。


8回裏、内川からの打席で大谷に代わって上がったのは河野。
本当に監督は河野が好きだね。
その河野は内川をフライに打ち取る。
しかし打ちとったと言っても、アウトコースに投げるはずだったスライダーが抜けて真中付近に行ったのを、内川がアウトコースと思っていたから詰まっただけのラッキーなもの。
危ない球でした。
そして続くイ・デホには全然ストライクが取れず4球。
ここで河野から宮西に交代するのですが、なんでこういう流れが変わりそうな交代をするのかなぁ。
確かに右右左左となるところなので専門を当てるというのはわかりますが、結果も出ておらず、相手に勢いをつけそうな交代は止めたほうがいいんじゃないの?

けっきょく宮西は1人も抑えられず交代。
クロッタが1点取られますが、しっかり踏んばって抑えます。
クロッタの調子が戻ってきてるのを見られたので良かったですが、一歩間違えるとひっくり返されかねない回でした。


最後は増井がしっかり締めてゲームセット。
大事な初戦を取りました。



この試合の大谷は、ハッキリ言ってすごい時の大谷にはほど遠い。
しかし、この出来であの強烈なホークス打線と戦える事を証明して見せました。
とはいえ、ホークスの打線が良かったとはいえないんですけどね。
今宮はダメだし、柳田はオールスター前くらいからホームランを意識しすぎてこする当たりが増えてるし。
それでもここまでやれるファイターズのピッチャーは、今のウチには大谷以外いない。
ポテンシャルを確認できたという意味で、この試合はいい試合だったと言っていいんじゃないですかね。

これで中村がホークス打線を抑えるような試合が出来れば、悪い流れは切れる気がします。
がんばれ中村!



陽が主役


140824.jpg



陽のための試合になりました。



インローに来た球を、ピッチングウェッジでグリーンオンさせるかのようなスイングで振り切ると、打球はレフトスタンドに。
逆転の3ランホームラン。
打った陽本人も、どうやって打ったかわからないというくらいの当たりでした。


追いつかれた直後の8回裏。
アウトコースのボール球を強く振ると、今度の打球はライトスタンドに。
手放しかけてた勝利をグッと引き寄せるホームランでした。


そして9回表。
2アウト2塁という場面で、木村の打球は陽の守るセンターへ。
最初に距離感をつかみそこねたのか、少し遅めにスタートしますが、背走しながら足を緩める陽。
しかしこちらを振り向かない。
あれ、あれ、と思っていたら、バックスクリーンを向いたまま、赤ん坊を抱くような形でボールをキャッチ。
最後の最後まで主役でした。


陽みたいなバッターは、乗るとどこまでも乗っていくタイプ。
なのでこのまま最後まで行っていただきたい。


さて、試合を客観的に見れば、褒められたものではありません。
なかなか悪い流れから抜け出せない。
勢いがつく試合をしないと、最後に転ぶ事も考えられます。
誰かこの状況を打破する選手が出てきませんかねぇ。




なかなか抜け出せず


140823.jpg



この試合も勝つには勝ちましたが褒められたもんじゃない。
この悪い流れからいつ抜け出せるんですかねぇ。


吉川は相変わらず。
まだまだ勝ちを期待できる投球は無理でしょう。
それと河野は不安定すぎ。
なぜそんなに信頼してるのかわからないけど、ちょっと考えたほうがいいかも。

打つ方はいい感じなんだけどなぁ。
流れがとにかく悪い。

今日勝てるかもと思ったプレーは、6回の表のプレー。
ルーキー森が歩いて、続く林崎の打席でエラーを出す。
ここで迎えるバッターは先頭打者ホームランの浅村。
7対5という点差。
話題のルーキーを出塁させ、エラーを出し、一発のあるバッターを迎える。
もう流れ的にライオンズでしょという場面ですよね。

ここで浅村の当たりは右中間に。
少し守備位置をセンター寄りに守っていた西川がこのフライをキャッチ。
ナイス守備位置なんですが、ここで何を思ったのか2塁ランナーの森が大きく塁から離れている。
急いで戻るものの、戻りきれずアウト。
話題のルーキーの凡ミスという、コチラにとっては最高の形のゲッツーを取った時に、これは勝てるかなと思いましたね。
助かりました。


さて、典型的な弱いチーム同士の戦いをやっているわけですが、CSをにらんだ時に、こういう事ではしょうがない。
もう少し見応えのある試合をやっていかないと、勢いがつきませんよ。




予想はしてた


140822.jpg



まぁこういった大敗は予想してましたよ。
だってここ数試合、自分たちで流れを持ってくるような試合がほとんど無かったもの。



振り返る必要の無い試合なので、こういうのはもう忘れた方がいい。
それよりも本当にメンドーサは不調なだけなんですかね。
もしかしたら疲れが出てきてるんじゃないのかなぁ。
状況が状況なだけに、休ませるというのも有りだとは思うんですけどね。
疲れならば。


もう書く事が無いよ。
なので今日は終わり。




勝ったけどこういうのじゃない


140821.jpg



勝つには勝ったけど、なんだかね。


試合が途中で決まってしまったというのもあるけど、最後もなんかグダグダして終わってしまいました。
こういうのが見たいわけじゃないんだよなぁ。
でもまぁ展開からしてしょうがないのかもしれません。


市川は初ホームランですか。
家族の見てる前でというのは格別でしょうね。
私の感覚だと、市川って出場した試合で1本はヒット打ってる感覚なんですよね。
たくさん打たないけど1本は打つという。
調べてないのでわかりませんが、大野よりは打撃で貢献してる感じ。
なんでそう思うんだろう?
それにしてもよくウチに来てくれました。
目を付けていたファイターズもすごいですね。
それにしても奥さんがキレイでした。


増井はやっぱり調子悪そうですね。
これがたまたまなら問題ないんですが、好不調を繰り返すようではクロッタからクローザーを奪うのは難しいでしょうね。
あれだけすばらしいピッチングをしていたのに…
たまたまだといいなぁ。


やっぱり中島の守備はいいですね。
勝利に貢献する守備が出来て、打撃でも信頼が置けるようになってきた。
西川との争いに勝ったと言っていいんじゃないでしょうか。
やっぱりウチは守備からのチームなんで、こういう選手が出てくるとうれしいです。


それにしても小谷野と中田にはオレンジが似合いませんね。( ̄▽ ̄)
浦野と杉谷は似合ってた。
白井さんは着慣れた感がハンパじゃなかったですけどね。




終わってみれば良い試合



140820.jpg



地元旭川での試合。
久々に映像でちゃんと見ましたが、終わってみればいい試合だったという感じですね。



上沢スライドかとおもいきや、中村がそのまま登板でしたね。
まぁ疲れもあると思うのでいいんじゃないでしょうか。

その中村は、いい球投げてるんだけど、生命線であるカーブのコントロールがイマイチ。
相手打線はストレートに的を絞ってる感じだったので、カーブが決まればかなり楽になるのにと思っていたのですが、そう簡単にうまくいかないもんですね。

それでも何とか抑えていましたが、今度は相手が変化球に的を絞ってきた途端に打たれまくり。
中途半端な変化球が災いしました。
けっきょく中村は4回1/3を投げて4失点。
悪くない感じだったけど、もっと良くなるはずと思わせるピッチングでした。


打線はというと、初回からどうなっちゃうんだろうという期待を持たせるムダの無い攻撃に、ドキドキしましたよ。
1番西川が2ベースで出塁すると、中島が送り、陽がタイムリーを打って先制。
陽が盗塁で2塁に進んだところで続く中田がタイムリー。
盗塁が生きたタイムリーとなりました。
続く小谷野も強烈なセンター返しだったのですが、相手先発の松井が反応良くナイスキャッチ。
ゲッツーになってしまいましたが、今日は最高の試合が見られるんじゃないかと予感させるのにじゅうぶんな攻撃でした。
ここまではね。

しかしこの後が続かない。
初回は何だったのかと思ってるうちに中村が逆転され、松井に立ち直られ、もうこれは負け試合の流れになってしまったのかと思って見てました。
けれど向こうから流れを渡してくれたんですよね。

7回裏。
先頭のミランダがフルカウントから2ベースを打つ。
松井はすでに100球近く投げていて、明らかに球が上ずっているのを力で抑えこもうとしてる感じ。
大引は三振に倒れましたが、鵜久森が技ありのライト前で1アウト1・3塁となりました。
しょうじき松井を代えるならここだと思ってました。
しかし続投。
これはもしかしたらと思わせる采配でした。

すると続く市川は、なんとストレートの4球。
これで満塁。
こうなると今度は代えずらくなる。
当然松井は続投。
しかし続く西川が、2ストライクからよく見極めて押し出しの4球を選ぶ。
3対4。
松井の長所である負けん気の強さが逆に出たような打席でした。
ここで松井から福山に交代。

もうこうなれば流れはこっちのもの。
続く中島の打球は、前進守備をしていたサードの少し横に飛ぶ。
キャッチはしますが、体勢が崩れてしまったためゲッツーが取れず同点に。

ここで派手好きの陽が、ド真ん中のストレートを右中間に。
これで逆転5対4。
打ちたくてしょうがない陽が、ド真ん中のストレートを逆らわずに打ち返したっていうのが大きかった。
こういうのをもっと増やせば、打率は自ずから残ると思います。

そして中田は当然のように初球を打って6対4。
初球が得意な中田に、ストライクを欲しがって投げちゃダメでしょ。
ド真ん中だもの。
これで勝負ありでした。


中継ぎもいい仕事しましたね。
鍵谷も谷元も。
宮西は特にナイスピッチでした。

ただ増井のピッチングがちょっと心配させるものだったんですが、マウンドが合わなかった可能性もあるので、次を見て判断ですね。


けっきょく終わってみれば、終盤に逆転して中継ぎが踏んばるというファイターズらしい野球となりました。
けど7回までジリジリしましたよ。
本当にファイターズファンは胃が強くないとやってられませんね。( ̄▽ ̄)




とりあえず3試合分





とにかくこの3試合は映像が見られないという事と、ラジオもまともにちゃんと聞いてないという事で、試合を振り返る事が出来ませんから、まとめて簡単に書きたいと思います。


とにかくこういうダラダラした試合を3試合も続けてやってるようじゃダメでしょ。
ちゃんと取るところで取らないからこうなる。
もうちょっと働け4番という感じでしょうか。


それと、新人なんだから速球と落ちる球のコンビネーションで簡単に打ち取れるのに、ナメてかかるからやられちゃうんですよ。
タイミング外すか外に投げてりゃ、あれだけ考えなしにフルスイングしてるんだから勝手にアウトになってくれるでしょ。
まだまだ経験の無い相手に優しすぎ。


あと河野を異常に信頼してる意味がわからない。
まだまだ限定投手だと思うんだけどねぇ。


イーグルスの主催試合はニコ生で見られるからいいんですが、ライオンズがねぇ。
ただそれを見るためだけにパテレに入るのも違う気がするし。
まぁ忙しいのも終わったんで、来週からはしっかり野球が見られるかな。



お盆は忙しい





試合はちゃんと見てるんですが、お盆は忙しいので夜にブログを書こうと思っても寝ちゃうんですよねぇ。
なので簡単に2試合。



140813.jpg



13日の試合はなんといっても浦野の初完投ですよね。
完投したといっても初回はフラフラしてたし、数々の危機は好守備で助けてもらいました。
しょうじき褒められたものではありませんが、完投したという事実が大事。
次は安定した投球で完投・完封をしてもらいたいです。

そしてなんといっても小谷野のホームランでしょ。
父親になってはじめてのホームラン。

04_2回、HRの小谷野選手


打った瞬間に入る自信があったのか、小谷野にしては珍しくドヤ顔で打球を見ていました。
出来れば小谷野がベンチに帰ってきた時に、何人かの選手で「ゆりかごダンス」をしてほしかったなぁ。
サッカーじゃないからやらないか。
うれしい一発でした。





140814.jpg



14日の試合は斎藤が先発でしたが、まぁこの結果は想像できたのでなんとも思いません。
復帰してまだ自分のフォームが固まってないんでしょう。
とにかく安定して投げられるようになってから上で投げればいいですよ。
焦らなくてもいいです。

そしてこの試合はやっぱり稲葉でしょ。
久しぶりに低めをキレイに打つ稲葉を見ましたよ。
打った瞬間に「いったろ!いけ!いけ!」と絶叫してしまいました。
興奮したなぁ。

17_5回、HRの稲葉選手2




もともと7連敗は自分たちで引き込んだものだったので、この3タテは別に驚くべき内容ではありません。
それよりもマリーンズが悪い時のファイターズみたいな試合をしている事の方が問題でしょう。
まぁ他人ごとなので本来ならどうでもいいんですけど、なんか見てて嫌な感じを思い出したなぁ。

とにかく下から顔を出すチームをモグラ叩きのように根気強く叩いてCSをつかみ取るしかないでしょ。
来年のためにも、緊張感のある闘いというのを若手に経験させたいので、是が非でもCSに出場しないとね。




どうなってんだよ

 
140812.jpg



スッと勝てる試合って、試合途中でも感じますよね、あぁこのまま勝てるなっていう事を。
そういう試合でした。


なんかムダに長くなったので、興味のある方だけ「続きを読む」からどうぞ。




負けたけどまぁ


140810.jpg



ファイターズもコンサも負けました。
これを今はやってる言葉で言うと

なんて日だ!

とはいえ今日は怒ってないんですけどね。


まず先発の大谷ですが、もしかしたら今シーズンはもう魔神モードの大谷は見られないかもしれませんね。
ストレートは抜けるし、変化球は低めに決まらないし。
これが疲労によるものなのか、それともバランスを崩してのものなのか、来年のためにもしっかり検証してほしいです。


さて、怒ってない理由ですが、それは今日の1・2番ですよ。
前々からここで願っていた中島1番が現実になりました。
今日は打撃での活躍が今ひとつでしたが、中島1人でピッチャーに26球投げさせました。
守備でも好プレー連発だったし、しばらくはこれで様子を見てほしいなぁ。

そして2番の杉谷です。
きのう大事な場面での牽制死がありました。
こういう事があると、次の日すぐに使うのが栗山監督です。
結果出した選手はすぐ使わないんですけどね。
とにかく、スタメン発表時でそういう意味だなというのはすぐわかりました。
これで結果出さなきゃ鎌ヶ谷が見えるぞ杉谷と思いながら見ていると、これが活躍するする。
4打席立って、2安打2四死球で全打席出塁ですよ。
そして3盗塁と好プレーのおまけ付き。
こういう元気のあるプレーが見たかったんですよ。
ここまでの活躍とは言わないから、こういう生きのいいプレーを継続してほしいなぁ。


とにかく今は下との距離が大事なんで、焦らずにいきましょう。


なんだかね



140809.jpg



もうあれだろ、どうしても負けたいんだろ。
そうとしか思えないもの。


杉谷は同点に追いついた直後に勢いを消す牽制死をするし、宮西と小谷野のどちらが悪いか知らないけど、誰もいない1塁にボールを投げるし、西川はせっかくの代打で、どんな準備をしていたんだって言いたくなるバッティングを見せるし。
なんなのかね。

勝とうが負けようが、そうイライラする事は無いけど、このしょうもない思いをするために4時間もテレビを見てたのかと思うとやってられない気持ちになります。


もう今日はこれ以上書きたくない。
とにかくウチらしい野球を見せてくれ。


魔神大谷が出てきてスカッとさせてくれないかなぁ。



イメージの力


140808.jpg



イメージは大事という試合でしたね。



この試合の流れを決めたジャッジが2つありました。

まず1つは3回裏の長谷川のゲッツー崩れ。
かなり微妙なタイミングでしたが、判定はセーフ。
しかしスローで見たら、アウトでしょと言いたくなるものでした。
けれどあれを瞬間的に判断するのはしょうじき難しい。
だから審判に文句は無いです。
しょうがない。
けっきょくそういう場面で重要なのはイメージです。
この場面ではキレイなゲッツーの完成に見えましたが、1塁塁審の頭の中に「長谷川の足は速い」というイメージがあるからセーフなんです。
これがイ・デホならアウトとジャッジしていたでしょう。
だから普段の全力疾走は大事なんですよね。
アウトになる可能性が高いからってタラタラ走ってると、こういう場面で痛い思いをしてしまうんですよね。


もう1つは4回表のノーアウト満塁で、攝津が大引きに投げたカットボール。
2ボールからアウトコース低めに投げたカットボールを、大引は見逃します。
しかし判定はストライク。
のけぞって驚く大引。
しょうじきどっちとも取れるボールでした。
続く4球目もアウトコースの真ん中にカットボール。
これも微妙ですが、3球目よりはストライクっぽいかな。
もうこの時点でホークスバッテリーの勝ちなんですよね。
あの3球目のカットボール。
確かに今シーズンの攝津は調子悪いんですが、やはり「コントロールの攝津」というイメージがあるから審判の手が上がりますよね。
まぁ粘り強い大引が、こらえてまで見逃したボールですからだいたいボールなんですよ。
でも審判はストライクと言う。
これがイメージの力ですよね。


選手に目を向けると、この試合で光っていたのは陽と近藤。
特に陽は非常に粘っていやらしいバッティングをしていました。
これが常に出来れば最高のトップバッターになれますが、どうしても打ちたくてしょうがない陽というのがたまに顔を出しますからね。
安定してほしい。
そして近藤はもう右左関係なく出していいでしょ。
左右にこだわるのは馬鹿げてます。


逆の意味で目立ったのは谷口と北。
特に北は守備でも悪かったし、打撃でも悪かった。
これをやってるようでは定着できません。
それと谷口に関しては、外に流れて沈む球にめっぽう弱い谷口を、攝津の投げる試合で先頭バッターにするほうが悪いね、そんなもの。
もう先頭は中島でいいのでは。

そういえば西川が外されてましたね。
でもたぶん監督の事だから、明日ぐらいにはスタメンに戻ってんじゃないかなぁ。


マリーンズが負けてくれた事がせめてもの救いかな。
連敗は誰が止めるんでしょうかねぇ。



たまにこういう試合が

 
140806.jpg



たまにこういう試合がありますね。
どういうのかというと、試合を見る集中力が無くなる試合。
こういう試合って何書いていいかわからないから嫌なんですよねぇ。
とんでもない負け方ならいろいろ書けますけど、見せ場の無い試合で負け試合でしょ。
ん~。


まず言えるのは、西川の1番は考えたほうがいいという事。
この間、ついに復調したと言われていたのに、もう潜ってしまいました。
これだけ波があって、三振が多く、初球から打っていく先頭バッターは難しいんじゃないですかねぇ。
やはりトップバッターは塁に出てなんぼですから、今の調子ではダメでしょ。
そういうのが影響したのか、ホームへの送球もワンバンで投げ、失点につながるエラーをする始末。
奮起を促すためにも、スタメンを外してみたらどうかと思うんですがねぇ。


ホークス、バファローズと続けて戦いましたが、しょうじき今の2チームには敵わないとは思いませんでした。
自力があるのは認めますが、勝てない相手じゃない。
それでもこの5戦で1勝4敗という結果に終わったというのは、プレーにおいても采配においても、どこか引いてる感じがあるからじゃないかと思うんですよね。
相手を見下すような感じが無い。
個人的な感想かもしれませんが、気持ちに余裕が無いと、うまくいくものもいかなくなる気がするんですよねぇ。
必死な野球は甲子園で見るので、ファイターズにはいやらしい野球を見せてほしいなぁ。




不用意


140805.jpg



札幌から戻ってきましたが、あえて土日の試合は書きません。
まぁ土曜日の継投で、連勝の勢いが死んだのは間違いないですから、書きたくないというのが強いためなんですけどね。


さて帯広開催。
雨がどうかと思われたんですが、何とか試合が出来ました。
で、試合を振り返ろうと思うわけですが、これまたその気になりづらい試合なんですよね。
なので簡単に。

日曜日に途中交代させられましたが、市川はいいリードでしたよ。
ただピッチャーが不用意すぎる。
これやってるようでは勝てないですわなぁ。

特にカーターはここ数試合調子が落ちてますから、ちょっと起用法のタイミングを考えたほうがいいかなとは思いますね。
まぁ今日のタイミングは間違いではないですけど、今の状態なら増井でもよかったかもと思ってしまいますよね。
落ちる球がありますから。
疲労なのかなぁ。

それと満塁で大野に代打稲葉はどうかなぁと思いました。
まだまだ本調子ではない稲葉に、佐藤のストレートは厳しかったかも。
ストレートに打ち負けないようにと気負ったのが悪い方に出たような気がします。
出すんであれば、この場面は交代も考えて近藤でよかったんじゃと思ってしまいました。

それと小谷野の途中交代は何だったんですかねぇ。
何も無いんであればよくわからない交代だったなぁ。


まぁこれで上を目指すのはほぼ無理になったと言っても問題ないでしょう。
これで監督が割りきって試合をしてくれればいいんですが、あくまで上を目指す野球をするとなると、これだけケガ人が出てるんで厳しい。
監督には冷静な判断をお願いしたいと思います。



5連打


140801.jpg



いやいや、すごい攻撃でしたねぇ。



復活を期待されていた吉川ですが、結果的には期待はずれ。
まだまだ時間はかかりそうです。
しかし右バッターのインローを突くストレートはいくつかいいのがあったなぁ。
あれが投げられれば、かなり楽になると思います。
まぁしっかり戻してください。


攝津はバツグンにいいわけじゃないんだけど、要所を押さえてくる感じ。
これは嫌だなぁと思っていたら、やはり打ちあぐねるファイターズ打線。
今日は厳しいのかと思われた7回裏。
中島が突破口を開きました。

ボールを見極めて4球を選ぶと、この日の主役である陽にデッドボール。
球場内が混沌とした空気に包まれる。
これは一気に崩せるかと思われましたが、中田が外の球を追っかけてファールフライ。
ふくらんだ風船がしぼみかける感じがありましたね。

しかしこの試合では、その空気を一変させる選手がいたんですよね。
この日の5番は稲葉でした。
外野は当然として、内野のファンも立ち上がっての稲葉ジャンプ。
これで球場の雰囲気は一気に攻撃モードに。
けれどまだブランクが影響してるのか、甘い球を捉えきれずカウントは2-2。
ここで稲葉がランナーも進められず凡退となれば、流れは二度とやってこない気がしました。
しかし、攝津も疲れなのか雰囲気に押されたのか、勝負どころでシンカーが抜けて真ん中に。
ただこれを稲葉も仕留めきれない。
詰まった当たりはレフトへ。
しかしこの詰まりが幸いし、レフト前にポトリ。
判断良く走りだしていた中島が生還し、1対2に。

これで流れが一気にファイターズへ。
続く大引はアウトコースのストレートを引っぱってレフトに。
流してくると思っていたホークスの守備陣の逆を突き、ボールは広々と開いたレフトのスペースへ。
当然その状況を把握している陽は、悠々とホームに帰ってきました。
これで2対2の同点。

球場内がざわつく中、代打で出てきたのは小谷野。
じゃっかん甘く中に入ってきたシンカーをこれまた強引に引っぱると、またもやセンターからライト方向に打ち返してくると思っていた守備陣の裏を突き、ボールは広大なレフトのスペースを一人旅。
代走の杉谷がセカンドから生還し、これで逆転。
もうドームはお祭り騒ぎ。

流れとは怖いもので、攝津から代わった森のカットボールを近藤が打ち返す。
当り損ねでしたが、前進守備のセカンドの横をコロコロ。
これで4対2。

しかしこの流れに水を差すかのような出来事が。
それは大野のスクイズ失敗。
危機意識の強い細川にはまったく通用せず、完全に読まれてしまいました。
これで流れがどうなるかと思われましたが、大野がベンチの采配ミスを救いました。
キレイなセンター返しで5対2。
これで勝負ありました。


まぁこの試合で勝てるとはしょうじき思っていなかったので、非常にうれしいです。
しかも勝ち方が劇的なんで、勢いも付きそうですしね。
ただ、相手の走塁ミスに助けられた部分はあると思います。
特に2回の細川のタイムリーの場面は助かりました。
レフト前でセカンドランナーの長谷川をホームに行かせたのは、中田は足が痛いから強い球は帰って来ないだろという考えもあったからこそ回したんでしょう。
イニング的にも無理して回す状況じゃないんでね。
しかしそこに中田の好返球ですよ。
このアウトで、これからホークス側は回すのをためらうでしょうね。
大きなプレーでした。


しょうじき2勝1敗ならオッケーと思っていたこのカードですが、ちょっと3タテの目も出てきた気がします。
しかしそううまくは行かないもの。
とにかくファイターズには、勝つにしても負けるにしても、この勢いを殺さない試合をしていただきたいです。
とにかくミスをしない事。
そして相手のミスを突く事。
難しいですががんばってもらうしかないです。


今日の夜に札幌に向かうので、次の更新は月曜日になるかと思います。
では行ってきます。



斎藤の復活も嬉しいけど


140731.jpg




やっと楽になってきた腰の痛み。
ですが昨日の試合を書く時はまだ痛かったので、スルーさせていただきました。
今日も大事を取って短めに。


将棋が好きなんだけど、そんなにうまくない人同士の対局を、横から眺めてる感じの試合でしたね。

え~、そこ指すんだ。
うわっ、見逃しちゃったよ。
そっちじゃなくて、こっちの歩を動かさなきゃ。
あ~あ、自分で攻め口開けちゃったよ。
って、気づいてないんかい!

こんな感じが5回までずっと両方に。
お互いのファンはイライラしたでしょうね。

それでも内容的には斎藤より唐川のほうが上。
そんな斎藤が何とか1失点で投げられたのは、デスパイネの存在が大きい。
打線の中のオアシスみたいに、デスパイネのとこで一息つけましたからね。
まぁ、日本に来たばかりの助っ人に、すぐに打てという方が無理な話だけど。


しかし6回に当然のように捕まる唐川もどうしたんかなぁ。
昔からそういうところはあったけど、もっと活躍できる投手だと思うんだけど。
それに比べて、6回になって突然今日一のピッチングをする斎藤もどうしたのかねぇ。
それを初回から見せてくれたら、ローテに入れるのに。
まぁどっちもよくわからん。


たぶん今日は斎藤一色だろうけど、個人的には増井のピッチングが今日いちばん嬉しかった。
前の試合も良かったけど、この試合だけ見てみれば、間違いなく開幕直後のピッチングに戻っています。
この増井が本物であれば、かなりの戦力になりますよ。
やっぱ疲れもあったんかなぁ。
低めのストレートを投げるたびに「うわぁ~」って言ってしまうくらいすごかった。


これで3タテですが、ここで喜んでいるわけにはいきません。
上とはまだまだ開いています。
そうとうな勢いで勝ち続けないと追いつけませんから、厳しいのは間違いない。
そういった意味で次のホークス戦は勝ち越すことが最低条件でしょう。
吉川にかかっていますから、がんばって投げてほしいなぁ。



拍手コメントのお返しです。
勝ちゃんファンさんへ

もうだいぶ腰は楽になりました。
でもギックリになる価値はあるくらいのライブだったので、いいかなと思ってます。(^∀^)



プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08