拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

たしかにツイてなかったけど


130831.jpg




守備で負けるのがいちばん嫌ですね。



強風のマリンスタジアム。
そんな強風で投げるのが動くボールを武器にするケッペル。
もう水と油みたいなみたいなもんなんですが、これは前日から決まっていたのでしょうがないです。
しかし外野はどうなんですかね。
近藤と大谷が先発というのはちょっとなぁ。

強風で怖いのは外野に上がった高いフライですよね。
伸びるのか、押し戻されるのか。
大谷はその押し戻されるボールが取れず3点を失ってしまいました。
経験があってもあの風ではと言う人もいるかもしれませんが、外野の守備は予測の守備なので、やはり経験はバカに出来ないんですよ。
バッターの傾向、打った瞬間のバットスイング、ボールの角度、打球の速さ、打球の回転。
これらを瞬間的に判断できる選手が1歩目の優位を得られるわけですよね。
足が速いから取れるとかいう事はありません。
ここに風を読むという判断が加わるわけですから難しいんですよ。
経験豊富な赤田を使わなかったわけですから、レフトが赤田だったらとファンが思うのは仕方ないでしょう。


西川も風に翻弄されエラー。
その後タイムリーを打たれるわけですが、こうやって守備が乱れて負けるのはファイターズファンとして悔しいです。
今の復刻ユニの時のような「ビッグバン打線」なんて一発狙いのチームはいらないんで、堅実な守備、いやらしい試合運びのファイターズをもっと見せて下さい。


それにしても小谷野と鶴岡は手がつけられませんね。
CS進出を目指すんであれば、もう鶴岡固定のほうがいいんではないですかね。
今の鶴岡なら6番か7番が打てるでしょ。
そうなったら下位打線に厚みが出ますよ。
リード面でも大野よりいいと思いますし。
やんないかなぁ。



拍手コメントのお返しです。
まさるちゃんがんばれさんへ

お!お仲間発見~!
遅かろうが早かろうが同じファンですよ(*^-^*)
現地で見たいですね!



スポンサーサイト

振り返ってもしょうがないからももクロの話


130830.jpg




いいでしょ、こんな試合振り返らなくても。
書いた所でグチだけだろうし。
そんなの読んだ所で気分が悪くなるだけでしょ。
だからこの試合の事は忘れて別の話。






G20130421005652090_view.jpg



イーグルスの始球式にももクロが出るという。
しょうじきロッテの「爽」のCMをやってるし、ロッテがスポンサーをしているラジオをやっているので、始球式をやるならマリーンズだろうと思っていたんですが、初始球式はイーグルスでした。
ももクロは震災以降、何度か東北にいってるんで、それが大きいのかなと思います。


野球界でもホークスの松田が得点をするとももクロの踊りを踊るというのは有名ですが、ももクロとイーグルスと言えば真っ先に出てくるのは田中将大。
元々は嫁さんの里田まいがハマっていたのだけれど、田中もハマってしまったとの事。
田中のハマり方はモノノフ(ももクロファン)の間でも有名で、現在の登場曲はももクロの登場曲であるオーバーチュアだし、公式で販売されている田中のグッズも田中が色指定したもの。


タオル

田中タオル





うちわ

田中うちわ






あと応援ボードもあるんですけど、この配色は何のことはない、ももクロの基本的な立ち位置なのです。


b0248216_13524545.jpg








そして田中のももクロ愛が炸裂しているのがこれでしょう。


e3f70f4f.jpg


田中の練習用グローブ。
ここまでやるかって感じ。



始球式は9月3日の火曜日という事で平日なのですが、たぶん満杯か満杯に近いとこまでは行くと思います。
そんでオーバーチュアでももクロが出てくると思うんですけど、その時にたぶんモノノフは「あ~~~~~~よっしゃももクロ~~~!!」って叫ぶと思うんですよね。
それがどれくらいの割合でいるのかが楽しみだし、なになに!?って驚くイーグルスファンを見るのも楽しみなんですよね。
間違いなく微妙な空気が流れると思うので、それが今から楽しみです。

これがきっかけで、田中が初回の投球練習してる時に流れる音楽に合わせて「あ~~~~~~よっしゃまさひろ~~~!!」ってファンが叫んだら、田中はマウンド上で吹き出すと思うんですよね。
見てみたいなぁ。



大谷への意識


130829.jpg




ウルフが連敗を止めました。



嫌な負け方で連敗したファイターズ。
どうしても勝っておきたい試合で先発したのはウルフ。
微妙な判定もありましたが、ゴロの山を築き勝利に貢献しました。
こういうピッチングは助かりますね。


そんなウルフの好投があったにもかかわらず、なかなか突き放せなかったのは相手先発の岡本が原因でした。
中継ぎから1年ぶりとはいえ今シーズン初先発ですから、気負って来るだろうなと思ってました。
なので最初から飛ばしてくるだろうから、粘れれば5回までには捕らえられるだろうと考えていたのですが、その考えは甘いものでした。
力むと思われたピッチングは力みが見られず、コントロールされた球はコーナーにビシビシ決まって、2回終わった時点で、これは簡単に打ち崩せないわと考えを改める結果に。
しかし、そんなノビノビとしたピッチングをしていた岡本の唯一の失点は、大谷を意識し過ぎたのが原因でした。


4回、先頭の陽の打球をグラブの先に当ててしまいヒットにしてしまうと、アブレイユの打席で盗塁を許してしまいました。
進塁を許さずにアブレイユを打ち取るものの、バッターボックスに大谷翔平を迎えた事で岡本の気持ちが揺らぎました。
得点圏にランナーを置いて大谷。
この日の岡本の出来なら、大谷を打ち取る事は難しくなかったはずなのですが、こいつに打たれたくない、打たれるとめんどくさいという意識が働いてしまったのでしょう。
突然コントロールを乱して大谷にバットを振らせること無く4球を与えてしまいました。
ここがこの試合のターニングポイントだと思います。

1アウトランナー1・2塁でバッターは好調の小谷野。
初球のインハイに食い込む難しいシュートを、待ってましたと狙い打ちでレフト前にタイムリー。
これが決勝点となるわけですが、もしこれが2アウトランナー2塁ならこういう入り方はしていないでしょう。
外で様子を見るなりして、もう少し余裕のあるピッチングが出来たはずなんですよね。
しかし4球で塁を埋めてしまった。
1アウト1・2塁。
バッターは小谷野。
ここで強気すぎる銀仁朗のリードと、コントロールが良すぎた岡本が揃った事で、読みの鋭い小谷野にタイムリーが生まれるわけですよね。
もし大谷に4球を与えていなければ、この試合はどうなったかわからないと思います。


ただ岡本が良かったとはいえ、得点チャンスが無かったわけではありません。
それをしっかりとモノに出来なかったから苦しい展開になったわけですよね。
打線が繋がってない状況は変わってないわけですから、なんとか今日のマリーンズ戦で繋がりのある得点を見たいものです。




ある意味奇跡の試合


130828.jpg




たぶん今シーズンいちばんと言っていいくらいフラストレーションが溜まる試合でしたねぇ。
なんなんすかこれ。



試合の内容は書きたくないので書きませんが、それにしても10安打5四球で1点てすごくないですか?
奇跡ですよ奇跡。
繋がらない奇跡。
先発でヒットが出なかったの大野だけですからね。
しかもライオンズもひどいもんだからよけいにイライラしました。

ピンチになって「よっしゃ~」ってしのいで、今度は「チャンス来た!」って言って「来ねぇ~」ってガックリして。
これの繰り返し。
ファイターズファンもライオンズファンもイライラしたでしょうね。


連勝の勢いが止まった感じがして嫌ですね。
特に相手がどうこうではなくて、自分たちが自ら流れを手放している感じが嫌。
ちょっとまずいなぁ。




攻め切ってほしかった




130827.jpg




どうやっても今日は継投の話になっちゃうでしょうね。



いい流れを切りたくないファイターズ。
ライオンズに相性のいい木佐貫がどこまでやるかが見ものだったのですが、小谷野がホームランを打った次の回、浅村に2点タイムリーを打たれてしまいました。
嫌な感じだなぁと思っていたのですが、6回にアブレイユが逆転の2ランを放ちます。
これで球場の雰囲気も良くなったし、今日も流れはファイターズだと思ったんですよ。
しかしあの7回がなぁ。


7回表、先頭のヘルマンを打ち取るのですが、続く渡辺にヒットを打たれたところで栗山監督が動きました。
え!?と思ったのですが、球数は101球で、今日の木佐貫は栗山を嫌がってる感じがありましたから、この継投はありだと思ったんですよ。出てきたのも左の石井だったし。

栗山を簡単に追い込んでゴロアウトを取る石井。
続くバッターは4番の浅村。
しょうじきここも継投で繋いでくると思ったんですよね。
しかし栗山監督の出した結論は石井の続投でした。

けっきょく2球目の甘く入ったスライダーをレフトスタンドに叩きこまれて、これが決勝点となるわけですが、なかなか難しい場面なんですよねぇ。
浅村の後が秋山・大崎と左が2枚続くので、そこまで見越した続投だとも思うし、ここ最近の石井は右バッター相手でもしっかり結果は出してたんですよね。
なので継投ミスと簡単に切り捨てられないところなんですが、結果は結果ですからミスなんだと思います。

まず、確かに栗山には投げづらそうでしたが、まだまだ投げられそうなあの出来の木佐貫をあえて下げたわけですよね。
という事はこの継投をした時点で「なんとしても勝ちにいくよ」と選手やファンに言ったようなもんなんですよ。
木佐貫の交代はそれくらいインパクトがありましたからね。
だったら浅村の場面でも繋いでよかったんじゃないかと言われるのは、まぁ難しい場面だったけどしょうがないかなぁと。
もし浅村で切れれば回は7回でしたから、8回・9回にもう栗山と浅村にあたらない可能性があったわけでしょ。
という事はこれがこの試合最後の4番との対決になったかもしれないんですよ。
だったらもっと慎重でもよかったのかなぁと。
特にまだうちにはこの時点で谷元も宮西もいたわけですから。
それこそここ最近よく見せる早い回から増井というのでもよかったのかなと思わせてしまうんですよね。
結果が結果だっただけに思ってしまうというのはあるんですよ。
あるんですけど、間違いなく攻めの継投だっただけにね、最後まで攻め切ってほしかったなぁと思ってしまうんですよね。
まぁ間違った継投ではなかったと思いますけどね。
ただ失敗には変わりないので、言われるのはしょうがないでしょう。


西川が帰ってきましたね。
ファースト守ってましたが、私は個人的に将来西川にはファーストをやってほしいので、この試みはちょっと楽しかったです。
下でレフトを守ってたみたいですが、肩のことと、守備のことを考えると、ファーストがいいのではないかなと。

まず稲葉がいつまで出来るかわからない事と、助っ人外国人がいつまでもいるわけではないですから1塁が開いてる場所なんですよね。
そしてバッティングに専念するためにもいいと思うんですよ。
まぁいきなりすごく危なっかしい守備してましたけど、西川には試してほしいポジションですね。


榊原も帰ってきました。
まだまだキレはありませんが、安定した中継ぎが不足しているこの状況で救世主になってくれればいいですねぇ。


チャンスを作ったけど勝ちきれなかったこの試合。
明日もこういう試合をするようだと勢いが止まりかねないので、マサルにがんばってもらうしかないですね。




大阪で吉川らしき人物が目撃される





大阪で吉川らしき人が目撃されたようです。



良い状態できているファイターズですから、ここは絶対に流れを切りたくないところ。
そのためには吉川が好投する必要がありました。
初回は球が上ずり気味でしたが、2回以降はその高めの球をうまく使って三振を量産。
勝利に大きく貢献しました。
ただ去年の吉川にはまだ足りない感じです。
今年は調整不足から無理かもしれませんが、吉川は死んでなかったというところが見られたので来シーズンは期待できそうです。


高めの球をうまく使うところといい、緩急を使うところといい、吉川には鶴岡が合ってますね。
吉川のあのスピードボールをインハイあたりに投げられたら、相手バッターはたまらないですよ。
ケガしないのは低めだけど、その低めを生かすのは高めですからね。


吉川の好投で自身の連敗が止まり、4番に入って大振りが目立っていたアブレイユがタイムリーを放ち、中島がスーパープレーを見せて、カード勝ち越しです。
間違いなく大きな流れにファイターズが乗ってますよ。
この流れに乗ったままホームでライオンズを叩ければ、ちょっと夢を見られそうです。




負けなくてよかった


とにかく負けなくてよかった。
そんな試合です。



こういったグダグダした試合の内容を細かく振り返っても仕方ないので、気になった事だけ。

近藤がまたライトで出場しました。
今日は打撃のセンスを見せつける内容でしたが、肝心の守備はというと普通でした。
走りこんでとか、背走しながらとか無かったので。
まだ守備に関してはわからないですね。


鍵谷・河野のルーキーが良い投球をしましたね。
2人共2イニングづつで失点0。
おかげで久を休ませる事が出来ました。
ありがたいありがたい。
安定を2人に求めるのは酷かもしれませんが、チャンスだと思って投げてほしいですね。


大引の走塁はさすがでした。
というか「あ~、あったなぁ~」っていう糸井のプレーですね。
ああいうところは変わらない。まぁそこが愛すべきところでもあるわけですが。


この日のファイターズ打線は、なにを待ってるのかわからないスイングが多かったです。
満塁の場面での近藤のスイングもそう。
アウトコースのスライダーを引っかけて打ち上げるんですけど、満塁の状況で本当にそこを待ってたのかっていう中途半端なスイング。
しまった!みたいな顔をしてましたけど、流すのか引っぱるのか、外野フライ狙いなのか叩きつけるつもりだったのか、インコース待ってたのかアウトコース待ってたのか全くわからないスイングはダメです。
試合を決めるかもしれない打席に入る前には、狙い球くらい決めておかないとねぇ。

それと陽のスイングも気になったなぁ。
初球のゆるい変化球をフルスイングで空振りして、その後来るストレートも振るんですよね。
結果を出してるんでいいんですけど、難しい事やってるなぁという感じ。
打てそうな球全部振ってる気がするんですよねぇ。
こういうバッティングは波が激しいので、1番を打ちたいならもう少し考えないとねぇ。

ホフパワーに関しては使うほうが悪いです。


お互いミスをして、決められるところで決められず、ダラダラとした試合。
勝てば拾えてラッキーですが、こういう試合を落とすとガクッときてしまいますから絶対に負けたくなかったんです。
特にファイターズは今盛り上がってきてる最中ですからよけいです。
勢いを殺さなくて本当に良かった。
ここで吉川が復活すれば最高なんですけどねぇ。



拍手コメントのお返しです。
ハピネス7さんへ

いつもありがとうございます。
やはり同じ考えの人がいるというのは心強いです。
これからもよろしくお願いします!(*^-^*)



大谷で4連勝




今日は良い試合をしましたね。



大谷先発という事で少し心配だったんですが、中継ぎの時のピッチングが見られればという期待もありました。
しかしフタを開けてみれば、ニューオオタニ札…じゃねぇや、ニュー大谷が見られました。

今日のピッチングはなんといってもフォークでしょう。
これがあるからこそ9奪三振も奪えたわけですから。
ストレートとスライダーに的を絞ってきたと思われるバファローズ打線は、これにかなり引っかかってくれました。
まぁスプリットみたいな感じなので球速も出てましたから、難しかったでしょう。
これで次から相手打線は、大谷のフォークというものも頭に入れなきゃならなくなったわけですね。

それにしてもやっぱり大野は変化球をたくさん使うピッチャーで力を発揮しますね。
今日の大谷を非常にうまくリードしてました。
これでピンチの時にも同じようにいければすごいんですけどね。


打つ方では主力が活躍して伏兵も活躍してというファイターズらしい点の取り方。
こういうのが毎試合見たいですねぇ。
とにかくひとつでも勝つ。
そしてひとつでも上に上がりましょう





最後の巻き返し





3タテです。
しかし今のファイターズは首位を叩いた事で喜ぶわけにはいきません。



中田がいない状態でのこの一戦。
どういう形で望むのかと思ったら、なんと近藤を1番にもってきて、しかもライトを守らせました。
オプションは多いほうがいいですが、近藤の外野守備を見た事が無いのでどうなるのかなぁと見てたら、球が一切飛んでこず。
ちょっと肩透かしを食らった感じ。


中田がいなくなった時の4番はアブレイユで決まりなのはわかってましたが、3番をどうするのかが気になってたんですよね。
結局は陽が3番でホッとしました。
これでまだ陽の1番に固執するようではダメだと思ってましたから。
これでいいと思います。


それにしてもファイターズらしい繋ぎでビッグイニングを作りましたね。
最後は赤田が放り込んでみせましたが、中田がいなくなった最初の試合で、けっきょく中田がいないファイターズはこんなもんだよねとナメられるのだけは絶対に嫌だったので、得点チャンスをしっかりと物にしたのは良かったし、試合を決定づける一撃を放った赤田には感謝ですね。
だけどビッグイニングを作ると、その後は一切止まるというのもウチらしいですよね。
何回見たことか。
やっぱりファイターズファンには胃薬が手放せないですなぁ。


3タテなんですけど、それで喜ぶほど状況は良くないと思ってます。
順位はまだ下だし、先発が粘り切れないし、中田の離脱もあるし。
もうここからは上のチームにどうやって追い付くかだけです。
マラソンでの残り5キロと似た状況。
相手の背中が見えればやる気が起きるものです。
なので、食らいついて食らいついて落ちてきたチームをかわす。
もうこれしかないでしょう。
そのためにはチームの団結が必須ですが、図らずも中田の離脱というものが起きましたので、強い団結力が結ばれたでしょう。

これでいける所まで行く。
途中でスタミナ切れを起こしたら、今シーズンはそこまでという事でしょう。
これが最後の巻き返しチャンスです。
ファンの皆さんは出来るだけ応援に行って声援を送りましょう。
必ずファイターズの背中を押す力になるはずですから。




なんだかねぇ


130821.jpg




今日も勝ちましたね。
しかし今日も今日とて

なんで勝ちを素直にもらっておかないのかね

すっと終われる試合だったでしょ。
ウチらしい攻撃があったんだから、中継ぎが締めて終わる試合なんですよ。
なんだって最後でごちゃごちゃするんですかね。
まったく。


中田骨折ですか。
まぁデッドボールは故意ではないんでしょうがないんですけど、避け方がヘタって言う人はなんなんですかね。
146キロのシュートが抜けて内に食い込んできてるのに避けるのがヘタというのは意味がわからない。
こういうことを言うのって、想像力が足りないのか、見えてるはずのものが見えてないんでしょうねぇ。

緩い変化球のすっぽ抜けが当たるって言うならわかるんですけど、ある程度速い球をもってる投手を打つのには速く始動しなくちゃいけないんで、どうしたって避けきれない事もあるんですよ。
踏み込むわけですからね。
しかもそれが内に食い込むシュートでしょ。
中田がエルボーガードでもつけてればもしかしたらプロテクターでガードできたかもしれないけど、付けてないんでねぇ。
あんな球打ちにいくからとか、避け方がヘタだからとか、140キロを超えるスピードボールを打とうとしてるバッターを想像すればすぐにわかる事なんだけど…
あぁ、それすらわからないからアレなのか…

まぁウチは意外と故障者を出さずにやってきたチームなので、ついに出たかという感じですね。
こればっかりはしょうがないですから、打順の大幅見直しをして、下から使える選手を上げるしかないですね。


中田の離脱がチームの結束力を生む可能性に期待するしかないですね。
さぁ監督はこの状況をどうするのかな。




山形で勝ったが


130820.jpg




試合に勝ちました。
9点取っての快勝です。
この試合でファイターズに言いたいことは

相手が勝ちをくれるって言ってるんだから、さっさともらって帰って来い

でしょうかね。

相手の出てくるピッチャー出てくるピッチャー必ずチャンスをくれてたんですよ。
だったらしっかりもらうものはもらって終わればいいんですよ。
それをこっちも一緒になってチャンスあげてるようではダメです。

この試合は13対2とかで終わるべき試合ですよ。
それをダラダラと付き合って、終わってみれば総力戦でしょ。
ファイターズ野球とは言えない試合にがっかりしました。
こういう試合は嫌いです。


勝つんならちゃんと勝ちましょ。
負けるんでもしっかり負けましょ。
ひとつでも上を目指すんならよけいに。
お願いしますよ。ホント。



あ、あとこの試合の審判はひどかった。
イーグルス、ファイターズ共に文句言えばいいのに。





帯広2連戦





寝てしまう。
そしてまた記事を書きそびれてしまう。
なのでまた2試合分。



130817.jpg




初戦はケッペルと攝津。
インコースが狭いストライクゾーンに苦しむ攝津。
得意のシンカーがなかなか取ってもらえず、さらに右バッターのインコースも取ってもらえない苦しいピッチング。
しかしそんな攝津の苦悩とは全く関係無かったのがケッペル。
とにかく狙った所に球がいかないんだから、ストライクゾーンが狭いもへったくれもありゃしない。
こんなんでどうやって攝津に勝つんだという感じ。

案の定というか当然というか、連打と4球が合わさって2点を先に先制される。
というか2点でよくすんだなという感じで、ケッペルの降板はやはり早い方がよいと思わせました。

しかしその裏に小谷野がさすがのタイムリーで1点差とすると、5回に中田と大谷の活躍で一挙に逆転。
そこから流れは一度もホークスに渡ること無く、10対3というスコアで勝利しました。
ケッペルの立ち上がりを見ると、とてもこんなスコアで勝てる感じではなかったんですが、野球はわからんもんですねぇ。


活躍はしたんですけど、やはり5番大谷はちょっと気になります。
5番として危ういんですよねぇ。
ものすごい期待感はあるんですけど、ものすごい心配でもある。
中田の後ろを打つ選手としてどうかなと思うんですよね。
やはり中田の後ろを打つのはアブレイユのほうがいいと思うんだけどなぁ。



130818.jpg




2戦目ですが、何書いたらいいんですかねぇ。
吉川はアレだったし、後続も打たれちゃうし。
打つことは打ったんですけど、追いつけないぐらいの反撃だし。
ん~、もったいない試合だったなぁ。


相手先発のバリオスはハッキリ言ってくみしやすい相手だったんですよね。
力強いストレートはあるんですが、まったく低めに行かないし、変化球も後半こそ低めに行く球はありましたが、ほとんどが高め。
とにかく球が高く、投げミスは全てベルト付近でヒットになりやすいというピッチャーだったんですよね。
ただたまに来るインハイのストレートが邪魔だったんですよ。
このレベルのピッチャーをとらえきれないようでは勝てるわけ無いですよね。

吉川については書きません。
榎下はなかなか良いピッチングをしていたのですが、ここで大野の安全じゃない安全策が発動するんですよね。
外外外外・・・・・・
長谷川の2点タイムリーも外のストレートを3球続けて投げて打たれるわけですが、なぜそういった痛い思いをこれまで何度もしているのに外を続けるのかわかりません。
そして河野の時も外を続けて失点するわけですが、僕の頭には横手投げになればなるほどクロスファイアっていうのは効き目があると思っていたんですよね。
河野は右のサイドですから、左バッターのインコースに厳しい球は武器になると思うんですけど、河野程度のストレートではダメだと大野は思ってるのかもしれませんねぇ。
でも外続けるよりいいと思いますけどね。


まぁ大谷の活躍がこの試合を見に来た人のおみやげですかね。
それ以上は何も無い試合でした。



この地方遠征で勢いをつけたかったのですが、最後にコケてしまいました。
これが今のファイターズなんですねぇ。





旭川で最下位脱出




最下位脱出です。



いやいや、よく勝ちましたねしかし。
今日はアウトコースがボール半個分くらい広かったので、金子のコントロールがさらに生きたような感じだったんですよね。
こりゃ得点するのは厳しそうと思えるピッチングでした。
一方ウルフはというと、なんか危なっかしいピッチング。
腰の張りの影響もあるのかなと思わせるものでした。

しかし野球とはおもしろいもので、ヒット1本打つのにきゅうきゅうとしている金子から、アブレイユがカポーンとホームラン打ちましてねぇ。
やったやったと喜んでたら、ウルフがモソモソコテンとボールを取る時にコケまして同点ですよ。
間違いなく追い詰められてたのはウチなのですが、なんとかかんとか粘って繋いで無失点でしのいでいると、7回裏に思いがけない一撃が。


2アウトランナーは2塁。
バッターボックスには佐藤。
2球目の外から入ってくるスライダーを前に倒れながらバットでパコッと叩くと、打球はレフトへ。
普通のレフトフライと思われた打球だったのですが、レフトの平野が慌ててバックする姿が。
打球は平野の頭上を超えフェンスに直撃。
これが決勝タイムリーとなりました。


スタルヒン球場と相性がいい男と呼ばれるようになった佐藤。
スタルヒンだけじゃなく札幌ドームとも相性を良くしておくれ。




旭川で勝つ


130813.jpg




わが街旭川での公式戦。
勝てて良かったです。



先発の木佐貫は早い回こそ不安定でしたが、フォークの精度とともに尻上がりに調子を上げ、勝利に貢献してくれました。
まぁ糸井の一発はインコースを攻めなかった事が原因ですから、バッテリーにはしっかり反省してもらい、2打席目以降のようにしっかり攻めてほしいものです。
あぁ、逆方向に打つのがうまい高橋信二にもインコース使ってね。
元同僚に甘いファイターズは見たくありません。


中田の一発はうれしかったですねぇ。
何がうれしいって、ド真ん中のゆるい球を打ったのがうれしいんですよ。
このホームランは2球目でしたが、ここ最近はなんでか知らないけど、初球にゆるい球を使って中田からファーストストライクを取るキャッチャーが多かったんですよ。
確かに初球からゆるい球を打つバッターは少ないんだけど、ド真ん中でも平気で投げてくるのは、なんかウチの4番がバカにされてるみたいで嫌だったんですよ。
初球からゆるい球をど真ん中に投げられるとか、インコースでどんどん勝負してくるとかは、4番に対する戦い方じゃないでしょ。
こういう球を「ナメんじゃねぇぞ」って仕留めてこそ、相手バッテリーは次から攻めづらくなるわけです。
だからこの一発は「早いカウントでゆるい球投げときゃ、どうせド真ん中でも振らねぇんだろ」っていう他球団のキャッチャーへの牽制にもなると思うので、意味のある一発だったと思います。


佐藤のタイムリーも良かったですね。
今までは自分に何が求められてるのかわかってないようなバッティングが多かったんですが、タイムリーの打席は繋ぐ意識が見えて良かったです。
ただし、佐藤に求められるものはあくまで長打ですから、合わせにいくのではなく、しっかり降る事だけは忘れないでほしいです。
単純に当てるだけなら佐藤よりうまい若手はいますからね。


久々に繋がりのある打線が見られて良かったですね。
しかしこれが続かないと意味が無い。
金子相手に今日のような繋がりが見せられるか。
打順は大事ですよ、打順は。




マサル発見されるも、吉川行方不明


130810.jpg



どうしても寝ちゃうなぁ。
まぁお盆は忙しいんでしょうがないんですけど。
なので2試合分を。



カード勝ち越しのためには絶対に落とせないこの試合。
マサル対唐川という対戦だったのですが、なんとマサルが発見されましたよ。
どこに隠れてたんですかねぇ。長いこと探してたんだけど、なかなか見つからなくてねぇ。低めに集めて的を絞らせないマサルが。
みんな心配してたんですよ。
いやぁ良かった良かった。
だけど気を抜くとすぐに「おいちゃん、おばちゃんよぉ、俺ぁまた旅に出るぜぇ」っていなくなっちゃうから気をつけないとね。


エラー絡みで2失点し、取り返したくても唐川をつかまえられないファイターズ打線。
やっとつかまえたのは7回。
しかし伊藤監督は積極策で内に交代。これが裏目に。
大引のタイムリーが飛び出し1対2の1点差。
なおも1アウトランナー2・3塁でアブレイユ・中田とまわりますから大盛り上がりだったのですが、あえなく2者連続三振で流れが切れてしまいます。

マサルが8回も抑えてむかえた裏の攻撃。
ロサからいきなり小谷野が2ベース。
しかし赤田が倒れた所でマリーンズはロサから松永に交代しました。
そしてまたも交代が裏目に。
代打の代打、二岡をフライに打ちとって2アウトとするのですが、続く大野には敬遠気味の4球、代打の鶴岡はヒットで2アウト満塁。
ここでバッターボックスには陽。
打って決めたい場面ですが、きわどいボール球は全て振らずに押し出し4球を選びました。
この時の陽はテレビ画面からでも集中してるのが伝わってきて、安心して見ることが出来ました。


サヨナラの流れを引き寄せたのは9回の増井のピッチング。
マリーンズの3・4・5番を3者凡退に抑えたのは大きかった。
これで10回に迎えたピンチでも、下位打線相手だったので乗り切ることが出来ましたから。


運命の11回裏。
先頭の今浪が2ベースで出塁すると、飯山はバントでランナーを3塁まで進めます。
ここでバッターは鶴岡。
インコースのストレートを狙い打ちすると、打球はレフト前にポトリ。
プロ初のサヨナラヒットでした。


みんなでひとしきり喜んだあとに、近藤が鶴岡に水をそ~っとかけようとして頭をひっぱたかれてたのが印象的でした。


20130810.jpg


20130810-2.jpg




で、今日の試合。


130811.jpg



マサルが見つかったんですけど、今度は吉川がいなくなってしまいました。
今日のマウンドに上がっていたのは、踏み出した足がピンッと突っ張ってしまう吉川でした。
確かに去年の吉川も足が突っぱる投げ方をしていたのですが、つま先が上がるほど突っぱってはいませんでしたからねぇ。
けっきょく体重が乗り切る前に突っぱるからつま先が上がるんでしょう。
あれ、そういえば開幕投手まで務めたんだけど、吉川とおなじような投げ方して、今もがいてる選手がいるなぁ。


吉川の場合、踏み出した足が突っぱり棒みたくなって勢いを殺してる感じ。
下半身は止まるけど、上半身は止まらないからクチャッと折れる勢いでエイヤッと投げてる様に見えるんですよね。当然コントロールなんてその投げ方ではムリ。
変な話だと思われるかもしれませんが、たぶん体が下半身の疲労をわかってるんだけど脳がわかってないんだと思うんですよ。

たとえば寝ちがえたとします。
右に首を回すと激痛が走るとするじゃないですか。
そうするとね、おもしろいもんで、左後方から声をかけられたとすると左後ろに首をひねりながら振り向くんですけど、右後方から声をかけられると首をほんのちょっとひねった後は体ごと右後方を向くんですよ。人間って。
これ頭で「右に首をひねると痛いから、体ごと動かそう」と思う前にやってるんですよね。

たとえば腰が痛いとします。
すると、あ痛たたたなんつって腰を伸ばそうとするんですけど、途中で伸ばすのを止めるんですよね。
それ以上伸ばすと痛いから。

例えば足を捻挫したとします。
でも歩かなくちゃいけない。
そうすると人は痛い方の足にあまり体重をかけずにピョコピョコと歩きます。
体重をかけ過ぎると痛いから。

頭でどこまで動かすと痛いのかと考える前に、体はどこまで動かすと痛いのか知ってるんですよ。
だから吉川の体はどこまで踏み込むと負担が大きいのか知ってるんですよね。
でも脳はわかってない。
そうすると意識と無意識がバラバラになってしまう。
それじゃまずいからという事で、体が脳をダマそうとするんですよ。
「踏み込むからツライんで、踏み込まずに上半身の勢いで投げればいいんじゃね?だったらココとココを変えて、こうすればバレないバレない」って感じで。
でも脳もバカじゃないから気づくんですよ。
「あれ?なんか今までとちょっと違うよね。なんかした?」って。
すると体は「いやいや、気のせいですって。ちゃんとスピードも出てるじゃないですか。嫌だなぁ。こっちだってギリギリで操業してるんですからね」なんつってね。
すると脳も「いや悪気があって言ってる訳じゃないんだけどさ…ゴメンゴメン」って納得するんですよ。
そうすると吉川本人は「いつもと同じように投げてるはずなのにうまくいかない」となるんですよね。
体には困ったものですよねぇ。騙される脳も脳だけど…

あれ…?これ何の話?

あ、そうそう、けっきょく走りこみが足りないって話ですね。
うわ、ひとことで終わった。
長々と書いたのに…


とにかく去年の吉川が行方不明なのは間違いないですね。
吉川カムバック!


試合の話は…もういいです。
書くほどの事もないし、吉川の文章書くので疲れたし。



3歩進んで3歩下がるファイターズ。
良くなってるんだか悪くなってるんだかわからねぇや。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2点で抑えた試合


130809.jpg




今日は負けたんですが、まぁよくやったなという感じですかね。


先発のケッペルが立ち上がりに安定さを欠いて2失点し、それが決勝点となりました。
ただ、試合は0対2ではなく、0対4、0対5ぐらいで終わっててもおかしくなかったんですよね。
しかしそれを守備陣がこらえて0対2で終わらせた試合だと思います。
特に鶴岡が不安定なケッペルをよく引っぱっていたと感じました。
なのでこういう負けは評価してもいいのではないかと思います。
まぁ打者陣のふがいなさはあるんですけど、西野のコントロールが非常に良かったですからなかなか責められないと思いますし。

なので今日は良かったところが目についたんですよね。
まずは初回以外に点を取られなかった事でしょうかね。
中継ぎが粘りのあるピッチングを見せてくれてました。
特に大谷は今シーズンのベストピッチじゃないでしょうか。
あのピッチングをされたら、そう簡単に打てるもんじゃないですよ。

榎下もいい球投げてましたね。
まぁ少し慣れてない感じは見えたけど、次も楽しみなピッチングでした。

まぁでも今日はなんといっても鶴岡でしょ。
インアウトのコーナーワークをしっかり使って的を絞らせないように配球していたのは良かったです。
ヒットも打ちましたしね。
問題は接戦で勝ってる場面でも同じような事が出来るかでしょうね。
別にそれは勝負どころでインコースを突けと言ってるんじゃなくて、今日のような広い使い方を出来るかという事です。
もし見せてくれたなら、投手によってキャッチャーを代えるのではなく、鶴岡固定でもいいと思えるんですけどね。
ちょっとこれからの鶴岡には期待です。


明日はマサルと唐川ですか。
この前は良い感じで勝てましたけど、そう何度も続くものではないですからね。
特に打者陣は気合入れて臨んでほしいですね。




反省を生かしたバッテリー

130808.jpg




カード勝ち越し出来ましたね。



前の試合があんなだっただけに、カード勝ち越しして気持ちを変えたいところ。
相手は久々の西口なので、ウルフの出来しだいではカード勝ち越しもじゅうぶんあると思われました。
しかし私は見てしまったんですよね。初回にウルフが投球練習をしている時に右腰をトントンしてるのを。
なんか変だなぁ~嫌だなぁ~と稲川淳二のように怖がっていたんですが、それが現実になってしまいました。
四死球を連発して押し出ししたかと思ったら、右脇腹をつって途中降板。
初回から尻上がりに調子を上げてきた西口も右ふくらはぎをつって降板していただけに、試合の流れがどっちに転ぶかわからない状態に。

それにしてもちょっとこの日の大野のリードは良くなかったですね。
調子が悪いウルフをリードするのにいつものようなリードでしたから、カウントが悪くなる場面が多かったです。
ウルフをリードする時もそうですが、とにかく大野はかわすリードをするのではなくて、カウントを有利にするリードを心がけてほしいです。
調子の悪い投手がカウントまで悪くしてしまっては戦えません。
6球使って勝負するのではなくて、4球で勝負するようなリードが出来れば、かなり存在感が増すと思うんですが。
入団当時の強気を思い出してほしいなぁ。


延長になり10回裏、この試合最大のターニングポイントが。
2アウト3塁、バッター栗山でカウント2-1の時に突然中嶋コーチが出てきて大野と会話。
ここから栗山・浅村と連続敬遠で秋山と勝負という作戦に。
しょうじきいっていい作戦とは思えませんでした。

塁が空いてるんだから強打者との勝負は避けたほうがという人もいるんですが、やはり満塁時、しかもサヨナラの可能性がある場面で投げる投手のプレッシャーはハンパじゃないですよ。
しかもコントロールに不安のある谷元でしょ。
そしてもしここで抑えたとして、11回表に点が取れなければ、11回裏の守備によっては12回裏はライオンズのクリーンアップに回るんですよ。
そしてたぶんその時のマウンドには、前日苦い思いをした久が登ってるはずなんですよ。
これもちょっと嫌だなぁと思った要因なんですよね。
その場がしのげてもその先があるんですよ。


谷元の初球はアウトハイに抜けるカーブ。
2球目はアウトハイに抜けるストレート。これを秋山がファールにしてカウントは1-1。
そして3球目に大野が要求したのはアウトローに沈むカーブでした。
しかし、谷元が投げたボールは吸い込まれるようにド真ん中へ。
秋山が振りぬいた打球はセンターに抜けるかと思われましたが、大引がキャッチしてセカンドフォースプレーとし、事なきを得ました。
やったやったと喜んだ人も多いでしょうが、しょうじきいって結果オーライではあるけれど、勝負には負けてましたよ。

ピッチャーズマウンドに当たったせいでショート寄りにバウンドが変わった事。
大引が体を流しながらも、打球を追った中島がセカンドに入れるタイミングまでガマンして取りやすいトスをあげた事。
この2つが無ければ完全にサヨナラ負けでした。
非常に危ない作戦だったと思います。
ただ、危ない作戦だったと書いたこの策が、実は後で良策に変わるんですよね。


11回表に、陽のタイムリーが飛び出しました。
ここで当然11回裏は久が登板ですよ。
そしてここで満塁策が効いてきます。
10回を秋山で切ったおかげでクリーンアップと対戦せずにすむようになったのです。
これは大きいですよ。もしも浅村と対戦なんて事になれば、球場の雰囲気が一気に久に襲いかかりますからね。

そしてここで、バッテリーが前日の失敗を生かす攻めのピッチングを見せます。

まず先頭のスピリーにアウトハイのストレートでストライクを取ると、2球目にインハイへシュート。
これをスピリーが詰まらせてセカンドゴロに倒れます。
このスピリーの打席を見て、ワクワクしました。
明らかに前日とは違う攻めの姿勢がバッテリーから見えたからです。

2人目は熊代。
初球、鶴岡はインコースにシュートを要求。
しかし久の投じたシュートはド真ん中に。
それを手を出す気配もなく見逃す熊代。
熊代はこの場面でどんな形でもいいから塁に出ることが大事ですよね。
当然ホームランバッターではないわけですから、無理して引っぱるなんて事を初球からしてきません。
それで転がして凡打なんて最悪ですから。
出来ればベルト付近位の甘い球をパチンとセンター前か1・2塁間が理想でしょう。
そんな熊代がド真ん中のシュートを見逃したんですよ。
緩い変化球じゃなく、速球ですよ。初球ですよ。
間違いなくアウトコースに目付けをしていて、どうせアウトコースに来るだろうと思って打席に入っていたから、あんなド真ん中のボールに反応すら出来なかったんですよ。
それだけファイターズのバッテリーはアウトコースが多いと思われてるんですよね。

フォークで追い込んで外に2球外れてカウントは2-2。
ここで鶴岡はインコースのシュートを要求。
それをうまく熊代は打つのですが、サードライナーに倒れました。
たしかにいいバッティングなのですが、あの場面で鶴がインコースのシュートを要求してるから、引っぱればバッターに食い込むぶんレフト線ギリギリになるかもしれないので、飯山が若干レフト線を締めてたから取れたんですよね。
ここでも攻めの気持ちが生きました。

最後の銀仁朗ですが、それまでの2人を見てるだけに、頭にはシュートがあったのでしょう。
初球アウトコースのストレートを見逃すと、2球目のスライダーに振り遅れてファールとなり、カウントは0-2に。
スライダーに振り遅れるという事は、よっぽどシュートが頭にあったんでしょうね。
そして3球目にボールになるスライダーのはずだったのですが、中に入ってしまいました。
ライトフェンスギリギリまで飛ばされますがアウト。
3者凡退でカード勝ち越しを決めました。


やっぱりバッターが迷えばそれだけ勝率は上がるんですよね。
ストライクゾーンは広く使ったほうが得です。
この日の久と鶴がちゃんと反省を生かしてくれた事がうれしかったです。



さて、とにかく一歩づつでいいんで上と詰めていきたい所。
ですからやはりカード頭は大事になります。
ケッペルにがんばってもらいましょうかね。




パス




ムカついて記事を書く気にならないですねぇ。
ひとつだけ書くとしたら、配球って大事だなって事ですかね。
そしてここ数年の弱気な配球が変わらないのは誰の責任なんだって事です。

はい、もう今日はここでおしま~い。



良か試合


130806.jpg




大勝です。
うさ晴らしのような大勝です。
あぁうれしい。



相手先発の菊池をどうやって攻略するかが注目だったのですが、いまだに菊池の調子は戻っておらず、バカスカ打って1回3分の1でノックアウト。
ただね、今年のファイターズだと、ここから代わった投手が打てないというパターンになるんですよ。
相手がバント失敗して2ストライクになったので、ヒッティングに切り替えたらヒットになるとかね。
いける!という気持ちがポキっと折られてしまう事が多いんですよ。
しかし今日は違いましたね。
まぁ打つわ打つわの21安打。
とにかく点がよく入りました。

中田の一発もすごかったなぁ。
間違いなく外野の定位置か、少し後ろだと思っていたんですけど、あれがスタンドインするんですからねぇ。
すごいパワーだわ。


今日良かったのは点が入った事ではなく、こういう試合によくある、両軍とも緊張の糸が切れてしまってバカ試合になるものですが、そうならなかった事ですね。
13対8とかバカ臭くて見てられませんから。
木佐貫がしっかり投げてくれたことには感謝ですね。


非常に価値のある1勝だったと思います。
これを生かすも殺すも明日次第です。
トーマスがどこまでやってくれるのか。
低めにまた集めてくれるのか。
インコースを使いきれるのか。
見ものです。




札幌に



いやぁ、この3試合の記事を書かなかったのには理由がありまして。
それはですね、札幌に行ってたんですよ。
え?何しに?
それは当然

ももクロのライブビューイングを見に行ってたんですよ。

いやぁ、疲れました。
5時間もやってくれるんですもの。
応援しすぎて足パンパーンですよ。
サイリウム振りすぎて腕もダルいし。
中身は言えないんですが、スペシャルゲストにはビビったし盛り上がったなぁ。
夫婦で大盛り上がりのライブでした。


え?ファイターズ?
まぁ土曜日は応援に行きましたよ。
あのよくわからない試合ですよ。

ふり返ります?この3連戦。
まぁ今、札幌から帰ってきたばかりなので簡単に。


まず初戦ですが、負け方っていうのがあるんですよ。
田中相手にヒットを打つものの点にならなかった。
田中もいいピッチングしてましたしね。
だから負けるなら1-2とかで負ければよかったんですよ。
それが矢貫が出てきて2失点でしょ。
調子悪いっつってんのに出したベンチが悪いですよ。
負けたけどいけるぞっていう雰囲気が完全に消えてしまった2失点でした。


2戦目ですが、ハッキリ言って意味がわからないです。
当然投手交代のことですよ。
マサルに代えて河野って。
確かにマサルは安定しているとは言いづらかったですが、大事な場面でルーキーは無い気がしますけどね。
監督は勝負に出たと言ってますが、カード勝ち越しのための大事な試合で、開幕投手まで務めた投手の代わりに出てくるのがコントロールに難のあるルーキー投手って。
意味がわからないです。
しかもその勝負に負けてるし。

たまに「選手や監督に文句言うけど、いつかはやらなくちゃいけないんだから」と言う人もいるんですけど、それはタイミングっていうものがあって、その新人選手の育成のために使っていい試合なんて無いんですよね。
それまで地道に実績を積んでるか、その投手しかいないというならわかりますけどね。
えげつない事言う人はいますけど、そういう人はいなくならないんでね。
選手をかばう優しい気持ちがあるなら、それをファンへの攻撃に変えずに、黙って選手に温かい声をかけ続けていてほしいものです。
そういうファンが選手には絶対必要ですから。

試合の話に戻ります。
最後の矢貫もよくわからなかったなぁ。
1点もやりたくない状況なら久だと思ったんですよね。
確かに延長を考えると使いづらいんですが、継投は絶対に追加点をやりたくないって継投だったでしょ。
だったら先のこと考えないで、今できる最高の手を打つべきですよ。
矢貫は明らかに調子が落ちてるわけですから。
いつも書きますけど、先のことを考えて動く人は勝負師に向いてません。
というか勝負師とは呼べません。保険かける勝負師なんていませんから。
継投で落とした試合でしたね。


3戦目は見てないので書きません。
というか書くほどの試合じゃないでしょ。
あ、ひとつ書く事があるとすれば、ヒットが出て点にならないんなら打順変えればって事かな。


まぁ情けない3連戦でした。
首位との勝負で3連敗ですから、もう厳しいですよ。
それを受けて監督がどうするのか。
そこがこれからの見どころですかね。


ももクロは楽しかったという事で、この3連戦の事は忘れたいと思います。




ラッキーな勝ち越し


130801.jpg




しょうじきいって今日は勝てればラッキーと思っていたので、とても嬉しいです。



先発の中村は、けっきょく3イニングしか保ちませんでした。
後半に向けて先発生き残りレースをやるという事でしたから、これで中村は一歩交代という事でしょうかね。

ただし、ちょっと首を傾げる部分はあるんですよね。
中村の武器は何かといわれたら、やはり伸びのあるストレートだと思うんですよ。
カーブも落差があっていいんですけど、コントロールが無い。
だからどうやってストレートを使うかなんですけど、大野は中村が変化球投手に見えているんですかね。
たぶん今日の全投球のうち、ストレートの占める割合は50%ぐらいだとおもいます。
力んでコントロールがつかないのと、ストレートを狙われてると思ったからなんでしょうが、それにしても少なすぎます。
たしかに中途半端な高さにいけば打たれますけど、しっかりと高めにいけばわかってても中村のストレートはなかなか打てないものです。
今日もそういう場面が何度かありました。
確かに低めに集めればなかなか打たれないものですが、中村にそれを求めるのは厳しいですよね。
怖いのはわかるんですけど、もう少し勇気を持ってリードしないと、誰が投げてるんだかわからないリードになってしまっては意味が無いですから。
かわすんじゃなくて持ち味を引き出すリードをしてほしいなぁ。


屋宜に勝ちが付きましたが、ごっつあん勝利ですね。
紙一重でピンチを切り抜けた感じですから、まだまだこれからでしょう。
それでも勝利投手には変わりない。
この勝利で精神的に変わってくれればラッキーですかね。


外道のスーパーフライよろしく、高いフライばかり打ち上げてた中田が、ついに仕留めました。
これでフライ地獄から抜けだしてくれればいいんですけどね。

中田とともにホームランを打ったアブレイユですが、こちらも絶好調ですね。
ただ、アウトになりましたがライト線に打ったヒットで2塁に滑りこむ時に飛びながらスライディングしたので驚いたファンのかたも多いでしょうが、あれはタッチに来たグラブを蹴飛ばすためのスライディングなので、ああいうのはダメです。
タッチにいく時に蹴られると、カウンターになるので手首をケガする恐れがかなり高いです。
選手のケガと引き換えにするほどの価値は、このヒットにはありません。


カード勝ち越し出来たので御の字でしょう。
次はイーグルスとですが、ここも勝ち越せればオッケー。
試合の見極めは間違わないでほしいですね。




能力テスト



まぁ今日はトーマスの能力テストみたいなもんなんで、結果は別に気にしてません。


初見参のトーマスがどんな選手なのか、どこまでやれるのかが楽しみな試合でしたが、結果から言えば、かなりおもしろいのではないですかね。
まず低めに集められるコントロールは良かったです。
荒れ球の速球派ピッチャーならいらないと思っていたので、このコントロールの良さはしょうじき驚きでした。
変化球もストレートも低めに集まってましたし、持ち球であるチェンジアップとスライダーもなかなかのものでした。
と、ここまで書くとなかなか連打されづらい好投手に聞こえますが、現実は違いました。

5回途中4失点で降板。
ハッキリ言って合格とは言えません。
特に気になったのは、右バッターに対するインローのストレートです。
これがものの見事に打ち返されたんですよね。
全然悪い球じゃないのにもかかわらず、伊志嶺と早坂に。
チェンジアップが生命線のピッチャーのようなので、右バッターのインコースに速い球は絶対必要なんですけど、初対戦であまりにもキレイに打たれすぎなんですよねぇ。
球が見やすいのか、大野の配球が読まれたかどっちかなんですけど、ちょっと気になりますねぇ。


ただ今日はストライクゾーンが狭かったので、右バッターのアウトコースから曲げてストライクを取りにいったのがほとんどボール判定されていました。
外が広いアメリカなら取ってもらえたでしょう。
少し不服そうな顔をしていましたが、コントロールは悪くないので次からは修正できるのではないですかね。
あと、少しイライラする所は見せましたが、すぐに冷静になれたのもいいところかなと思います。
キャッチャーのリード次第で勝てそうな感じはするので、次が楽しみですね。


まぁカード3連勝は今のファイターズには都合が良すぎます。
カード勝ち越し。これが出来れば今はいいのではないでしょうか。
その意味では中村のピッチングが大事なんですが、はたして。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08