拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

ついにマジック2!





ついにマジックが2になりました!



昨日は記事を書こうと思ったんだけど寝落ち……。
なので今日は寝ないようにしないと。


ライオンズとの最後の一戦。
勝てば優勝へ大きく近づくこの試合。前の日に勝っているだけに気楽に見られました。

しかし先発のウルフはそうはいかなかったようで、気合入りまくりのピッチング。
毎回のようにピンチは作るものの、なんとか無失点でしのいでいく。


相手の岸はストレートがすばらしく、点を取るところがなかなか想像しづらい。
しかし、そんな岸のストレートを弾き返したのは天邪鬼な金子。
外野の頭を超える2ベースを放つと、岸との相性がいい陽がそれに続き、1アウト1・3塁。
しかしここで西川はセカンドゴロを打ってしまい、ランナーは動けず。
こうなると点が入らないのが最近のファイターズ。
しかも岸というすばらしい選手からの数少ないチャンスを逃せば、その後にはピンチが待っている。

頼むから打ってくれと祈りながら糸井を応援。
しかし今の糸井は、私の祈りなど全くいらないぐらいの絶好調。
4球目のカーブを溜めて溜めて打ち返すと、打球は伸びてセンターオーバーの2点タイムリー。
ちょっと今の糸井は手がつけられませんね。


5回には先頭の金子がヒットで出塁すると、陽はピッチャー強襲の2ベースヒット。
この打球が不運にも避けようとした岸の足に当たり、岸はここで降板。
こういう場面で得点出来なかったのがここ最近のファイターズだったのですが、西川の代打杉谷がキッチリと犠牲フライ。
いい仕事をしました。これで3対1。


さぁもうウルフにはこれだけ援護をもらえば大丈夫でしょと思ったら、次の回の6回表に3連打をくらい、ノーアウト満塁の大ピンチ。
ここでライオンズは代打に上本を送ってくる。
しかしこの上本が、ど真ん中に入った初球のスライダーをミスショットして内野フライ。
これは大きかった。

上本を打ちとったところで宮西にスイッチ。
やはり流れはファイターズにあるようで、1失点したものの宮西がしっかりと投げ切ってくれました。


代打二岡の上手いインコースのさばきで追加点を取り、最後は久がヒヤヒヤさせながらゲームセット。
ついにマジック2となったのです。



ちょっと日程的に札幌ドームでの胴上げは微妙ですね。
まぁまだ優勝は決まってませんが、今のファイターズの状況なら問題無いでしょう。

1年目で優勝しちゃうのかぁ。
なんか持ってるのは監督かもしれないなぁ。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


スポンサーサイト

対マリーンズ23回戦

120927.jpg





最後の首位決戦への最終関門を突破した感じの試合でした。



とにかく負けられないファイターズ。
相手が成瀬なだけに、変なミス、変な失点の仕方だけは勘弁してくれよと祈りつつ観戦。
そんな思いは杞憂だと言わんばかりに杉谷がヒットで出塁したかと思うと、糸井がインコースの球を稲葉よろしく変態打ち。
打球はグングン伸びていって、マリーンズファンのいるライトスタンドへ。

第8号2ランホームラン!

あっという間の先制劇。
成瀬にリズムを作らせる前に攻めたのは見事でした。


その後、5回表に1点を取られ、なおも2アウト満塁。
ここ最近の嫌な流れからまた追いつかれるのかと思いましたが、多田野がふんばって1失点で切り抜けました。


何とか突き放したいファイターズは6回、多田野に代わって登板した宮西が流れを呼ぶ仕事をする。

2アウトを取ったものの、宮西のグラブが弾かれる程の当たりを今江に打たれてランナーを出す。
バッターボックスには井口。
スッと行きたかった回だけに、嫌な感じ。
カウント1-2からの5球目を投じようとした次の瞬間、宮西は1塁へ牽制球。
余裕を持っていた今江は立ったまま帰塁したが、ホフパワーのタッチがわずかに早くアウトとなった。
今江は当然抗議をしていたが、映像をスローで見たところアウトでした。
まぁ審判も体を折ってよく見てましたしね。
と言うかすべりこまないと。
とにかく相手の「ミス」があったことで、流れがこちらに傾いた気がしました。


その直後の6回裏。
先頭バッターの稲葉が2ストライクから粘ってむかえた7球目。
里崎のミットはアウトロー。
しかし成瀬が投じたスライダーはそれよりも少し内側へ。
稲葉はインローを警戒していたらしく、スイングしましたが、かかと体重で体はくの字。
しかし成瀬の投じたスライダーは、内に入ったせいで稲葉の腕がいちばん伸びる場所へ。
ライトへ飛んでいく打球はまたもやマリーンズファンのいる場所へ。

第10号ソロホームラン!

これで稲葉は13年連続で二桁ホームランだそうな。
すばらしい。


増井にはドキドキしたものの、中継陣がリードを守って勝負あり。
ライオンズとの直接対決に弾みをつける勝利でした。



そういえばマリーンズファンが「ファイターズファンは変に謙虚でウザイ」とネットに書き込んでいるのを見ました。
まぁマリーンズ側からすると、ウチと対戦成績がいいくせにマリーンズ怖いとかなんなの?という事なんでしょう。
要するに嫌味言ってんじゃねぇと。

でもファイターズファンはマリーンズだから楽勝なんて思わないですよね。
考えてみたらこの数年、楽勝なんて思った試合は無いです。
とにかく怖い。
ダルが投げてる時でも怖かったもの。
もうこれは「ファイターズファンあるある」だと思います。
こんなにドキドキさせる常勝軍団は過去に無いんじゃないですかね。
ファイターズファンで損してるのか得してるのかよくわからないという…
不思議なチームですよねぇ。



さて、ライオンズ戦は1試合でも勝てばオッケーです。
選手は変に気負わずにリラックスして試合に望んでほしいですね。

あぁ、それはファンもいっしょか。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


対マリーンズ22回戦





今日はラジオ観戦なので手短に。


ファイターズらしい連打が出ましたね。
しかも2アウトからの5連打で一挙3点。
すばらしい。
このしつこさ、いやらしさがファイターズ打線の真骨頂。
こういうのをもっと見たいですね。


投手陣は安定感がありませんでした。
増井はやはりストレートで空振りが取れず、久も復調してきたとはいえ「守護神」とは言えないピッチング。
優勝すればCSまで間が空きますから、その間に疲労を取って、バランスを整えてと出来ます。
なので中継陣のためにも優勝してもらいたいなと思いますね。


まだまだ気が抜けない戦いが続きます。
ファンの皆さんも精神的に疲れているでしょう。
しかし、ここでファンの声っていうのがファイターズの大きな武器になるはずです!
なので、行ける方は出来るだけドームに足を運んでいただきたい!
そしてファイターズをしっかりと支えてほしい!
特にライオンズ戦は満員のファンの声でプレッシャーを与えてほしい!
行けるファンの方、よろしくおねがいします!!<(_ _)>




対マリーンズ21回戦




まぁ、責められない引き分けかな。
あの場面で増井ではなく石井を出した時には「よく決断した!」と思ったしね。
バッター陣も捉えた当たりが多かったし。
ん~、しょうがないかなぁ。


石井の初球を見た時に「あれ?気負ってる?」とは思ったんですよね。
低めにビシビシいっていた今までの石井とちょっと違ったから。
そしたら案の定ですよ。
まぁ気負うなっていうほうが無理ですしね。


それとやっぱり気になるのがバントです。

9回に先頭の中島がヒットで出てサヨナラのチャンス。
ここで1番の陽がバントで送って、2番飯山が初球を簡単に打ち上げてファールフライ。3番糸井がファーストフライでサヨナラを逃すんですけど、この場面で陽にバントさせるのはもったいないと思うんですよねぇ。
だって送ったところで飯山ですからね。
飯山には悪いですけど、バッティングに期待する選手じゃないですから。


先頭の中島が出て、陽が打てばヒットもホームランも可能性はあるんですよ。
もちろん4球の可能性だってある。
打って内野ゴロになれば、結果送ったと同じことになるかもしれない。
最悪1塁ランナーが代わる結果になったとしても、それはそれで陽の足がプレッシャーになるでしょう。
でもバントをしたら送るだけです。
もしかしたら送れない可能性もありますよね。
で、そんな効率の悪いことをしてランナー進めても、バッターボックスに入るのが飯山でしょ。
どうなのって思いますよ。

もし4球なりヒットなりが出て、ランナーが1・2塁に溜まったら飯山バントでいいじゃないですか。
なんで飯山で勝負しようとしたのかがわからないんですよねぇ。
しかも飯山は初球簡単に打ち上げちゃうし。
余計なんでって思います。


1点を取りに行くのはいいんですけど、1点だけ取りに行くとか、1点さえあればとか考えて勝負をすると選択肢が狭まります。
流れに乗るのとは全然違いますから。


よく、先のことを計算して考えると仕方ないと言う人がいますが、こういう人は勝負事に100%向いてません。
先が読めるほど勝負は甘くないし、勝負っていうのは今しかないんで最善の策を今取らなきゃダメなんですよね。
あ、だからと言って先のことを考えるのは間違ってると言ってるわけではありません。
それが普通なんですよ。全然間違ってない。
ただ、普通だから勝負事に向かないんです。

これはもういろんな痛い思いしてきた私の持論です。
希望的観測で物事を見ると、まぁ勝負は失敗するんですよねぇ…
悪魔はねぇ、勝つ確率が高いと安心しきってる人間の足をスコッと刈るんですよ…(ノд`)


さぁ、昔を思い出して暗くなっててもしょうがない。


とりあえず負けなかったのは良かったですよね。
落とせる試合はもうありませんし、札幌ドームで優勝を決めたいんならなおさら落とせません。
北海道のファンと一緒に喜ぶために、死ぬ気でがんばってくれ!





優勝をかけた対ライオンズ第3戦

120923.jpg





中田の意地を見た試合でした。



今日負けてしまうと、ライオンズに勢いをつけてしまいかねない試合。
先発は中村。相手は岸。
どう考えても簡単には行きそうにない。
祈りながら試合観戦。


しかし中村の出来がすこぶる悪い。
初回のピンチが1点で済んだことが奇跡と思えるぐらい。
ホントにドキドキでした。

岸も立ち上がりは悪かったのですが、さすがに悪いなら悪いなりのピッチングをする投手。
これは簡単にいかないなと思わせました。


相手のミスは点にならないのに、こっちのミスは点になる。
そんな嫌な感じがする追加点を5回に取られ0対2。このまま3連敗かという思いがよぎった6回に、あの男がやってくれました。

先頭バッターの糸井がライトフェンスまで届くヒットを打ち2ベース。
しかし糸井の足が焦らせたのか、急いで返球しようとした大崎が2塁へ悪送球。
その球がコロコロ転がって3塁まで。
ヘルマンが飛びつくものの、その横を抜けていくボール。
バックアップに入るはずの岸がサードの後ろにおらず、またまたフェンスまで転がっていくボールを見て糸井は3塁まで。
ミスにミスが重なりノーアウト3塁の大チャンスが出来上がりました。

ここでバッターは4番の中田。
この場面でほしいのは外野フライじゃなくてヒット。
1点取ってもランナーが残らないと勢いが出ません。
ここ最近は情けないバッティングを見せている中田。
汚名返上の一撃を放ってみろってんだ。


パッカ~~~ン!


どぅえええええぇぇぇぇ!!!
入った!同点ホームラーン!!!!



ベンチに戻った時の中田のなんとも言えない顔が印象的でした。


ただ、これで同点になっただけ。
ここからもう1点取らないと勝てません。


7回、1アウトから陽が自打球で一度ベンチに下がったものの、足を引きずりながらまた出てきて気合のセンター返し。
西川送って2アウトランナー2塁。ここでライオンズはウィリアムスをマウンドへ。
ここ最近当たってる糸井を意識したのか4球でランナー1・2塁。バッターボックスには先ほどホームランを放った中田。
ストレートには手を出さずスライダーだけ振っていく中田に銀仁朗は、スライダーがいいとこに決まれば打ち取れると判断したのでしょう。
球的にはそんなに悪くないアウトローのスライダー。
中田は泳ぎながらそれをバットですくうと打球はグングン伸びて、レフトの頭を越しました。
あの打ち方でよくあそこまで飛ばすなぁという驚きと、中田をなめたらイカンよという思いが。

これも昨日の鶴岡といっしょで、スライダーに絞ってるバッターに対してスライダーで打ち取ろうというのは難しいですよ。
相当切れるスライダーを投げられるとか、相手が全くタイミングが合ってないというなら別ですけどね。
ただでさえ前の打席でホームランを打ってノッてるバッターなんですから、相手のことながら不用意だなと思いましたね。


9回に糸井がホームランを打ったところで勝負ありでしたが、それにしてもものすごいインコース打ちでした。
しかも弾丸ライナーでスタンドに飛び込みましたからね。
あらためて糸井の身体能力と技術にビックリですわ。



とにかく3連敗しなくて良かった。
もし3連敗してたら一気に行かれる気がしてたのでね。

あと少しでリーグ戦も終わり。
気をゆるめずに行きましょう。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

優勝をかけた対ライオンズ第2戦



なんだろ。
負けて悔しいとかよりも「なんでそう考えるのかね」っていう感じのほうが強い。



初回にいきなり石井を攻略したわけですが、この初回で石井を下げちゃうっていうのは渡辺監督らしいなと思いました。
こういう交代って、ためらうものですよ。
でも自分がエースとしてやってきたというものがあるから代えられる。
投手出身の監督らしい交代だったなぁと。
普通は先発投手のメンタルとか考えちゃいますから。



しかし、これに負けじと栗山監督も、勝利投手目前のウルフを下げて石井を投入したのは非常に良かったなと思いました。
初回から球が上ずっていたウルフでしたからね。

これで石井がピシャっと抑えて、次の回に得点するようなことがあれば、流れは完全にウチになるんだけどと思って見守った6回表でしたが、先頭の大野が出塁したものの無得点。
なにか嫌な感じはここらへんからしていたんですよね。


8回裏の守備。
ピッチャーは増井。
最近調子悪い増井なので、先頭バッターをなんとしても抑えたかったのですが、中島にヒットを打たれてしまう。
ここはちょっと納得がいかないんですよね。
何に納得がいかないかというと、鶴岡のリードです。

やっぱり調子の悪い増井っていうのがいて、それをリードするのに外一辺倒になっちゃうんですよね。
インコースにいったのは、アウトに構えたのに逆球になってしまった2球目のストレートだけ。
先頭打者として、なんとか塁に出ようと考えている中島はこの場面で一発なんて狙ってないんですよ。
それなのに怖がってアウトコース一辺倒。
打たれたスライダーはいいとこに行ってるんですよ。それでもアウトコースに目をつけている中島は打っちゃうんですよ。
それぐらいのバッターですから。
いいとこに飛んできたのにヒットされた時、鶴岡は何を思っていたのか聞いてみたいぐらい。

増井のいいとこを引き出そうとしてるのか、とにかくこの場から逃げたいのかどっちなんだと言いたくなるリード。
誰をリードしててもピンチの時のリードがいっしょって考えられないですよ。
この数年間、何度同じ光景を見てきたことか。


次の中村のリードもいっしょ。
1球もインコースを使うことなくアウトコースだけで勝負にいって4球。
怖がって怖がって傷口を広げていく。


もっと首を傾げたのが鬼崎の打席。
ノーアウト1・2塁で代打に出された鬼崎ですから、当然バントだと思ってました。
しかし初球にいきなりバスター。
インコースに来たため鬼崎はバットを引っ込めましたが、判定はストライク。
2球目もバスターに来ますが空振りで2ストライク。
こっちにとってはラッキーな状況ですよ。

しかし3球目をあっさりとバントされる。
アウトコースの手が届くストレートでした。
ノーボール2ストライクですから、相手の動きを読むために1球外しても良かったと思うんですがそれをしませんでした。
もし振ってくると思うなら、アウトコースに変化球。バントだと思うならインハイにストレートが基本だと思うんですよね。
それが簡単にストレートを投げてしまう。3球続けて。
鶴はこの状況で何をしたかったのかが見えてこないんですよね。


そしてインコースに弱いヘルマンにアウトコース勝負。
引っぱられて3・遊間を抜かれるのが怖い、一発が怖いっていうのはわかるけど、1点もやりたくない状況で三振があまり期待できないバッターにアウトコースだけで勝負っていうのはどうなんですかね。
しかもつんのめるぐらいアウトコースに目をつけているバッターに。


焦るととにかくアウトコースっていうのは鶴だけじゃなく大野もそう。
それで痛い目に何度も合っているのに……

それとこの時期に「信頼」とかって言って、調子の悪い選手を使い続けるのだけはやめてほしい。
もうそんなキレイ事は言ってられないですよ監督。
勝負師になりましょうよ。
この試合はウルフのとこで動けたじゃない。
一戦必勝に「情」を入れちゃダメです。



さぁ2連敗でゲーム差0.5。
3連敗さえしなければいいと思いますが、3連敗しちゃうとライオンズが乗って行きそうな気がするので中村の仕事に期待ですね。
中村の良さであるインコースのストレートをしっかり使っていけよ鶴。
逃げて抑えられる相手じゃないぞ。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

優勝をかけた対ライオンズ第1戦





流れの怖さをまた感じた試合でした。


流れが手から離れていったのは間違いなく8回の攻撃でしょう。
満塁で中田が打ち上げてしまったのが全て。
ラジオ観戦だったので何とも言えませんが、本当に打ちたい球だったんですかね。
初球にも手を出していますが、それも本当に打ちたい球だったのでしょうか。
なんにせよ、中田には今日のことを思い出してジタバタしてほしいなと思います。


吉川ですが、8回続投は評価できます。
あそこで下ろすようなら勝っていても文句を言っていたと思います。
仕事はしっかりしてましたしね。
次もよろしく。


今日はこれ以上言うことはないかな。
明日は頼むからがんばれ打者陣。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう



バファローズに3連勝




昨日はラジオ観戦だったので、夜中にやってる「朝までファイターズ」を見てから記事を書こうと思い、テレビの前で待っていたのですが、ホフパワーのホームランから記憶が無く、気がついたら居間でぶっ倒れてました。
体が痛い・・・
なので昨日の試合は書けないです。




さて、今日の試合。
ファイターズ先発は谷元、バファローズ先発は初対決の前田。
初モノに弱いとされるファイターズなだけに、嫌な感じ。


そんな嫌な感じを覚えつつ試合を見ていると、いきなり谷元が失点…
マジかよ~と嘆きつつ、1点ですんだことにホッとする。

さて、ファイターズは前田を打てるのか?と思ったら、いきなり同点に追いつく。
しかも3回にはバルディリスの2度のやらかしもあり3点を奪取。
次の回には前田を引きずり下ろすことに成功する。
まぁめずらしい。

そういえば前にバファローズ戦の試合を見ていた時に、解説が「バルディリスは松田がいなければゴールデングラブ取ってもおかしくない」と小谷野の存在をガッツリ忘れてのたまってましたが、バルディリスは「上手い」と言うより「熱い」という守備をする選手だと思います。
だからびっくりするスーパープレーもあるけど、ハリキリ過ぎてダイブした脇の下をボールが抜けていくという珍プレーも見せます。
まぁゴールデングラブはムリじゃないですかね。


話がそれた。

そんでそこからファイターズお得意のじらしプレイが始まる。
ランナーはためるけど得点はしないというじらし。
イライラします。
でもなんとか今日は中継陣が踏ん張ってくれて勝てました。
特に石井は抜群。
この時期にありがたいことですよ。



さて、これでバファローズを3タテしたわけですが、同じくらい嬉しかったのはライオンズvsホークスの3連戦の結果ですね。
ファイターズが3連勝してもライオンズが3連勝してしまったら損した気分になるし、ホークスが3連勝したら勢いがついて、ファイターズとライオンズが争ってる間にスルスルと近づかれそうでしょ。
なのでファイターズが3連勝するんなら、ライオンズ1勝、ホークス2勝がいいなと思ってたんですよね。
結果その通りになったので嬉しかったなぁ。


残り12試合。
ファイターズはたぶん他のチームより早くリーグ戦を終わります。
なので、相手の結果待ちで優勝が決まる可能性もあります。
しかしそれは嫌なので、出来るだけ自分たちで試合に勝って優勝を決めたい。
そのためにはここからファンの力が必要になるんじゃないですかね。
ホームゲームは7試合。
たくさんのファンがドームに行かれることを期待しています!





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

対バファローズ22回戦




先発森内に期待をしながらのラジオ観戦。
ラジオからテレビに切り替わる頃にはもう降板という内容。
見てないからなんとも言えないけど、もう一度くらいチャンスはもらえるのかな?もうそんな余裕はないかな?


それにしても今日はよく繋がりました。
だんだん自分の声のトーンが上がるのがわかるくらい喜んでしまいました。
中田から始まって、2アウトからの5連打。
ファイターズらしい攻撃でしたね。

その攻撃の中でも気になったのは近藤。
低めの変化球を、ものすごく良い姿勢で見逃すんですよ。
リードはまだまだだけど、バッティングはレギュラー取れそうな感じでした。


今日はなんといっても杉谷ですね。
この間、チャンスで凡退しましたから、思うことがあったのでしょう。
気合でヒットにした感じですね。
この男の元気は武器になるので、ドンドン活躍してもらってドンドン選手とファンを元気にしてもらいましょう。


ただ、やはり気になるのがバントの多用。
この勝ち越した場面でも、先頭バッターの金子が2ベースを打って、陽がバントで送ったわけですが、これってホントに得点のニオイがしますかね。

ノーアウトランナー2塁でバッター陽と対戦するのが嫌か、1アウトバッター3塁で杉谷と対戦するのが嫌かということなんですが、杉谷には悪いけどやっぱり陽と対戦するほうが嫌だと思うんですよね。
確かに外野フライで1点、内野ゴロで1点というケースなのですが、金子に代走を送らなかったので、相当バウンドさせるか深い位置で取らせるかしないと生還はムリですよね。
もし杉谷が倒れたらヒットじゃないと帰ってこれないわけですから、やっぱり効率がいいとは言えないと思うんですよねぇ。

抜けたから良かったものの、もし点が入らなければ流れすら失う場面です。
投入できるピッチャーもほとんど残ってなかったわけですし。
1点を取るのに固執して、2点3点が取れない野球は窮屈に感じます。
最初に掲げた攻撃的野球をもっと見たいんだけどなぁ。




対ホークス 21回戦と22回戦




昨日はブログ書いてる途中で眠くてダウン。
すごい体が痛い・・・
なので2試合まとめて。



まずは昨日の試合。

ホークスとの3連戦。
3連敗さえしなければいいと思っていました。
しかし勝ち越し決定。
なかなか良い感じですね。


それにしてもウルフはどうしちゃったんでしょうか。
オールスター前と後では別人ですよ。
このピッチングが出来るなら、早くやってくれよって感じ。
ゴロピッチャーのはずなのに三振が取れるということは、それだけ変化球がキレてるんでしょうね。

ただ、この活躍が本物かどうかわからないのが悩ましいところ。
またすぐに、イライラウルフが戻ってくるんじゃないかと思っちゃうんですよねぇ。


最後はいつものようにグダグダして終了。
やはり継投が決まらないのね。
それでも勝ちは勝ちなので良しとしますかね。




そして今日の試合。
中村vsあまりニヤニヤしなくなった武田。
今日の審判が上下に厳しい審判だったので、お互いノレない感じ。
とは言っても武田は球が常に抜け気味だった。
どうしたんだろうか、疲労なのかね。ニヤニヤも少ないし。
中村の不調もあってなんかおもしろくない対決でした。

お互いが5回を投げたところで降板して中継ぎ勝負に。
ここで糸数を持ってくる栗山監督。
え!Σ(・ω・ノ)ノ! っという継投。
1点差だっただけに、これで打たれたら糸数もベンチもファンもダメージが大きいですから。
祈る気持ちで見守っていると、当たり前のようにひどいピッチング。(-ι_- )
もう少し楽なところで投げさせてやりたかったが、この時期のこの順位で楽な場面などあるはずもなく…
ピンチだけ作ってベンチに帰る糸数を見ると「君もツライだろうけどファンもツライんだよ」と言いたくなる。
せめて「次はがんばれ」と言えるピッチングを見たかった。
まぁ使うベンチがいちばん悪いんだけどね。

このピンチは石井が気合のピッチングでしのぐものの、次の回にモルケンが勝負どころで被弾。
相手ホークスが早めに森福を出してきただけに、また継投がと言われそうですね。
肩を作ってないとか、ここでいいピッチャーを出すべきじゃないとか言う人もいるでしょうけど、結果負けてますからね。

あぁ、私はここで誰を出したら良かったとか言うのは無いですよ。
ただ、この場面でこいつは出せないとか、先のことを考えたら誰々を出せっていうのはムリとかいう意見は、負けたという事実の前ではやっぱり軽くて響かないんだなって再認識しただけです。
私もこういったブログを書いているファンとして、そこは押さえておかないとなと思いました。



さてさて、このホークス3連戦で見てみれば、2勝1敗はいい結果だと思っていいでしょう。
ホークスにしてみれば、出来るなら3連勝、悪くても2勝1敗だったはずですから。
ダメージが大きいのは向こうです。


さて、明日からはバファローズ3連戦。
ホークスとライオンズが潰し合うだけに、是が非でもカード勝ち越しを狙いたい。
初戦の先発は森内。
私的にはついに決まったかという感じ。
完全試合した男を中継ぎでっていうのは違和感がありましたから。
いろいろ楽しみな試合になりそうですね。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

意味のある凡退




いやぁ、この2人の投げ合いはハズレが無いですねぇ。



吉川vs大隣。
パ・リーグ好きであれば、間違いなく胸踊る対決。
2位3位の対決ということもあって、かなりの緊張感がドームに漂っていました。


抜群の立ち上がりを見せる吉川。
絶好調とはいえなくとも、しっかりまとめてくる大隣。
1回終わった時点で間違いなく投手戦になるという予想がつきました。

予想がついたと言えば、両チームの4番は相手先発を打てないということが第1打席でわかりましたね。
先制のチャンスに胸元のとんでもない球を振って三振した中田。
変化球に全く対応できず、見逃しの三振に倒れたペーニャ。
期待出来ない4番同士ですが、もしこの4番が仕事するようなことがあれば、それは試合の勝敗に直結する時ではないかとも感じました。



吉川と大隣の緊張感ある投げ合いが続く。
どういう決着の仕方をするのかが予想できない。
そんな試合展開で、ひとつの大きなプレーが飛び出しました。

6回表、先頭の細川に4球を与えてしまうと、牽制悪送球で2塁に進まれてしまう。
大隣と吉川の出来を考えれば1点勝負になるので、秋山監督はバッターの本多に送りバントの指示を出す。
当然と言えば当然の作戦です。
4球で歩かせて、エラーで進塁させてしまった。
ここで送られて外野フライで1点なんて事になると、流れがホークスに行ってしまう。
ランナーは細川だし、なんとかここはしのぎたい。

初球、高めにボール気味のスライダーが飛んでいく。
バントの構えをしていた本多は、それを見てバットを引く。
判定はボール。
しかし次の瞬間、何を思ったのか細川が一歩3塁方向に進んでしまう。
多分自分の足に自信がないから、なんとか早く反応したいという思いがあったからでしょう。
しかし、その動きを鶴岡は見逃さない。
すぐさま2塁に送球すると、金子が構えたグラブにスッポリ収まるストライク送球。
金子は捕球すると同時に細川の右手にタッチ。
アウト。このワンプレーが吉川を楽にしました。


ただ、普通ならこれで流れがファイターズに傾くものなのですが、大隣がそれをさせてくれません。
グイグイとホークス打線を抑える吉川。
要所要所を抑えていく大隣。
気がつけばすでに8回。
両投手とも100球手前。時間もじゅうぶんに残っているので、もしかしたらお互い10回まで投げるんじゃないかと思えるぐらい。
表を吉川が完璧に抑えてむかえた8回裏。
ついに試合が動きました。

先頭の糸井がセンター前に弾き返しチャンスを作る。
バッターボックスには中田。
4番が仕事をしたらと思っていただけに、ここで意地を見せられるか中田翔!

バント?

ここでまさかの4番にバント。
決まればいいけど、どう考えてもうまくいきそうにない。だってプロ初のバントだもの。

初球、バントを試みるが、1塁線上に落ちて転がりファール。
ドーム中がザワザワしはじめる。
中田の顔を見ると難しい顔。
バントは諦めたようだが、これでゲッツーにでもなったら最悪の流れになることは目に見えている。
ボールを見極め食らいついていく中田。
8球目、糸井がスタート。フォークボールに空振り三振する中田。しかし盗塁は成功。
何かをこらえるような顔をして中田はベンチへ。

しかし、この三振が流れを変えました。

続く稲葉は初球のインローを引っかけますが、ランナーは進んで2アウト3塁。
そしてバッターは小谷野。
胸元を攻められ、真ん中のチェンジアップを見逃し、カウントは2-2。
この両投手の投げ合いはまだまだ続くのかと思われた6球目、アウトローにストレートが飛んでいく。
インコースを意識して、アウトコースのクサイ球はカットしてやろうという小谷野のスイング。
大隣の投げた球は、ちょうど小谷野が腕を伸ばして届くところに。
センター返し。
自分の左を抜けようとする打球に右手のグラブを差し出すものの、打球はそれよりも早く大隣の横を通り過ぎていきました。
好投手同士の投げ合いは、ここで決着がつきました。



中田の食らいついていく姿に感じるものがあったという小谷野。
4番としての仕事は出来ませんでしたが、4番の意地を仲間に見せた中田。
非常に大きな凡退でした。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

対マリーンズ20回戦




今日は久しぶりに映像が見られるので、しっかり記事を書くぞ~!


と、意気込んでたのに、この試合はどうよ。
書きづらい試合だわぁ~。
む~。


とりあえず思ったことだけ書きます。

しかしファイターズの中継陣はここに来て安定感抜群ですね。打たれっぷりが。
なんでしょう、監督が動くと打たれる気がしてしょうがないなんて、ジャイアンツの監督をやっていた時の王さん以来ですよ。

逆に8回表、同点に追いついて勢いに乗りたい場面にもかかわらず、大野に代打を出さず、飯山にも代打を出さないという何考えてるかわからない采配をしましたが、両方ともヒットを打ち結果を出すという見事な読みを見せるでしょ。
その読みが投手交代に生かされないっていうのがおもしろいというか、何というか。

これ、この嫌な雰囲気を断ち切るには、数試合続けて中継陣がバッチリ仕事をして結果を残さないとダメでしょうね。
そのためにはベンチも臨機応変に動かないと。
失速しないためにも、型にハメる交代ではなく、その状況でいちばんいい交代をお願いします。


あとホフパワーはすごいね。
中途半端な高さの変化球はものの見事に運んじゃうもの。
今日は高めのストレートも叩き込んだみたいだけど、この高めのストレートもコンスタントに弾き返せれば、打率、打点ともに来シーズンは期待できると思います。
がんばれホフパワー。
ボブバワーになれる日を夢見て。



そんなとこかなぁ。
あ、ウチは守備がいいねってことはまた思った。
特に外野。
最近は他球団の外野手のスーパープレーとか見ると笑っちゃうもの。
あぁ、ウチなら滑りこまなくても取ってるとか言いながら。(●´艸`)


明日は吉川vs大隣。
この間のようなすばらしい投手戦になるか、それとも口ポカーンの試合になるか。
楽しみでもあり怖くもあり。




マリーンズ19回戦




お、ブログ村のランキングが下がって来ましたね。
よしよし。
こういうランキングで上位に行っちゃうと、確かにすばらしいお友達に出会える可能性もあるんですが、まぁめんどくさい人も来るんでね。
ウチみたいなブログは20位から下をうろちょろしてるほうがいいんですよ。
というわけで只今バナーを外しております。


さて今日の試合ですが、こういった試合を批評してもしょうがないですよね。
なのでやりません。


それよりも、なんか久がFAで出ていくとか引き止めないとか書かれていたらしいですね。
まぁこの手のやつはね、ダルで散々やられましたから気にもしていませんが、この大事な時期に真偽の分からない事を書くバカは、いつまでたってもいなくならないんですね。
出ていくにしたって発表はシーズン終了後でしょ。
今ファンをソワソワさせてどうするんですか。
本当にアホくさい話ですなぁ。



あと、なんか谷口が剛力彩芽に似てるとかって言われてるみたいですね。
確かに童顔ではあるけどそれは言いすぎでしょ。


gourikiayame_i02.jpg





e56890dd-s.jpg



あれ?




efe80f3c.jpg


あれれ?





ももいろクローバーZについて書いてみる

今回は最近ハマっているもののことでもダラダラ書きたいと思います。
その最近ハマってるものというのは
「ももいろクローバーZ」


知ってる人は今さらと言うだろうし、知らない人はなんじゃそらでしょう。
たぶんビックリするくらい長くてとりとめのない文章になるし、そんなもん読みたくないという人もいると思うので、読んでみたいという人だけ「続きを読む」からどうぞ。


本当にただのアイドル話なんで怒らないでくださいね。



対バファローズ21回戦




久々の更新。
この3連戦はテレビで中継してなかったので書くことは少ないから、とりあえず今日の試合だけ。

中村はすばらしいですね。
本当に覚醒してしまうんではないじゃろか。
CSに向けて頼もしい駒が増えました。
それにしても、なんで完投させなかったのですかね。


打撃はなかなか上向きませんねぇ。
繋がりだけの問題だとは思うんですが、ここまで点が取れないとストレスがたまります。
しかしその分、守備と足でしっかり働いてくれるのでまだいいんですけどね。


あともう少しでリーグ戦も終わるのですが、それにしてもファイターズというチームはファンを安心させてくれないチームですねぇ。
強いんだか弱いんだかわかんない試合が多くて、ファンは間違いなく心臓に負担がかかっていることでしょう。
ファイターズファンを続けるのは命がけだね。




これが流れ





まぁ、これが流れの怖さだっていう試合でしたね。

すべてはモルケンのボークから始まってるんですが、こればっかりはなんともねぇ。
とにかくイライラしないっていうのを覚えてもらうしかないのかなぁ。

まぁこの試合はこれ以上語ることはないかなぁ。
あ、中田はもしかしたらゴールデングラブ取るかもとは思いました。
あと、陽が100三振記録したんですけど、去年ほど三振のイメージが無いのはすごいなぁと思いましたね。
ちなみにパの1位はペーニャ。
2位が陽で、3位は中村剛也。
なんかすごい。




見づらい映像のなか



今日は用事があって野球もサッカーも見れないなぁと思っていたのですが、ワンセグがあるじゃんと気づいたのはもう8時過ぎでした。
早速見てみると、サッカーの方は0-3。
え?0-3?まだ20分ぐらいしか経ってないのに?
もうこの時点でサッカーを見るのはあきらめ、野球に移動。
スコアは7回で0-1。
こっちも負けてんのかよ!
このまま見ていようと思ったのですが、電波状況が悪いらしく映像が映りません。
仕方ないので放っておいたのですが、気がつくとフェルナンデスが横になってる映像が流れてました。
ヒットなのかアウトなのかもよくわからない映像状況で、どうなってるんだと思ってたら、今度は西川が2塁到達。
1アウト2・3塁になったことだけはわかりました。

同点のチャンスでバッターは中田。
ブロックノイズや、時々停止する映像を見ながらドキドキしていると、中田がバットを振り抜きました。
次の瞬間、見づらい映像には3塁塁審がピッピと腕を振ってる映像が。
2人帰って逆転成功。
そのあと小谷野もタイムリーで勝負あり。
見づらいけど、ワンセグのありがたみを知った一戦でした。


なんか後でニュースを見たら、谷口が昇格即先発で、強肩を披露したとか。
相手チームからしたらたまらないでしょうね。
俊足強肩が何人出てくるのよって。
打撃の層は薄いけど、守備の層は厚いのよ、ウチ。
ゴメンネ。



ニヤニヤ撃破だったが

120902.jpg





ニヤニヤ撃破で中村に勝ち星!
偽ダル対決は、内容・顔ともに中村勝の勝利!




と、喜びまくってるはずだったんですよ、試合終了後は。
あ、久のことは気にしてません。いつものことなので。


ではなぜあまり喜べないのか。
それは

武田翔太があんまりニヤニヤしてなかったから


前は、サインのぞいてニヤニヤ。
三振でニヤニヤ。
打ちとってニヤニヤ。
打たれてニヤニヤ。
ベンチに帰るときニヤニヤ。
バックに声かけるときニヤニヤ。

もうアホみたいにニヤけてたんですよね。
だけど今日はあんまりニヤけてなかったんです。
なんかもう大人になったのか?
そんなのおもしろくない!
それじゃただの調子のいいルーキーじゃないか。


他球団からプレーで嫌われる選手って、そうそういないですよ。
まぁ大口をたたいたりしても結果がついてこない中途半端な選手はいるけど、実力があって嫌われる選手なんてそういない。
武田翔太にはヒールのピッチャーでいてほしかったなぁ。
選手として魅力あると思うんですよねぇ、そっちのほうが。
もったいないなぁ。



さて、中村はすばらしいピッチングでしたね。
カーブが高いのはいいとして、ストレートが抜群でした。
特にインコースのストレートがもう最高。
最後の方はストライクじゃなくても球審がストライクと手を上げるほど。
もしあのインコースのストレートをこれからも投げ続けられるなら、来年は二桁いきますよ。
ただこれが調子が良かっただけなのかどうかがわからない。
次の登板でそこに投げ続けられたら本物でしょうね。
いい投手だわ。


中田のホームランもすごかった。
「バットをポンッと出しただけ」これでスタンドまで運ぶんだから恐れいる。
エンドランだったのかわからないけど、インハイのストレートを左腕たたみながら押しこむという見事なバッティング。
あのコースであれだけのバッティングしてファールにならないんだから、やっぱりバットを出しただけなんだろうなぁ。すごいね。



これで3位との差が広がりました。
ちょっと楽になりましたね。
ただし、ウチらは試合を順調にこなしてきたせいで、他のチームより残り試合数が少ないのです。
ライオンズとは勝ち数が同じだけど、負け数はこちらのほうが多い。
これを考えると、結構なリードをしておかないと安心できないんですよね。
下を見ず、まだまだ貪欲にいきますかね。




予想してなかった小谷野の一発

120901.jpg




今日は野球好きの友人とテレビ観戦。
配球やら作戦やら選手心理やらを推測し、ああだこうだと言いながら見る野球はおもしろい。

そんな2人が9回を見ながらしゃべっていたことは、もう延長には行かないであろうということ。
小谷野は2番に起用されたからか、最初から右方向を意識するようになったということ。
やっぱり引っぱらないと怖さはないということ。
そして、この場面、小谷野の一発は期待できないということ。






カキン。

あああああああああああああああああああ!!!!!!
入ったぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!


スマン、小谷野。
みくびってた。
5番だったもんね、今日。


暴投だけど本塁タッチアウトという流れの悪い、ここ最近のファイターズを象徴するかのようなプレーが飛び出したんで、負けか、良くて引き分けというのを覚悟してましたから、すごくうれしい勝利となりました。



明日は偽ダル対決。
顔では完封勝ちしてるんですけどね。
はたしてニヤニヤを止められるのか。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09