拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

勝てた試合とも思わないけど、負ける試合でもない

120430.jpg
 
 
 
 
 
あ~なんだろこの試合。
勝てた試合だとは思わないけど、負ける試合でもなかった。
なんか「へぇ~、あぁそうなの…」っていう感じの試合。
スッキリしないなぁ。



吉川のピッチングは本当に良かった。
これで吉川の活躍がたまたまじゃないという確信が得られました。
そうなるとこれからの問題は、1年間ローテを守ったことがない吉川ですから、夏以降の疲労ですね。
今年は勉強だと思ってくれていいから、毎試合しっかり投げてたくさん覚えて一回りも二回りも大きくなってほしいです。


問題は守備ですよ。
初回いきなり金子が悪送球したり、小谷野がエラーにならなかっただけのグラブさばき失敗が4つ。
しかも決勝点に結びつくエラーもやってしまいました。
いつも好プレーしてくれるから、今日のエラーはしかたないということはありません。
エラーはエラー。ダメなものはダメ。
まぁこのエラー連発で小谷野の守備に対する信頼はこゆるぎもしませんが、今日の試合はそのエラー連発で負けたんだということをしっかり反省してほしいですね。


守備といえば鶴岡のリードはまだピッチャーの球の出来に頼ってリードしてますね。
特に疑問だったのが決勝タイムリーエラーが飛び出した、7回の聖澤の打席。

細かく書くとすごい長くなるんで省きますが、カウント1-2の時に外のスライダーではなく、高めのボール球になるストレートを選択してほしかった。
そうすれば聖澤が更に迷ったはずなんですが。

けっきょく4球が出せないということで鶴岡が根負けし、アウトローにストレートを要求したことで聖澤に強い当たりを打たれ、小谷野のエラーに繋がったわけです。
先程も書いたように、ここは三振かポップフライがほしい場面です。
内野ゴロに打ちとったからいいというものではありません。



こういった試合展開で勝ちをもぎ取るのがファイターズのはずです。
この悪い流れが明日にも引きずらないことを願いましょう。






にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

スポンサーサイト

マサル快投96球

120429.jpg





昨日のしょうもない試合を吹き飛ばすかのようなマサルの快投。
さすがエース。


大野のリードには不満があるけれど、しっかり投げきるマサルの技術はすばらしい。
球数も96球と省エネピッチ。
4回なんて3球で3アウトですよ。すごい。


スレッジが3打点の大活躍。
第1打席でセンター寄りのレフト側に大きなフライを打ち上げました。
レフト側に伸びる打球が出るスレッジは良いスレッジ。
なんて思ってたらどでかい花火を打ち上げました。
ただしこれが続いてくれるかどうかはわかりません。
まぁ嫌な7番になったのは間違いないので、早く嫌な5番になってほしいものです。


先発オーダーで唯一安打も4球も無かったのは中田。
第1第2打席の内容は良かったんだけどね。
なんとも言えないなぁ。



明日は吉川。
この間のような好投をして、もう吉川の活躍は偶然じゃないってとこを見せてほしいですね。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

稲葉が2千本打ったけど

120428.jpg





稲葉選手、2千本安打おめでと~(*´∀`*)



だけど、情けない試合内容だった。



稲葉の凄さは他のブロガーさんに任せるとして、もう今日はこのしょーもない試合のことを書くしか無いでしょう。
先発の斎藤がダメ、4番の中田がダメ、スレッジがダメ、鶴岡のリードがダメ、相手チームもダメ。
ホント久々のしょーもない試合にクラクラしますわ。


まず斎藤。
1イニングに2回のワイルドピッチって。
恥ずかしいにも程がある。君の生命線はコントロールだろ。
なにをしとるんかね。


そして鶴岡。
なぜ狭いところで野球をやるのかね。
自信を持って当たれるバッターにはインコースも使うんだけど、怖いバッターや怖い場面ではとにかくアウトロー一辺倒。
3点取られた5回裏のリードはひどかった。
アウトローに目付けしてるバッターをアウトローでしとめようなんて難しいに決まってる。
その狭いリードは、投げてるピッチャーの心も小さくしてしまうリード。
ストライクゾーンはもっと広く使いましょう。


スレッジのダメさはしょうがないとしても、中田は困ったものです。
初球のスライダーを簡単に振るという光景は何度も見てきましたけど、さすがにもう慣れようや。
ハッキリ言ってこの試合、中田が落ち着いていれば勝ってた試合ですよ。
もっとどっしり構えて、しっかり球を見なさい。



せっかく稲葉が2千本打ったのに。
みんなしっかり反省しましょう。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

あと1本で中田の打席

120426.jpg





ついに1999本!


あと1本だったんだけどねぇ。


稲葉のホームランも良かったんだけど、いちばん印象に残ってるのは8回の中田の打席。
2アウトから糸井が4球を選び、中田が出れば5番の稲葉に最後のチャンスが巡ってくるという大事な打席。
結果は空振りの三振。
次の瞬間、中田はバットを両手で握ったまま頭上から背中側に下ろし、二の腕で頭を挟みつけるようにして悔しがりました。
私はそれを見て、あぁいい三振だなと思いました。


別に逆転のチャンスが潰れたとか、その三振で負けてしまったとかいうわけでもない。
単純に稲葉に繋げられなかったことが悔しかったのだと思います。
本拠地となる東京ドームで、稲葉の2千本を楽しみに見に来たファイターズファンの願いと、ここで決めさせてあげたい、なんとか繋ぎたいという中田個人の思い。それが中田にプレッシャーとしてガンガンのしかかっているのが傍目にもわかりました。
個人のためじゃなく、チームのため、尊敬する選手のため、そして期待するファンのために結果を出したかった打席。
それが叶わなかった打席というのは、絶対に何かを中田に残してくれると思います。
この三振した気持ちというのを、中田には忘れないでいてほしいものです。



2千本よりも勝つことが大事。
結果的に勝ち試合で2千本達成なら、どこで達成しようと最高じゃないですかね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


稲葉爆発

120425.jpg


 
 
 
 
稲葉大爆発。
一気に4安打も打っちゃって。すごいね。



どうも安定感にかける八木が先発。
案の定、初回に連打を食らって早々と失点する。
今日も嫌な感じだなぁと思っていたら、相手先発のペンがもうボロボロ。
あっさりと逆転してしまう。

こうなると八木は調子に乗っちゃうんだよね。
初回が嘘のようなノビノビピッチング。
まぁマリーンズの今の状況では、調子に乗った八木を打ち崩せるはずもないけど。

先発が崩れればもうこっちのもん。
あとは、わ~つって喜んでるだけの試合でした。



稲葉は2千本安打まで、残り2本。
明日には決まりますかね。
北海道に帰ってきたときは、札幌ドームでちゃんとお祝いするんでしょうか。
北海道のファンの前で「やりました!」って報告が見たいなぁ。




さて、話変わってダルビッシュ。
今日はヤンキース相手に9回途中まで無失点で3勝目をあげました。うれしいねぇ。
そういえばダルが「あまりにも日本とアメリカが一緒だと思っている人が多い」という発言をしてました。
これはこのブログでも書きましたが、国が変われば価値観が変わるので同じになるわけがないんです。
特に野球の場合はアメリカが他国に合わせるという事をしないので、まったく違う野球になってます。
そういった環境にアジャストしていくのは時間がかかるものだし、難しいですよ。
だけどそんなこともわからない人は「ダルはメジャーだと2流」とか「メジャー舐めんな」とかトンチンカンなこと言うんですよね。
まぁマスコミが煽りまくった反発というのもあるんでしょうけど、それにしたって想像力が足りないというかなんというか。

キャッチャーのリードもおもしろかったですね。
初登板時は吉井コーチが「アメリカかぶれ風な投球をしていた」と言ってましたが、まさにリードがそうだったんですよね。
速くて少し動く球をたくさん使い、引っ掛けさせたり空振りさせる。
要するにストライクゾーンで常に勝負するリードだったわけですよね。
なぜそんなことをするかといえば、球数を稼ぐためと、アメリカではアメリカの配球理論というのがあって、それに基づくからあのリードになったわけです。
けっきょくキャッチャーを代えて日本に近いリードにしたら抑えることが出来ました。
まぁそのうちアメリカ式のリードにも慣れるんでしょうけど、それよりも早くキャッチャーのサインにブンブン首を振るダルが見たいっすねぇ。
それが出たら適応したと見ていいんじゃないでしょうか。

次の登板が楽しみでしょうがないです。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

あと一本がね




あと一本が出なかった試合でしたね。



継投の問題がクローズアップされそうですが、あそこでの継投は問題ないでしょう。
けっきょく過去のイメージを払拭できない多田野の投球が問題なんです。
要するに「信頼感」が得られてないということでしょう。
ファイターズの中継人と多田野を比べれば当然です。
ただし、今日好投したことで次の登板も好投すれば、継投のタイミングが後ろにズレるでしょうから、多田野にはがんばってほしいところです。


さて、打ち込まれた宮西ですが、ちょっと嫌な感じですね。
右バッターのアウトローに外から入ってストライクになるストレートというのが今までズバズバ決まってたんですけど、この日はこれが決まらず、左バッターの外に流れるスライダーも抜けてしまう状態。
まぁもともとスランプの短い選手なので心配はしていませんが、早めに戻ることを願うしかないです。


陽は褒められるとダメなタイプなんですかね。
前の試合あれだけ良かったのに、この試合ではまた気持ちが前に出すぎていました。
特に稲葉のスリーベースで得たノーアウト3塁の大チャンスで、初球アウトローのカットボールを物の見事に引っ掛けてチャンスを潰してしまいました。
追い込まれているのは相手なんで、もう少し落ち着いてくれればいいんですが・・・
最終打席も初球フルスイングした時にはガッカリしましたし。
三振を減らして4球を増やすという意識がないと、いつまでたっても7番から抜けられないです。
攻撃的2番には本当なら陽が最適と首脳陣から言われているということを、もう少し意識して打席に立ってもらいたいなぁ。


糸井のデッドボールは大丈夫なんですかね。
キャッチャーがアウトコースに構えていたのにインコースへ抜けてしまった死球なので仕方ないのですが、何もなければいいですねぇ。
しょうじきこの死球で流れが変わってしまった気がします。
あの場面でカウントは3-2。ランナー1・3塁から小谷野が盗塁して2・3塁となったので、里崎は4球でいいから外にストレートを強く投げろと指示したわけですがあの結果。
もしこれが4球になっていれば雰囲気的にものすごい盛り上がりの中でピッチャー交代だったはずです。
まぁ投げ間違いで外野フライやヒットの可能性もありましたしね。
それがデッドボールで間が開いてしまい、益田に気持ちを作る時間を与えてしまったし、球場の雰囲気も「糸井が出てきた!」ということで少し柔らかくなってしまった気がします。
益田の威力あるストレートに中田と稲葉が詰まってしまったのも仕方なかったかなと。
流れは怖い。



また-0.5ゲーム差で2位となってしまいました。
なんだか気持ち悪いので、今日勝ってスッキリと1位になりましょう。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

吉川覚醒?

 
 
 
今日はラジオ観戦。
なんか吉川がすごかったらしい。
映像を見れないのが残念です。
なんか防御率が1位だとか。



覚醒したと見ていいの?



いまいち信用していいのかわからない。
それはこれまでの吉川を見てきたからでもあるし、あまりにも出来過ぎているからなんだけど、どうも本物っぽい気はしてます。

良い事ではあるし、楽しいことなんだけど、それと同時に以前の気の弱い吉川に戻るんじゃないかという心配もしなければいけなくなったなぁと思っている自分の性格に泣けてくる。


まぁ今は何も考えず、吉川の投球に酔っておきましょうかねぇ。






にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

ファイターズの勝ちが吹っ飛ぶコンサの試合

120421.jpg





非常に良い勝ち方でしたね。
当たりの止まっていたスレッジが大暴れ、調子を落としていた糸井も活躍しました。
マサルがしっかり投げて最後は交代する余裕まで見せてました。
相手の守備のミスをつき得点したりとやりたい放題。
岡田監督の表情がだんだんなくなっていく様子は見てて楽しかったな。
強いチームの勝ち方でした。



勝ってウキウキな気分が一気に吹き飛ぶ出来事が。
それは
コンサドーレvs川崎Fの試合


c120421.jpg



2-0からの逆転負けという屈辱。
よく「2-0というスコアは1点取られるとわからなくなる」と言うけど、これはウソ。
2-0から逆転するには3点取らなければならず、当然2点取られたということはその分取り返す時間が短いということ。短い時間で3点以上取るなんてかなり難しい。
事実0-2から1-2にしたチームが逆転勝ちしたという試合は非常に少ない。
ほとんどはそのまま負ける。

しかし、しかし、そのジンクスを実現させてしまったのは、我らがコンサドーレ。
監督交代で混乱しており、とてもじゃないけど本来の力を出しているとは言いづらい川崎に逆転負け。
もうガッカリ・・・

中村憲剛が交代で入ってきて、いきなり1点取られたことでもう守りに入ってしまった。
何度もブログで書いているけど、守って勝てるのは強いチームだけ。
弱いチームが守りに入ると、ただのサンドバックになる。
一発カウンターの怖さもないから攻める方はあらゆる手段を使ってくるし、交代も非常に攻撃的になる。
そんな波状攻撃に弱いチームが耐えられるわけがない。
そこで同点に追いつかれたらもう反撃する力も体力も残ってないので、追加点を取られるのは時間の問題となる。


とにかく気持ちの萎縮が選手に見られたことに腹が立つ。
戦え。戦って負けたらそれは拍手できる。
しかし戦わない選手をどうやって応援しろというのか。

それと選手交代も疑問。
タイミング的にも交代内容もわからない。


この試合のMVPは間違いなくコンササポ
2点差をひっくり返されての逆転負けという屈辱の試合にもかかわらず、試合終了後も声を出して応援。
それが私には

お前たちはどうだか知らないけど、俺達は前を向いて先に進むぞ。

という声に聞こえました。



こんな試合で6連敗したのに、バスを取り囲まないサポーターに拍手だわ。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

斎藤の完封でついに首位

120420.jpg





斎藤が初完封勝利を収めました!

すげ!



今日はラジオ観戦。
立ち上がりは上々で、いつもの斎藤だなって思っていたら・・・

痛恨の寝落ち

起きたら6回だった~。
いやいや、まいったまいった。
それでも得点のシーンは聞くことが出来ました。


今日あらためて痛感したことは
守備の大事さ
いくらヒットを打っても、いくらホームランを打っても手痛い守備のミスをすると、失点とともに流れが一気に相手へ渡ってしまう。
これは怖いですよ。

そういう意味で相手に流れを渡さない守備というのが9回に見られたのはファイターズらしくて良かったです。
こういう守備から流れを作る野球というのをファイターズの野球にし続けるためには、ファンが厳しい目を持ち続けることが大事だなと思います。


明日は寝ないように気をつけよう。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

-0.5ゲーム差

120419.jpg
 
 


 
今日は寿司を食べに行っていたので前半は見ておらず、ウルフが降板したところから見ました。
ですから試合のことは流れもよくわからないので書けません。
最後もラジオ観戦だったし。
なので気になったことだけを。


植村は良かったですね!
この間投げた時とは別人のように気合が入ってました。
やっぱりスクランブル登板ということで、やるしかないという気持ちが良い方に働いてくれたんですかね。
勝利投手という現実が、これからの植村のピッチングに良い影響を与えてくれればいいですねぇ。


なんか田中がエラー連発とか。
見てないんでわからないんですけど、しっかりしてねと言うしかないですね。
賢介の代わりになりそうな選手が見つかりませんからね。


久のピッチングは見てないのでパス。


それにしても稲葉が好調ですね。
2千本安打まであと10。
出来れば札幌ドームで決めてほしいですね。



ホークスが負けてマリーンズも負けましたからファイターズが首位浮上~!とか喜んでたら、勝率の関係で-0.5ゲーム差の2位だとか。
-0.5ゲームをどう捉えていいのかわからなくて、なんかモワモワするなぁ。



拍手コメントのお返しです。
心ちゃんさんへ
食べちゃダメですよ~
口の中モガモガしますからね。
また喜んでもらえるようにがんばります!



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

負けたけどいい粘り

120417.jpg





今日は牧田が良かった。
しかし、いい負け方だったので文句もないわ。


今のライオンズは先発が完投まで行かないと勝てないから、牧田に球数を投げさせられなかったことが敗因でしょう。
対する八木はアップアップの投球。
しかし今までの八木なら神経質すぎてカウント悪くして、甘い勝負球で打たれて、なんとか抑えようと神経質になりすぎて4球出して、なんとか踏ん張らなきゃって気負い過ぎて長打食らってという、坂道を転げ落ちていくようなノックアウトのされ方だったのですが、今シーズンはちょっと違う粘りが見れてまだ良かったかなと思います。

中継は無失点リレーでさすがのひとこと。
最終回も粘れたんで、負けたけど明日につながる負けだった気がします。


ただ反省もしなければいけません。
糸井と中島の走塁ミスはちょっといただけない。
特に中島は1軍定着を狙うなら気をつけてほしいところです。


さて次は1日空けて地方球場。
どっちの打線が機能するか見ものですね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

得点よりも多田野のピッチング

120416.jpg





取ったなぁ~。
取りたいだけ取ったな~。
取りすぎだったかな~。


13安打で13得点。
8つの4球と3つのエラー。
渡辺監督の表情がどんどんけわしくなっていくのがわかる。
一方的とはまさにこの試合でした。


まぁ得点は相手の自滅だったけれども、無失点は投手陣のふんばりでした。
特に多田野のピッチングは、ケッペル抹消の緊急事態で上がってきたにしてはナイスピッチング。
これだけ投げてくれれば中継でもローテでも大丈夫ですね。

その多田野を6回で代えたのは英断でしたね。
最後まで投げさせたくなるところですが、点差と体力を考えてスパっと代えた監督は正しい。
大量点があるときは、いろんなことを試しておいたほうが得ですからね。
ベテラン休ませたり新人育成したり。
その点ではすごくいい試合でした。



さて明日は八木ちゃんですか。
この間のようにいいピッチングを期待します。
怖い顔でライオンズ打線を威嚇するのだ!





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

ベタでごめんね

120415.jpg





ベタと言われればベタな演出。
まさに出来過ぎな勝利でした。



先発は吉川。
今日こそ初戦のようなピッチングを見せてほしいと願っていましたが、意外や意外、変化球主体のピッチングでイーグルス打線を抑えていきました。
これはたぶん、初回にストレートで押していったものの、イーグルス打線は吉川のストレートに的を絞っていた感じがしたので、鶴が変化球主体に変えたものと思われます。

それでもちょっと極端だったかな。
たぶんストレートの占める割合は全投球の半分以下なんじゃないかな。わかんないけど。
吉川のストレートは散らばっててもいいんで、使って行かないと変化球が生きません。

それと同点に追いつかれた9回は、フェルナンデスに外のストレートを2球続けてヒットを打たれ、ガルシアには2球スライダーを続けたものの外れてしまい、ストライクを取りに行ったストレートが甘くなり同点弾を打たれました。
間違っちゃいけないというのはわかるけど、久は右バッターにえげつないシュートが投げられるんですよ。
なぜそれを使わないのかねぇ。
その後の牧田とテレーロにはシュートを使って抑えているというのがさらにわからない。
だったら2点差があったんだから、フェルナンデスにインコースのシュートを使っても良かったと思うんだけど。
初球がキレイなアウトローのストライクだっただけに、2球も続けて同じとこを要求する意味がわからないんだよなぁ。
けっきょくフェルナンデスにヒットを打たれたことで慎重になり、ガルシアを警戒して外のスライダーを2球続けたものの、それがボールになってしまったからストレートでストライクを取りに行かざるを得なくなっちゃったわけでしょ。
攻め方がもったいないよね。


しかししかし、そんなことは忘れてしまうくらいの一発が9回裏に飛び出しました。
中田のサヨナラホームラン!
このホームランは、3-2としたバッテリーが先頭バターを4球で歩かせるのは嫌がるだろうと中田が予測して、ストレートに絞っていた所、インコースに甘いストレートが入ってきたので打てたというホームランでした。


勝ちが見えた最終回。
万全の体制ということで守護神の久をマウンドに。
しかしその久がまさかの被弾。
吉川の勝ちも消えてガッカリしているところに、不振を極めている若き4番が、バットの一振りで一度は失いかけたファイターズの勝利を手中に収めたんですからね。
ベタといえばベタな物語でしょ?



そういえば、中田がホームインした時になぜだか知らないけど、仲間からユニフォームを脱がされそうになってましたね。
あれ選手がみんな中田から離れた時に、中田が素っ裸にファールカップいっちょで「ふざけんな!」とか出川ばりのリアクションだったら笑えたのになぁ。
あぁ、それもベタですね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


外好き捕手

120414.jpg





前の試合がああだったので、この試合はマサルにビシッとしめてもらおうかいと思いながら見ていたこの試合。
結果はファインプレーあり、一発あり、相手のミスにつけこむプレーありとファイターズらしさは出たのですが、しまった試合かというとそうでもない感じでしたね。


この試合いちばん問題だと思ったのは、大野のリード。
とにかくかわすリードが目立ち、攻めるリードが見られなかったことに不満を覚えます。

マサルの良さはすべて同じ手の振りから繰り出されるストレートと変化球、そしてコントロールですよね。
たとえば自分がバッターと考えた時に、投げてみないと何が来るかわからないピッチャーは嫌ですよね。
事実「狙い球が来た!」と思ってバットを降りだしたけどタイミングを外され「まだ来ないんか~い」って前につんのめりながら三振するバッターが多いです。
それほど見極めが難しいマサルのピッチングですが、それがアウトコースに限定されたものならどうでしょう。
高低といえど、だいたい高めに来る球はストレート。あとは抜け球しか高めには来ません。
そうするとマサルの投げる球は3種類、ほぼ高めには来ないけど高低の2種類。ただし高めであろうが低めであろうが狙い球ならある程度対応は出来る。それがすっぽ抜け球なら対応は難しくないでしょう。
そうするとバッターの選択肢は4種類ぐらいしか無い。
当たる確率は4/1。
こうなるとマサルの「すべてが同じ腕の振りのピッチング」という良さがちょっと消える気がしませんか。

ではここにインコース、アウトコースというものを入れたらどうでしょう。
高低だとバッターの体の使い方は小さいですが、内外を捌こうとすると重心の位置がまったく変わります。
それだけ対処が困難ということです。
マサルの投げる球は3種類。
先程も書いたようにマサルは意図的に高めへストレートを投げることがありますから高低を考えると4種類。
ここにインコース、アウトコースを入れると単純に考えて8通りの選択肢がバッターには出来ます。
当たる確率は8/1。
こうなると、ちょっと当たる感じが薄れてくるでしょ。

更にインコースへ厳しい球を投げておくと、バッターによっては踏み込めなくなりますから、さらに当たる確率は減っていきます。
更に言うと、インコースは確かに長打の怖さを含みますが、同一のバッターに毎回インコースを見せる必要はありません。
どこか1打席に印象的なインコースの1球を見せておけば、次の打席にそのバッターが入った時、頭の中の選択肢にインコースが勝手に入ります。
そうすればバッターは迷いやすくなりますよね。
だから早いうちにインコースを使いなさいよと解説者はよく言うのです。
自分たちがバッターボックスに入った時に嫌な思いをしたから。

コントロールという武器を持ったマサルに、球質が軽いから間違うと怖いといってインコースを避けるのは「宝の持ち腐れ」と言えるんじゃないですかね。


さらに増井のリードもそう。
大野も鶴岡も困ったらすぐにアウトローにミットを構えるでしょ。
これがどうにも納得出来ない。
そのコントロールがあったら増井はすぐに久を押しのけて守護神になれますよ。

ど真ん中にストレートを投げても、ストレートを待っていたバッターが空振りするんですよ。
それほどストレートに威力のあるピッチャーに対して、なぜもっと意図的に高めを要求しないんですかね。
単純に高めのストレートと低めのストレート、どっちが打ちづらいかって言えば、間違いなく高めの方が打ちづらいんですよ。

手からミットまでの距離。
視覚による距離感の把握。
使う筋肉の違い。
恐怖感とか生理的反応というのもあるかな。
高いことは悪いことではありません。

特に増井のような伸びるストレートを投げるピッチャーには、高めを有効に利用したほうが効果的です。
人間は物が飛んできた時に、その飛んできた物の速度を見て、それに重力がかかったところを自然と想像して飛行の軌跡を頭に描きます。
ですからキャッチボールが出来るのですけど、増井の場合はボールの回転がよく、非常に伸びるので、なかなか球が落ちてこない。
バッターから見るとボールがホップするような感覚なんでしょう。
だからバットがボールの下をくぐりぬけている。
バッターは頭の中で「ここに飛んでくるはずなのに~!」と思いながら振ってるわけですね。
だから報道ステーションで解説をやっている工藤はストレートのことを「変化しない変化球」と名付ていました。
落ちてこない、まっすぐの軌跡を描く変化球。

このストレートを高めに投げない手はないんです。
このストレートを高めに投げると、落ちる変化球が更に威力を増します。
ファールでカウントを稼げます。
いい事だらけです。
しかしアウトローにミットを構える。
なんなんですかね。




外一辺倒のリードはダメ。
ストライクゾーンを広く使わないリードはダメ。
バッテリーコーチは仕事しないとダメ。
勝ったけどスッキリしないよ。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


期待はずれな超大作野球ドラマ

120412.jpg


 
 
 
いやいや

こういう試合を見たかったわけじゃない

違う、ぜんぜん違う。



昨日の試合は用事があって見ても聞いてもいないので書きません。
というか書くほどの試合でもなかったようなので。
だから今日の試合は気合を入れてブログを書くつもりだったんですよ。
ところがどっこいこの試合内容。
書く気にもならない。


まず斎藤と田中の出来が悪すぎ。
斎藤は最後まで。田中は8回だけ鬼の田中が見られただけで、前半はダメダメ。
楽しみにしていたんですが、これじゃぁね。

それと気になったのは鶴岡のリード。
1戦目は最高のリードだったのに、今日はもう腰抜けリード。
外、外、外、外・・・
テレーロがホームベースから離れて立っているのでアウトコースで勝負に行くが、そこは手が伸びきるところなので意外と力のあるバッティングが出来ちゃう。
次の打席も同じような攻め方でセンター前。
何をやっているのかね。

今日の斎藤はコントロールが悪いので、どうしても外になるというのはわかるけど、外だけではダルビッシュでさえ抑えきれなかったじゃんか。
ましてやホームベースから離れて立つバッターなんて、僕インコースが弱いですって言ってるようなもんでしょ。
テレーロも中村紀もスレッジも長野も。
そんで外の球を力強く打てるという長所があるからホームベースから離れて立つ。
そんなバッターに外ばかりいけば打たれるのは当然。
そんなバッターにはクソボールでいいから胸元付近にのけぞらせるようなボールを投げて踏み込ませなければいい。
特に斎藤のコントロールが悪かったんだから余計踏み込めない。
もっとインコース使おうよ。

そして鶴も大野もここが問題なんだけど、ファールを打たせてカウントを稼ごうという意識が無さすぎ。
とにかくかわしに行っちゃう。
ファールでカウントを整えるというのは名キャッチャーなら誰でもやること。
それが狙い球を絞りづらくすることにも繋がるんだけど、まず高めの球を使わないから稼げない。
フェルナンデスなんてアウトコース1球見せといて、インコースに甘くてもいいからストレートを投げてやるとファールしてくれるんだけど、それをしないからアウトコースの球を踏み込んで引っ張られるという屈辱の結果になるわけでしょ。
斎藤は今日、ストレートは力があったんですよね。
だから意識して高めを使ってファールを狙ってほしかった。
そうすれば外一辺倒でボール先行なんてならないのに。
低いことがとにかくいいことなんて言ってると配球が窮屈になる。
ストライクゾーンは立方体ででかいんだから、大きく使ったほうが得。
キャッチャーの協力がないとピッチャーの完投なんてありえないんだから、もっと攻めた配球しようよ。
それをしないと大野と鶴が争ってるうちに近藤が正捕手の座を奪うなんてことになるよ。
もっとピッチャーを活かす配球を見せてくれ。


今日の2失点はどちらも守備のミスだったので、もしかすると勝てたかもしれない試合でしたよね。
ウチは守備が乱れちゃ勝てないチームですから、もうちょっとしっかりしてよとしか言いようが無いかな。
今日は守備で負けたと言ってもいいでしょう。



なんだろう今日の試合。
前評判の高い映画を観にいってみたら、予告編でネタバレしててそれ以外の盛り上がりが全く無いつまんない映画を観た時のような感じかな。
ん~。
がっかりだね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


見に来たファンがかわいそうな試合

120411.jpg





こういう試合って書くのだるいよね。
ものすごい打線の爆発と、八木の好投は他のファイターズブログ主さんに任せるとして、ここではちよっと違う話を。


それにしても秋山監督は巽を引っぱりましたね~。
途中から八木の球数を追い抜くという離れ業も見せました。
もし栗山監督が、乾や森内、谷元などを今日の巽みたいな引っぱり方したら、間違いなく嫌いになるね。
だって立ち直りを見せない投手を使い続けるのは、他の投手を休ませるぐらいしかプラスがないのに、マイナスはいっぱいあるもんね。
特にファンにしたらたまらんだろうと思うと、相手のことながら腹が立つ。
1年に1回の野球でこの試合見せられたらたまらんわな。


あと最近解説のことばかり書いてるけど、今日もちょっと。
ラジオのホークス応援実況を片耳で聞きつつ、片方でファイターズ応援実況を聞いていたのですが、もう途中からホークスの応援実況がおもしろくてツボにハマってしまいました。

実況「いやぁ、しかしかなりのワンサイドゲームですねぇ」

解説「そうですねぇ。こういうのは久々じゃないですか?」

実況「ええ、去年はこういう事がありませんでしたからねぇ。今日戦っているファイターズが去年はホークスにつぐ2位だったのですが、大差をつけての首位でしたので。」

解説「いやぁ、私も長年野球に携わっていますが、あれほど大差がついたリーグ戦は記憶になかったですからねぇ」

実況「ハハハ、そうですねぇ、すごかったですからね」

解説「いやぁ、本当に強かった」



現実逃避がハンパじゃない


このおしゃべりの間、ず~っとファイターズが攻撃中。
縁側でジジイ同士が昔話に花を咲かせているみたいな実況はすごく新鮮。
目の前の惨劇を直視しないように、脳内が勝手にお花畑を見せちゃうんだろうね。
昔は良かったね、うふふ、あははって感じに。
こういうのがあるから相手の応援実況は楽しいんだよなぁ。


さて、どうせですから明日も勝っちゃいましょうよ。
そしてまた去年の話で盛り上がる実況を聞きたいなぁ。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

投手の新顔は良かったけれど




朝、ボーッとしながらダルのピッチングを見ていると、ホームにもかかわらずダルがブーイングを食らっとる。
まぁ5失点もすりゃなぁ、それにしてもアメリカは厳しいなと思ってました。
何十億も出して獲得したのに、4球連発して崩れてるんだからしょうがない。

攻撃が終わってマウンドに上がろうとするとBooooooo
守備が終わってベンチに帰ろうとするとBoooooo
投げてる最中もありました。

なにもそこまでというくらいのブーイング。
ちょっとひどいなぁと思っていたら、みんな拍手しながらブーイングしてる。
よく聞いたらBooooooじゃなくYuuuuuuu(有)だったことに気づく。
応援してくれてたんだね。
ん~、バカなんだな、俺。



さて試合。
試合を見た感想は「若手の顔見世興行」といった感じ。
まぁおもしろかったよ。

ケッペルが1回投げた所で肩の違和感を覚え早々と降板。
乾がスクランブル登板となったわけですが、最初から全開で飛ばしてて松田に1発を食らったものの、非常に見応えのあるナイスピッチングでした。
あの力がこめられたストレートは武器になる。

森内もいいピッチング。
しかし植村は無失点で抑えたとはいえ、安心できるぴっちんぐではありませんでした。
乾みたいに開き直ったピッチングが見たかったな。



バッターでは岩館と鵜久森が先発スタメンに名を連ねました。
まぁどっちも若手ではないけど。
相手の山田もいいピッチングだったので音無は責められませんが、鵜久森が見逃しの三振とかいただけません。
なんのために7番で起用されたのか考えれば、おのずと答えは出てくるだろうに。

それと気になったのは、初回に山田が苦手とする糸井が2ベースを放つのですが、続く2番岩館に送りバントをさせたのはどうかと思いました。
これなら今までと何も変わらないではないですか。
いきなりのピンチにアウトをひとつ献上するというのは相手へのプレゼントでしょう。
確かにバットコントロールの美味い賢介ですし、3塁は足の速い糸井ですから、ゴロゴーでも浅い外野フライでも得点になる確率は高いです。
しかし糸井なら2塁から単打でも打球の転がり具合で生還できるでしょうし、内野ゴロでも3塁には到達できると思います。
攻めた結果がこうなのか、それとも岩館のバッティングに不安感があるのか。
ちょっと最初に掲げた野球とは違うんじゃないかと思いました。


どちらにしろ投手は非常に厚みがあると感じられましたが、逆に打者の層は薄いと言わざるを得ないでしょうね。
1人2人代わっただけで戦力がグッと下がるのはやはり問題ですね。




この試合はTVHで見ていたのですが、まぁそこで解説をしていた柴原がひどい。
この試合が解説デビューだったみたいなのですが、それにしてもただのホークスファンみたいな解説は聞いてて呆れました。
私は相手に非常に偏った実況や解説は我慢できるというか好物な方です。
なにくそ!という思いが、点を取ったり相手を抑えた時に「ざまぁみろ!」という感情に変わるので、勝った時の爽快感がハンパじゃないからです。
まぁ負けたときはムカつきがハンパじゃないのですが、次は見てろよ!という思いが出てくるのでモチベーションが上がります。
この思いは相手ホークスに向けたものではなく実況と解説に向いたものなので、ホークスがナイスプレーをした時には「さすが!」と素直に言えることも偏った応援実況の好きなところです。

しかし昨日の柴原は慣れていないのはしょうがないにしても「もう少しバットを押し込んでいれば内野の頭を超えたのに」「ここを抑えたらかなり楽」「ここは誰々に期待したい」
もうこれは解説ではなく願望です。
ビール飲んでひとりごと言ってる野球好きの親父と変わらないです。
もう少しイライラする解説が聞きたかったのに、呆れてがっかりというのは久々です。
ファイターズのこともしっかり予習してきた感じもないし。
ちゃんと仕事せいよ。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

昨日と今日で4連勝

 
 
 
 
あぁ、やっぱり前回の記事の題名は失敗だったな。
題名にちょっと過激な言葉を入れると訪問者数が伸びちゃうことはわかってたんだけど、眠くってそのままにしちゃった。
あまり目立たないブログにしたいので気をつけなきゃ。


さて、昨日と今日勝ったことで4連勝になりました!
すばらしい。
ではまず昨日から。



120407.jpg




マサルvs唐川で始まったこの試合、前回の不甲斐ないピッチングを払拭したいマサルは初回からナイスピッチング。
対する唐川はどうもしっくり来ていない様子で、ストレートがすっぽ抜けて小谷野の顔面付近に飛んで行ったりしていました。
立ち直る前に攻略したいところでしたが、攻めきれずにいると3回以降は立ち直られてしまいました。

我慢のピッチングがお互いに続く投手戦。
見応えはあるが、胃が痛くなるような対決でした。

8回まで終わりついに最終回。
先にチャンスを掴んだのはファイターズでした。
先頭の糸井がヒットで出ると小谷野がバント失敗。
これで流れが切れた気がしたのですが、3番賢介がヒットでつなぎ4番中田。
高校ビッグ3と言われた2人の対決。
この勝負が試合の明暗を分けた気がします。

5球目のカーブをファールしたあとの6球目。
同じようなところに来たカーブを我慢して3-2にしたところに中田の成長を見ました。
打ちたいはずなのにしっかり見極めて、チームから何が求められているのか、4番として何が求められているのかを理解してるなぁと思わせる1球でした。
けっきょく次のスライダーも見極めて4球。
満塁を演出しました。

唐川に分の悪い稲葉でしたが、後の無い最終回で満塁というピンチに、勝負を急いだマリーンズバッテリーが抑えられるバッターではありませんでした。
レフトにうまいタイムリーを打った所で勝負あり。
気持ちが切れたマリーンズはファイターズの敵ではありませんでした。


マサルは完封で初勝利。
我慢の試合を勝てた意味は非常に大きかったと思います。



120408.jpg




さて今日の試合。
ラジオでの観戦なので簡単に。


吉川はどうだったんですかね。
ストライクゾーンが合ってないのかと思いましたが、やっぱり前の吉川が顔を出したのか、それともこの間のナイスピッチが投球の邪魔をしたのか。
なんにせよ褒められたピッチングではありませんでした。

それでも打線は吉川を援護。
2番小谷野が放った価千金の2ランホームラン。
吉川が1点取られるものの、6回からは自慢の中継ぎ陣がロッテ打線を黙らせる。
7回に調子の上がらなかったスレッジが、待望の援護点となるソロホームラン。
最後は増井-久の必勝リレーで危なげなく逃げ切り。
久しぶりに吉川に勝ちがつきました。


とはいえやはり吉川にはもう少しピリッとしてもらいたい。
やれば出来る子なんだから。


さてこれで2位浮上。出だしから好位置につけましたね。
次は首位にいるホークスですから、気合入れて向かっていってほしい。
一気に首位に立つよ!




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


斎藤の勝ちと栗山采配を不思議がる人達

 
 
 
 
今日はラジオ観戦だったので簡単に。


いやぁ、斎藤佑樹でまた勝ちましたよ!
誰ですか、軸足が~とか、球速が~とか、実績が~とか言ってた3流評論家は。
また言ってやろう。

ざまぁみろ

特に不思議に思うのは「球速はたいしたことないのに」という意見を他球団のファンがよく使うことです。
球速があったら勝てますかね?
球が速いだけのピッチャーならゴロゴロいますけど、球が速いことだけで抑えてるピッチャーなんてそう見ないですよね。
なんでこんなに球速にこだわるんですかね。
わが街が生んだ大投手、星野は120キロのストレートですよ。
それであんなに勝っちゃう。
140キロ前後しか出ないGの杉内は毎年奪三振王争ってましたよ。

球の質が問題なんであって、球速の問題じゃないというのは当たり前のことだと思うんですが。
球速が遅いと打ちやすいというのはあまりにも短絡的な考えじゃないですかね。


今日は打順を大幅に入れ替えましたね。
糸井・小谷野・賢介と知った時には思わずニヤけました。
しかしラジオの解説をしていた有藤道世は納得がいかないらしく、「糸井が1番はもったいない」「僕なら小谷野と陽の打順を取り替える」「小谷野に2番の役割をさせるのはどうか。陽のほうが2番の経験がある」と栗山采配に批判的でした。

しかし下位打線でチャンスを作り、糸井・小谷野と回ってきた場面では
「まぁ1巡したら打順関係ないから」と豪快なことを言っていました。

だいたい陽が2番に入った時の問題点は、1塁線のバントはうまいものの、3塁線には全然転がせない中途半端なバント技術。
2番であるにもかかわらず、盗塁を待たない、進塁がほしい場面でフルスイングする、つなぎの2番が三振王といった問題があるからノビノビ出来る7番に下げたわけですよね。
それくらい知っといてくれよと言いたくなりますね。


この2番最強説も、古い野球人には受け入れがたいものらしいです。
「2番はつなぎが出来る器用なバッターじゃないと。稲葉はもったいない」と言う評論家がいますが、このやり方って日本じゃ珍しいけどメジャーじゃよくあるでしょ。
バレンタインなんてビックリするオーダーをよくやってましたよね。
そしてニューヨーク・ヤンキースの2番はあのスーパースター、デレク・ジーターですよ。
認めたくないのはしょうがないけど、実際に機能してる例があるのは認めないと評論なんて出来ないと思うんですがね。


試合とはかなり離れた内容になってしまいましたが、なんにせよファイターズが結果を残しているのは事実であり、ダルビッシュ1人に頼ってきたチームではないということがだんだん証明されてきましたね。

あ、そういえば有藤はファイターズを最下位予想してたんだっけ。
へ~。


あ、そうそう、ヒーローインタビューで斎藤がしゃべってる時にブーイングしてたマリーンズファンは最悪だったけど、ヒーローインタビューしてたアナウンサーはもっと最悪だったな。
敵地でのヒーローインタビューであんなインタビューするバカはどうしようもない。
両チームのファンが嫌な思いするインタビューなんて久しぶりに聞いたわ。
まったく。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


中田がついに目覚めた

120405.jpg





2連勝のあと3連敗で借金生活。
中身を見ればそう心配することはないのだけれど、世間的には中田の不振も含め「あぁ、やっぱりな」と言い出す人も。
そんな上辺の数字だけで判断するヤツに文句言われてたまるかと、この試合も気合を入れて中田を応援。

が、ビックリするほど結果が出ない。
ノーアウト1・2塁のチャンスで気のない中途半端なスイングをして空振りの三振したときには頭を抱えましたよ。
昨日もことごとくチャンスで凡退を繰り返しているだけに、今日もかという思いが。

8回裏、1点差で迎えたこの回。最終回に投げる久のためにもなんとかもう1点取ってあげたいファイターズは、稲葉からという好打順。
しかし稲葉は三振、糸井も三振。そして中田の打席が回ってくる。
とにかく内野安打でもいいからヒットを打ってほしいと願っていましたが、相手岡田監督も、ここで中田に打たれるわけにはいかんということで、左の吉野から右の香月にスイッチ。
さすがに勝負どころがわかってんなぁという感じ。


カウント2ボール1ストライク。
4球目のカットボールをアウトローにきめるはずが、真ん中高めやや外寄りのコースに。

ズギャ!

おもっきしシバキ上げた打球は、打った瞬間それとわかる速度と角度。

DSCF1213.jpg


でも打った中田は全力疾走。
スタンドインしてやっと走りを緩める中田。
ダイヤモンドを一周してベンチに帰ると、仲間から笑顔で手荒い祝福を受ける。

いつものように中田のヘルメットをひっぱたいてずらそうとする陽

DSCF1223.jpg




バットを額に当て感謝する中田の頭を

DSCF01224.jpg

キュキュキュキュ
ってする金子。



そしてドヤ顔。

DSCF1225.jpg



勝って良かった。
これで最後に久が打たれてたら大変なことになってましたからね。
中田は久に感謝ですね。


ウルフも良かったし宮西も良かった。
勝敗も五分に戻ったことだし、ファイターズはここからですねぇ。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


計算出来ないピッチャー

120403.jpg




こういう投球を見せられるから計算が出来ないのですよケッペルは。
良い時と悪い時が試合中に突然やってくるピッチャーですもんね。
何が原因なんだろう?


試合は追い上げたものの1点差で負け。
まぁしっかり盛り上げることも出来たし、負けたにしても内容のある負けだったと思います。

それにしても中田が打てない。
打てないなら打てないで4球でも選んでくれると助かるのですが、陽と同じで待つことが出来ないバッター。
心に余裕が無いと真価を発揮できないというのはめんどくさいですねぇ。
スランプ長いからなぁ。早く抜けだしてくれればいいけど・・・

それにしても中継は仕事しますね。
谷元が失点したけど、あれはケッペルが作り出した流れに飲まれちゃった感じなのでしょうがない。
ああいったピンチの場面、例えば1アウト満塁とかの場面で自信を持って送り出すピッチャーを決めておかないと厳しいなと感じましたね。
去年までなら榊原でしょうが、出遅れているのでねぇ。

森内もついに投げましたね。
楽しみにしていたら、ちょうどそこで地上波終了というガッカリなことに。
ラジオで聞いていると、ちょっとてこずった感じがするので、次に期待ですかね。


今日はケッペルの出来が全てでした。
点は取られてもいいから、もう少し安定感のあるピッチングをしてくんないかなぁ。
頼むよ、期待してんだから。



そういえば信二が元気そうでした。
ファイターズファンは当たり前のように拍手で迎えてましたね。
しかも2ベースヒット打たれたのに拍手とか。
あれだな、あの~、あれだ。
あ~、うん、そういうことだな。


ファイターズ戦以外でがんばれ信二。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


新しい吉川

120401.jpg

 
 
 
今日は1点差で負けました。
しかしまったく悔しくない負けです。
なぜなら吉川がすばらしいピッチングを見せてくれましたから。
 
 

期待されて出てきては、4球で崩れて肩を落として帰っていく吉川を何度見たことか。
それだけに今日のピッチングはうれしくてしょうがない。
コントロールの難のあった吉川の面影は微塵も見えず、ストライクを先行して強気で押していく吉川の姿がそこにはありました。

特にすばらしかったのは、対中村の第3打席。
前の第2打席でホームランを打たれている吉川。
ここはどうするかと思って見ていると、初球はインコースのストレート。
これは度胸ある配球だなと思いました。
2球目もインコースを鶴が要求しますが、引っかかってワンバウンドしてしまうストレート。
3球目はインコースに外れるカーブ。
4球目はアウトローいっぱいに決まるカーブ。
5球目は高めに外れるカーブ、これでフルカウント。
最後はインハイのストレートでキャッチャーフライにしとめました。
打ちとった瞬間、グラブを叩いて気合を表に出す吉川に、今までの頼りない姿は見えませんでした。


ランナーを出すと崩れることも多かった吉川ですが、ランナーを警戒しつつ投じた球のコントロールが乱れることもなく、投球テンポも良かった。
ただ、この好投は鶴岡がいてこそです。
インコースをどんどん突いていき、早い勝負でボール先行させなかったのは見事。
吉川のストレートなら甘くてもファールが稼げるとわかってのリードでしたね。
中村の一発も、外す予定の球が中に入ってしまったためでリードの責任ではありませんでしたし。
ホント今年の鶴岡は頼りになるなぁ。


相手の岸もすばらしかったけど、内容的には吉川の勝ちと言っていいでしょう。
ただし、これが続かないとなんの意味もない。
次に失敗すれば「あぁ、やっぱり吉川か」となってしまいます。
吉川本人の自信も揺らぐでしょう。
だから次の登板が怖くもあり楽しみでもあるんですが。



けれどこれだけは言わなければいけないでしょう。
今日の吉川は最高だった!




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

劇的な結末! 開幕2連勝!

120331.jpg

 
 
 
劇的な勝利でした。
興奮しながら拍手してたから手が痛くなっちゃいましたよ。
おもしろい試合だったなぁ~。




さて、先発は真のエース武田勝。
今日勝てばカードの勝ち越しが決まり、明日の吉川を楽にしてやれるなぁと思った矢先の初回に、満塁から浅村に2点タイムリーを打たれる。
ちょちょちょ、マサルよそれはないだろうと言いたくなる投球。
積極的なバッティングの浅村に対して、初球のチェンジアップを真ん中低めのストライクゾーンに投げちゃダメじゃん。
そんで大野ももう少し外に構えなくちゃ。

それでも今年の打線は期待感が違う。
2回裏、2アウトから陽がセンター前で出塁すると、続く金子がスライダーをゆる~くレフト前に。
そして9番大野が外のストレートを狙い打ちでレフト前へ!
俊足陽がサードを駆け抜けホームへ。
ライオンズのキャッチャー銀仁朗と交錯するも1点を返す!

あのさ、セカンドから大回りでホームに帰ってくるランナーに、中腰で大股広げてスペース消すのは止めたほうがいいよ。
あぶないから。
クロスプレーでもないタイミングでこれやられるとムカつく。

さぁ一気に同点、逆転かと思われましたが、賢介が倒れ攻撃は終了。
しかし2アウトからの得点というファイターズらしさが出たなと喜んでいたのですが、ここからが辛抱の時間でした。

相手先発の石井一久は最初から飛ばしており、球数を稼げば早めの交代もあるなと踏んでいたのですが、なかなか気持ちの乗った粘りのあるピッチングをしており、良いあたりも野手の正面などをついたりしてなかなか援護が出来ない。
そうなると次の得点はやはりライオンズに。


5回表、ヒットで出た銀仁朗をバントで送られ、栗山に追加点を許してしまう。
今日のマサルは6回投げて91球の自責点3。
次こそ期待したい。

マサルのあとを受けた谷本が無失点で抑えると、7回裏に賢介がやりおった。
2アウトからチーム初ホームラン!2対3の1点差!
もともとパンチ力は持ってるからね。


8回は石井が抑え、9回は増井。
ここでしっかり抑えて9回裏の攻撃に繋げたいと思っていたら、先頭バッターの浅村が外角低めのストレートを強振!
しまった!と思ったら、陽がウォーニングゾーンギリギリまで背走しながらジャンピングキャッチのビッグプレー!
このプレーは増井の投球にもお客さんの雰囲気にも大きな影響を与えました。



そして運命の9回裏。
前の回、5番スレッジで終わっているので下位打線からなのですが、今シーズンのファイターズは下位打線もおもしろい。
ピッチャーはライオンズの新守護神ゴンザレス。
前評判が非常に高く、コントロールが良くてスライダーが切れ、しかも球が速いという嫌な情報は耳に入っていました。
しかしオープン戦とリーグ戦は違うもの。
この後のことを考えても、今シーズン初登板のゴンザレスに、勝っても負けても嫌な印象を与えることは大事だと思ってました。

先頭の6番小谷野。
2球アウトハイにストレートが外れて、修正したはずの球もアウトコースに外れカウント3-0。
おやおや?と思ったものの、高めのストレート2球でフルカウント。
ここから小谷野が粘りのバッティング。
最後は根負けしたゴンザレスがコントロールを乱して、先頭小谷野を歩かせてしまう。

ここでベンチはすかさず小谷野に代走の中島を送る。
これは去年まで全然無かった動きです。
去年までなら時間制限があるにもかかわらず、このあとの守備や、同点止まりだった時のことを考えて代走は送らないという消極的な、石橋を叩いて壊す的な采配でした。
しかし今シーズンはここで動くんですよね。
監督が変わったんだなぁと実感した交代でした。

続く7番陽は1塁線へ絶妙な送りバントを一発で決める。
1塁側に転がすのはうまいよなぁ。
これで1アウト2塁。

ここで8番金子に代打二岡をコール。
ググッと上がるドームのボルテージ。
昨日打席に立って結果を出したのがここにきて効いている感じ。

初球、ストレートが低めに外れ1-0。
2球目、初めて変化球を投げるが抜けた感じのチェンジアップ。しかし逆にタイミングが合わず空振り1-1。
3球目、今度は落差のあるキレのいいスライダーで空振り1-2。
これがあるなら早めに要求していれば良かったのに。
そして4球目、アウトローを要求したストレートは札幌ドームの魔物に魅入られたようにスルッと真ん中へ。
強振する二岡。
打球はレフト前に!
これで1アウト、ランナー1・3塁。代走に飯山が送られる。
それにしても、さすが勝負強い男よ。


さぁここで本日の主役、代打岩館登場!
バットを短く持って右打席で構える岩館。
初球、スライダーを要求するものの手前でワンバウンド。
なんとか銀仁朗が3塁線方面にはじいて3塁中島のホーム突入を防ぐものの、あわや同点ワイルドピッチになるところだった。
しかし1塁飯山が好判断で2塁を陥れており、1アウト2・3塁に場面が変わる。
沸き立つ札幌ドーム。
しかしその札幌ドームが歓声と悲鳴に包まれたのは2球目だった。

スクイズ。
しかし打球は大きく後ろに飛んでいきスクイズ失敗。
しまったーという顔をして悔しがる岩館。
こういった攻撃も、去年まではあまり見られなかった作戦。
仕切り直し。
3球目、チェンジアップが引っかかってワンバウンドのボール。2-1。
4球目、外の真っ直ぐに手を出すものの、まったく合っていない空振りをして2-2。
5球目、4球目と同じ外の真っ直ぐを要求した銀仁朗のミットに見向きもせず、ボールはど真ん中へ。
振り抜く岩館。
しかしゴンザレスの速い球に岩館のスイングが追いつかない。
だがここで、短く持ったバットが岩館をヒーローに押し上げる。
詰まりながらもセンター前にポトリと落ちる同点タイムリー!
ドーム熱狂

ベンチに向かってガッツポーズをしたあと、1塁上でホッとした顔をする岩館に拍手の雨が降り注ぐ。



さぁ歓喜の手筈は整った。
打席に入るはキャプテン賢介。
ここで打たなきゃ男がすたる。
ここで打たなきゃどこで打つ。

俺が打たねば誰が打つ。


鋭いスイング。
打った瞬間にガッツポーズをする賢介。
ぐんぐんライト方向に伸びていく打球。
ファンの歓声が混ざり合ってひとつになる。
ライトの頭上を超えたボールは、劇的な試合の終わりを告げました。



出来過ぎな気もする開幕2連勝。
たかが2勝なんだけど、今シーズンが終わって振り返った時に必ずファンが思い出すであろう2試合でした。
やっぱり中継ががんばったから流れが来たんじゃないですかね。

明日は吉川。
劇的じゃなくてもいいから、自分で納得のいくピッチングをウチらに見せておくれ。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04