拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

こんなに楽しい試合を連日経験しちゃっていいのかしら





連日、こんな気持ちの良い逆転劇経験しちゃっていいんですかね?  ( ´艸`)ムププ


2回途中から観戦したのですが、すでに2点先制されており、どうも守備がグタグタだった様子。
なんか嫌な感じがするなぁとは思っていたんですよ。

金子のゆる~いヒットで1点差に追いついた次の回、絶対に取られちゃいけないところで取られちゃいました。
3回表、中村のヒットから、まるでおびえる少女のようになってしまったケッペルちゃん。
あれよあれよという間に3失点。
なんなんですかね、突然弱気になるというのは。
しかも次の回からはそんな事が無かったかのようなピッチングをするし…

向かっていく気持ちが全然伝わってこない。
かわして勝てるんならいいけど、ケッペルの投球はかわす投球じゃない。
そこは大野も考えないとね。
この気持ちの面でケッペルよりもウルフのほうが勝ちそうという気がするんですよね。


逆にこの気持ちが前に出過ぎるのがホフパワー。
今日は2つのエラーをして途中で代えられました。
ホフパワーのエラーって捕れるとか捕れないとかではなく、無駄なチャレンジが多すぎてのこと。
たとえばダイビングキャッチとか、セカンドが捕球体勢に入っている球を捕ったりとか。
そういったプレーの前に、まず状況を判断するクセをつけないと。
今日の1塁への悪送球にしたって、後ろに倒れこみながらの送球が反れてのもの。
え~い、いってしまえ~!とやる前に、状況の判断をお願いね。

それとホフパワーのバッティングですが、それほど心配していません。
なぜなら最初から外が打てなかったから。
インコースに厳しい球が1球でも来るともうダメなのは最初から分かってたこと。
これを直すには時間がかかる。
それをホフが克服できるかどうかが長く日本で活躍できるかどうかです。
最初から良くなかったものが、活躍で見えなかっただけのこと。
ここは待ちましょう。



エラーあり一人相撲ありで、打撃陣の不調が問題となっていたライオンズに明るい話題を提供してしまいました。
点数は1対6。
5点もの差をどうやって返していこうかと思っていた5回裏、まさか大熱狂することになるとは。

金子がヒット、賢介が粘って2ベース。
ノーアウト1・2塁となった所でドームの空気が変わりました。
陽の内野ゴロで1点返しバッターは糸井。
初球、インコースのストレートをライト前へ!
これで3対6。

いやいや、ファイターズらしい攻撃だなと思ったらまだ止まらない。
4番小谷野がセンター前ヒット!
ランナー1・3塁でバッターは稲葉。
外野フライでも1点だななんて思った私の考えはせこかった。
2球目、インコースへ甘く入る変化球。
インコースのゆるい変化球は稲葉の大好物。
第1号同点3ランホームラン! 6対6!
1塁を回ったところでガッツポーズを決める稲葉!
稲葉と一緒にガッツポーズを決めてしまいました。


完全に流れをつかんだファイターズ。
7回にはこの男がやってくれました。
大野が第1号勝ち越しソロホームラン! 7対6!

このあと鵜久森・中田にタイムリーが出てお祭り状態!
そしてリリーフ陣がノーヒットピッチングでゲームセット!
楽しい楽しい勝利でした。



調子がいいファイターズと言われますが、これは
実力です!
たまたまではありませんのであしからず。


このまま首位で走りぬけて、ファイターズを4位とか5位とか6位に予想した、あんな解説者やこんな解説者を見返してやりたいなぁ。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


スポンサーサイト

攻撃的サブマリン 牧田を撃破

F4-1



開幕に連敗を喫したライオンズが相手。
しかも注目のサブマリン牧田。
そしてボコボコにされたウルフが先発。
いくら負けがこんでるライオンズとはいえ、今日ガツンとやられるとファイターズの雰囲気が悪くなり、ライオンズの浮上のきっかけとなる可能性がある試合でした。

さて牧田とはどんなもんだねと見てみると、これがすげぇいい。
M渡辺がタイミングを外す軟投派なら、L牧田はガンガン攻める好戦的サブマリン。
インコースにグイグイ食い込んでくる球と、潜ったまま浮かんでこないストレートがすばらしい。
これは本物だわと納得。

そしてウチのウルフはというと、初回にサックリ1失点。
やべやべ、もう2点取られたら牧田の出来からいってまずいぞと思って見ていました。
しかしそこから前回のように崩れることなく投げ続ける。
特にカーブの多投が有効的でした。
そして低めに集めるピッチングが連打を許さない。
思った以上の投手戦に、ドームの空気がどんどん重くなっていきました。


このまま牧田にスミ1で逃げ切られるんじゃないかと思い始めた6回裏、この男が逆襲の口火を切った。
9番先頭飯山がセンターに抜けそうな当たりの内野安打!
よし、1点返そうと意気込んだ所で賢介がバント失敗。(*_*)
ガッカリしたところで牧田にまったく合っていなかった陽。
ちょっと厳しいかなと思っていました。
しかしなんとここで左手首へのデッドボール。
幸い大事無いようで一安心しました。

思わぬ形でチャンスをもらうことになり、ランナー1・2塁でバッターは糸井。
デッドボールの後ということもあり、真ん中から外を狙うのがいいかなと思ったらど真ん中にスライダーが。
バチコンと糸井が打つと打球はセンター方向へ。
フェンス直撃の当たりだったのですが栗山が捕球体勢を取るトリックプレー。
しかし2塁ランナー賢介の足には関係なく、1塁ランナーの陽には打球が横から見えているので引っかからず。
一気に2人帰ってきて逆転!
流れで一気に牧田を攻略しました。

7回の牧田にはそれまでのガンガン来る怖さは無く、ストライクとボールがハッキリするようになり、この回で終わりだなと思っていました。


しかし8回裏のマウンドに上がったのは牧田。
もう牧田にはファイターズ打線を抑える力は残っていませんでした。
陽・糸井と連打され失点。
小谷野にやすやすと進塁打を打たれたところで降板となりました。
この牧田の起用法には、先発の仕事というものを実戦で覚えさせる渡辺監督のエース育成法を見た気がしますね。
まぁ投手出身の監督らしいやりかたですよね。

この回、稲葉がグラマンから犠牲フライを打ったところで勝負あり。


さて、ウルフもすばらしかったのですが、同じようにすばらしかったのが8回を投げた増井。
開幕前の段階で、低めへ力のあるストレートを投げ込む増井を想像したでしょうか。
これがもし1年続くならホークスに負けない勝ちパターンが確立されることになりますよ。
ストレートを投げ込むたびに驚きの声をあげてしまいました。


開幕連敗したライオンズに勝ちました。
しかも途中まで完璧だった牧田を粉砕し、ボコボコに打ちこまれたウルフがキッチリ抑えての勝ちなのでこれは大きい。
もしこの試合、あのまま牧田に抑えられていればファイターズの雰囲気は重くなり、ライオンズ浮上のきっかけを与えることになりかねなかったでしょう。


とりあえず借りは返しましたね。
さぁ調子の悪いチームからはどんどん勝ち星をいただいちゃいましょう。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


ひとことで言うなら

F0-5



試合のことをいろいろ書こうと思ったけど、たぶんこのひと言で言いきれると思います。

機を逸するとこうなる。

取れる所で取らないとダメ。
やっぱり流れっていうものがあるんだなとつくづく感じた試合でした。

マサルが打たれるんならカブレラだと思っていたので、まぁこんなもんでしょ。
多村のは完全に失投だし。
やっぱり右バッターの膝元に飛び込む球がコントロールしきれないとマサルはダメ。

まぁ今日の試合は良い意味で教訓になった試合だったでしょう。
これを糧にして次次。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


1001奪三振の咆哮

ダルビッシュに酔いしれた試合でした。


ダルvs和田。
まだ肉体改造のすごさを発揮できてないダル、好投するも報われない和田。
試合前から好試合のニオイがプンプンする。

ダルの立ち上がりはじゃっかん球が高め。
いきなり中田の凡プレーがあったが、まぁまぁの内容。
対する和田はビッシビシと、コーナーに低めにという内容。
2点取られたらもう終わりな気がするほど。
久しぶりにドキドキしながら見ていました。


4回、そんな心配が現実になりました。
先頭内川に4球した後、カブ・小久保にコンコーンと連続ヒットされ1失点。
なおもノーアウト1・2塁で多村・オーティズ・松田と対戦しなければならないという。
いやいや、ヘタしたら2~3失点あるぞと思っていたら、多村三振オーティズゲッツーとピンチを切り抜ける。
今考えるとここが大きかった。
そしてここからダルのスイッチが入ることになる。


たった1失点だけれど、今日の和田なら守りきる気がしてしょうがなかった私の弱気を吹き飛ばしてくれたのが陽岱鋼でした。
失点したその裏、先頭バッターの陽が若干甘めに入ったインローのスライダーを引っぱたくと、打球はぐんぐん伸びてレフトスタンド一直線。
第1号同点ソロホームラン!1対1。
ここ最近の陽の活躍は怖いくらい。
実力でありますよ~に。( ̄人 ̄)ナムナム


ダルと和田のしびれる投げ合いが続く。
ここで先にエースを援護したのはファイターズ。
6回、和田に合ってる陽がヒットを打つと、今ウチでいちばん怖いバッターの糸井が送りバント。
絶対に1点を取りにいくんだという意思を明確にするベンチ。
そしてその思いをバットに込めて結果を出す打点マニアがウチにはいます。
小谷野が勝ち越しタイムリー!2対1。
頼りになりますなぁ。


エンジンのかかってきたダルならば1点でも大丈夫かなと思いましたが、やっぱり安全圏に入りたい。
その思いをかなえてくれたのは賢介。
7回裏、先頭中田が価値あるヒットで出ると、大野送って金子が倒れ、バッターは1番賢介。
3-2からの6球目、外のスライダーを強く叩くと打球はレフトオーティズの頭上を越えタイムリー!
けっきょくこれが決勝点に。

しかしまぁレフトオーティズ、センター内川ってすごいよね。
しかもファーストカブレラでしょ。
ラッキーゾーンが広すぎ。
代走が村田でバッター賢介ということもあり、じゃっかん前進守備とはいえ、守備の上手いレフトならファインプレーの可能性があっただけに非常に助かりました。
重量打線の悲しい性ですなぁ。


いやいや、これで安全だなと思って調子こいてたのが大間違い。
8回表、先頭バッターの松田がヒットで出塁。
バッターは細川に代って代打松中。
ここでダルの1000奪三振がかかっていることを思い出す。
松中から記念の三振なんてカッコイイじゃんなんて思ってたら、松中のバットが大野のグラブにあたり
打撃妨害 (x_x;)ガッカリ
テイク1ベース。

ここで迎えるバッターは川崎。
ホークスは送りバントを選択。
上手く打球を3塁方向に転がす川崎。
ダルがそれを取って1塁へ。
きわどいタイミングでしたが判定はセーフ!
ノーアウト満塁に…… ((゚Д゚;)))
スローで見ればアウトなんですが、やはり川崎の足とバントのうまさが審判にセーフと言わせました。
イメージの勝利です。


もう…数分前まではあんなに楽しかったのに……
ここから本多・内川・カブレラ・小久保ですよ。
ちょっと勘弁してって思っていたら、ついに来ました。
球界最狂の暴君降臨  (シ_ _)シ ヘヘ~

本多のインコースへ、ボールからボールになるスライダーを放って三球三振!
これで1000奪三振達成!
しかしお祝いどころの騒ぎではない。
まだまだ気が抜けない相手が続くのだから。

3番内川にも渾身の投球が続く。
自分でマウンドを降りてボールを要求し、グラブで叩き落とすように受け取るダル。
気合がダルの体に収まりきらず、表にあふれだしてきている。
1-2と追い込んでから外のスライダーで討ち取りに行くダル。
しかしそこはトップクラスの実力を持つ内川が体勢を崩されながらも、そうはいくかと執念の内野ゴロ。
その間にランナーは進んで3対2の1点差。

ここで4番カブレラ登場。
カブレラは以前ダルに4打席4三振させられたとき、ムカついてバットをへし折ったことがあるくらいダルが苦手。
ここは三振がほしい場面。
最後はインハイのストレートで三振を取りたいから、そこまでどう繋ぐかがカギでした。
外外と2球続けてスライダーで1-1。
3球目は顔の近くにストレートが行き、のけ反り気味のスイングで1-2と追い込む。
ここで外のスライダーなら当たり前すぎる。
大野が選択したのは高めの力あるストレート。

鬼の形相のダル。
中腰で高めに構える大野のミットめがけ152キロのストレートがうなりをあげて飛んでいく。
フルスイングで迎え撃つカブレラ。
しかし球のはるか下を通過していくバット。
1001個目の三振。
それを見届けたダルビッシュは投球の勢いのまま反転する。
自分の中に溜まった気合に押し潰されまいと大きく足を広げて腰を落とし、四肢にぐっと力を入れ一気に吐き出す。

咆哮


20110426 vsSH ダル雄叫び


ここで勝負あり。



試合後、史上6位のスピードで1000奪三振を達成した祝いの挨拶でダルは、「1年目のキャンプで謹慎処分を受け、ここまで来られたのも皆さんの支えがあったからこそだと思います。これを通過点に、勝利に貢献できるよう頑張ります」と言って頭を下げたそうだ。

こんなエースを応援できるファンは幸せだよ。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


この間よりイイ!

F5-3


斎藤が2勝目!


斎藤がどんなピッチングを見せてくれるのか。
もしこの間と同じピッチングであるならば、ちょっと問題があるなと思っていたのですが、裏切ってくれました。
ストレートの走りも低めのコントロールも、この間よりは全然いい内容。
ただ、まだまだ改善の余地はありそうなのでこれからも期待できると思います。
よかった。


今日は初回から相手先発の戸村を打ち崩しましたが、ハッキリ言って今のファイターズ打線と対決するのはかわいそう。
それくらいみんなが調子いいですね。
ここまで調子が良いと下降してきた時が怖いですが、去年がアレだったので大丈夫ですよね。


今日打撃ではみんな良かったのですが、その中でも特に私が良かったと思うのは陽。
1本目のヒットはタイミングをずらされたのですが、腰を開かずに溜めてタイミングを合わせてのタイムリー。
2本目は10球粘っての価値あるタイムリー。
これが1年続くなら、かなりすごいことになりますよ。



ここまでは調子の悪いチームとでしたが、次は好調ホークスです。
ここで勝ち越して地位を盤石なものにしてしまいましょう!





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


良い八木悪い八木

F3-4


ん~、なんか悔しくない負けでした。



八木vs永井で始まったこの試合、八木の復活投球が楽しみだったんですが、始まってみると
今までの八木じゃん…
初球ボールから入って投球が苦しくなり、最後は気持ちだけの投球で4球か安打という内容。
初球で最後に投げる時の気持ちがほしいんだけどなぁ。

初回、いきなり失点してさらに追加点かと思われたルイーズの当たりを、糸井が背走しながらジャンピングキャッチ!
まさにスーパープレー。
スローVTRで見るとエアジョーダンのマークそっくりで笑った。

しかしそんな糸井のスーパープレーが出ても、八木は立ち直る感じが見えない。
2回には2失点して1対3。
打線は調子が良いですから、しょうじきいつ交代するのかがこの試合のカギだと思っていました。
相手の永井はインコースをおもいきって攻めてくる投球でなかなか手ごわい。
それでも中田がフォークを上手くすくって同点にする。
やはり打線は調子が良い。
しかし同点どまりで逆転まではいけなかった。

ん~、逆転までいかなかったか~と思っていたら、あれ?
八木がマウンドで踊りはじめたぞ。
投球後に足を高く上げてクルッと回る。
ストライクが先行し始め、相手の打ち損じが増えてくる。
調子が良い時の気持ちが乗った投球。
そう!これが見たかったのよ~。
調子は上がったものの、それまで球数を放りすぎた八木は6回3失点で降板。
次は初回からその気持ちでたのむぞ!


さて、8回まで同点で進み問題の9回ですよ。
ファイターズは0点で終わり、9回裏イーグルスの攻撃。
ピッチャーは8回から続いて谷元の登板。
たぶんここがこの試合の論争になる場面でしょうね。
結果から言うとルイーズのサヨナラホームランで負けるのですが、谷元の続投が是か非かってことですよね。

ハッキリ言ってこの負けは悔しく無いんですよ。
力負けじゃないから。
この負けは本当の交通事故だから。
2球続けて危ないコースに失投すれば、いくら力だけのバッターとはいえ交通事故があるでしょ。
というかその前の球をしとめられないバッターに、もう1球プレゼントだもの。
笑ってしまって悔しさなんか無いです。


ここで問題なのは、なんで谷元を引っぱったかですよね。
時間の関係でいくら延長しても次の10回まで。
であるならば久なり増井なりでよかったんじゃないのと言いたくなるのは分かりますよね。
だいたい8回の谷元はそんなに良い谷元ではありませんでした。
結果として岩村の不調に助けられた形でしたから、やっぱりなぜ?の疑問はつきまといます。
ただ見慣れてるせいかもしれませんが、私はあまり不思議には思わなかったんですよねぇ。
ああ、やっぱりなという。
「貧乏くさい」野球は監督の十八番ですから。

けど谷元には抑えてほしい気持ちもあり、一概に責める気持ちにはならないんですよねぇ。
そこまで監督から信頼を買うピッチングをしていたということでもありますしね。
期待があるだけにここは谷元の成長のためと思うことにします。


この試合の気になったプレーは8回の山崎のヒット。
左中間に飛んだ当たりはフェンス手前まで飛ぶ。
これを追ったのは中田と糸井。
糸井は中田に譲りスローダウン。
しかし中田はダイビングキャッチするものの捕れない。
どいうこと?
糸井は中田が捕れると思ったんでしょ?
ここら辺の連携はどうなってるんですかね。

そしてこれにより山崎が老体に鞭打って3塁まで檄走することになるわけです。
結果は3塁の2メーターくらい前で球が飛んできて余裕のタッチアウト。
場内は大拍手。
解説も「すばらしい」とほめていました。

本当にそうか?
本当に拍手するプレーだったのか?
拍手が起こる球場で、ベンチに戻った山崎の顔は後悔で歪んでいました。

同点で迎えた終盤の8回、先頭バッターで長打を打った。
自分の足が遅いのはじゅうにぶんに分かっている。
ファイターズの外野は強肩ぞろい。
それを分かった上で3塁への檄走はただの「暴走」です。
だからこそ山崎は悔しがったわけですから。
たしかに一生懸命やることは大事ですが、だからといってなんでも拍手するのは違うと思いますけどね。



さて今日は斎藤の登板。
打線に頼らない投球を見たいですねぇ。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

汚名返上

F4-3


今シーズン田中将大との初対戦となったこの試合。


序盤はケッペルと田中の投げ合いとなりました。
とにかく低めに集めるケッペルとインコースをしっかりと攻める田中。
どちらも持ち味を生かした投球でした。

これはなかなか点が入らんなぁと思い始めた4回表、いきなり小谷野が会心の一発!
第1号先制ソロホームラン!
インハイのシュートをうまく打ってレフトスタンドに叩きこみました。
いやいや、田中からホームランで先制かよ、と喜んでいたらホフパワーがドガシャッと
第4号ソロホームラン!
滞空時間の長~いキレイなホームラン。これで2対0。
やっぱ今年の打線はすごいな。


点を取ったすぐ後に点を取られちゃいけないっていうのは鉄則なのですが、どうもケッペルはそれを守るのが苦手なようで。
先頭松井がショートゴロ。
しかし金子が追いつくものの、ギリギリのプレーで尻もちをつき1塁には投げられず。
次の聖澤もショートへのゴロ。
聖澤の足を考えるとギリギリのプレーか?と思っていたら金子落球。
ちょいちょいちょい、嫌な感じだなぁ。
3番中村が寝転がりながらバントして大野を邪魔し1アウト2・3塁。
そしてバッターは4番山崎。

ここで大野は外外と攻め同点タイムリーをくらうのですが、ちょっと文句を言いたい。
どうも大野はリスクを背負う配球をしたがらないというか、自分が信用できない投手には無理をさせないという配球のしかたを感じます。
俺の言うとこに投げればいいんだよという城島や里崎よりはいいんですが、配球が外に片寄りやすくなり、読まれて踏み込まれる場面が多くなりました。
去年の早い時期なら「そこ攻めるかね!」と驚く配球もありましたが、野球がうまくなるにつれ大胆さも消えていっている気がします。
もう少し投手を信用してあげてはどうかねぇ。


ケッペルが暴れ馬よろしく荒れまくったのですが、なんとか同点ですんでホッとしたのもつかの間、5回裏に悪夢が待っていました。
先頭草野が粘ってヒット。
まだ落ち着いてないケッペルに不安がよぎる。
案の定、松井にヒットを打たれノーアウト1・2塁。
続くバッターは聖澤。
いろいろやってきそうなバッターなだけに嫌な感じが。
しかし結果はセカンドゴロ。
賢介とってゲッツー狙うかと思いきや、目の前にはランナーの松井が。
ここでタッチプレーにいく賢介。1塁に逃げる松井。
ここは賢介の頭脳プレーで、松井を追えば松井は1塁に逃げます。
逃げてくれれば松井が戻る前に1塁に送球して聖澤をフォースアウト。
松井は1塁にボールがありますから2塁に向かわなければならない。
しかし一度戻っているためにセカンドには到達できない。
当然1・2塁間に挟まれる松井。
ここでホームを草野が狙えばそれを殺せる可能性も出てくる。
聖澤の足ならゲッツーは厳しいので賢介の取った行動は間違いなかったと思います。

しかし1塁にタイムリー悪送球とは……

これで2対3と勝ち越され、俄然田中に元気を与えてしまいました。
中田を空振り三振に取った時など「おっしゃ~!!」という強烈な雄叫びまで出していました。
ただ初回から球数は投げさせていたので、途中で交代してくれればと願っていたら8回表にスパイアーに交代してくれました。

よっしゃー、ここからいけるぞ!と思ったら意外とスパイアーがでかい体に似合わず繊細なピッチングをしてきてがっかり。
これはなかなかめんどくさいピッチャーだなと感じました。

ケッペルが8回まで投げて9回最後の攻撃。
先頭ホフパワーが空振り三振。
中田が意地のヒットでランナーが出て代走村田。
ここで1アウトにもかかわらず大野はバント。
それはどうなのかなぁと思って見ていたら初球バント失敗で1ストライク。
あ~嫌な感じと思ったらベンチから梨田監督が出てきて代打今成。
は?
で、バントせずヒッティング。
なんだったんだ?と考えてるうちに併殺崩れで2アウトランナー1塁。

代打二岡に全てを託す。
しかしウチは2アウトからが好きですよね。
ショートへの内野安打でチャンス拡大!
二岡は今シーズン初ヒット。

ここでバッターはタイムリーエラーの賢介。
汚名返上をかけた打席。
ここで賢介はスパイアーの縦スラを上手くすくい上げて
同点タイムリー!
思わず仙ちゃんが怒鳴ってました。
さぁ出て来たぞファイターズの怖さが。


2アウト1・2塁でバッターボックスには陽。
ボール、ボール、ストライクときて、そこから6球連続ファール!
これがあわせにいくのではなく、振り抜いてることに頼もしさを覚える。
そしてボールで3-2。
1球ファールの後の12球目。
ついに根負けしたスパイアーが高めの甘い球を投げると、それを振り抜く陽!
4三振をチャラにする逆転のタイムリー!
4対3!

最後はキレキレの久が締めてゲームセット。



これで5連勝単独首位となりました!
しかしそれよりも田中が投げた試合を取れたのはすごく大きい。
この流れを大事に明日もがんばってほしいですねぇ。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


マサルのための試合

F4-0Bs



今日はマサルのための試合でした。


タコ兄さんの鈴井氏も応援するマサル。
しかしクルクル回ったのはバファローズ打線でした。
とにかく首をひねって帰る打者続出。
まさにマサルワールド全開でした。

そんなマサルを援護したのは、開幕から3タコだの4タコだのと言われてきた中田でした。
バファローズ先発のフィガロが投げたインハイ高めのどうぞ打って下さいという150㌔のストレートを、「わりゃなめとったらぼてくりこかすど!!」とバットを振り抜くと弾丸ライナーでレフトスタンドへ。
難しい球ではありましたが、中田なら打てる打球です。
しかしこれまではその打てる球ですら力んで打ち損じたり見逃したりしていたんです。
だから打てる球を打てるようになったのは調子が戻った証拠でしょう。


しかし相手ピッチャーのフィガロはやりづらかった。
でもたぶん今日はけっこう良いフィガロだったんだと思います。
ああいうパワーピッチャーがストライクを先行すると、ウチの打線はどうしても力負けしてしまう。
去年までは。
しかし今年は力強さが出てきました。
その要因はホフパワーでもなく中田でもなく糸井です。
糸井が3番というポジションにしっかり収まってくれたおかげで稲葉を5番に入れることができました。
昨年まではどうしても下位打線の長打、あるいはつなぎという部分で不満がありましたが、打線のど真ん中に稲葉を置くことでさらに切れ目のない打線になったと思います。
これで中田の調子がさらに上がれば、稲葉がもし欠場したときでもカバー出来るんですがねぇ。

今日のフィガロを見て思ったんですが、あのピッチングをオビスポにしてほしいんでしょうね。
あれが意識して出来ればジャイアンツ出されることもなかったと思いますが、これからの良化に期待ですかね。


さてさて今夜の主役マサルですが、球自体はちょっと浮ついたりしていましたが、集中力が半端じゃない感じ。
6回まで完全試合ペースで進みました。
しょうじき回的にそこまでドキドキしませんでしたが、可能性を感じさせるピッチングであったことは間違いありません。
そういえば、もし完全試合達成だったら1994年の槙原以来だったとか。

あれ?

何故か知らないけど、どこかでそれを見そうになった気がする…
しかも大一番でやられる側で…
別の自分が思い出そうとすることを許さない気が……うわっ、頭がっ……




え~さて、マサルの話に戻します。
7回にヒットを打たれて記録は消滅し、そのあとピンチを迎えました。
しかし私は安心して見ていました。
それはマサルの制球力が問題なかったからです。
そうそう連打できる球ではないし、しかもマサルの持ち味はゴロを打たせる事ですから併殺がじゅうぶん考えられましたから。
けっきょくT-岡田を併殺に仕留めお役御免となりました。
最終回に2アウトから追加点を入れて勝負あり。


これで首位ですが、まぁ今首位とか言っていても3連敗ぐらいしたらあっという間に最下位争いですからね。
普段の生活がほんのちょっとウキウキするぐらいの首位ですが、数年ぶりの首位とか言っているチームもあるので、ならないよりはましか。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

勝つには勝ったけど

F9-5Bs



今日はラジオでの応援。
なので大勝利にもかかわらず喜びが少なく、最後はイライラして終わりという内容。
久が出てきてもハラハラは全然しなかった。
そのかわり林でイライラ。

なんでこういう「貧乏くさい継投」するのかね。
最後を林1人で終わりたかったというのは分かるけど、ダメだったらダメで早めに手を打とうよ。
なぜ4点まで我慢するのか分かんない。
肩が出来あがる時間がどうこうとか言ってる場合じゃないよ。
こういう試合は強い勝ち方しないと。

勝つ時も負ける時もハラハラソワソワではダメなのよ。
圧倒的優位にいる場合はしっかりと勝つ。
これは勝負の鉄則。
まぁムリか、勝負師にはなりきれないもんね。
知ってた。


金子が1500本安打達成。
地上波が無いときを見計らって敵地でとは金子らしい。
しかも観衆が1万に満たないという敵地で、どんどんお客さんが帰っていくなか球場全体に聞こえるように行われるヒロインは拷問だな。
「…ええ……まぁ…」という金子の声に「もう勘弁しろよ」という気持ちがバンバン伝わってきました。


これで3連勝。
ハッキリ言って相手先発に助けられている部分が大きいのでそう喜べませんが、勝つのは良いこと。
中田も調子に乗りそうだし、打線は言うこと無しですが投手にはもう少し気合入れてもらいたいですねぇ。
試合の最後までファイターズらしい試合をしよう!





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


途中から鬼ダルに変身

悪夢の開幕から1週間。
孤高のエースが威信を取り戻すために、2度目のマウンドへ上がりました。


苦手な屋外、しかも気温10度を下回る状況でのバファローズ戦。
ここ近年では立ち上がりの悪さが無くなったダルビッシュでしたが、寒さで体が動かずせっかく取ってくれた先制点のリードをあっさり吐き出してしまう。

その先制点では稲葉の3000塁打達成でのもの。
しかし本人はまったく気付いてなかった様子。
同い年のおっさんはがんばりますなぁ。


なかなかダルのエンジンがかからず、ちょっと嫌な感じがしていた3回表、木佐貫の投じた外のストレートをパッコンとひっぱたいたのは糸井。
にゅ~んとレフト方向に伸びた打球はスポッとスタンドイン。
第3号2ランホームラン。
本人は「風にも助けられて」って言ってますけど、いやいやいや左バッターであの方向にスタンドイン出来るバッター探す方が難しいから。


さぁこれでダルも楽になってガンガンいってくれるだろうと思いきや、そうは簡単にいかない。
その裏、ピンチの場面で大野のサインに首を振るダル。

いやいや。
ちゃうちゃう。
違うって。
分からんかなぁ。
あ~もう。

でプレート外し、もう一度仕切り直し。

違う。
違う。
そうじゃない。
いや、だから。
はぁ?
あ~もう。

またもやダルがプレートを外し、大野があわててマウンドに。
さすがにここまで首を振るダルは見たこと無い。
結果その回は無得点で切り抜けたものの、不安が残る回でした。


しかし、その不安を吹き飛ばすように、さらにダルへの援護が。
4回2アウトから陽と糸井のタイムリーで5対1。
ほんとに2アウトからの点が好きだよねウチって。
すごい楽しいけどすごい嫌がらせだ。


そして3回を投げたことでやっと体が温まってきたダルが鬼ダルに変身。
8回までヒットすら許さないピッチングを見せてくれました。
体も温まったけど、大野との2人の関係も温まったのかな。 ぐへへ。

こうなってしまえば敵にあらがう術も無く、ダルが初勝利を挙げました。
ダルもやっと開幕ですね。

開幕と言えば中田にもようやくヒットが出ていい感じ。
産みの苦しみを味わったでしょう。
思わずベース上でガッツポーズをし、清水コーチに頭をひっぱたかれる中田。
これからヒットを量産してくれよ。

まぁいいことばかり書いたけど、オビスポは微妙。
しょうじきオビスポ以外の投手はいないのかいと言いたくなるくらい安定感が無い。
いきなり4球2つも出しちゃって。
下行きなのかな。



さてこれで勝率は5割になりました。
打撃陣が好調なのがちょっと怖いけど、出来るだけ貯金して北海道に帰ってきてほしいですね。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


斎藤佑樹、プロ初先発初勝利!

F8-4


斎藤佑樹、プロ初先発初勝利~! O(≧∇≦)O



ついに迎えた斎藤佑樹のプロ初マウンド。
ほとんど現場に見に来ない机上の解説でおなじみの江川まで来たそうな。
それほど全国から注目されているということなのでしょう。

それに緊張したのか、賢介がいきなりエラー。
ありゃりゃと思っていたら井口が外の球をおもっくそひっぱたいていきなり2ランホームラン。
湧きあがるライトスタンドの黒い集団。
そりゃそうだよね。ルーキーの引き立て役になってたまるかという気持ちは強いもんね。


さてマリーンズのピッチャーは斎藤と同世代の大嶺。
しかしファイターズは大嶺のような投手が大好き。
案の定の1回裏、賢介4球、糸井4球、稲葉4球で2アウト満塁。
ここで絶好調ホフパワー。
私的にはデッドボールでノーヒット得点かと思ったのですが、現実は強烈でした。
4球を出して満塁の後の初球、大嶺のような勢いで投げるピッチャーならストライクが欲しいのは必然。
当然初球はストレート。
逃してたまるかとホフィーが振り抜く!

ドッカ―――ン!!!!  

打った瞬間それと分かる打球。
打球を見て「うぅわっ!」と驚く斎藤。
1秒後に起こるであろう大歓声を期待し立ち上がるファイターズファン。
ドームのボルテージをMAXにするボールは一角だけ黒く沈んだ集団の中へ。
逆転の!!!!
喜びが爆発するドーム。
もう鳥肌。
ヒット1本で4点だし。


2回裏、金子の嫌がらせヒット、賢介2打席連続4球で1アウト1・2塁とし、陽のタイムリーが飛び出した所で大嶺降板。
3回裏には大野の追加点で6対2とし、斎藤のプロ初登板初勝利が見えた5回表。
まさかの展開から暗雲が。

簡単に2アウトを取って里崎もボテボテのサードゴロ。
つっこむ小谷野が焦ったのか素手で捕りにいってエラー。
岡田・荻野とゴロヒットでバッターは井口。
1・2打席ともに外の球を打たれたので大野は初球インコースのシュートを要求。
しかしそれがアウトローに外れてしまう。
それで大野はインコースを使うことをあきらめ、外を引っかけさせることに。
しかし井口はそう甘くない。
高めに抜けたアウトハイのストレートを引っぱって2点タイムリー。
これで2点差。

ざわつくドーム。
しかし斎藤自体の球がどうこうではないし、今のテギュンに斎藤が打てるわけもなく、ひっかけて3アウト。
勝利投手の権利を得てこの回で斎藤はお役御免。
ちょっと早いかと思ったけど後ろはしっかりしてるのでねウチは。
まぁこの優しさが昨日欲しかった所ではあるのだけれど。


6回表、林が3凡で昨日の借りを返すと、その裏に陽があと1メートルでホームランという低い打球の2ベースヒット!
いやぁおしいなぁなんて言ってたらこの男がお手本を見せてくれました。
糸井が強烈なまさしくラインドライブのホームラン!
そしてまたもや黒い集団に嫌がらせのようにたたきこみました。
ここで勝負あり。


後は斎藤を勝利投手にするだけだったのですが、今日は出来すぎでした。
林・宮西・榊原・増井・久とパーフェクトリリーフ。
先輩達が斎藤をお立ち台に上がらせてくれました。


淡々と落ち着いてしゃべる斎藤。
涙を流しスタンドから見守るご両親。
当然ご両親が来てることはテレビ局にも知ってますからカメラで捉えてますよ。
そこで当然この質問。
「斎藤投手、ウイニングボールはどうされるんですか?」
ここで、「今まで育ててくれた…」の言葉でカメラが涙ぐむご両親をバシッと捉える、そして場内から割れんばかりの拍手が……

「いや……特に考えてないっス」


うそ~ん。
ご両親苦笑いしてるし…
すごい肩透かし。

最後は斎藤にマイクを渡してファンにメッセージという驚きの演出。
ルーキーにマイクを渡す方も渡す方だけど、それを受けてちゃんと噛まずにまともなことがしゃべれる斎藤は異常だわ。
すごいね。


大丈夫、ちゃんと北海道の一員になれたよ。
ようこそ北海道へ!





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


懐かしい負けかた


F6-7
 
 
 
あ~そうそう思いだした。
ウチってこれがあるのよね。
継投のガッカリってヤツが。
野球を見れるうれしさで忘れてたわ。


序盤で大量点を取り楽勝かと思われた試合でしたが、そう簡単にうまくはいかない。
ケッペルがフラフラしっぱなし。
良いのか悪いのか分からない投球が続き、気付けば2点差に。
その裏すぐに押し出しでまた3点差とリードを開く。

次の回、小谷野のナイスプレーが飛び出し、初めて3者凡退。
ケッペルも5回までで88球、被安打8、失点3、流れも良い、ここでリリーフ陣に任せて……と思いきや、ケッペル続投。
今考えると、5回の3凡がケッペル続投を監督に決めさせたのかという気がする。
しかしその5回も小谷野のファインプレーと荒れ球に手を出してくれての3凡なので、ラッキーな3凡ではあったのだ。
ハッキリ言って今日のケッペル続投なら他にピッチャーがいたはずだ。
しかしウチの監督はやさしいので、投手に負担のかかる球数だったり連投とかは嫌がるのだ。
回またぎとか平気なのにね。
たぶん明日の斎藤の後を考えていたのかな?
けっきょくケッペルがダメ、ランナーを背負った場面での林はやっぱりダメ、まだ調子の上がらない榊原も当然ダメという後手後手の継投に「あ、思いだした。ウチってこういうのがあったっけ」と懐かしささえ感じました。

そして今江のホームランもちょっと分からない。
2度バント失敗をして迎えた3球目。
ここでバッターは何とかしてミスを挽回したいと考えるのが普通だろう。
今江も多分同じだったと思う。

ここで大野はインコースのスライダーを要求。
バッターはどの球種でもくらいついて、最低限ゴロを転がそうと狙っている。
外の球は転がされる可能性があるので、つまってポップフライと三振の可能性があるインコースを選択したんだと思う。
しかし結果は真ん中低めになってしまい、ものの見事にレフトスタンドに叩きこまれてしまう。
打った今江がすばらしかったのは間違いないのだけれど、なんで3球勝負だったのかが分からない。
しかも3球続けてスライダーというのも分かっててインコースに3球勝負だったのだろうか。
ちょっと私には分からない配球でした。


とても嫌な負け方で、カードの勝ち越しをルーキーに託すというのはなんだかなぁという感じ。
今年は何度こういう後手後手の継投を見させられるんだろうか。



あ、昨日あまりに眠くて書くの忘れてたけど、ムカつきついでに書いちゃろう。
なんでUHBの加藤寛はあんなにヒーローインタビューがヘタなの?
彼がやっていたのはヒーローインタビューではなくてただのインタビュー。
個人と1対1で話し合う形態ならいいんだけどさぁ、ドームのお客さん、ひいてはテレビやラジオの前の人に聴かせたいんでしょ。
だったら拍手が終わってから話しかけろ!
基本だよ基本!
聞きとりづらいし、ファンはどこで拍手していいか分からないし。
ただでさえドームという音を聞くのには適さない場所で、小さな声でごちょごちょと拍手の合間になんでしゃべるかねぇ。
継投も分からんが成長しないアナウンサーも分からん!





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


イメージの勝利 FvsM一回戦

F4-1



ついに今シーズン初勝利~!q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

いやいや、ファイターズらしい野球で勝ち、やっと開幕した気持ちです。
それにしてもマサルは落ち着いている。
安心して見ていられましたね。
リードしていた大野も楽しかったでしょう。
今日はいろいろあって、じっくりとは見ていないので気になったことだけを。
それはこのブログで何度も書いてきた「イメージ」の話。


まずは糸井の第3打席。
1アウト、ランナーは1・2塁で放った打球はファーストゴロ。
テギュンがつかんで1塁にカバーに入ったマーフィーへ。
マーフィーは下を向き、ベースを確認しながらフォースアウト。
と思いきや、脱兎のごとくマーフィーの横を駆け抜ける糸井。
判定はセーフ!

でもスローで見たらアウト。
けれど1塁の審判には、糸井の足が速いというイメージがあり、カバーの遅れたマーフィーが下を見ながらベースを踏んだということもあって思わずセーフと言ってしまったのです。


もうひとつは今日いちばんのプレーであった、陽のレーザービーム。
サードランナーは竹原。
悠々のタッチアップかと思いきや
ずぎゅぅぅ~~ん!!
と、陽の好返球が。
判定はアウト!
大野のブロックもよかった。

しかしこれもよく見てみると、足がベースを踏む方がちょっと早い。
けれどあの強烈なスローイングでストライク返球。
しかもなかなか見栄えの良い大野のブロックがアウトにしたと言ってもいいでしょう。


やっぱりイメージは大事。
普段から気を抜かずにプレーしているとこういう良いことがある。
だからアウトだと思っても1塁まで全力で走るとかしてアピールしておかないとね。


明日はケッペル。
そしてたぶん明後日は斎藤でしょう。
斎藤にいい感じで投げさせるために、明日はしっかり勝って流れを作っておきたいですねぇ。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


FvsL 第2戦 疑念

 
F3-8



連敗です。

大敗です。

試合を振り返ろうと思ったんですが、ちょっと疑問が…

球種バレてる?

こう思ったのは中村の打席でした。
最初ラジオで聞いていて、「ありゃりゃ、ウルフ調子悪いのかな」なんて思っていたんですよ。
んで地上波が始まった時中村の打席が映りました。
初球、外のちょい高スライダーを空振りストライク。
2球目、外低めのスライダーを見逃しストライク。
3球目、ワンバンのスライダーを見送りボール。
で4球目もスライダーなんですけど、やや高めのボールを食いついて打ちに行ったんですよね。
ウルフのスライダーって若干縦落ちが大きくカーブに近いスラーブみたいな球なんですよ。
で、4球続けてスライダーなんで読み打ちかというと、ちょっと違う気が…
初球は振りましたけど、2球目と3球目は悠々と見逃してるんですよね。
たとえば狙ってる球が来たならバットがピクッと動くとか、体重が前にかかるとか何かしらリアクションがあるものなんですよ。
いっさい無し。
にもかかわらず、ちょっと浮いたけどボールのスライダーにグワッと腕を伸ばして喰らいついたんですよね。

違和感。

これが中村だからかなと思いきや、ライオンズの下位打線にいる若手まで
フルスイングしてくるんですよ。
ウルフのストレートとスライダーの速度差が15~20㌔ぐらい。
これでもけっこう速度差はあるから、ストレート待ちでスライダーが来ると、ひらきかけた腰をちょっと溜めてポンとバットを出したりして対応するんですけど、ライオンズの若手がね、スライダーの時に腰をぐっと沈めてタイミングを合わせて
フルスイングしてくるんですよ。
いやいやいや、おかしいでしょ。
読みが当たりすぎじゃない?
じゃあストレートはっていうとね、軽くチョンと足をあげてね
フルスイングしてくるんですよ。

ええ~…

おもいきりが良すぎるっていうか、神がかってるというか。
たしかにウルフの球は全体的に高かったけど、けっこうインコース使ったり緩急使ったりしてたんですよね。
でもフルスイングされちゃう。
ちょっとクセで球種がバレてるか、投げるときに握りが見えてるか、どちらかを疑いたくなるような試合でした。


打つ方に目を向けると、ホフパワーが大活躍。
帆足の肩口から入るスライダーの失投を、ものの見事に弾丸ライナーで放り込んだ。
もしかしたらボブパワーに変身するかも。
で、こういうことをこんなに早いうちから言ってると、他チームから攻略されてポプパワーになったりするのであまり期待しないでおこっと。



なんか疑念がありすぎて、あまり悔しさの無い試合でした。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


ファイターズ開幕戦 それでいいの?

 
 
 
ついに開幕の日を迎えました。
ダルvs涌井という緊張感のある対決も見どころでしたが、ダルvs大野というのもいろんな意味でファンの見どころでした。

ダルが初球いきなりアウトローへ150㌔のストレート。
開幕した!という喜びであふれる気持ち。
やっぱり野球は楽しいなぁ。


さてさて試合はというと、ストレートが走っているものの、なかなか手を出してもらえず球数が増えていくダルでしたが、打たれても前になかなか飛んでいかないので安心して見ていました。
一方の涌井はここぞという時にすばらしい球を投げるのですが、いつもの「打てないなぁ」という印象が無い。
これはいけるかもと思ったあのころが懐かしい……

3回表、先頭バッターの浅村にヒットを打たれ、銀仁朗が送って1アウト2塁。
秋山にデッドボールで1アウト1・2塁、迎えるバッターは片岡。
打球がコロコロと2遊間を抜ける間に1失点。
栗山が1塁へ強めのゴロの間にもう1失点。
中島フェン直でもう1失点。
計3失点してしまう。
打ち崩された感じが無く、なんかドタバタしてるうちに3失点しちゃったという感じでした。

4回裏、負けるもんかと糸井がレフトのラッキーゾーンにポテンヒット。
ここで小谷野が2ベース!
ヘルメットをすっ飛ばしながら2塁にヘッドスライディング!
1アウト2・3塁。
湧きまくるドーム!
そしてこのチャンスで5番稲葉!

チャ~、チャラララ……ラララ? ラ?

稲葉ジャンプ自粛…

エースのダルビッシュが3失点して、それを取り返そうと小谷野がヘッスラして、さぁチャンスで稲葉だという時に肩透かし。
しょうじきガッカリな感じでした。
稲葉ゴロ、ホフパワーのタイムリーで2点入れたものの、しっくりこない回でした。

厳しいことを言ってきたけど、でもちょっと応援団の気持ちも分かるんですよ。
稲葉ジャンプは不謹慎じゃないか、自粛した方がいいんじゃないかって言う人は必ずいるんですよ。
でもそんな人が大多数なわけじゃない。
みんなやれるんなら稲葉ジャンプがしたいという人たちが多いに決まっている。
けどやると「不謹慎な」って言う人は直接文句を言っちゃうんですよね。
でもやってもいいんじゃ…って言う人はやろうよとは言わないでしょ。
そうすると応援団だって文句が来るんじゃないかと思って「取りあえず様子見で…」ってなりますよね。
少数の意見にオドオドしてやらなくなっちゃう。
こうなると稲葉ジャンプ容認派がストレスをためていく。
もしかしたら今日はレフスタで「稲葉ジャンプやれ~!」ってヤジられたかもしれませんねぇ。
まぁ気持ちは分かるけど、応援の音頭を取っているんならしっかり応援するのが務めじゃないかなぁ。


5回裏、金子がインローの変化球をとらえ同点ホームラン!
涌井のボールは完璧でした。
どちらかというと涌井に勝ったんじゃなくて、銀仁朗の配球に勝った感じ。
完全にインコースを狙ってましたから。
こめかみに血管浮かせてベンチで笑う金子。
今考えれば、ここが今日のドームのピークでした。
後はもう他のかたのブログでどうぞ……


今日ツイッターをやっていて気になったのは、「大野が…」って言う人と、「大野ばっかり責めるな!」って言う人が多かったこと。
私の感想では確かにインコースの強い球が少なかったのは確かなんですよね。
ただ外でもじゅうぶん抑えられる球でもあったんですよ。
じゃっかん浮いてましたけどね。
なので今日はその強いストレートで抑えにいこうとしてやられた感じ。
変化球を生かすストレートだったはずが逆になってしまったように感じました。
なので責任はダルにも大野にもあるんですよ。
だから「大野だから負けた」というのは間違いです。

ただし、大野だってダルと組んで負けてしまえばまた周りから言われるのは覚悟のマスクでしょ。
鶴岡との勝負に勝たなきゃ正捕手なんか無いんだから。
実際打たれたしね。
だいたい暴れ馬をなだめてなんとかするのもキャッチャーの仕事というか見せどころでしょ。
それを「大野が悪いというヤツは感情論で言っている」と言うのは乱暴。
言われるような試合だったことは認めないと。
まだまだ大野はダルと組むんだから、この悔しさを忘れないでがんばってほしいですね。


気になったのは試合終了後。
試合途中からお客さんがけっこう帰ったらしく、残って応援している人はかなりご立腹。
私はどれだけ負けていようが帰ることはしません。
もったいないから。
さすがに今日のような試合で「逆転できるぞ!」なんて気合の入った応援は出来ませんが、大差で勝っていても負けていても途中で帰るのは「悔しい」とか「よっしゃー!」という気持ちが薄らぐ気がしてもったいないので応援し続けます。
今日もこんな試合にもかかわらず、たくさんのファンが残って応援してくれました。
それは良いこと。
ですが、ただ残ってるだけなんですよね、悪く言うと。

いろいろあって待ちに待ったホーム開幕戦で、こんなボロボロの試合を見せられてブーイングの1つもしないのは稲葉ジャンプしないのと一緒。
ファンの権利を捨ててる。
ここが稲葉と金子の言っていた「北海道のファンはやさしすぎる」っていうところですよ。
「いやぁ~がんばったけどね~」「144試合のうちの1試合さ」「明日がんばればいいよ」
ホントに?
明日こそがんばれよっていう気持ちでブーイングは出来ませんかね。
ムリなんかなぁ。
切り替えは大事だけど反省も大事だと思うよ。
それはお客さんの反応も関係してくるんだけどなぁ。


ただ見てるだけのファンでいいの?
試合の流れを左右するような応援をしたくないの?
そんな疑問を投げかけたくなる開幕戦でした。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

西岡の骨折

 
 
 
ツインズの西岡が腓骨を骨折しました。
ヤンキースのスウィッシャーが併殺阻止で西岡の足を払おうとした所、1塁に送球しようと踏ん張った左足に運悪く膝が入り、これまた運悪く横からの衝撃に弱い腓骨に当たってしまいました。
スウィッシャーはすぐに西岡に謝りに行き、西岡もこれを気にしなくていいと許し「僕が走者でもああいうスライディングをしたと思う」と発言しました。
両軍の監督もこのプレーに対し「併殺を阻止するのは走者の本能」「純粋なプレーだった」と発言し、仕方がなかったと認めました。
岩村みたいに靱帯損傷じゃなく腓骨骨折なので治りは早いでしょうからまだ良かったですね。



って



本当にそれでいいのか?


このての話題になると必ず「メジャーじゃ普通」「避けられない方も悪い」という意見が出てきます。
たしかにこのての悪質な併殺崩しはメジャーでよく見ます。
そしてこういったケースの場合、メジャーではベースを踏まなくてもアウトにしてくれる(ケガを避けるため)ので大きく避けてスローイングします。
だからこのスライディングはオッケーなんて絶対に言えない!

西岡は今回初めて骨折したと言っていますが、それは今まで西岡がショートだったというのが大きいと思います。
4-6-3のダブルプレーの場合、ショートは走者を見ながらスローイングするのに対し、6-4-3のダブルプレーでは、セカンドは振り返ってスローイングしなければいけませんから、その時に初めて走者がどこに来ているかを見ることとなります。
ですから予備動作の早さがショートとセカンドでは違うんですよね。
そこに持ってきて、このプレーの前にスローイングのエラーでダブルプレーを取りそこなっている西岡ですから、走者が自分に来ているのが見えても無理に送球してしまったのがケガの原因となりました。

そしてもうひとつの問題はアジア人の骨格です。
以前このブログで、日本人がメジャーでなかなか活躍できないのはメジャー仕様のストライクゾーンのせいで、外の球を強く打てないからと書いたら「何言ってるんだ、アメリカは小さいころから外の球を打つ練習をしているからなんだよ」と言われましたが、こういうことを言う人はなぜエメリヤエンコ・ヒョードルがマウントパンチでKO出来たかということや、なぜ日本人は体操のつり輪に弱かったのかということが分からないでしょう。
一般的なメジャーの選手であれば、今回の場合ジャンピングスローで足をかけられてすっ転ぶだけだったでしょうが、それではアジア人は無理なんです。
骨格がそういうことを許してくれないのです。
なので踏ん張らないと強い球がいかない。
そこに膝が入ってしまったので骨折となってしまったのです。


9割9分当てる気のないデッドボールと、あきらかに足元を狙いに行った今回のようなプレーでは、悪質さにおいてこういったプレーの方がダメでしょう。
これがメジャー流さと言うんなら、ケガしたってしょうがないじゃんって言ってるのと同じ。
しかもメジャーの場合、こういったプレーは危険かつ守備妨害であるにもかかわらず、スパイクで蹴りに行くようなことが無いかぎり退場などのペナルティーはありません。
足元のボールを蹴るサッカーでも、今回のようなあきらかなアフタープレーには一発レッドと数試合の出場停止が言い渡されます。
なぜなら選手がケガで二度とプレーできなくなる可能性があるから。
それくらい悪質なプレーが「メジャーの醍醐味」なんてバカみたいに安い言葉に変わってしまう方がおかしいんですよ。
本来なら国際野球連盟が「こういった悪質なプレーには厳しい処分を徹底すること」と音頭取ってやらなきゃいけないのですが、そんなことすらしないだろうし、してもアメリカは気にしないもんなぁ。
まぁそこら辺一本抜けてるのがアメリカだし。
西岡が肩を担がれてケンケンしながら退場するのを見ても、これがメジャーだからと100㌔ぐらいある男がものすごい勢いでベースとは関係の無い選手へ突進するというあきらかに危険な行為を納得できるようにはなりたくないわぁ。


ファイターズだって賢介とか、かなり厳しい削り方しますから関係ない話ではないんですよね。
相手にプレッシャーをかけるような走塁をするのなら問題ありませんが、あきらかに守備妨害目的でベースをオーバーランするほどの勢いでぶつかっていく選手には退場と出場停止ぐらいしないと無くならないですよ。
ジャンプした所で足引っかけられて肩から落ちたりすればすぐ骨折ですからね。
変化球のすっぽ抜けが頭に当たって危険球退場ならこれも退場でしょ。
あ、当然ながらメジャーには頭部のデッドボールで退場なんて無いですけどね。


おっかないのはこのプレーがしょうがないプレーだと西岡のファンも思っていること。
このプレーが仕方がないと思うならそれはただの「慣れ」。
格闘家なら話は違うけど、野球選手は普段受け身の練習もローキックのガード練習もしないしね。
ただのど素人の足を力任せに蹴ったのと同じなんだけど、メジャーというフィルターがナイスプレーに変えるらしい。



「僕もやってた」じゃねぇよ。
メジャーの変なところをマネしなくていいから早く治してがんばれよ。


o0600042711153036980.jpg

微妙な話

 
 
 
こんな状況で思い出した話があるのですが、それは私にとってとても「いい話」というか「おもしろい話」なのですけど、これ引く人は引くんじゃねぇのかなという微妙な話でもあるんです。
で、書こうかどうしようか迷ってたんですけど、今だからということもあり書くことにします。

また文章が長くなるのと、「不謹慎だ!」と怒られそうなので、「怒らないから見せてみろ」という人だけ続きからどうぞ。


これがおもしろいという人とは友達になれる気がします。
そんな「震災にあったおばあちゃん」の話。


斎藤が初回に チャリティーマッチ 対イーグルス




今日は対イーグルスのチャリティーマッチ第2戦。
斎藤佑樹の先発で、昨日より入るかと思ったお客さんですが、意外と入りませんでしたね。
私は地上波での観戦だったので、案の定斎藤が投げるところだけの放送しか見られませんでした。
なのでそこの話だけ。

その斎藤ですが初回から打たれまくり。
とにかくストレートが力みまくってコントロールがつかない。
それが「ここだ!」っていうところでやっちゃう。
低めの意識は感じられたんですが、まだここにきてストレートを試している感じがしました。
失点で考えを変えたのか2回からは変化球中心で低く低くの投球でした。
とはいってもやっぱり安定感はイマイチでしたが。

そんな斎藤を助けたのはサード小谷野の守備。
3回、三遊間を破るかという当たりをダイビングキャッチで捕ると、お腹を支点にしてクルッと回り膝立ち送球でアウトに。
すばらしい。
それに触発されたのか斎藤が自分の頭を越えようとした当たりを反応良くキャッチ!
守備でリズム作るねウチは。

同じく注目の若手といえば中田と陽。
陽は打撃で大活躍。
中田はチョンボで大活躍。

陽のタイムリーは裏をかかれてタイミングをずらされ体勢が崩れたにもかかわらず、腰の粘りで踏みとどまると、上手くバットをのばしてレフトに打つという離れ業をやりやがりました。
ランナー1・2塁の難しいバントも決め、2番の位置は渡さないとアピールしました。

いっぽう中田は守備で不安を見せました。
左中間の当たりを、前に一度出てぐるっと回ってボールの後ろを追っかけるという、絶対にやってはいけない守備と、レフト前のゴロをしっかりとお手玉という大活躍。
中田よ、落ち着け。

試合は勝ったようでなにより。
まぁ相手の戸村みたいな、コントロールは無いけど勢いで抑えるピッチャーがファイターズは大好きなので、斎藤が点を取られても心配はしていませんでしたけどね。
けどこのてのピッチャーが突然ストライクを先行し始めるとまったく打てなくなるというモロさもあるんですが…


まぁ、まだまだ試してる感じの斎藤なので心配はしていません。
別に急がなくてもいいという気持ちもありますし。
まぁゆっくりでいいよ、ゆっくりで。





にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


ドラマ「バーテンダー」

 
 
 
鶴岡、自打球かよ…
今年は開幕前に不幸が多すぎだよ…


さて、こんな時でも他ブログのみなさんは、ちゃんとファイターズのことを書いているのですが、このブログは雑多なブログ。
なので全然関係ない話を。


嵐の相葉雅紀主演ドラマ「バーテンダー」が終わりました。
あ、今回は別にドラマの批評ではありません。
だってまともに1話見たこと無いですもん。
なんでこのドラマが気になったかと言うと、バーテンダーの話だからです。

私の住む旭川は、実はカクテルの街として有名で、ちょっとした縁もあって私は非常にカクテルが好きなのです。
と言ってもよく「このカクテルの名前の由来はね…」なんつう人がいますが、まったくそんな感じではありません。
ほとんどカクテルの名前なんて知らないし、飲んでも何ベースかがなんとか分かる程度。
私はあの空間でお酒を飲むのが好きなんです。
だから家でお酒を飲むということがあまりありません。
と言っても外にだって飲みにはほとんど行きませんけどね。
とにかくバーのカウンターでひとりで飲むのが好きなんです。
似合わないんですけど…

このドラマを見て思ったのは「ジャニーズ魂」ですかね。
ハッキリいってあそこまでやるとは思っていなかったからです。
私はバーテンダー技能競技会の北海道大会を見に行ったことがあるのですが、それはそれは厳しいものでした。
姿勢、優雅さ、技術、味と採点基準があり、グラスをバースプーンでステア(かき混ぜる)する動きも上手い人とヘタな人では全然違います。
ハッキリ言ってそう簡単にマネ出来るものではないのです。
しかし相葉はなかなかさまになっていて、レモンの皮を絞る時の手のかざし方とかなかなかカッコ良かったです。
さすがジャニーズと感嘆しました。
シェーカーを振る時も背筋をピッと伸ばし、斜めに構え、目線を上に向けて振っていました。
シェーカーの動きもなかなか滑らかで良かったんじゃないでしょうか。


ここまで書いたんだからついでに書いちゃえ。
シェーカーを「振る」とは言うんですが、正確には「かくはん」してるんですよね。
振っちゃダメなんです。振っちゃうと中で氷がぶつかって、シェーカーから出した時に氷の粒が表面に浮かぶことになります。
水っぽくなるということですね。
で、おもしろいことにメジャー・カップを使って同じ量のお酒を入れても振り方で全然味が変わっちゃう。
くるくる~なんつってバースプーンでかき混ぜるだけでも上手い人とヘタな人では味が全然違うんですよね。
不思議。

とまぁ素人がくだらない御託を並べましたが、行ったことの無い人にはぜひ行ってほしい。
どうもカクテルバーは敷居が高いというイメージがあるらしく、あまり気軽なところではないみたいです。
まぁ居酒屋みたいに騒がれても迷惑ですが、お酒飲むときにさわがなくても平気という人ならぜひオススメしたい。
そしてカクテルのメニューなんか見ないで注文してほしい。
たとえば「ジンベースでさわやかなの」とか「甘いけどくどくないやつ」とかね。
変わった注文なら「今日みたいな雨の日に似合うやつ」「カワイイ飲み物」とかでもいいです。
バーテンダーさんは頭に2~300のレシピは入ってますから必ず対応してくれます。
まぁ対応しきれないなんてバーテンダーとは言えませんから。

カクテルなんて値段にそう大差は無いので心配は無いし、どんなカクテルが出てくるかワクワクします。
ただ気をつけなきゃいけないのは、強いお酒が飲めるかというのと、苦手なお酒や味だけは伝えてください。
よくあるパターンとして「え~ムリ~、あたしこんな強いお酒飲めな~い」っていうヤツ。
お前が「あたし~マティーニが飲みた~い」って隣の男に注文させたんだろうが!というシーンを何度も見ています。
ショートだとアルコール度数が30%を超えるものもあるのでお気を付け下さい。

カウンターのはじで女の人が1人で飲んでるなんてかっこいいですなぁ。
そんで「けっこう酔っぱらってきちゃった…」なんつってうるんだ目で見つめられたりしたらそらぁもう
あ、ウチの奥さんですか?
ウチの奥さんもカクテルがすごい好きなんですけど……
強いんですよねぇ… お酒…
ショート4杯ぐらい飲んでもケロッとしてるんでねぇ…
頼もしいっつうか、可愛げが無いっつうか……


あ!ごめんなさい、ウソです!

痛たたたたたた!

お願いやめてやめて、肉ちぎれる!

ぎゃっ!





  ・・・・・・




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04