拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2009コンフェデ決勝

ブラジル3-2アメリカ


いやぁすごい試合見ちゃったなぁ。
夜ふかしして正解でした。


圧倒的にブラジル有利と思っていた人たちの度肝を抜く場面は前半10分でした。
右サイドからのアーリークロスをデンプシーが右足ボレーでシュート。
ブラジルGKジュリオ・セーザルが伸ばした手は届かずアメリカ先制。
うへぇ~と思っていたら前半27分、電光石火のカウンターでアメリカのドノバンが2点目ゲット!
ここで私の眠気は完全になくなりました。
ジャイアントキリング。
まさに巨人兵士ゴリアテを少年ダビデが倒したのと同じことがコンフェデ決勝でおきるのか!?

アメリカは高い位置から積極的に守備をしてブラジルお得意のパスサッカーをさせない。
まさにハードワークで焦りを誘うことでブラジルのパスミスが連発する。
そしてそのパスミスを拾い強烈なカウンターで一気に攻め上がる。
ブラジルのSBが上がったスペースを上手く使ってるなぁという印象。
ブラジルはセンターラインまでボールを持ってくるのにも一苦労というほどの守備は見ていても迫力がありました。

しかし私は知っている。
ハーフタイムでブラジルはキッチリ修正してくることを。
そして、前半のハードワークがアメリカ人に90分続けることが到底無理なことを。

後半開始早々、ブラジルのルイス・ファビアーノが背中にDFを背負ったまま振り向きざまに地面へ叩きつけるようなシュートで1点差。
アメリカGKの死角を狙ってわざと叩きつけて打つ技術に脱帽です。
こうなるとアメリカは守り重視になってしまって前線からのプレスも無くなってしまった。
これがサッカーの怖いところ。2-0で1点取られるとあっというまに追い詰められた感じが選手にでてしまう。

後半15分、サントスのクロスにカカのヘッド!アメリカGKがかき出すものの同点ゴール!
・・・へ?  ノーゴール!?  いやいやそれは・・・
完全な誤審でゴールが認められなかったが今のブラジルには関係なし。
後半29分、カカが左サイドの深い位置から相手DFを突破してエリア内に侵入。
点のスピードが速い!さすがカカ。
ロビーニョに合わせるがバーにはじかれる。
しかしそこに詰めたのはルイス・ファビアーノ!(カビラ風に)
今度こそ同点!

こうなるともう止まらない。
後半39分、途中出場エラーノの右CKはファーサイドへ。
そこに走りこんできたのはブラジルのキャプテンルシオ!(巻き舌カビラ風で)
ブラジルついに逆転!
そしてそのままタイムアップでブラジル優勝~!


見ていて思ったことは、実力差のある相手に引いて守ろうとするのは気持ちはわかるが無駄だということ。
なんといっても王者ブラジル。そんな相手と嫌というほど闘ってきたのだから経験が違う。
たとえば6人対3人という場面でも局地的に人数の少ない所を探し出しそこで仕掛ける、又は走りこむことで相手DFを引っ張り出して空いたスペースへパス。
そこでまた仕掛けて空いたスペースへパス。
また仕掛けて・・・といった具合に仕掛けることで局面を打開していくのが非常にうまい。
日本のようにまずパスを出せる相手を見つけるのではなく、自分がゴールを決めるという気持ちが見えるから相手DFも引っ張り出されるのだと思います。

仕掛けることの重要性を再認識しました。
そしてハードワークの大切さも。
90分間やり続けることはアメリカには出来ませんでしたが日本には出来るんです。
もって生まれた腸の長さはスタミナの象徴です。
肉体を構成している筋肉の質が白人や黒人とは違い太くなりずらいかわりに持続性は抜群です。
アジア人の特権であるスタミナを武器に世界と戦う。
そこに仕掛ける勇気があれば世界を驚かせるサッカーができるかもしれませんねぇ。


いやぁ、いい試合だった。



スポンサーサイト

雨天コールドで・・・

F2-3M


一時はいけると思ったんですがねぇ。
やっぱり雨が気になったんかなぁ。
スウィーニーはついてないっていうかマリスタ雨多すぎ。
梅雨だから仕方ないですね。
もう少しやってりゃわかんなかったのに・・・

それにしてもソフトバンクが強い。というかライオンズの中継ぎが情けない。
小野寺あたりが抑えやってるようでは上がってこれないでしょうね。
やっぱりグラマンが帰ってこないと厳しいチームだなぁ。

ん~、今気づいたけどライオンズオフィシャルサイトのグラマンの写真怖すぎ。



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ダル10勝一番乗り!

F5-0M


やっとリーグ戦が再開しました!
しかもその初戦を勝利で飾れるとはさいさきが良いですなぁ


初回にいきなり珍しい光景が見れました。
それは森本のホームラン!
そして森本お得意の全力疾走
満面の笑顔でいろんな選手と抱きあう森本。
ど真ん中のスライダーをひっぱってレフトスタンドへ叩き込んだホームランはいろんな意味で大きい一発でした。
1年9か月ぶりのホームランの味は格別だったことでしょう。

しかしMピッチャーの小林宏は素晴らしいピッチングでした。
相手がダルでなければ今日は負けてたかもしれないと思わせるピッチング。
しかし小林宏はダルと投げるとダルの引き立て役にまわってしまうという悲しいサガを持つ男。
今日も2人でビシバシ投げて先に小林宏が息切れして失点というお決まりのパターン。
7回、小谷野の技あり2ベースの後、2人倒れて金子。
アウトハイのストレートをものの見事にセンター返し!
9番がこのバッティングは反則だよなぁ。

そして今のファイターズ打線は2線級では止められない。
8回に4球・ヒットで選手をためてスレッジのホームランという試合を決める一発が飛び出し勝負あり。
ダルのあわやノーヒットノーランというのもありましたが、まぁそれはご愛嬌。
どちらかというとノーノー崩されて連打されたあとに見せた鬼ダルのほうが見ごたえありましたもんね。
対戦してみるとマリーンズはやはり井口・里崎の恐怖がないというのが大きいですね。
見ててもなんとかなりそうな気がしますもんね。

ダルが10勝一番乗り、森本が久々のホームラン、復帰したスレッジにも一発が飛び出し完封リレーで締めくくる。
文句無しのスタートで波に乗れるかな?

どうかな?



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

勝手に落ちてゆく・・・



膵炎をやってから、ご飯をお腹いっぱい食べるのが非常に怖くなりました。
食べ過ぎると寝ようが動こうがゆるまることなく襲ってくる背中とみぞおちへの激痛がそうさせるのでしょう。
まるで少女のようなご飯の量に、肉はほとんど食べず魚・野菜中心の食事は今まででは考えられませんでした。
もうそろそろこの食生活が続いて1ヶ月。
ん~、当然だけどつらくは無い。が、体重がドンガドンガ落ちていくのはいかがなものか。
今現在で-8キロ。元々が元々だけにたいしたことは無いのだけれど、この先も落ち続けるのはマズイよなぁ。

考えれば当たり前で、圧倒的に1日の食事量が少ない。
そこに激痛に対する恐怖心と胃が小さくなっている事がさらに少なくさせているもんなぁ。
ん~、じいさんばあさんが死ぬ時に痩せていく理由がよくわかる。

食事制限でダイエットなどというのは私の最も嫌いとするところだが、はからずもそのような形になってしまった・・・
ついでだから体を動かしてしまえと思うが、いかんせん食事をキチンと取れないので力が出ない。
うまくいかないな~。

自分がこうなってみて改めて思うが食事制限のみで痩せようとする人は、知識が足りない人かズボラな努力家ですね。
私自身は日本人の痩せること、痩せてる人に対するあこがれは異常というか病気だと思ってます。
世界一痩せてる人が多い国で、太ることが難しい体質の日本人がさらに痩せようとするのはど~考えてもおかしい。
痩せること=健康なんてマスコミと業者に作られた大ウソを信じこんで、たいして太ってもいない人をデブだと言ってバカにする。
筋肉をつけず痩せることだけを追い求めた結果、O脚・X脚になっている女性は見ててかわいそうになる。
あ~、50過ぎたら苦労するだろうな~と。

やっぱり食わなきゃ力は出ないし食わなきゃ体力がつかない。
体力が無きゃ病気にも勝てないのは当然だなぁ。
少しずつ食べる量を増やして体重を止めねば。
病気なんてするもんじゃないなぁ。


ケン・ワタナベ

最終試合は負けてしまいましたが、やっと交流戦が終わりました。
これできっちり試合が見れる・・・

さて、昨日やっていた渡辺謙の主演ドラマ「刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史」を見ました。
いやぁ渡辺謙はすごいわ。
特になまりが自然すぎてびっくり。
と思ったら渡辺謙は新潟出身なんですね。なるほど。
と思ったら平塚八兵衛は茨城県出身なので茨城弁なんですよね。
やっぱすごいわ。

渡辺謙の英語力がどれほどのものかは私の英語力ではまったくわからないのですが、ハリウッドで主役をはれるのですから相当なものなのでしょうね。
さすがケン・ワタナベですね。
次はディカプリオと競演ですか。
渡辺謙に続く人は出てくるんですかねぇ


鳩山辞任とファイターズファン

昨日は打ちまくって勝ったようですが見てないので書けません。
サッカーでイライラするくらいなら見たかったなぁ・・・

さて話は飛びまして鳩山辞任で麻生内閣の支持率が急降下しました。
西川社長をめぐる郵政人事のドタバタでダメを押される形になりましたね。
この「かんぽの宿」問題、実際は民営化反対の総務省官僚vs日本郵政の戦いなのですがそこらへんはめんどくさいのでかつあいします。

この「かんぽの宿」のいちばんの問題は2400億かけて作った物を108億で売るのはけしからんということでしょう。
しかしこの2400億というのは馬鹿な官僚が自分のふところが痛むわけじゃないから建築費と維持費の非常に高い建物を造った結果なのです。高速道路といっしょ。
普通はもっと建築費も維持費も安く抑えるものです。
現在で年間40~50億の損失が出ていて、79物件全て稼動しても赤字になるという馬鹿らしさ。
売るのが遅れれば遅れるほど赤字が増える不良物件に高値を付ける人が出てくるのを待つのはどうでしょう。

そしてもう一つの問題は規制緩和改革委員会の座長を務めたオリックスの宮内氏に一括売却というのは癒着だという問題。
こんなものその筋に長けた人に頼んでいるんだから「お前らこの会に参加したから入札権利無しね」なんて馬鹿な話は無いわけで。

一括売却にしても単品で売れば高値で売れるところはあるでしょうが、かならず売れ残るところが出てくるわけで、先ほども書いたとおり維持費が馬鹿みたいにかかる物が売れ残るくらいなら一括売却のほうがいいと思うのは当たり前の話だと思うんですよね。しかもホテル経営に精通してるオリックスですから。

そして2008年の12月26日に総務省は売却を認めていましたが、明くる年の1月6日に鳩山邦夫がダメだと言い出しました。
なんで今更?と言われてもしかたないでしょう。
お前一度は認めたんじゃないんかいと自民党議員が言いたくなりますわなぁ。
政府は経営には介入しないというのが民営化の前提だったはずがあれはダメこれはダメと現職の大臣がイチャモンつけてくるわけですから困ったもんですねぇ。


さて長々と書きましたがファイターズになんの関係があるんだと言われそうですがまぁお待ち下さい。
今回の郵政人事問題でいちばん得をしたのは誰あろう鳩山邦夫でしょう。
なんといっても国民の不満を追い風にできたわけですから。
この構図は野球といっしょだと思うんです。
自民党内では当然のことが国民に伝わらないので不満がつのっていく。
だからといってこれこれこうなんですと説明したってみんなが納得するとはとうてい思えません。
十人十色、いろんな考えの人がいます。
政党が好きだから投票する人、知り合いの関係で投票する人、顔が好きだから、名前がいっしょだから、選挙になんかいかない・・・
投票に行く人全てが党のマニフェストを見比べ考えて投票しなければいけないなんてことは決してありません。自由です。

野球も同じでみんなが野球に詳しくなくたっていいし、配球に詳しくなくても、歴史に詳しくなくても、選手の顔と名前が一致しなくても全然かまいません。
球団も国もそういったいろんな人たちに理解をしてもらう努力が重要なんであって、どれだけ論理的・合理的であっても伝わらなければ意味がないのです。
論理的・合理的で人が納得するなんて幻想です。
個人の考えが違うのに恒久的な価値観の一致なんてありえません。
論理的・合理的だけなら安倍晋三の掲げた構造改革は素晴らしいものだったが国民にまったく伝わらなかった時点でダメなんです。
そういった意味ではパフォーマンスと取られようが鳩山邦夫の行動はうまいことやったなと言えるでしょう。
たまたまでしょうが国民の気持ちをくみ取った形ですからねぇ。

ファイターズもいっしょ。どれだけよかれと思ってやろうが多様な考えを持っているファンの大部分の気持ちをくみ取れないのでは支持率は下がるものです。
中途半端に野球に詳しい人間がファンとはこうあるべきとかファンはこういうふうに野球を見なきゃいけないとか言う権利はありません。
楽しみかたは自由なのですから。

私自身は梨田野球は好きでも嫌いでもありません。ヒルマン野球の方が嫌いなほうです。
なんとかがんばってほしいと思っていますがそれよりも、うまいことやれよと思ってます。
ファンをなだめつつ勝ちを得るのは難しいですからねぇ




気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

日本vsオーストラリア

日本1-2オーストラリア



なに?このめんどくさいサッカー。
ハードワークを勘違いしてるんじゃない?
当たりにいくのが嫌なら早くボールを回さなきゃいけないし、当たるんならゴリゴリ行かなきゃいけない。
どっちも出来てないんじゃしょうがない。

プレミアリーグのようなパワーとスピードが主流の今、どちらも持っていない日本は技術とスタミナで世界と戦っていかなくてはいけない。
それこそサボらないハードワークが必要でしょう。
そこに攻める気持ちが合わさったとき日本のサッカーは世界に認められるのでしょう。

しかし前にパスは出ても人が出ない。
仕掛けない打たないではただただ走り回ってるだけ。
はっきりいって今日の体ぶつけてハイボールだのみのクソみたなサッカーをするオーストラリアにこの試合ではワールドカップは厳しいなぁ。

まずシュート、ダメなら前にパス、それもダメなら横にパス。
抜けるのならまだしも抜けもしないのにワンツーヒールとか要らないから仕掛けろ。
フリーキックが武器なんだからドンドン仕掛けろ。
打て!仕掛けろ!そして勝て!



またビジター×

F3-4T


初回に賢介が2塁オーバーランしてバタバタしながら戻るというお笑いから始まりました。
トムジェリーか。
稲葉の一発で先制するもののマサルお得意の一発攻勢であっさり逆転。
その後中継がキッチリ抑えるもののあと一本が出ずゲームセット。

ビジターの成績の悪さはなんだろう?
DH制が無いときに打てなくなるわけでもないし。
小谷野・金子の調子が落ちてきたとはいえちょっと異常な気がします。
サッカーならわからなくもないんですがねぇ・・・
投手・野手交代のタイミング・起用のまずさと言ってしまえばそれまでなんですが・・・驚くほど悪いとは言えず・・・う~ん・・・
あ、でも采配批判されたって仕方ない成績ですから批判する人はガンガンすればいいし、擁護する人は・・・まぁ勝手にどうぞいう感じですかねぇ。

唯一言える事はミスがビジターではいつもより多いということ。
慣れなんでしょうかね。
特にレフトが森本だったらと思うようなプレーが結構ありました。
DHが無いのでスレッジ・坪井がやっていましたがヘタではないにしろ森本と比べると、肩・守備範囲・相手へのプレッシャーなどかなり落ちるのは否めません。
打線を考えると仕方ないかもしれませんが、森本のファインプレー・相手を進ませないプレーというのはヒットやホームランと同価値だと思うのですが・・・

パリーグ首位にいるチームの監督に文句を言うのもどうかと思うんですけどね。
贅沢な悩みなのかなぁ。
う~ん。



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

三沢光晴

ファイターズの試合のことを書こうと思ったんですが・・・
なんか力が出ません。
レスラーに事故がつきものとはいえ、まさか受身のうまい三沢がリング上で亡くなるとは・・・
AED処置される三沢。周りを囲むノアのレスラー達。三沢コールで呼び戻そうとするファン。
みんなで頑張って、頑張って、頑張ったけど・・・


神様に思いは届きませんでした。



ふぅ~


規則正しい生活は?

F9-1D


爆勝しました。
ま~ね、ダルの投げる試合であんなに点取りゃ負けるわけないですな。
序盤は4球2ベースの嵐。全く元気のない山本昌をノックアウトしたところで勝負ありでした。
しかし2回途中から交代したDピッチャーのネルソンを結局最後まで引っぱる落合はさすがというか面白くないというか・・・面白くないというか・・・
まぁ「らしい」ですね。

それにしても今日いちばん気になったのはお立ち台。
糸井と初のお立ち台で緊張してる村田でした。
糸井といえばこの間のお立ち台で「好調の秘訣は?」と聞かれ「規則正しい生活です」と答え球場が爆笑に包まれました。
あれだけファンの間で話題になりましたから、当然私は今回もあるだろうと思ってました。
インタビュアーがどうやってそこへ持っていくのか、どのタイミングで聞くのかを見ていると

一切なし

もう考えられない!

最初からインタビュアーの頭には入ってないんだなぁ。
もしそこで聞いていれば次の村田の時に「今日の活躍の要因はなんだったと思いますか?」で「規則正しい生活です」が聞き出せるじゃ~ん。
仕事しろよ、もう・・・
あげくの果てに「今日はオヤジシリーズです・・・」とか言って答えづらいど~でもいい質問して、それを受けた糸井も「おやじたちと明日も一緒に勝ちましょう!」などと意味のない叫びで締めるという始末。
糸井はアドリブが利くほうじゃないんだからもうちょっと考えろよな。

とにかくインタビュアーはもう少し空気読め!
そして質問を逆算して考えろ!
わかったかこんにゃろう。



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

3番糸井

F9-3YB


稲葉の離脱でどうなることかと思いきや、糸井が稲葉の穴を埋める活躍で勝ちました~。
小谷野ほどの覚醒は感じられないので単に調子がいいだけなんでしょうが驚きでもないと思わせる所が今年の糸井の成長なのでしょう。
ボッツも強烈な一撃を放ち存在感をアピールしてくれました。
しかもそれまでアウトハイで攻められていてゆるいカーブの後にインローのストレートをすくい上げましたからこれは非常に価値の高い一発でした。

このごろ試合を見てて思うのですが、相手チームに失点に絡むようなエラーが頻発するのはファイターズの打線が守備にプレッシャーをかけてる気がするんですよねぇ。
ダルが投げるときに相手ピッチャーが緊張するようなもんで。
しつこい&全力疾走が相手守備陣を緊張させるんでしょうかね。

ソフトバンクがやっと負けてくれてホッとしたら西武が上がってきちゃいました。
あぁ、交流戦早く終わんないかなぁ。



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

勝ったー・・・けど

F5-3YB


勝ったー・・・けど最初しか見れなかった・・・
ん~、やはり平日の昼は観戦がつらい。

けれどかなり貴重なシーンを見れました~。
2回裏、2アウト3塁でバッター糸井の放ったあたりは平凡なピッチャーゴロ。
YBピッチャーのウォーランドが1塁に走りながらファースト佐伯に余裕のトス。

届かない

えーっ!はじめてみた、こんなミス。
当然佐伯はボールを拾いに行くが、そこはファイターズ。
ゴロでもあきらめず全力疾走。
佐伯がボールを拾おうとして糸井の前に!
糸井が佐伯にドリー・ファンクJrばりのかち上げ式ランカシャーエルボー。
佐伯悶絶。日ハム先制。
でも佐伯はプロレス好きだから大丈夫!たぶん。
その後もウォーランドは1塁にはまともに投げられない。
イップスだなイップス。

しかし八木は強風にも乱されずナイスピッチング。
2軍の経験が生きてるようですね。

それにしてもソフトバンクが負けてくれないですねぇ。
というかセリーグのチームが情けないのか?なんなの?劇的に全てがいい方向に行ってるだけか?
ん~、恐ろしい・・・



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


ダルは負けたけどW杯出場決定!

南アW杯出場決定~!


やったー!
世界最速出場決定!
いやいやダルの負けがどっかに吹っ飛んでしまった。


それにしてもタフな試合でしたね。
大アウェーの中できっちり勝てたのは良かった。
押し込まれはしましたが決定的な場面はほとんどなくよく守ったという感じ。

それにしても主審の質が悪い。
シリアの審判団だったようですがここらへんにアジアの難しさがありますね。
FIFA主催の国際試合は中立国の審判になります。
ということはアジアの国同士の試合はアジアの審判になります。
そして審判の質は審判が普段笛を吹いているリーグの質とイコールです。
サッカー後進国のアジアではお世辞にもリーグ・審判ともにレベルが高いとはいえません。
そして日本・韓国を除きアジアの選手はとにかくよく倒れるし、それにたいしてよく笛を吹く。
世界に通用するサッカーとは程遠いサッカーがアジアでは行われています。
今日の主審は足元へのタックルはそんなにとらないのに上半身の接触プレーは馬鹿みたいにとってました。
それが日本選手も途中からわかってかなり気を使ってました。
最後には意味の無いレッドカードと監督の退席。
ストイコビッチなら主審のカードを取り上げて逆にレッドカードをつき付けていたろうし、ジーコなら相手チームのユニホームを主審に叩きつけていたでしょう。
こういう3流審判はやめてほしいですねぇ。

とにもかくにも勝ちは勝ち。
残り2試合ありますがキッチリ勝って1位通過してもらいましょう。

出場おめでとう!



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

エコエコ言うな

F2-5

ジャイアンツecoシリーズと銘打ったこの試合、初回が全てでしたね。
なにもかも悪い方に出た感じ。魔が差すとはこういうことを言うんでしょうなぁ。
賢介がポロッ、藤井はグダグダ。
そしてこの初回の4失点を止め切れなかった一番の原因は大野でしょう。
ストレートを多投する強気のリード。強気?
強気と意固地は違うのだよ。
まるでパチンコ台にお金を突っ込みすぎて意地でやめられなくなったヤツのようにストレート押し。
キャッチャーが熱くなってどうする。
たしかにサインを出すのは大野だが投げるのは藤井。
ハイここでインコースびっちりストレート!って言われても打ち込まれてる藤井には投げられないって。
アドバイスを受けたのかどうかはわかりませんが2回から人が変わったようなリードになりました。
最初からそれでいこうよ。

それにしてもジャイアンツはいつになったらファイターズ外野陣の守備力の高さを認めるんですかね。
4回、G寺内がレフト線にヒットを放つも森本が素早くカバー。
さすが森本、あの当たりを1塁打にするとはと思っていたら寺内2塁へ暴走。ラッキー。
ストライク返球で余裕のタッチアウト。
バ~カなめんな。
いい加減覚えろよ、ファイターズの外野は12球団一守備と肩がいいの。

明日はダルですか。
嫁さんも見に来るだろうし気合の入ったピッチングに期待しましょう。


それにしてもどこもかしこもエコエコとうるさいですねぇ。
野球は自分達の掲げるエコからいちばん遠いと思うんですがねぇ。
というか本当にCO2削減して温暖化が止まるかどうかさえわからないというのに。
温暖化がブームになっているようで嫌なんですよねぇ。


気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ファイターズの怖さ

F7-2C


流れが変わりそうな空気を読み取る能力というのは、クライマックスシリーズ・日本シリーズを経験しているかどうかというのが大きいんですかねぇ。

さて昨日の試合。
用事があってスウィーニーが投げている所は見られませんでしたが、なかなか良さげなピッチングだったようで。いいことだ。

いただけないのはヒメネスのバッティング。
ヒメネスの調子自体は上がってきているからこそスターティングメンバーに名を連ねているのでしょうが、相手チームもバカではないですからそろそろ攻略方が解ってきたはず。
そのギャップがあの7回のへっぽこスイングに繋がってきてるのではないかなぁと。
ここを越えられるかどうかが来期の契約に繋がるんでしょうねぇ。
人気も出てきて性格も良さそうなのでがんばってほしいものですね。

菊池・建山と好投を見せた後の8回裏、先頭バッターは賢介。
相手ピッチャーはルイスから横山。
思わず昨日の9回を思い出してしまいました。
4球で賢介が出塁しこれまた前の試合と同じくノーアウトのランナーに。
しかし前の試合と違うことは同点であるということと賢介への牽制球でした。
牽制悪送球(賢介の背中に当たったのかな?)で賢介2塁へ・・・いやいやいや3塁へ!
ナイス賢介!
続く森本は真ん中低めのスライダーをおもいっきり引っ張ってタイムリーツーベース!3対2!
二岡のように強く打ってもセンター・ライト方面に飛ぶバッターなら別ですが、やはり強く引っ張れてこそセンター・ライト打ちが生きる気がします。
ここ数年、森本のバッティングが小さくなりホームランも無くなってしまいました。
そのかわり粘りが出たのですがやはりバッティングの基本は強く振ること。
これでホームランが出るようになれば球界屈指の1・2番になりますねぇ。うふふ
3番稲葉も強烈なヒットで3・1塁。

そして4番の信二登場!
2-3からアウトロー地面すれすれのスライダー。
でたー!信二得意の当てただけ!4対2!
しかしあの球を踏み込んで膝折って当てるんですから球が見えてるんですなぁ。
しかも盗塁まで決めて調子こいちゃって。いいねぇ。

とどめは糸井。
ど真ん中の力無いストレートを右中間へ3ランホームラン!7対2!
これで勝負あり。

ここ一番の集中力はすばらしいものがありますね。
これが経験の差のような気がします。

さて次はあの巨人戦です。
そうとう悔しい思いをしてるでしょうからかなり気合いが入ってくる事が予想されます。
しかし延長延長でそうとう疲れてるはず。
どうなりますことやら。



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

投手戦らしい投手戦

F1-2C


息詰まる投手戦とはまさにこの試合でしたね。
緩急自在でコースにビシビシ決まるC前田。
ちょっと前まで勝つことに苦労していたとは思えないピッチング。
対する糸数は活きの良いピッチングで対抗する。

5回表、フォアボールで出したランナーを岩本に返され0-1。
次の石原にもライト前に打たれるが稲葉の好返球が大野に返される。
しかし大野のベースカバーが若干悪く、タイミング的にはアウトだったんですが後ろを回られて2点目を取られてしまう。
結局これが決勝点に。
反省して大きくなれよ。

後半になるほど調子を上げてくる前田と波に乗った糸数。
緊迫した投げあいにドキドキしながら、いいもの見てるなぁなんてワクワクしてしまいました。
最終回、1アウト2塁でバッター稲葉。
2ボールからCバッテリーが選択したのはアウトローのストレート。
1塁もあいているし長打はいけないので当然の選択。
しかしちょっと中に入った球を稲葉は決して見逃さない。
きっちりセンター前にはじき返しファイターズの意地を見せる。
さすがだね~。

負けはしましたがいい試合でした。
スタンドの沖縄の踊りを踊るおばちゃんもいい味出してたし。
次も同じようなピッチングが糸数にできればこれはもう大きな戦力ですね。


ただ気になるのは糸数がベンチに帰ってくる時にやっていた沖縄踊りのパフォーマンスはこれからも続けていくんだろうか。
ま~・・・いいのかな~どうなんかな~・・・
ね~・・・


気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

石井戦極決定!

石井慧が戦極参戦を決めました!
私的には非常にうれしい出来事です。

UFCに挑戦すると聞いたときには内心大丈夫か?と思っていました。
石井にUFCが気を使ってくれるとは思えないし、客の反応もそんなによくないだろうし。
前途洋々かかってこいといった気持ちは分かるのですが、格闘技好きの私としては間違いなくこれからの格闘技界の命運を担うであろう石井は大事にしたいと思ってまして。
やはり同じ境遇できっちりアドバイスしてくれる先輩がいるのといないのとでは適応の早さが格段に違うでしょうしね。

以前からヒョードルと戦いたいと言っていましたし金銭面、知名度からいっても山本キッドのいるDREAMかと思っていたんですが、やはり吉田や滝本などオリンピック経験者がいる戦極を選んだということでホッとしました。

これで戦極も地上波の放送権を持つTV東京も万々歳でしょう。
デビュー戦は間違いなくドル箱興行ですし視聴率も取れますしね。
しかもどちらかというと玄人好みの戦極という印象が強かっただけに参戦してる選手としても一気に知名度を上げるチャンスが来たわけですからモチベーションも上がるでしょう。

がしかし、それらは全て石井の技量が周りの期待に応えられるものであった場合に限ります。
デビュー戦でしょっぱい試合をしようものならあっという間に周りの関心は失せてしまいますからねぇ。
ほんと戦極は石井を大事に育てていってほしいものです。

もう一度格闘技ブームを作れるかどうか・・・
がんばれ石井!
たのむ!



プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06