拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

WBC選考

WBCの遠征メンバーが発表されました。
事実上の最終選考となり、当落悲喜こもごもといった感じ。
そのなかで気になった発言がありました。それは原監督の「削る作業はしていない」という発言。

いつまでそんなことを言うんですかね。
選考会なんだから選考するのは当たり前でしょう。
これは実力が足りないから落ちたんではなく、原監督のやりたい野球と合わなかったんだから落選したんであって監督が替われば選出メンバーも替わるんですから。
初出場のサッカーワールドカップで三浦と北沢が落ちたのも岡田監督のサッカーに合わなかったから落ちたんでしょ。チーム競技の代表選考とはそういうものです。
まぁ北沢はまだ根に持ってるみたいだけど・・・。

誰が残るかではなく誰を落とすのかに興味を持つマスコミ。
各球団に異常に気をつかった発言をする原。
手伝ってやるなどという発言をするプロ野球関係者。
常に内向きの報道、内向きの発言。
これではどうやったって国際化は無理だし、いつまでたってもメジャーへの一方的な選手の流出は止まらないと思うんですよねぇ。

日本の野球にプライドを持つ必要があると思います。
それは常々ダルが言っていること。
前回大会で問題になったイチローの発言もこういった意味がこめられていたと思います。
メジャーが日本人の監督の招へいを考えるくらい日本の野球を見せつける。
それくらいの強い気持ちを持ってほしいものです。
なんてったって前回のチャンピオンなんですから。


気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

スポンサーサイト

ネコの耳

書くことが無いのでまたネコのビビをネタに。
意味はありません。






くりんっ

PA0_0000.jpg


        ↓







        ↓







        ↓







ゴロゴロ

PA0_0001.jpg

        ↓







        ↓







        ↓







        ↓







ブルブルブルッ!

PA0_0002.jpg


        ↓







        ↓







        ↓







        ↓







やめれ!!

PA0_0003.jpg



おわり



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします



15秒ルール

15秒ルールがいろいろと物議をかもしてますね・・・って


あっ!知らないうちにHITしてる~!


やった~!
なんか達成感あるわ~。
みなさまありがとうございます。


コホン
え~話題戻しまして、15秒ルール。
私としては反対です。
これはダルが言ったからというひいき選手の擁護ではありません。
利点がイマイチ見えてこないからです。

国際ルールでは投手が打者に正対してから12秒以内に投球するというルールがあります。もちろん日本も。
まぁこのルールもどうかと思いますがそれは後ほど。
今回の規則は捕手からボールを受け取って15秒です。
これはえらい違いです。
ロージン取って、腕伸ばして、足の幅決めて、キャッチャーのぞきこんで、首振ったら15秒です。
やってみればわかりますが結構短いです。
電話だと4コールくらいです。
チンッて切れたら「早っ」て思うレベルです。電話勧誘でももう少し長い。
身近なところでは短いCMは15秒ですね。
いずれにしろ結構短いのは確かで、これを長いと感じるのは子供かセミぐらいのもんでしょう。

問題は15秒にすることの利点は何かということでしょう。
試合時間の短縮には間違いなくなるでしょう。
結構長い間合いの投手もいますしバッターが打席をはずしてスイングチェックなんてしたら30秒なんてあっという間ですもんね。
ただ無走者の場合に限るので、どれほどの効果があるのかは未知数。
ダルとか岩隈の登板する試合は確実に今より早くなると思うけど・・・
試合時間が長くなるのは打撃戦なので、まぁ効果はほとんど無いといってもいいでしょう。

んで、一番の問題は試合時間を短縮することがファンのためになるのか、又はファン層の拡大に繋がるのかということだと思います。
私の結論から言うとです。
短縮がファンのためとはど~がんばっても見えてこない。
試合が長いなと思うことはあっても、毎試合短くなればいいのにと思うことは無いです。
思うのは、お父さんの野球観戦をつきあいで見ているお母さんぐらい。
ファン層の拡大についても、野球はダラダラと長いから嫌いと言うヤツは短縮で2時間になろうが1時間になろうが絶対に見ない
もともとそのスポーツ自体を認めてないヤツが短縮したからといって「じゃあ」などとなるわけがない
ではTV中継の尺に併せるため?
未だに野球が衰退したのはTV中継が無くなったせいだというあさっての方を向いた発言をするGファンのTVコメンテータがいますが、全国放送の視聴率が落ちただけで野球人気自体は落ちたわけじゃない。むしろ上がってるといってもいいでしょう。
特にGやTなどは他のスポーツから見ればいまだに圧倒的な全国区の人気球団にはかわりがないと思います。
スカパーなどの普及でキャンプまで見れるという時代。なおかつパリーグの主催試合は全試合無料で見れるようになりました。
しかもそれらは試合終了まで放送しますから尺なんて関係ありません。
環境問題に配慮して?
CO2と温暖化の問題については科学的に証明されてないことも多く、一概にCO2だけの問題と言い切ってしまうのは非常に危険が多くIPCCの発表する情報だけを鵜呑みに・・・だぁ~!めんどくさい!

国際化の波に乗ろうというのはわからなくもない。
ただアメリカの野球にすり寄る形ならやめたほうがいい。
アメリカは間の無い文化だから日本の間を大事にする文化とは違う。
ボクシングや総合の試合で牽制しあってるとブーイングが起こる。
日本なら固唾を呑んで見守るか拍手が起こる。
日本とアメリカどちらが正しいというのではなく文化の違い。
アメリカは与える文化であるのに対し日本は想像させる文化である気がします。
宗教観の違いも影響している気がします。まぁ異論はあるでしょうが。
アメリカにはアメリカの良いところがあって、日本には日本の良いところがある。

日本野球の醍醐味である18.44Mの攻防というのを若干削ってまでしなきゃいけないもんですかね。
というか国の文化や特色を無視するのは馬鹿げてると思うんですよね。
一本取りにいく柔道を国際化という流れで勝ちにいく柔道に変えることに似てる気がします。
国際化というのならきちっと国際野球連盟がアメリカを入れて統一ルールとして出来上がったものを持って来いよ。
中途半端な思い付きみたいなルールじゃなくてさ。

ほ~らまとまりの無い文章になっちゃった。
ダラダラ書くからこんなことになるんだよなぁ。

とにかく試合時間短縮自体には意義はありませんが15秒ルールは改善の必要があると思います。
実際に試合で適用されて、そのために歩かせてしまったランナーがホームインしてそれが決勝点だったらイライラすんだろうなぁ。


気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

北海道の良さ

ネットで、北海道は食い物以外なにもないという話題にいろいろな書き込みがされてました。
大半は食い物がうまかったらそれだけでいいだろという意見が多く、次いで自然がすごいというものでした。
住んでいる者にとっては何とも思わないんですが、外の方には良く写るようで。

一昔前のマンガやドラマなどで「左遷だ!」などと上司から言われると大抵雪のふる寒い寒い北海道がイメージ映像として出てきました。
特に監獄のイメージが強いのか網走出張所に左遷というのも見たことがあります。
それがいつしか退職後は北海道で暮らしたいという人が増えてきました。
このイメージの変わりようはいったいなんなのでしょうか。

東京や大阪のデパートで開かれる北海道物産展は他の地域の物産展にと比べてぶっちぎりの売上をたたき出すそうで。
一日数千万、一週間で数億円がデパート一つで飛び交うという。おそるべし北海道ブランド。

ただ素材は一流、加工は二流、サービス三流と昔から言われているのも事実ですよね。
旅行会社が北海道に観光で来たお客に不満だったことを聞くと、風景がいつ見てもいっしょ、カニが美味くない、ホテルや店のサービスが行き届いてない等々。
支払った金額と受けられるサービスに開きがあるということでしょう。
このての文句を言う人はなにしに北海道に来るんですかね。
サービスはひどいのもありますが風景に関しては本人次第でしょ。
というかそれが楽しめないなら来ないほうがいいと思うんですけどねぇ。
カニだって、地元の人が行かないような大型店でうまいカニを食おうというのは大間違い。
スーパーで売ってるカニのほうが安くてうまいなんてよくあることです。

金額にみあった満足が得られないと損と思う人はどこに行ったって満足できないんでしょうねぇ。
旅行を楽しもうと思えば新しい発見や喜びがいくらでもあるんですけど。
減点方式と加算方式の違いですね。


なんの話だったっけ・・・


あぁ北海道の良さでしたね・・・

実は北海道の良さをわかっていないのは北海道人なんでしょう。
知り合いからイモやタマネギをもらったってちっともうれしくないけど東京だとお店の看板に北海道産ジャガイモ使用!なんて書いてあったりします。
そういえばあの雪面の飛び魚を大阪のデパートで取り扱ったところ、数日で完売したのでコーナーを設けたらなんとあのスノトレで一千万円売り上げたそうです。ビックリ!
水曜どうでしょうとonちゃんのすごさをわかってないのも北海道人なんですねぇ。
旭山動物園のフィーバーっぷりをよくわかってないのが旭川市民です。
旭川市民が想像してる人気の10倍以上の人気が東京や大阪にあるらしくまさにドル箱路線だそうで。
わっかんねぇなぁ。

まぁこういったものや北の国からなどのドラマもあって北海道のイメージがだんだん良くなってきてるんでしょうね。
でもいまだに北海道は全地域で雪が降っているとか、どこでも熊が出てくるとか、かまくら作ってるとか、味噌ラーメンには必ずバター入ってるとかビックリするような偽情報を真顔で道外の人に言われるとちょっと悲しくなるんですよねぇ。
まだまだだな北海道。


あぁ、それとこういった話題の時に必ず言われるのが、北海道は寒い寒いって言うけど京都の底冷えに比べたら全然っていう発言。
なめてんのか?
寒いっていったって-10度もいかないようなとこで寒いだと?
鼻毛が凍る寒さを体験した事があるのか?
目があかなくなる寒さを体験した事があるのか?
京都の寒さなんか道北に住む人間に言わせたらぬるいんだよ。
猫が外に出て行ったら10秒で帰ってくるような寒さをなめんじゃねぇ。

サンピラーを見てからかかってこい。



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします


プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728 02