拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

なでしこジャパン 終わらない戦い




日本代表である「なでしこジャパン」が準優勝で終った。
結果的には大差だったけど、何が足りなくて何が通用するのかがわかった試合だったので、これはこれでいい気がする。


なでしこジャパンは大きな大会の決勝終了後にドラマがある。

前回大会のワールドカップでは追いついて追いついてPKで勝利を手にし、震災で元気が無かった日本に勇気を与えてくれた。
ただ、試合終了後、たくさんの日本人選手が喜びに湧く中、宮間だけは打ちひしがれているアメリカの選手に声をかけて回っていた。
それが非常に印象的で、震災で自分がつらい目にあっていても他人を思いやり、大きな暴動や略奪などは行わなかった日本人と重なって、世界から賞賛されました。


オリンピックの決勝ではまたもアメリカとの対戦となりましたが、今度は力負け。
ワールドカップでは試合終了後も冷静だった宮間が泣き崩れて起き上がれないというのが映しだされました。
澤から受け継いだキャプテンという重圧が大きかったのかもしれません。
しかし、表彰式では選手全員が手をつないで入場し、明るい笑顔でメダルを受け取るところが話題になりました。


そして今回。
試合終了後、ピッチに倒れこみ泣き崩れる選手は殆どいませんでした。
早いうちから大量失点していたので、気持ちの整理がある程度出来ていたというのもあると思います。
けれども見ていていちばん感じたのは、選手の中の悔しさが、ピッチに倒れこむのを許さなかったんじゃないかという事です。
みんないい顔してるんですよ。
喜ぶアメリカ選手を見ながらまだ戦ってる顔してるんです。
ベテランの選手は落ち込んでる選手を慰めていますが泣いていないし、若手の選手は試合を見つめてる目でセレモニーとか見てるんですよね。
終った顔してないんですよ。
すばらしい事ですよ。
ちょっとしびれたなぁ。



前回のワールドカップ。
下馬評ではアメリカ圧倒的有利と言われましたが、それを覆すプレーで勝利しました。
オリンピックでも同じように言われましたが、1点差の惜敗。
しかし、この2試合と、今日の試合が圧倒的に違うところは、選手のプライドです。

オリンピックの決勝で負けましたが、笑顔で表彰式に出られたのは「私達はがんばったよね」という充足感があったからでしょう。
ワールドカップ優勝と言っても、まだまだ私達はチャレンジャー。
こういう楽な気持ちがあったからこそ笑顔が出るわけです。
未来の女子サッカーというものを背負っていますが、それは背負ってるだけで重さは感じていないんですよね。
悪い言い方ですけど。

しかし今日の試合も同じようにアメリカ有利と言われましたが「誰がなんと言おうと私達は日本代表だ」というプライドが今までとまったく違ったんだと思います。
それはこの試合にかぎらず、トーナメントの試合終わりでも、ただただ喜ぶだけではなく、選手同士ピッチ上でその日の試合の問題点を確認しあうという光景が何度も見られた事で伺えます。
私達はこんな試合をしに来たんじゃないんだ。
もっと良いサッカーが出来るはずだ。
自分たちのレベルを把握しているからこそ反省するわけです。
それがこの試合では序盤からパニクってしまい、自分たちがやりたいサッカーが出来なかった。
こんなはずじゃない。これは私達のサッカーじゃない。
そう思いながらプレーしていたのでしょう。
前半途中ぐらいからパスが通り始め、やっと日本のサッカーが出来るようになった事も大きかった。
なぜこのサッカーが最初から出来なかったのか。
たぶんその思いは選手全員が思ったでしょう。
けっきょく試合は終了。
やりたいサッカーがなかなか出来なかった自分に対する怒りと悔しさが「こんなところで寝転がって泣いてられるか」という事になったんだと思います。


オリンピックの笑顔の表彰式から笑顔のない表彰式へ。
それだけ選手は成長して自信もつけたんだなって感じました。


たぶんまだ選手たちは戦ってるんだと思います。
そしてこれはアメリカを圧倒するまで続くのでしょう。
強くなりますよ、女子サッカーは。




スポンサーサイト

U22日本代表 バーレーンに勝ったけど




U22日本代表がアウェイでバーレーンと戦い、2-0で勝ちました。
しかしどうしてこういう戦い方しか出来ないのかねぇ日本は。
昨日は相手キーパーが仲間だったから良かったですが、序盤から主導権が握れない、相手のスピードに合わせてしまう、積極性が無い。
日本の外交と同じような感じのサッカー。
やっぱ国民性が出てるよなぁ。
そりゃあTPPは危ないって言われますよ。


あ、サッカーの話だった。
相手が10人になっても11人と戦ってるかのように引いて守る姿は見ていて歯がゆい思いをしました。
2点を守るサッカーではなく、3点目を取るサッカーを見たかったです。

次はホームで戦いますが、北朝鮮戦のA代表みたいな情けない試合はしないでくれよな。




風の谷のナデシコジャパン

澤 ナウシカ



その者、青き衣をまといて金色の野に降りたつべし。
失われた大地との絆を結び、
ついに人々を清浄の地にみちびかん。




ついになでしこジャパンがやってくれました!
W杯で優勝ですよ!


前半開始早々からガンガン攻め込んでくるアメリカ。
それは織り込み済みの日本だったが、想像以上の押し込みに防戦一方。
ドイツやスウェーデンとは、速さ強さがワンランク違うことが日本の対応を見ても伝わってくる。

ギリギリのところでかわし続ける日本。
ある程度寄せる事も出来ていたので好きなようにシュートを打たせなかったことと、ゴールポストを味方につけたことで前半を0対0で乗り切ることができました。
この0対0というスコアは、日本にとれば上出来の試合運び。
スタミナと速いサッカーに秀でている日本にとって、後半こそ勝負の時間です。

逆にアメリカにとってみれば、この0対0というスコアは喜ばしいものではない。
前半の20分までには点を取るというサッカーをしていたわけですから。
しかしそこであわてるようなアメリカではない。
私たちは強いんだと言わんばかりに後半開始後も押し込んでくる。

ゴリゴリ押し込んでくるアメリカ。
組織的な動きとポジショニングでしのぎ、隙を窺う日本。
やっとアメリカの動きが止まり、日本のパスサッカーが機能してきた矢先の後半24分、アメリカの縦パスが日本のディフェンスラインを引き裂きました。
アメリカのモーガンに2人ついていましたが、中途半端な位置取りで出足が遅れると、モーガンに振りきられ逆方向へ強烈な左足のシュート。
海堀の伸ばした手の先を抜けてゴール左のサイドネットに突き刺さりました。

絶対にやりたくなかった先制点。
重い重い1点がなでしこジャパンにのしかかります。
しかし焦らずにパスを回す日本。
プレッシャーがゆるくなってきたサイドから何度かいい攻撃を繰り出すと、後半36分にその攻撃が実を結びました。
右サイドからのセンタリングに合わせたのは丸山!
しかし相手ディフェンダーに阻まれると、ボールは丸山と競って倒れたアメリカのディフェンダービューラーの前へ。
カバーに来ていたクリーガーへ強いパス。
クリーガーはダイレクトでクリアしようとする。
しかしクリ―ガーは知らない。
クリーガーの後ろから素早く上がっていた宮間の存在を。

クリーガーがボールを蹴った瞬間、そのボールを膝でトラップする宮間が出現。
驚くクリーガーの前で左足を伸ばしてアウトサイドでボールをゴールに蹴りこむ。
同点!
喜ぶ宮間にボールを取りにいくように促す丸山。
ここに「まだ私たちは攻めるんだ!」という気合を感じる。

後半終了。
よく追いついたという感じ。
精神的、肉体的ダメージはアメリカのほうが上。
ここにきてようやく日本のサッカーが機能して、アメリカを脅かすはずでした。

攻めているとき、大きなスペースがゴール前にあっても、そこに飛び込む力が残ってないアメリカのエースワンバック。
ゴール前に立っているだけの彼女にサイドからボールを放り込むアメリカ。
はじき返す日本だったが、セカンドボールが奪えない。
そしてついに延長前半14分、左サイドからゴールライン際に切れ込んだモーガンが、低くて速いクロスをゴール前へ。
その球に、グッと前へ突き出したワンバックの頭が。
2対1。
これがエースストライカーの嗅覚なのか。
このゴールの時だけ、スッと後ろに下がったワンバックの読みにやられた感じ。

選手を鼓舞する澤。
しかし日本の足取りは重い。
延長前半終了。
間違いなく負けを意識する時間帯の失点。
最後の力を振り絞ってくるであろうアメリカを考えると、この1点がやけに遠く感じました。

延長後半開始直後から、ロングボールを前線に入れる日本。
しかしそんな単純な攻撃ではアメリカはびくともしない。
落ち着いてパス回しをするようになったのは延長後半も半ば。
深い位置からゴール前に蹴りこむと、予想外にあわてるアメリカが顔を出し始めました。
もう体力的に限界で、早く終わりたい、早くゴール前からボールをはじきだしたいという気持ちが連携も何もすっ飛ばしている。

アメリカの弱点はメンタルの弱さ。
自分たちが優位な時は、ここぞとばかりに攻撃を繰り出し完膚なきまでに叩きつぶすアメリカは、一転ジリ貧になって攻められると、驚くほどメンタルの弱さを見せる。
陸上競技でも、格闘技でも、チームスポーツでもそういう極端なモロさを何度も見てきた。
それがこの延長後半で出た。

クリアしようと、お互いの足を蹴り合い仲間同士でぶつかる。
そんなバタバタした中でコーナーキックを獲得する日本。
直前のプレーでキーパーが負傷し、ピッチ内で治療が行われている最中、得点のための作戦が澤と宮間で取り交わされていた。

延長後半12分。
宮間のセンタリングはニアサイドへ低く早い球。
走りこんだのは澤!
そう、あのメキシコ戦でハットトリックを決めた時と同じ動き。
右足のアウトサイドでそらしたボールは、ワンバックに当たりコースが変わってアメリカGKソロの上へ!
再び同点!

驚異の粘り。
すごいな澤は。
攻守ともによく顔を出して、よく走り、プレッシャーのきつい試合でかなり消耗しているだろうに、相手ディフェンダーを置き去りにしてシュート。
感動するわ。


岩清水がゴールエリア前で一発レッドというおかしなジャッジを受けたものの、そのピンチを乗り越え試合は同点のままPK戦にもつれ込む。

先に蹴るのはアメリカ。
1番手はボックス。
しかし先ほども言ったように、メンタルの弱さを見せ始め、疲労で抑えの利かないアメリカ相手なら、じゅうぶん勝ちはあると思っていました。

ボックスのシュートはゴールやや左の真ん中。
それを読んでいた海堀でしたが、ボールは自分が通り過ぎた場所へ。
しかし残った右足でボールを蹴り出す海堀!
PK失敗!

PKとは面白いもので、1番目が失敗するとお互いに緊張感が走り、失敗の連鎖が続くものです。
なので日本の一番手の宮間が非常に重要な役割を担っていました。
ここで成功するのと失敗するのでは雲泥の差です。

トコトコトコと歩いていく宮間。
我慢できずに動き出すGKソロ。
ガンバ遠藤よろしく、動いた反対方向にチョコン。
あざ笑うかのようにゴール左にゆっくりと吸い込まれていくボール。
こうなるとアメリカの選手は「もう外せない」「もっと速く」「もっと隅へ」と考えます。
案の定2人目、3人目と連続で外すアメリカ。

ここで決めれば優勝という大事な場面のキッカーは、札幌出身の熊谷。
ラインより前に出てプレッシャーをかけ、タイミングをずらそうとするソロ。
一度上を見て深呼吸をする熊谷。
ゆっくりと走りだして蹴りこんだボールはGKソロの手が届かないゴール右上にズドン。

日本、女子ワールドカップ優勝!


ついに歓喜の瞬間。
こんなシーンが見られるとは。

なでしこ杯1


なでしこ杯2


おめでとう!なでしこジャパン!




なでしこジャパンの快進撃!

 
 
 
なでしこジャパンが決勝進出!

しかも相手はアメリカですよ。
相手にとって不足なしですね。


今日のスウェーデンとの試合は安心して見ていられました。
というのも相手の疲労が完全に抜けておらず、寄せが遅くてパスを簡単に回せたからです。
そして直前のドイツ戦が非常に生きました。
ドイツの速いプレッシャーに比べたら、疲労がたまってて動きの鈍いスウェーデンは怖くない。
最初はパスサッカーを身上とする日本の攻撃で疲労させられるのが嫌だからセーブしているのかと思いきや、それがスウェーデンのポテンシャルだとわかった時に、勝てるかもと思いましたね。

そして先に点を取られたのも大きかったかなと思います。
先に点を取られて、より攻撃的になった日本と、先に点を取ったことで疲労感が目の前に現れ、多少引いたサッカーになってしまったスウェーデンの気持ちの差が出たかなと。



それにしても、この女子サッカーというのは男子よりも過酷ですねぇ。
女性の運動能力は男性の9割から8割と言われています。
しかし女子サッカーは男子と全く同じ条件でやっています。

これを男子のサッカーで考えると、普通のピッチより広い球場でゴールマウスも広く、時間も45分ハーフが1時間ハーフぐらいの感じでしょう。
これはそうとう過酷ですよ。
しかし忘れちゃいけないのは、反射神経は男子とそう変わらないということ。
ボールを扱う速度も男子と比べると遅いのですが、反射速度は変わらないので、しっかりボールを扱わないと男子より取られる可能性が上がります。
要するにしっかりした技術が無いと、トラッピングを少しミスしただけでかっさらわれる事が多々あるということです。

そしてなによりここ最近の女子サッカーは、これも世界の流れなのかフィジカルコンタクトに対してゆるくなりました。
昔はちょっと手を使えばピー、ちょっと当たって倒れればピー、スローイングでラインをちょっとでも踏めばピー、リスタートの位置が少し前でもピーという具合に、ま~ピッピピッピ笛が鳴り試合の流れが悪くてしょうがなかったのですが、いまや男子よりも悪質な腕で押す行為で倒れても笛は簡単に吹かなくなりました。
そのため体の小さな日本は苦戦するのですが、そのかわりに女性版FCバルセロナと世界から言われるくらいの速いパスサッカーを手に入れました。

男子よりも圧倒的に過酷な環境が日本のサッカーを変えたんだと思います。



さぁ決勝の相手は世界ランク1位のアメリカ。
速くて高くて強い相手になでしこジャパンがどう立ち向かうのか。
運命の一戦です。




サッカー日本代表がアジア杯優勝!そして多いよ。

 
 
 
日本、アジア杯優勝!
これでアジア杯最多優勝国となりました~!


決勝の相手は天敵とまで言われたオーストラリア。
日本のスペースを潰して前線に一本の縦パスで競り勝ち、セカンドボールを拾ってゴールという戦い方がみえみえのチーム。
そんなおもしろくないサッカーをするチームになんか負けてたまるか!
などという気持ちを持ちながら、いざ観戦。

案の定ロングボールで攻めてくるオーストラリア。
しかしフィジカルでガツガツと予想していたが意外と来ない。
これはラッキーと思ったが日本も予想以上に行かない。
前半の20分ぐらいはオーストラリアのペース。
残りは日本のペースといった感じで、これといったものも無く前半が終了。

たしかに香川が抜けたとはいえ、選手はもう少し裏に飛び出す動きとか、スペースに走りこむ動きを見せてオーストラリアディフェンスを混乱させてほしかった。
さて後半はどういう采配を見せてくれるのかと期待して見ていたら、後半開始してすぐの11分に香川の代わりに出場していたMF藤本を下げ、DF岩政を投入。

ええっ!なんじゃそら!
たしかに岩政は空中戦が強いので、高いボールを放ってくるオーストラリアの対策にはなるがDF5枚ってどうすんだと思っていたら、長友が左の前目に位置し、今野が左サイドバックに入った。
まぁどうしてもオーストラリアのFWは空中戦に強いので、ゴールエリア付近で味方DFが競り合うと、こぼれ球をケアするためにサイドの内田・長友が真ん中に引っぱられることがたびたびあった。
そしてそこに空いたスペースを使われ、走りこんできた選手に高いクロスボールを上げられるという場面が多々あった。
しかし韓国戦で伊野波を入れた時みたいに守備意識が強くなりすぎるのではないかという懸念があったのですが、フタを空けてみれば何のことはない。
完全にオーストラリアのサイド攻撃が沈黙。
スタミナも切れてきたオーストラリアは縦パス一本の単調な攻撃になってしまいました。
オーストラリアの良さを完全に消してしまったザッケローニの采配は、動きまくった長友の献身的プレー、そしてディフェンスの守備位置ならどこでもこなす、今ちゃんの能力の高さが生んだものでしょう。

川島の片足スーパーセーブやら岡崎の惜しいヘディングなどがありましたが、2試合続けての延長となってしまいます。
日本は完全に足が止まってきたオーストラリアディフェンスの間を抜くプレーがいくつか出たのですが、横からのボールに強いFW前田は悲しいかな足がとにかく遅い。
パスを供給する本田も、フィジカルはめっぽう強いがこれまた足が遅い。
本田をおとりに使って意外とフリーにさせてくれる遠藤からキラーパス一本という選択肢が見える状況で足の使えるFWが入ればと思っていたら延長前半8分、ザッケローニが前田に代えて李を投入。
キタ!分かってるじゃんザック~。李!足でかき回せ!
と思っていたらDFが集中力を欠いたプレーで2度失点のピンチ。
集中しろこんにゃろぅと言っていたら李の良いところが出る間もなく前半終了。
じゃっかん嫌な感じがありました。

しかし、この試合最大のクライマックスは延長の後半に待っていました。
左サイドでボールを受けた長友は、深いきり返しで相手DFを簡単に外すと、ファーサイドへ速くて低いクロスを入れる。
それを見つめるオーストラリアのDF数人とGK。
オーストラリア選手がボールの先にみたものはど・ど・ど・ど・どフリーで待ち構える李忠成でした。
どこを守っているのか分からないオーストラリアDFの目の前でパチンと、点で合わせるキックでキレイにパチンと蹴るとボールはゴール左サイド隅に吸い込まれていきました。

歓喜

ぬぅわ~~!!と言って立ち上がった私は、こたつの布団に足を取られながら隣の寝室で寝ていた嫁さんに報告。
眠そうな目でゆっくりと拍手をした嫁さんは、私とハイタッチ(いや、寝ているからロータッチかな)をしました。
夜中の3時に。

びゅ~てぃふぉ~、わんだほ~、あめいじんぐゴ~ル。
李は片膝をつくと空に向かって矢を射るポーズ。
そう、これは広島で有名な毛利元就の矢です。
日本代表が一丸となって奪ったゴールという意味でしょう。
体力的にも精神的にもズタボロになったオーストラリアに、もはや反撃の力は残っていませんでした。


長い笛の音が鳴り響くと同時に喜びを爆発させる日本代表選手たち。
ザッケローニの采配がずばり当たった試合でした。


最後は表彰式。
キャプテン長谷部が巨大なカップを掲げると金の紙吹雪が舞いあがる。
そしてクイーンのWe Are The Championが会場に流れる。
うぃ~あざちゃんぴょ~ん♪
さすがオイルマネーの国、紙吹雪の量がすごい。
巨大送風機でゴーゴーと舞い上がる金の紙吹雪。

キラキラしててすごいキレイ。

それにしてもすごい量。

おお、観客席の方にもあるのか。


ああ、長い紙テープもあるんだね。
ファイターズが勝ったときに出るやつだ。
へえぇ



すごいねぇ~




うん…





……






多くね?なんか。

なんかすごいムダに多くない?
ピッチが半分金色になってるし。

お、と思っていたら今度は花火だ。


競技場の屋根から噴き出したかと思ったら打ち上げまでやるんだね。



おお、空撮で見ると競技場のそばのいろんなところから打ち上げられているんだね。




すごいなぁ、ヘタなオリンピックのセレモニーより打ち上げられてるよ。





いやぁすごいねぇ。






……。






だから多くないかいって言ってるだろ!

どんだけ花火打ち上げるんだよ。
かれこれ2~3分はやってるぞ。
ほら~、ピッチ上が煙で真っ白だよ。
あきらかに日本の優勝はもうどうでもよくなっているよね。
やりすぎ。



なにはともあれ優勝してくれて良かった!
遅くまで起きてたかいがあったわ。
ありがとう!




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10