拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

本気のメンドーサで4連勝

 
170818.jpg



4連勝です。



連勝中同士の戦いでしたが、かたや3位から逆転首位まで目指しているライオンズの連勝と、最下位争いでなんとか拾った久々の連勝。
内容が違うなんて言われてましたが・・・勝ちました。


まず先発のメンドーサですが、この試合はそこそこコントロールもよく、浅い回はフライアウトが多かったんですが、中盤からゴロアウトも取れだして流れに乗っていきました。
この好投は市川のリードも大きかったかと思います。
右バッターのインコースに食い込む2シームと、タイミングをずらすチェンジアップを中心にライオンズ打線は的を絞ってきていましたが、この日はスライダーが多く、それが効果的に使われていたため、ライオンズ打線が困惑したというのもあると思います。
市川の配球の上手さもあるんですが、今まで大野が2シームというのを相手打線に植え付けてきたからこそ効いた配球だったのかなと。
2人であわせ技一本という感じですかね。

まぁこの登板の前に中継ぎに回され、2軍に落とされ、下でボッコボコにされてすぐのマウンド。
新しい子供も出来て家族が今シーズン最後の観戦となれば燃える要素はふんだんにあったということでしょうか。
ただ、この試合だけで終わってしまうと来年の契約は難しいと思いますから、次以降の試合でも『俺は長いイニング投げるタイプだから』とかヘラヘラしないでしっかり投げて、家族を安心させるようがんばってほしいものです。


さて打線の方は、初回から大谷がタイムリーを放ち先制するいい流れ。
しかし、3回のチャンスでは、大谷を警戒して敬遠気味の4球で歩かされたのを目の前で見たからなのか、気合が入りすぎた中田は、高めカーブすっぽぬけという絶好のホームランボールを力みすぎてキャッチャーフライ。
スタンド中段まで運ぶほど振らなくていいから、しっかり当ててほしかった。
しかし、この失敗があっても次の打席のようなことがあるから強く言えない。


6回裏。
地面につきそうなインローのスライダーを、大谷が両足をズルっと後ろに下げて先っぽで拾い振り抜くと、ボールはライト線の深いところまで飛んで行くという変態打ちを見せる。
なんじゃそらというバッティング。
切れないし飛んでるし。
日本シリーズのサヨナラタイムリー思い出す2ベースでした。

ここでバッターは中田。
ストレート2球続けられ、3球目もストレート。
普通の4番にする配球じゃないが、速いストレートに合わせられない今の中田なら通用すると思われたのかな。
高めに抜けたストレートを思いっきり引っぱたくと、打球は左中間中段へ飛び込む2ランホームラン。3対0。
まぁ野上自体はストレートがスゴい速いわけじゃないし、高めだし連続だしというのが重なったホームランですが、こういう豪快なのを見ちゃうと『また見たいなぁ』と思ってしまいますね。
でももうちょっと楽に振ってほしいかな。


結果的に無失点リレーで4連勝。
調子の良さを上位相手にも見せることが出来ました。
ただここから大連勝しろ!とか、CS目指せ!とかは言わないんで、ただただ若手のための試合にするのではなく、しっかり緊張感を持ってファンのために自分の仕事をこなしてほしいですね。



スポンサーサイト

何とも言えないサヨナラで3連勝

 
170817.jpg



とにかく3連勝です。



前回登板で、コントロールが上手くいかなかった加藤にアウトコースを要求しまくって自滅したバッテリーが、どういう形で望むのか期待していたのですが、ピンチになるとどうしてもアウトコースが多くなってしまうリードは変わらず。
苦しい立ち上がりとなってしまいました。


2回裏。
レアードのショートゴロを平沢が送球をそらしてしまい、それを三木が取れずレアードはドスドスと走って2塁へ。
敵とはいえ、こういうプレーはいただけない。

このチャンスを賢介が活かして右中間へ同点タイムリー。1対1。
その後に満塁となり、打席には西川。
インコース甘めのスライダーを振り抜くと、打球はライトスタンドへ。
グランドスラム。5対1。
相手のミスから4球も絡めて5点を奪い、試合の流れを掴みます。
5回裏、レアードのホームランで6対1とし、完全に試合はファイターズ・・・と思われたのですが・・・


6回表。
スタミナ切れを起こした加藤が、2アウトランナー1・2塁で降板すると、マウンドに上ったのは田中。
田村にレフトスタンドへ飛び込む3ランを打たれてしまう。
まぁ今の田中ならしょうがないと思える被弾。
良い時は抑えるけど、悪い時はからっきしというピッチングですから、安定感を求められる勝ちパターンの投手にはまだまだ時間がかかりそうですね。

7回表。
なぜか1点差という状況で堀が登板。
次の日に落とすことは決めていたので、この試合の何処かで投げさせることは決めていたと監督は言うのだけど、えらい勝負に出たなぁと思って見てました。
そしたら2被弾で逆転。
まぁしょうがないわなという結果ですね。
勢いで行けた今までの登板と違い、1点差の緊迫する場面で投げましたから。
あの5回までの楽勝ムードはまったく無く、重苦しい空気が球場を包んでいたのですが、やはりと言うべきか、あの男がその空気を一変させました。


7回裏。
先頭は大谷。
南のインローに抜けたストレートを振り抜く大谷。
うわっ!と交通事故を見たときのような叫び声が思わず出るくらい強烈な同点ホームラン。
スゴいというか怖いというか。
これで一気に試合がわからなくなりました。





11回裏。
引き分けが少し見えてきた場面で打席には代打ドレイク。
なんてことないショートゴロを三木が高めに送球してしまい、1塁根本の足がベースから離れセーフとなりました。
送球もちょっと悪かったんですが、やはりファーストは大きな人がやるものというのを感じましたね。
根本の身長があと10センチ大きかったら、このセーフは無かったかもしれないので。
そして、しっかり走ればこういうラッキーなことがあるっていうのも感じました。

中島バントで送って西川は4球。
ここでバッターは松本。
1ボールから2球目を松永が投げるかと思われたのですが、2塁に牽制球。
代走で出ていた岡は素早く戻る。
すると牽制球はカバーに入った三木のグラブをすり抜け外野へ。
急いで3塁に向かう岡。
次の瞬間目に飛び込んできたのは、横っ飛びして差し出した荻野のグラブの先を、無情にもすり抜けてフェンスまで転がっていくボールでした。
想像もしないサヨナラ勝ち。
うれしいのですが、何とも言えない結末でした。


ウチは大田がクッションボールをベアハンドキャッチしてランナーを2塁で刺したり、西川が背走キャッチを2度見せたりして守備で踏ん張りましたが、マリーンズは守備で崩れてしまいました。
最後の場面も、まず牽制はいらないと思うんですよね。
岡は足からゆうゆう戻ってるわけですから、リスクしかない牽制だったし、三木はいくら引っかけたボールだったとしてもそらしちゃダメ。
前進守備というのと、三木のグラブに当たったことでコースが変わり、荻野が間に合わなかったのは不運でした。
今年はウチに似たマリーンズも応援してますからちょっと辛口になりましたけど、お互いここから少しでもファンが喜べる試合をしていければいいなと思ってます。


なんにせよ3連勝。
この勢いをしっかり活かしてライオンズ戦に臨んでほしいですね。





牽制がそれた時に岩ちゃんが『こういうこと・・・おぉ~~ほっ!』ていうのは何度聞いても笑ってしまう。




お盆休み





久々の更新。
ホークス戦連敗というのもあるんだけど、お盆は仕事が忙しく、親戚や同級生が帰ってきてるので飲んだりして書くのが面倒になったというのもあります。
しかし、ここに来てやっと連勝。
書かなきゃいけないでしょ。



まずホークスの3連戦で気になったこと。


上沢かわいそう。
しかし、こんなにしっかりした形で復活してくれるとは思わなかった。
ケガしてるときの筋トレとかフォームの見直しとかが良い方向に出たんですかね。


上原はこれから。
この2戦目のように、コントロール重視のピッチングでは上原の良さが出づらい。
高い低い、右か左、どちらかのストライクゾーンにしっかり投げられるようになれば戦える気がする。
角を狙ってとかまだまだ先でいい。


村田も上原と同じ。
細かいコントロールは無く、とにかくどれもちょこちょこ動くボールを持っているのにコーナーを狙ったりするのは合ってない。
まぁ大野と組んだというのが大きいのだろうけど、テンポの良い投球なのだから、もっとストライクゾーンで勝負してほしかった。


マーティンのボークはクソ。
マーティンがというのではなく、ボークの基準がってこと。
このブログで散々言ってきてるけど、日本のボークは厳しすぎる。
それこそ国際化が謳われて、ボールが変わったりジャッジが変わったりしてきてるのに、未だにボークは日本式。
何が国際化だと思う。
さっさと変えるべき。


そして、ホークス戦3試合通して感じるのは、確実に打線の調子が上がってるということ。
まだ大谷や中田は速いストレートに苦しんでるけど、一時に比べれば遥かにマシ。
やっと戦える状態になってきたなというのがホークス戦でした。


さて昨日の試合。

最下位争いのライバルであるマリーンズとの試合ですが、もう今年はマリーンズに親近感すら湧いているので、お互い良いところが見られればいいななんて目線で試合を見てました。
そしたらスタンリッジが大乱調。
審判の低めが辛いこともあって、4球の連発には敵ながらタメ息が出ました。
そしてそのチャンスを決めきれないファイターズ打線にもタメ息。
まぁ最下位争いって感じの序盤でした。

ウチの先発の有原はどうかと言うと、まずまずのピッチング。
相手の打線に助けられてる場面が多いけど、粘りは出ていたかなと思います。
でも理想の有原にはまだまだなので、これからの変化に期待です。


チャンスで決めきれない選手が多い中、大谷が期待に応えてくれました。
3安打2打点の大活躍。
ただ『やっぱ大谷頼みのチームだな』って言われるのは悔しいので、他の選手もチャンスでがんばれ。



もう順位もうっすら見えてきたところでチームの復調。
遅いよというのもあるけど、ちょっとおもしろいなというのもあります。
どれだけ上位をいじめられるのか。
上位いじめができるようであれば、来シーズンに期待が持てますからね。
気楽に見ていきましょう。




お盆はいそがしい

 



お盆なので親戚が集まりワイワイやってました。
なので帰ってきてから録画したものを飛ばし飛ばし見ていたのですが、延長のため最後が入ってない・・・
ということで簡単に。


加藤はよくなかったんですけど、加藤の投げる球より気になったのは大野との相性ですね。
右バッターのインコースにズバッと投げる加藤というのがファンの頭にある加藤だと思うんですが、外に頼る大野とは合わなかったなという感じ。
左に相性の悪い加藤ですから、右バッターをしっかり抑えたいのだけど、アウトコースのきわどいところを狙ってボール先行し自滅というのがこの日のピッチングでした。
まぁアウトコースギリギリにしっかり投げられるなら、左のインコースにもしっかり投げられる技術はあるわけで、だったら苦労してないんですよね。
怖くても右のインコースをもっと使うべきじゃなかったのかな。


ドレイクの守備はやはり怖くて見ていられない。
判断が遅く、風の影響も考えておらず、後逸するという最悪のプレーを見てしまうと、どうしても使いたいとはならない。
森山の怖い守備がなんとかなるのが先か、ドレイクの怖い守備がなんとかなるのが先かという感じ。
素材はおもしろいんだけどねぇ。


松本が近藤化してきてますね。
ムダなボール球を振らないし、ボール球を追っかけることが少ない。
これがもし本物なら、かなりおもしろい存在になると思います。
でもまぁ、そんな大きな期待しないで見守ったほうがいいかな。


サヨナラ負けだったんですね。
見れなくてよかったような。
あ~、勝ってくれなきゃモチベーションが・・・
お盆はいろいろ忙しいから書くの休もうかな。
はぁ~~・・・・・・




モチベーションが上がらない





有原がガンガーンと打たれて大量失点したところで、メモを取るのを止めてダラダラ試合観戦。
まさか1点差まで迫ると思っていなかったので、もういちど見直して書き直そうかなと思ったけど、けっきょく負けたんで止めました。
なので気になったことだけ。



有原は相変わらずですね。
球が高い上に勝負を急ぐので、早打ちでくる相手にいいようにやられてしまいました。
修正された感じも見られなかったし、今年は調整のために終わりそう。
というか復活してくれる・・・よね?


ドレイクは代打で結果出してスタメンで使ってもらったのに、ヒットが出ずに守備でも不安なところが出てしまいました。
守備からリズムを作るファイターズで守備がダメっていうのはちょっとなぁ。


堀が1軍デビュー。
腕を上手く使ったフォームからテンポよく投げ込むことで、審判も味方につけて三者凡退。
コントロールがそこまでよくなくても、気持ちでなんとかなっちゃったという感じ。
まずは良かったんじゃないでしょうか。


西川のポップフライが目立ちますね。
チャンスでこれやられるとガッカリする。
球界でも1・2を争う1番バッターなんですが、三振が多いこともあって、いやらしいバッターというよりも、キレイさが目立つバッターって感じですね。
打つヒットはすごくキレイなんだけど、泥臭い感じがあまりしない。
もう少し食らいつく感じが出てきたら、首位打者も夢じゃないと思うんですがねぇ。


勝つところが見たい。
マジで書く気力のためにも。
勝ってくれ~。



プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08