拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

簡単に

 



昨日は食事しに行ったあと飲んでたので、今録画を見ました。
なので軽く。


まったく抵抗できずに負けまくってたころと違って、今はある程度反撃できてますね。
ただ3・4番が6・7番くらいのバッティングしてるから困ったもの。
ここっていうところで働いてこそクリーンアップなんで、もうちょっとがんばってもらわないと。


岡のバッティングが良くなってきました。
こうなると松本も好調なんで、起用が難しい。
誰か内野できないのかねぇ。


なんとなくドレイクが見えてきた感じ。
ああいう逆方向に狙いすましたバッティングしてくれると助かる。
しかしどこで使うんだという話。


とりあえずこんなもの。
勝ってくれよ。



スポンサーサイト

サヨナラで連敗脱出


20170720.jpg



いやぁ勝ったねぇ。


最近の試合を観ていて、特にイーグルス戦やホークス戦で思うのだけれど、相手ピッチャーがストレスをあまり感じてないように見えます。
多少の失点はしても打線が取り返してくれるという安心感と、ファイターズ打線の不甲斐なさもあってノビノビ投げてるんじゃないかと。
なんでそんなことを書くかというと、今日の相手先発塩見ですが、スゴいストレート持ってるわけでもないし、三振が取れる変化球を持ってるわけでもない。
左右を広く使うコントロールの良さで打ち取っていくタイプの投手です。
こういうタイプの投手を相手にする場合、失投が少ないですから、どうやってプレッシャーかけて投げづらくするかだと思います。
しかし、打線がへなちょこだからそのプレッシャーがかからない。
ストレスを与えられる場面が作れないからここが勝負という場面で投げミスがなかなか出ない。
結果淡々と抑えられるとなるわけですよね。

じゃあウチの先発吉田はどうかというと、もう投げるだけで精一杯。
ドキドキしながら投げてて、決めるところで決めきれずにピンチを作りまくる。
こっちは見ている間ずっと眉間にシワが寄ってしまう。
俺はタメ息を吐くために野球を見てるのかと思ってしまうくらい。
最近では上沢以外こんな感じですもんね。
決めるべきところで投げミスの少ない投手が勝てる投手になるんですよ。

しかし、この吉田が自分でピンチを作るのだけれど、自分でピンチをしのいじゃう、すごい不思議な投球を見せるんですよね。
マッチポンプ吉田ですよ。
褒めたいけど褒めたくない、なんとも言えない投球だったなぁ。


普通はピンチの後にチャンスありとなるんですが、こういう吉田みたいなピンチのしのぎ方はなかなか流れが来ない。
ピンチを切り抜けると『よっしゃ~!これで流れが来るかも!』ってなるから球場の熱が上がるんですけど、こういう一人相撲のピンチの切り抜け方って『ふぅ、ピンチだったけどなんとか切り抜けた・・・』っていう空気が球場を包んじゃうから落ち着いちゃうんですよね。
球場の熱気を上げるようなプレーが出ないかなと思っていた矢先の6回に、谷元がガンガーンと打たれて3失点。
なかなか思い通りにはいかないものです。


6回裏の攻撃もまさに無音という感じの攻撃で、ハイハイ今日もまたこのパターンねとあきらめムードが漂う7回。
この回の攻撃は満塁までいって結局無得点だったのですが、球場の熱が上がったのと、初めて相手投手にプレッシャーを与えられたなって思ったんですよね。
それでもまぁ苦しい3点差なのは間違いがなく、このままなのかなと思っていました。
しかし、この攻撃がムダではなかったのです。


8回表に田中がビシっと3人で締めて流れを作ると、その裏でした。
相手投手はハーマンではなく福山。
まぁ連戦だし余裕持ってるし実績重ねてる福山だし、この起用は当然かと思いながら見ていました。
そしたらいきなり先頭松本にストレートの4球。
おやおや?となったところで中田が当たり損ねのセンター返しでチャンスを広げる。
球場の空気が温まってきたところで打席にレアード。
好調とは言えないが、復調気味かもと思っていたので期待して見てました。
2球目のインサイドやや甘めのシュートを振り抜くと、打球はあきらめずに残っていたファイターズファンの待つレフトスタンドへ。
同点3ランホームラン。
久しぶりに立ち上がって叫んじゃいましたよ。

7回に作った球場の空気が、久々登板の福山にプレッシャーを与えた感じ。
やっぱりこういう空気とか流れって大事だなって思いますね。
それにしてもやっぱレアードはインサイドをさばくのが上手いなぁ。





こうなると球場の熱気は簡単に冷めない。

9回表。
増井が登板するが、ストレートは質・コントロール共にバツグンなんだけど、フォークがからっきしという難しい状況で、ウィーラー・銀次をストレートで三振に仕留める好投&好リードでピンチを脱出。

10回表はマーティンがランナーを出すものの、三好のバントを1-6-3のゲッツーに仕留め、さらに球場の熱を上げる。

11回表は宮西がなんとか抑えました。
いつものファイターズならやられていてもおかしくない場面ばかりだったのですが、やはり久々の勝利に向けた球場の熱気というのが後押しした感じがします。
そして、松井を出さないというイーグルス側の余裕ではないんですが、ゲームプランというのもこの11回裏に影響したと思います。

中島が内野安打で出塁すると、西川が1・2塁間を破るライト前ヒットで1アウト1・3塁の大チャンス。
ここでバッターは松本。
スクイズも考えられる場面でどうするのかなと思ってたら、初球インハイのシュートを積極的に打つ松本。
打球はバウンドして、ピッチャー戸村の頭上を超えていく。
セカンド阿部が取った時にはもう中島がホームの目の前に迫っていました。
サヨナラ。
久々の勝利はガマンと熱気と執念の勝利でした。



少しづつ、止まっていた歯車が回り始めた気がします。
全てが連動して動いたときはとんでもないチームになるはずなんですよね。
それを夢見て応援していこうかなって思った試合でした。




近藤さんと一緒にひちょりもゴーン!って言ってるの笑っちゃうんだよなぁ。( ̄▽ ̄)




いつもの





書くのめんどくさいなぁ。
ちょっと短めに。


上沢は良かったです。
バツグンではなかったけど。
バツグンではないけど、それなりに抑えられる投手って、今ウチにそんなにいませんからね。
あのワイルドピッチはちょっと気負いすぎた感じでもったいなかったですが、次も期待できると思います。


石井は握り直して間に合わないっていうのがありますね。
送球ミスがトラウマになってしまったのかもしれませんが、ゲッツー取れないようでは困ります。
打てない守れないでは居る場所も無くなりますよ。


レアードは絶不調と前回書いたんですが、なんか見逃し方が良くなってきてる気がしました。
気のせいかもしれませんが、ちょっと見守りたいと思います。


とにかく打てない。
どうしますかね。
今のままでいいことはないけど、打順変えてどうなるって感じもするし。
やるんなら大きく動いてほしいなぁ。
入れ替えも含めて。




函館開催

 
20170718.jpg



年一の函館開催。
戦えるチームの試合は見せられませんでしたね。


先発は有原。
最終的に打たれたんですが、今日は良いピッチングだったと思います。
いつものようにエンジンがかかるまで3イニングかかるのは考えものですが、それでも勝負できる球を投げてましたよ。


問題は打者陣でしょ。
中田・レアード・大谷・ドレイクという3・4・5・6の並びなんですが、ここから得点の匂いがしないっていうのがなんともね。
それでも今日の中田は結果を残しました。
オールスター前から打撃が少し変わった気がするので期待してたんですけど、イメージとは違う形で期待に応えてくれました。
私の中ではもっと振り回しながらも当てる中田をイメージしていたのですが、合わせるバッティングでした。
まぁ何がきっかけで復調するかわからないので、これでもいいのかなと思いますね。


レアードもホームラン打ちましたけど、あれ札幌ドームならセンターフライでしょうね。
しょうじき絶不調と言えるかもしれません。
ただ、今日のホームランで、あっち打っても入るんだなって思ってくれれば好転する気がするのですが・・・
どうなるかなぁ。


そんで大谷ですよ。
これがもう気配も何もなしっていう感じ。
まぁ調整でしょって言われてもしょうがないくらい。
ストレートに詰まるし変化球に出されるし。
まだかかりそうですね。


そして問題のドレイクですよ。
使う理由が見つからない。
まず打撃がダメ。
先発辛島のインコースを飛んで避けてる時点で見えてないなっていうのが伝わってくる。
そうなると外が遠くなるから手が出ない。
ノーチャンスでした。
途中加入だからしょうがないじゃないと言われるかもしれませんが、途中加入の助っ人なんて打たなきゃ生き残れませんからねぇ。
何のために途中加入させたかと言えば、即戦力として期待するからです。
慣れるまでガマンなんて余裕こくぐらいなら最初から取らない。
慣れるまでガマンしても、その頃には相手に研究されてますから、さらに活躍は難しい。
このベンチのガマンにいまのファイターズファンがガマンできるかのほうが心配ですよ。

そして最大の問題は打撃じゃなくて守備。
突っ込んでも取れないし、突っ込んでほしいところで突っ込まない。
守備からリズムを作るファイターズですから、守備でリズムを崩すドレイクはどうなのかと思ってしまいます。
打ってれば守備にも多少目をつぶれるけど、打ってないからなぁ。
DHしか使い所がない状態だけど、そのDHは大谷の席ですからねぇ。
岡の状態がいいだけに、大田がベンチを温めているだけに、なんでドレイクなの?と思ってしまいます。


しょうじき今年のケガ人だとか、不調な選手の多さ考えたら、球団は栗山監督の続投を要請するだろうし、問題ないと思ってます。
やっぱり強いチームというのは長期政権が当たり前だし、監督が思い描いているものはある程度理解できるので。
だけど、こういう見ていてもおもしろくもなんともない試合が続いちゃうと、外野の声も大きくなるからそれが難しくなっちゃうんじゃないかって心配してるんですよね。
もし栗山監督が退任なんていうことになれば、人の動きもかなりありそうなのでそれも怖いし。

応援したくなる試合をね、もう少し。
お願いします。




気後れ

 



まぁホントならこのブログの性質上、采配批判をしなきゃいけないんでしょうが、もうファイターズファンのあらゆるブログが怒りや悲しみで包まれてるんで、そこにあえて乗っかっていって怒るのも自分らしくないのかななんて考えたり。
なんか複雑な気持ちですね。
でもまぁ思ったことは書かなきゃなんのためにブログやってるんだってことになるんで書きますけどね。
ま、冷静にいきます。


まず触れなきゃならないのが大谷の登板ですよね。
しょうじき先発は早いと思うんですが、昨日大谷先発と聞いたときに、中田1番を思い出したんですよね。
これは監督のメッセージだなと。
だって球数制限するのは目に見えてることだし、それなら中継ぎ登板でもいいのにあえて先発なわけでしょ。
そうかそうかと。
まぁ好きにしたらいいよと思ったんですよね。

で今日ですが、まぁ思った通りの結果ですよね。
1軍で投げないとわからないことがあると監督は言っていたのですが、だったらせめて80球くらい投げられるようになってから登板したら良かったのにとどうしても思ってしまう。
30球くらいを目処にとなると、何か掴む前に終わっちゃいますからね。
調整するんなら下でやったらいいんですよ。

ただ、この大谷の登板に『他にまともな先発がいないから』って言うファンがいるんですが、それはどうなのって思っちゃいますね。
大谷を擁護するのに同じファイターズの選手を蔑んで擁護するのはファンとしてどうなのって。
30球以上投げられて、先発として登板できる投手は下にいますよ。
というかはよ石川を先発に回せよ。


さて、ここから明るい話題を拾っていきましょうか。
まず岡の復調ですね。
迷いが無くなったというか、しっかり振れるようになってきました。
打撃、守備、どう考えてもドレイクスタメンで使うより岡スタメンですね、今の状況だと。
岡が戻ってきたら、なにも起こらない下位打線がマシになります。

あと中島が地味に復調してる感じがします。
まだまだでしょうが、粘りと低い打球が出るようになりましたから、ちょっと期待して見たいと思います。


そして今日の試合でいちばん感動したのは西川の働きです。
この試合も序盤で重たい空気になってしまったのですが、西川が12球粘って4球奪って盗塁を決めて、まだまだ戦うぞ!とチームに喝を入れてる感じが良かったなぁ。
それが得点にも繋がりましたしね。
ただ途中交代がねぇ。
大丈夫でしょうか。


まぁここからオールスター明けまで間があるんで、チームの再編を期待したいと思います。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07