拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

初回でガッカリ&ヘルニア


170625.jpg




初回の3失点はガッカリしましたね。
相手が岸だからという理由でガッカリじゃなくて、失点内容がひどすぎたからなんですが。
4球・ヒット・送球ミス・タイムリー・ワイルドピッチ・犠牲フライ。
ミスミスミスのオンパレード。
単純なミスだけでなく、配球のミスまで飛び出してましたからガッカリも大きかったです。
バッテリーがダメダメでした。

ただ、浦野は3回からしっかりしたピッチングになったんですよね。
イーグルス打線は、高めに来る甘いストレートは確実に手を出して、低めに来る球は捨てるという作戦でした。
浦野のストレートが浮き気味というのを考えての作戦でしょう。
それで初回苦しむんですけど、3回以降は低めに集まるようになったので、捨てられていたフォークにも手を出してくれるようになり、しっかり抑えられていました。
5回途中で代えられてしまい、もうちょっと投げさせればいいのにとも思いましたが、4回に岡島へのインローストレートが完ぺきに弾き返されたんですよね。
それを見てスタミナが切れてきたのかなとも思いました。
キレが無くなったというか。
初回にかなりスタミナ使ったでしょうから。
なので途中交代もやむなしという感じですかね。
でも次の登板が楽しみにもなりました。


相手の岸はそこまでいい状態じゃなかったのでチャンスはあったはずなんですよね。
だけど打線がどうにもならない。
まず2番の中島が何をしたいのかイマイチわからない打撃をして流れを切り、石井・清水・大累という何も起こる気配のない7・8・9が勢いを殺す。
岸が調子悪くても、それ以上にファイターズの打線が悪いっていう。
まぁ負けるべくして負けてますわね。



さて、近藤が手術を決意というニュースが出てますね。
復帰に3ヶ月とか。
しょうじき信じられません。

椎間板ヘルニアの場合、まず保存療法をやって、それでダメなら手術なんですよね。
歩行困難とかあれば手術でしょうけど、モモに違和感だけでするかな?という疑問があります。
しかも復帰に3ヶ月っていうのもね。
今は手術といっても大きく切ってというものだけじゃなく、針を刺して椎間板焼くとか、ワイヤーでグリグリっと取り出すとか、ワイヤーで飛び出したところを切除して取り出すとか、大きく切らなくてもいいものがあるんですよね。
そうなると復帰にそこまで時間かからないと思うんですがねぇ。
それこそ切ったら3ヶ月どころじゃない気がするし。
まぁ素人がウダウダ考えてもしょうがないんで推移を見守るしかないんですが、軽いものであることを祈るばかりですね。




スポンサーサイト

点数のわりには&中田ジャンプ


20170624.jpg



結果的に延長で1対2の負け。
少ない点数のわりにはという試合かな。


有原が前回のスワローズ戦で見せたピッチングが本物なのかどうか気にして観ていたのですが、抑えはしたものの、しょうじき期待ほどではありませんでした。
初回から球が高く、フォークの抜けを被弾。
全体的に低めに集めるよう修正するのに5回までかかってました。
これじゃちょっと遅すぎる。
いくらなんでも3回までには修正してくれないと。
ただ以前ほどベルト付近の中途半端な球は減ったのでポテンシャルで抑えられましたけど、本来ならもっと楽に抑えられるはず。
次に期待したいと思います。


延長で玉井が被弾するんですが、しょうじき谷元の回またぎだと思ったんですよね。
相手は3番からの力がいる打順。
球に力はあるけど決め球の無い玉井が抑えるのは大変。
結果は不安視していたことが現実になるんですが、これに関してはベンチを責める気にも玉井を責める気にもならないんですよね。
ベンチが玉井に期待したい気持もまぁわかるし、玉井もできることを懸命にやった結果なんで。
ただ、現実は負け投手であり、まだまだ信頼を得るには時間がかかるのも事実。
これを次にどう活かすかですね。


それにしても9安打して4球4つもらって1点は情けない。
さらにスーパーキャッチがいくつも飛び出したんで勝たなきゃいけない試合だったんですよね。
打順と使う選手をもっと考えたほうがいいんじゃないのって思っちゃいますね。


そういえば『中田ジャンプ』をやってましたね。
なんで今なのかさっぱりわかりませんが、聞いた感じは微妙ですね。
なんかバラエティ番組をDVDやBDにするときに、権利関係があってありもののBGMが使えないんだけど、その空気は出したいからということで、そっくりだけどちょっと違うBGMを入れてたりするでしょ。
なんかあんな微妙な感じ。

昔、カセットテープで『アニメ主題歌大全集』みたいなのがけっこうあって、その中のマジンガーZ聞いてみると『水木一郎じゃない!』ってなったあの感じ。
40代以上じゃないとわからないけど。


私的には栗山監督じゃないですが、こうだったらいいなっていう想像がありました。
それは中田が誰からも認められる4番となったときに、稲葉ジャンプを中田ジャンプにしてファンが称えるっていうものだったんですよね。
稲葉と中田の繋がり。
ファイターズファンの想いみたいなものがジャンプとなって中田を後押しする。
こっちのほうがいいと思うんですよね。
でもまぁたぶん、もうちょっとしたらファンも慣れて、私も観戦に行けば飛ぶんでしょうが、背番号41を助っ人外国人に付けちゃうみたいな、あぁそんな軽い感じなんだっていう引っかかりは自分の中にずっと残るんだろうなぁ。











リーグ戦再開初戦を取る


20170623.jpg



今日は一部を除き良い試合でしたね。


先発のメンドーサは立ち上がり良かったんですよね。
低めにも集まってたし、清水の配球もあって今シーズン最高の出来だったと思います。
2回まではね。
3回からちょっとおかしくなってきて、4回でいつものメンドーサが顔を出してきて、5回でしっかり吐き出すメンドーサになって降板。
トータルで見ると、けっきょくいつものメンドーサだったってことですね。
ちょっとでも期待した自分がバカでした。


そこから登板した中継ぎがしっかり仕事したのが勝利につながりました。
公文・谷元・宮西・鍵谷・マーティン・増井。
とくに谷元とマーティンは復活を予感させる投球でした。
谷元はストレートに力が戻り、あとコントロールさえもう少しなんとかなればというところまで来てると思います。
マーティンは来るとわかってるストレートで空振りが取れていました。
こうなるともうほぼ復活だと思います。
安定するかどうかだけ。
中継ぎの充実があってこそのファイターズですから、ここに負け試合で投げる投手とロングリリーバーが加われば、かなりおもしろいことになる気がします。


打つ方はというと、中田が2ホーマーの大暴れ。
ランボルギーニのオーナー権も効いたんでしょうが、あのスッと立っているようなバッティングフォームが合っているのかもしれません。
フォームが長続きしない中田ですが、今回のはなんか雰囲気を感じるので、長続きしてくれればいいなと思います。


いい形で初戦が取れました。
4位も見えてきたし、勢いに乗っていきたいですね。







にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

交流戦終了

 




いつものように土曜日は試合後に朝まで飲んでたのでブログが書けず。
まぁムカついて書く気が起きなかったのと、酒呑んで忘れようというのが理由なんですが。



まず土曜の試合を簡単に。

土曜は好守備を連発するスワローズと、守備が綿毛のように軽いファイターズの違いが出た試合でした。
1球に対する慎重さが足りないプレーは見ていてガッカリします。
メンドーサはいつものメンドーサだったし、エスコバーは・・・まぁいいんじゃないですかね。どうでも。



日曜日の試合。

有原の復帰試合。
ストレートがベルトより上にしか行かなかった有原ですが、この日はある程度低めに集まっていました。
投手が有利な交流戦とはいえ、初回以降スイスイ投げていた有原を見ると、次以降の登板が楽しみです。

ここ2戦の嫌な負けを払拭する試合になるのかなと思ったら、最終回にグッダグダ。
またレアードは体の横でボールを受けようとしてイレギュラーについていけずエラー。
白井コーチは何をしとるのかね。
同じ失敗を続けるレアードを見て何を思うのか。
なんとか抑えて勝ちましたが、不安の残る交流戦最終試合となりました。


これで交流戦は終了。
しょうじき始まる前はこの交流戦ぐらいから選手が揃うと思っていましたが、フタを開けてみたらまったく揃わず、逆にケガ人が増える結果に。
うまくいかない時はどうにもならんもんですね。

さぁ、もう1回仕切り直していきましょう。




寝る





久々に頭にきた試合でした。


書きたいことはいろいろありますが、ハッキリいって負けた原因は大野の配球だと思ってます。
8回の調子の悪い山田に対するムダなストレート2球。
荒木に対するバカの一つ覚えみたいなインロー攻め。
何がしたいのかさっぱりわからない。

もう書きたくないので寝ます。



プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06