拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2018.02.14 vs LGツインズ


180214.jpg



LGツインズとの練習試合。
伸びてる選手を確認できました。


1回
・ 玉井が登板。
コントロールされた球は無く失点。
・ 近藤が変速のサウスポー相手にしっかりタイミングを取っていた。

2回
・ この回の玉井は右のインコースにシュートが決まっていた。
玉井の場合はシュートが命なので、この時期でもそれなりのコントロールを見せてくれないと困る。
その意味では時期を考えてもいい登板だった。
・ アウトにはなったけど、横尾はしっかりとらえてる。

3回
・ 浦野が登板。
それなり
・ 杉谷が引っぱってレフト線に2ベース。
結婚で意識が変わったか。
・ 平沼がセンター前タイムリー。
左対左で高めをしっかり。

4回
・ 石川亮が盗塁を刺す。
送球は安定。

5回
・ 堀が登板。
いい球は投げてるけど、セットからスト4。
投げっぷりはいい。
・ 中島が打球処理のミスでゲッツー取れず。
まだ打撃でのアピールができてない状態で、守備のミス連発は苦しい。
・ 今度は左の杉谷がレフトフェンス直撃の2ベースヒット。
この勢いのまま行くと・・・

6回
・ この回の堀は良かった。
投手として形になってきた感じ。
まだ伸びしろを感じる。

7回
・ 鍵谷が登板。
コントロールは良かったり悪かったり。
ただ、相手がストレートとわかってても打てないのは見てておもしろい。
・ 森山が詰まりながらセンター前。

8回
・ 公文の角度ある球がいい感じ。
左が抑えられない左が多い中で、公文はしっかり投げている。

9回
・ 白村が登板。
相変わらず伸びのあるストレートが唸っているが、全部高い。
この高さでこれからも勝負していくのか。
もしそうなら、かなりレベルの高い投球が求められる。



中継ぎ投手の充実が目立つかわりに、先発が心配。
オープン戦ぐらいには安心できるようになるんだろうか。
そしてショート・セカンド争いは混沌としてきたと言えるでしょう。
もしかしたら開幕戦は驚きの布陣になるかも。




スポンサーサイト

2018.02.11 vs KTウィズ


20180211.jpg



韓国のKTウィズとの練習試合。
アピールしたい選手がたくさん出てきました。


1回
・ 先発は吉田。
球は真ん中に集まっているが、勢いは良い。
・ 中島が盗塁成功。
今年はボークの基準がゆるくなるから、盗塁技術を持っているランナーは貴重。

2回
しかし韓国の選手はよく振れている。
・ 吉田がサインの見落とし。
この時期は結果よりも仕上がりの確認なんだけど、1軍ギリギリという選手は仕上げを早くしていかないと、オープン戦になればレギュラー組が優先されるので厳しくなってしまう。
今日はいいけど、次の登板では前と違うという所を吉田に見せてほしい。
・ 森山が逆方向にフェンス直撃弾。
思わずうわっと叫ぶスイングで、しかも逆方向はアピールバツグン。
・ 渡邉が厳しいインコースをカットして4球。
この時期によく球が見えている。

3回
・ 斎藤が登板。
斎藤の場合はどれだけ早く仕上げても問題ない。
とにかく結果。
2シーム、スライダーが効果的でインコースもしっかり攻められている。
文句なし。
・ 右の杉谷が初球のアウトハイを引っぱってホームラン。
アピールしっかり。
ハイタッチがなんかムカつく。

4回
・ 斎藤の投球がこの回ちょっとバラつく。
イニングまたいで結果残せてこそ。
とはいえスライダーがしっかり決まっててノーヒット。
ナイスピッチ。
・ 渡邉が2打席連続4球。
選球眼が良い。

5回
・ 井口が登板。
ストレートは良かった。

6回
・ 井口が失点。
高さが中途半端だが、まぁしょうがない。

7回
・ 上原が登板。
ストレートに力。
上から投げていたのを少し横から投げるようになった。
このストレートがあってそれなりのコントロールがある左なら通用する。
・ 森山が左対左でヒット。
それにしてもスイングスピードが速い。

8回
・ 田中が登板。
ストレートが良いばかり書いてるけど、やっぱ田中も良い。
ただここまで登板した投手と違うのは、速さじゃなくてパワーを感じるところ。
ドスンという擬音が似合う感じ。
・ ショートに入った平沼の肩がスゴい。
体はそこまで大きくないけど、迫力のあるスイングで盗塁まで決めてしまった。
ちっちゃいけどパワーを感じる。
ファイターズが好きな素材型。
・ 渡邉がセンターオーバーのタイムリー。
この試合のMVP。

9回
・ 石川が登板。
最速150キロオーバーのストレートは伸びがありワクワクする。
ストレートだけで三振が取れるのは今日登板した投手の中では石川だけ。
ただ、セットアッパーとして登板するにはあと一歩足りない感じ。
まぁキャンプはこれからだし、高いレベルを求めたくなるほど期待してしまう投手であることは間違いない。


試合形式が見られて楽しかった。
今年はGAORAの1軍中継が少なく、選手の状態がどうなってるのかわからなかったのでやきもきしていたのですが、若手がしっかり伸びてるのはこの試合で実感できました。
また次の試合が楽しみです。



早くも有原が




開幕投手候補の有原が早くも出遅れました。
肩の炎症ということで、アリゾナではノースロー調整し、日本に帰ってきてから精密検査をやってどうするか決めるのだという。
ただでさえ穴の多い先発陣の中で、柱になってもらわなければいけない有原がこうなってしまうと困りますね。
ただこれでチャンスをもらえる投手が増えるのは確かですよね。
絶対に外せない有原が出遅れとなれば、キャンプ、オープン戦でたくさんの先発投手を試すはず。
あの選手とかあの選手ががんばれば、もしかしたらローテに入れる可能性があるし、中継ぎから先発にという選手も出てくるかも。
ルーキーにもチャンスができたわけですから、この状況を悲観せずに、楽しみとして見ていきたいと思います。



ついに見直し




ついにこの日がきたかという感じ。


NPBがボークの見直しを発表しました。
このブログでは再三言い続けていただけに、やっとかという感じ。
早く導入してくれりゃマーティンもいなくなることはなかったかもしれませんね。
オープン戦での審判のジャッジを見ないとわかりませんが、これでただ足が速いだけの選手の盗塁が減ります。
ということは、西川のような技術を持った選手が盗塁王になりやすいということ。
楽しみに注目したいと思います。

2段モーションも廃止して、チャレンジも導入。
あとはくだらないプロアマ規定が取っ払われリャ最高なんですが。



有安引退




年明け一発目の記事がこの話題になるとは。
しかし、書かずにいられないので。


ももクロの有安杏果が引退を表明してしまいました。
私は箱推しなのですが、かなりショックを受けましたね。
しょうじき大谷の移籍や、糸井のトレード以上の衝撃でした。
まぁそれでも早めに復帰できたのは、やはりコンサにいた山瀬の移籍を経験していたからだな。
ここでももクロの思いを書いてしまうと強烈に長くなるので止めますが、色んな思いがどんどんあふれてきます。
田中将大もショックだったみたいだし、柳田悠岐なんて杏果推しでしたからかなりショックでしょう。
同じホークスの石川は強烈にショック受けてました。

栗山監督がももクロに始球式に来てよと言ってましたが、5人での始球式はもうムリですね。
さぁしっかり切り替えよう。



プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
過去記事(ログ)スクロール
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728 02