拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

もしかして


20180420.jpg




もしかして。



嫌な負けの次の試合。
本拠地初勝利で吹っ切りたいところ。
その大役を担ったのは安定感のあるマルティネス。
1回表、横尾の守備の危うさもあってピンチを作りますが、なんとか無失点で切り抜けます。
その裏の攻撃。
当たり前のように近藤がヒットを打って、バッターは中田。
いい感じでカーブを捉えたのですが、センターフライに終わります。

そのあとマルティネスが持ち前の安定感を発揮し、大田がソロホームランを叩き込んで1対0とリード。
そして4回裏を迎えます。
バッターボックスには中田。
この打席で私に衝撃が走りました。

初球の緩いカーブに反応した後の2球目。
インコースを狙ったストレートが真ん中低めに。
それを中田が上手くすくって左中間真っ二つの2ベースヒットを放ちます。
喜ぶと同時に、ちょっとまってくれよと。
これは今までのヒットとは中身が違うぞと。

第1打席でもいい感じで変化球を捉えてはいたんですが、この打席は低めのストレートを左中間に運んだんです。
あれだけストレートに当たらなかった中田が、しっかり狙って左中間。
しかもスイングにあの球場の屋根突き破る気かというバカ振りは見えず、どちらかというと素直にバットが出てる感じ。
こういう中田を過去に見たことがあるんですよ。
まったく当たらなくて悩んで悩んで悩んだあげく、引きつけてセンターから逆方向に当てにいきだした時です。
それなりに結果は出ましたが、けっきょく長くは続かずまた暗黒面に落ちていってしまった。
しかし、このヒットのスイングにはそういうのがあまり感じられなかったんです。
そして中田の復調の兆しは左中間に強い球が出るかどうか。
本物?それとも?
横尾の犠牲フライでホームにヘッドスライディングする中田を見て『信じたい』という気持ちが強くなりました。
ただこの打席だけではなんとも言えない。
次の打席が待ち遠しくてたまらない状態に。


6回裏。
先頭で出た近藤を1塁に置いて打席には中田。
初球の甘いアウトハイのスライダーをまたもや左中間に弾き返す中田。

ヤバい、マジかも。

いいんすか!
いいんすか信じてキャプテン!
北の4番復活ですか!


何があったのか。
また相手コーチとかに指導を受けたのかしら。
最後の打席もしっかりボールを見て4球を選んでたし。
この試合で勝てたのはもちろんマルティネスの好投はあるのだけど、中田の仕事も大きかったと思います。
まぁ水曜日のライオンズ戦のときからなんかスイング変わったなとは思っていたんですが、まさかこんなバッティングを見せるとは。


は!まさか水曜日に上がってきたあの選手がきっかけとか!?





スポンサーサイト

今はこんなもの

 
180418.jpg




昨日は居酒屋に行ってまして、そこのテレビでファイターズ戦をやってたんですよね。
いい形で点を取り、高梨が粘ってるなというのをちょこちょこ見て感じてました。
んで、その後飲みに行って帰ってきてネットで結果を確認したらこんなことになってましてん。
なんだかね。


ただまぁこんな感じの試合は今年は起きてもしょうがないと思いますよ。
投手ががんばっても打線が繋がらない。
打線が繋がっても投手が踏んばれない。
普通のチームであれば、今は投手が調子悪いね、今は打線が調子悪いねという話になるのですが、ウチは、今日は打線がダメだった、今日は投手がダメだった、、今日はどっちもダメだったという感じで、チームの状態が不安定なんですよね。
なので、勝ったからといって単純に喜べないんですよ。
まぁしょうがない試合だとは思いますが、せっかくのアピールチャンスを潰すような、信頼感を潰すようなことをしてしまうのは残念ですね。
まぁコーチも反省でしょうね。


ただこれって投げた選手が悪いっちゃ悪いんですが、この逆転負けの原因って前日の上沢の危険球から始まってるんですよね。
確認してみると、やはり交代がひとりづつくらい遅い。
前日あれだけ中継ぎ投入してしまったのも影響してるんじゃないかと思います。


まぁ反省は必要ですが、こんな試合は忘れて次に行きましょう。



大きな仕事

 
20180417.jpg




よく踏んばりました。


先発の上沢はそれなりの投球でしたが、この日の審判となかなか合わない。
これはライオンズバッテリーも一緒で、投げた後の判定に対し驚きの顔をすることが多かった。
あきらかなスイングをスイングと取らない判定もあり、守備側にツラい試合となりました。
初回のピンチをなんとか脱した上沢は、2回にカーブを上手く使い相手打線を翻弄します。
3回に近藤がタイムリーを打って先制し、これで少し乗っていければなと思っていた矢先に上沢が危険球退場。
さぁこれからしっかり守っていこうという場面での退場は先行きを不安にさせました。
しかもここで緊急登板するのは、前回の登板でデッドボール2つぶつけて警告試合のきっかけを作った玉井ですよ。
まぁ玉井はシュートピッチャーなんで、ぶつけるの怖がってたらやっていけないんですが、この場面で思い切った起用をするなぁと思わせる采配でした。

その玉井はアウトコースしか使えず、四苦八苦しながらなんとか無失点で切り抜けました。
これはうれしかったなぁ。


そんな大きなピンチを切り抜けた後に大きなプレーが飛び出しました。
アルシアがインコースのストレートを引っぱたいてライトにホームラン。
これの何が大きいかと言うと、相手バッテリーはアルシアのインコースを攻めてて、アルシアはどうせインコースでしょというスイングでホームランにしてるんですよね。
インコースに速い球を投げていれば見逃すか空振りかファールにしかならなかったアルシアですから、ライオンズバッテリーにしたら、ここに投げときゃ安パイというバッターだったはずなのに、それをホームランにしたというのが大きいんですよ。
さすがに攻めが単調すぎたとも思いますが、これでインコースさえ投げときゃという攻めが通用しなくなったということなんですよね。
これが大きい。
こうなると相手バッテリーも、まかり間違えばと警戒しなきゃいけなくなりますから、攻め方を変えなきゃいけない。
ほかの打席を見ればやはりインコースに弱点があるんですけど、単純に行けなくなればチャンスも増えます。
新しい攻めに対応できなければそれまでなんですけど、これでアルシアが大きな戦力となる可能性が出てきたんじゃないかと思わせる一発でした。


村田が玉井の後を受け粘りのピッチングを見せると、清水が左中間に2ランを打ちファンを驚かせ、ランナーがいないと打つ男、中田がセンターにホームラン。
8回に押し出しで7対1となったところで勝負あり。
トンキンがバタバタしましたが、6点差はそう簡単にひっくり返りません。


アクシデントからよく流れを渡さなかったなという試合。
やはり踏んばるべきところで踏んばれたというのが大きいでしょう。
まだまだ強い勝ち方ができないファイターズ。
とにかく今は踏んばりましょう。



加藤また勝てず

 
20180415.jpg



楽に投げさせてやりたいのだが。



先発は加藤。
ここまで2試合好投してて勝ちがつかず。
この試合も好投してがんばってましたが、けっきょく負け投手になってしまいました。


チャンスを作りながらムダにしていくファイターズ打線。
その無援護に慣れたのか、加藤は冷静にアウトを重ねていく。
しかし、相手もなんとか攻略しようと向かってくる。
5回には先制点を取られ、2点目の走者マレーロに清水がタッチをかわされ2失点。
まさかの女房役にも足を引っぱられるという。
だいたい最近の若い選手はタッチが甘い。
清水も余裕があるからベース前にグラブを置きにいったら、足を上げてかわされ失点というもの。
もうぶん殴るくらいの気持ちで行かないと。

前までは足を上げてスライディングとかやったら、それこそ大乱闘だったんですが、今はコリジョンルールがあるのでふさぐ相手がいないから足を上げても問題なし。
だから相手を待つんじゃなくて、殴るくらいの気持ちじゃないと動きが相手に読まれてしまいます。
6回にも同じような場面があり、ここはちょっと難しいかなという状況ではありましたが、やはり置きにいってるので動きが遅く、上手くかいくぐられてしまいました。
タッチの衝撃でグラブからボールが落ちる可能性はありますが、かいくぐられたらけっきょく失点ですからね。
清水だけじゃなく、もっと強気でいってほしいものです。


打線が繋がらず、中継ぎがグダグダで負け。
負けるにしても、もうちょっとマシな負け方でお願いしますよ。



有原復活

 
20180414.jpg




復帰戦でこんな投球を見せられるとは。



肩の炎症から出遅れていた有原が初先発。
もう少し下で調整してから登板するのかなと思っていただけに、ちょっと早いんじゃないのと思ってました。
その不安が初回の投球で少し解消されます。
復帰初戦の立ち上がりとしては問題ない投球内容。
戻ってきたなと思わせる投球でした。

しかし、2回から今度は不安が驚きに。
低めにコントロールされたストレートと変化球。
2回・3回を三者凡退に抑えたところで、この投球はたまたま調子が良いのか、それとも2018年度版有原なのかという疑問が。
たぶん私の中で、2軍戦での登板内容と、復帰戦という状況、そして汗を流しながら必死でピンチを乗り切ろうとするも打ち込まれる過去の有原が単純に『有原いいね』と素直に思わせなかったんでしょう。
まさかという思いで試合を観ているのですが、4回もやはりしっかり投げ、5回のノーアウト1・3塁という大ピンチにも、焦らずていねいに低めを突き、ピンチを脱する有原を認めなければという思いがどんどん強くなっていきました。

8回はさすがに緊張と復帰戦ということでスタミナが切れたのか、球が上ずっていましたが、けっきょく8回を投げて100球1失点、与四死球0、奪三振9というすばらしい内容。
ローテの柱が戻ってきたという投球でした。
次もこんな感じならすごいなぁ。



これでまた貯金生活。
チームがまだうまく回ってない感じを受けるので、それが解消されるまでなんとか踏んばってほしいですね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
過去記事(ログ)スクロール
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04