拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

モヤモヤしたまま交流戦


20170528.jpg



待ちは多めなんだけど、イーシャンテンからまったく動かない麻雀みたいな試合でしたね。
わかりづらい?


メンドーサはどうなってんですかね。
初回を三者凡退で抑えてファンを喜ばせてましたが、内容を見ると、フライ、フライ、三振。
メンドーサにはゴロピッチングを求めてるんであって、こういうのではないんだけどなと思っていたらやっぱり捕まっちゃいましたね。
メンドーサはこのまま中途半端な投手になってしまうんでしょうか。
ゴロピッチャーに戻れないようだと、来年はいないかもね。


しょうじきこの試合の千賀はそんなに良くなかったです。
コントロールもそうですが、ストレートのキレもあまりなく、強い当たりを何度もされてましたから。
良い時の千賀ならわかっててもストレートに当たらない場面がもっと増えますからね。
それだけになんかモヤモヤしたものが残ります。
勝てたとは思わないけど、もう少しおもしろい試合にはなったろうなと思います。
うまくいかないってのがピッタリですね。



もう交流戦ですか。
今年はどうなりますかね。
上がつまずいてくれりゃいいですが、そうじゃないなら交流戦終わった時点でAクラス入りすら危うくなりそうですからね。
とにかく先発だな、先発。
誰でもいいから出てこいや。



スポンサーサイト

まとめるのがダルい

 
20170527.jpg




いつもは試合中に気になったことだとか、試合の流れなんかをブログのために書いておくんですけど、今日は途中で止めちゃいました。
だってまとめるのがダルい試合なんだもの。



有原がついに抹消ですか。
というか、やっとと言った方がいいかもしれません。
遅すぎでしょう。

今年は特にそうなんですが、投手の代え時が遅く、投手の気持を考えすぎた起用が多い気がします。
まぁ以前が代えるの早すぎたりしたんでガマンできてたんですけど、さすがに今年は目立ちすぎですね。
毎度毎度有原をバカみたいに引っぱって失敗し、流れを壊すエスコバーを投入して失敗し、まだ復調してないっていう谷元を大事な場面で投げさせて失敗する。
なんか投手の気持を考えすぎた起用のように感じるんですよね。
ドラマとして見れば、そういう場面での活躍はおもしろいんですが、現実は失敗してるんでね。
吉井コーチの影響が強いのかなとか考えちゃいますが、あまり選手の側に立って試合をしないほうがいい気がするんですが、もうそれが監督の売りみたくなっちゃってるからなぁ。
監督のそういった選手第一なところをファンとしては応援したくなるのですが、たまにはファンの方も向いてほしいなと思いますね。


打つには打ったけど、あの場面でこの場面でというものも多い試合だった気がします。
特に中田は自分にイラついてるんじゃないですかね。


ベンチがちゃんと目を開けて、目の前の選手を見るきっかけになるのであれば、この負けもムダじゃないと思います。
そろそろネバーランドから戻ってきてもいいんじゃないの?監督。




大田泰示の活躍


20170526.jpg



連夜の中継ぎ勝負でしたが、今回は勝ちました。



先発の浦野はストレートに威力があるものの、コントロールがよくなくて、高めに抜けている感じ。
というか、これまでの浦野の投球と何も変わってない。
勝ちはついてきたけど、一試合として楽な試合はなく、常にコントロールと戦ってきた感じ。
これだけやって改善されないとなると、有原と一緒で不安しかないんですよねぇ。
もう2つぐらい階段を上らないと、ローテ守るのは厳しいかも。


高梨が先発のための調整かと思わせるロングリリーフ。
まだストレートで空振りが取れないのは気になるが、交流戦は先発でやってくれるんじゃないですかね。


7回を回跨ぎの宮西が投げ、1アウト取ったところで監督ならやると思っていた谷元起用。
この日の谷元はストレートに威力が戻っており、前日よりはかなりマシなピッチング。
2人をしっかり抑え無失点。
上手くいったのですが、本当は言いたいことがたくさんあるんですけど、せっかく勝ったのでガマンします。
ただ、変なドラマはいらないよとだけは言いたい。


この試合を決めたのはレアードと大田。
レアードは追撃のホームランに加え、満塁で走者一掃のタイムリー2ベースを放つ大活躍。
助かりますよねぇ。

大田は初球のインハイストレートをレフトスタンドへ。
ストレート強いってのは魅力あるなぁ。
なんか最近、巨人の育成がとか、ファイターズの育成がとか騒がれてますけど、大田の今の活躍は精神的なものが大きい気がするんですけどね。


前々から気になってたんですが、ジャイアンツにいた選手が、ジャイアンツを出た途端にヒゲを生やしたり、茶髪にしたりするじゃないですか。
前々からやってみたかったとか、心機一転という意味合いもあるんだろうけど、せっかく作ったジャイアンツでのキャラクターというのがあるわけだから、ジャイアンツを出たからってわざわざイメチェンする必要ないのにと思ってたんですよね。
大田もご多分に漏れずヒゲと茶髪にしてるんですが、今回の大田の活躍を見ていると、やっぱり精神的なプレッシャーがスゴかったんだろうなって思うんですよね。

球界の盟主である読売巨人軍に在籍し、色んな意味で大きな背番号を託され、マスコミに持ち上げられたり落とされたり。
スゴいプレッシャーと戦ってきた大田が、チームもファンもゆる~いファイターズに入ったことでプレッシャーから開放されたので、過去の自分と決別し、生まれ変わるという意味での儀式がヒゲと茶髪なんじゃないかと。
ジャイアンツから出た選手がイメチェンするのは、ジャイアンツという名前の重さと輝きを一度捨てる行為なんじゃないでしょうか。
なにかこう宗教にも似た感じを覚えます。

宗教を改宗する場合は通過儀礼、イニシエーションを経て精神的に再誕し、新たな自分となって新しい宗教を信仰していくわけですけど、なんか似てるんですよね。
今までの自分を捨てて人生をリセットし、ボーン・アゲインしたっていう感じが大田からするんですよ。
なんかわけわかんない話になっちゃいましたね。

とにかく今の大田の活躍っていうのは、ジャイアンツ時代に培われた練習の賜物だと思うし、それを開花させたのはファイターズの気風だと思います。
なので、どっちの育成がどうだこうだではなく、大田の気持の切り替えが上手くいっているという見方が正しい気がするんですよね。
生まれ変わった大田泰示にこれからも期待です。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ネバーランド野球


20170525.jpg



ネバーランド野球炸裂。



中村勝は粘りを見せたピッチングだったんですけどねぇ。
初回からワタワタしましたが、生命線であるストレートに力があり、フォークとの併用でなんとか投げてましたよ。
大野のリードもかなり考えられていて、まさにバッテリーでイニングを重ねていったという感じでした。
5回までしか投げられませんでしたが、存在感は示せたピッチングだったと思います。


さて、問題は中継ぎですよ。
中村勝が先発ということでしたから、これは好投したとしても早い回での交代はあるんだろうなと思ってました。
案の定というか、想像通り6回からは中継ぎ勝負となったのですが、マウンドには谷元が。
私は鍵谷・石川・マーティン・増井と繋いで、どこかで宮西と思っていたんですよね。
それが谷元。
イヤな感じはしたんですよね。

最近の谷元は、球自体の調子はまだだけど、強い気持ちが戻ってきたかなという印象だったんですよね。
この日の谷元を見てみると、ワンバンする球があるとはいえ、低めに集めてたんですよ。
これも復調の兆しかなと思ったんですが、ここで不思議な光景が2つ。
ひとつは低めの球にバッターがまったく反応していないこと。
そしてもうひとつは、谷元のストレートが垂れること。

少しくらい反応してもいいコースなのに、バットがピクリとも動かない。
そして低い位置から浮き上がるストレートを持つ谷元の球がベース前でおじぎをするように垂れていく。
ここから考えられるのは、この日の谷元の球はダメってことですよね。
連続で4球出したときに、これは交代だなって思いましたよ。
やっぱりまだ調子は戻ってないんだなと。

回は6回。
次の炭谷は間違いなく送りバント。
その次に続く秋山・源田は左ですから、ここで宮西だなって思ってましたよ。
そしたら続投。
初球の落ちないフォークをライトスタンドに叩き込まれて同点。
もう笑うしかないですよね。
そりゃそうでしょって。
明らかに調子悪いんだもん。
その次の源田が石井のエラーで出塁しますけど、そこまでのカウント見てたら石井責められないですよ。
思いっきり打たれてますもん。
そんでボークやって、打ち直しで逆転ですって。
乾いた笑いしか出んわ。


そんで1点差で7回に出てきた投手がエスコバーですよ。
もう不安しかないでしょ。
前にこのブログでも書きましたけど、強いチームには負けてる状況で良いピッチングしてくれるロングの中継ぎ投手がいるものなんですよね。
勝利の方程式とか呼ばれてる投手なんて各チームに3人くらいは大抵いるんですよ。
だけど先発が早々に崩れたりして負けてる状況で、粘ってくれる投手はそういない。
ウチで言えば去年ならそれこそ谷元だったし、今年なら鍵谷ですよね。
それがエスコバーて。
どう考えても違うでしょ。

そんでまた想像通りに一人相撲大宮場所を開催。
はぁ~どすこい~どすこいってな感じで4球とデッドボールでランナーを土俵からではなく塁に出す横綱相撲から失点ですよ。
ある意味期待を裏切らない活躍に拍手しちゃいましたね。



ホームで強いけどビジターだととか、地方球場がとか言われてますけど、この試合は
関係ないですから
そんなしょうもない理由じゃない。
ベンチがしょうもないんですよ。



監督は言うわけですよね『俺が悪い』と。
そしてそのコメントを見て私はつぶやくわけですよ。
『そうですね』と。


ウチのピーターパンはいつ起きるのかしらねぇ。




こういう負け





こういう負けがいちばん嫌いです。



先発加藤が秋山に先頭打者ホームランを打たれました。
初球外れて2球目をインコースでストライク取りにいったところをガツン。
まぁバッテリーが若いって感じですね。
というかなぜ加藤に清水を使い続けるんですかね。
大野・市川がロートルで休みを入れないと体が持たないってんならわかりますが、そうじゃないわけでしょ。
確かに清水ならではの強気なリードというのもあるんですが、それが大野・市川にできないとも思えない。
3人でキャッチャーを回す意味ってなんなんですかね。
清水が打てるんなら別ですよ。
打てるキャッチャーを作りたいなら納得もできますが、打てない若手のキャッチャーを使い続けなきゃいけないほど、ウチのキャッチャーってやばいですかねぇ。


8回表、連打でノーアウト1・2塁という絶好のチャンスで中田が内野フライを打ち上げてアウトになるんですが、久々にイラッとしましたね。
私はこんなネガティブブログ書いてますけど、大差の試合で負けても、選手が決定的なチャンスを潰しても、そこまでイライラしない方なんですよね。
それこそ試合で感動したりというのもあまりない。
グ~っとのめり込んで見るタイプではないので。
けどこの打席の中田はひどかった。

チャンスで回ってきた4番の打席。
2シームが上下に2球外れてカウントは2-0。
3球目も2シームだったのですが、今度は胸元に食い込んでくる。
それを打って内野フライなわけなんですが、そんなムリして手を出す球だったかっていう球なんですよね。
狙ってたのはスイングを見たら分かるんですが、カウント2-0ですよ。
終盤8回で2点負けてるんですよ。
いくら狙ってても胸元の厳しいコースなんで打つのかねと。
矢野のようにストライクゾーン狭くして甘い球だけ狙うカウントでしょ。
ルーキーじゃあるまいし、狙った球が来たら思いっきり振るなんてやってたらダメでしょ。
4番なんだから。
数字は残すけど、頼りないのはこういうとこなんですよね。


守備でイラッとする場面も。

7回裏。
木村の打球がセカンド後方に。
賢介が追いかけますが捕球できなかった場面。
これ間違いなくセンターが取るべき球だったんですが、西川が賢介に譲っちゃうんですよね。
野球観を養うためのセンターとかベンチが言ってるんですけど、こういった連携ができないようではただの準備不足。
賢介も賢介で、風が強く吹いているのに追いかけて追いかけて落としてしまった。
こういう判断ができなくなってきたのか、単に西川を信頼しきれてないのか。
こういった打球の受け渡しはファイターズが最も得意としていたはずなんですよね。
だからこそ鉄壁の外野陣と呼ばれていたわけですが、今年は本当にこういうしょうもないミスが多い。
チームが乗り切れないのもうなずけます。



こういうしょうもないミスがたくさん出る試合はホント嫌い。
しっかりやろうや。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05